ANA、クラウド型ビジネス最適化プラットフォーム「Domo」を採用 [事例]

[2017/07/06 14:55] ブックマーク ブックマーク

データ分析

ドーモは7月6日、全日本空輸(以下、ANA)がクラウド型ビジネス最適化プラットフォーム「Domo(ドーモ)」を採用したと発表した。

ANAではかねてより、月次・週次単位でマーケティング活動のデータを抽出してレポートを作成していたが、人手で作業を行っていたため時間がかかり、レポート完成時にはデータが古くなっているという課題があった。また、Webサイト来訪者数や航空券予約、売り上げといった主要業績評価指標(KPI)に関するデータをリアルタイムに把握し、タイムリーに対応することが求められていた。

こうした課題の解決に向け、ANAはビジネス最適化プラットフォームの比較検討を行い、Domoの採用に至った。同製品は、企業の内外に分散する各種データをクラウド上で収集・統合し、ダッシュボード上でリアルタイムに閲覧できるというもの。導入および運用支援は、トランスコスモスが行う。

導入により、ANAはこれまで手作業で作成していたExcelベースのレポートを廃止。「ANA公式サイト」や「ANA SKY Web」など、同社の運営するWebサイトのマーケティングKPIをリアルタイムで可視化するとともに、データを直感的に把握・判断し、必要なアクションを実行するまでの時間を大幅に短縮するとしている。

今後ANAは、Webサイト分析ツールから取得するデータに加え、SNSや基幹システムなどから取得したあらゆるデータをリアルタイムに統合していく予定だという。

※ 本記事は掲載時点の情報であり、最新のものとは異なる場合がございます。予めご了承ください。

関連リンク

2896
2
ANA、クラウド型ビジネス最適化プラットフォーム「Domo」を採用 [事例]
ドーモは7月6日、全日本空輸(以下、ANA)がクラウド型ビジネス最適化プラットフォーム「Domo(ドーモ)」を採用したと発表した。
https://news.mynavi.jp/itsearch/2016/05/31/jirei_thumbnail.jpg
ドーモは7月6日、全日本空輸(以下、ANA)がクラウド型ビジネス最適化プラットフォーム「Domo(ドーモ)」を採用したと発表した。

会員登録(無料)

一覧はこちら

今注目のIT用語の意味を事典でチェック!

一覧はこちら

ページの先頭に戻る