アサヒグループHD、富士通のビッグデータ分析基盤「ODMA for 食品」を導入 [事例]

[2017/06/01 16:05] ブックマーク ブックマーク

データ分析

富士通は6月1日、アサヒグループホールディングス(HD)がビッグデータ分析基盤「FUJITSU Business Application Operational Data Management & Analytics for 食品」(以下、ODMA for 食品)を導入し、アサヒビールとアサヒ飲料で本格運用が開始されたことを発表した。

ODMA for 食品は、食品業向けに「現場で収集したデータ」を現場視点で利活用できるように変換(データクレンジング)し、現場に返すことをコンセプトにしたビッグデータ分析基盤。SaaSで提供され、初期投資を抑えたスモールスタートが可能な点を特長とする。

一般的に、ビッグデータ分析は専門知識を持つ部門が実施するが、アサヒグループHDでは市場環境の変化に即応するため、営業部門の担当者自身が知りたい情報をより早く、高度に分析できる環境の構築を検討してきた。

今回、営業部門でも容易に使いこなせることやメンテンナンスが不要なクラウドサービスであること、大量データの蓄積・分析に耐えられる性能を備えることなどが評価され、ODMA for 食品を全グループ共通のデジタルビジネス基盤として導入するに至った。

システム概要のイメージ

導入により、必要な情報を画面上で選択するだけで分析結果を確認できるようになったほか、グループ会社間でデータの共有・連携をしやすくなる、独自の高速クレンジング機能によってデータ投入から利用までのリードタイムを短縮できるといった効果が得られたとしている。

※ 本記事は掲載時点の情報であり、最新のものとは異なる場合がございます。予めご了承ください。

関連リンク

この記事に興味を持ったら"いいね!"を Click
Facebook で IT Search+ の人気記事をお届けします
2797
2
アサヒグループHD、富士通のビッグデータ分析基盤「ODMA for 食品」を導入 [事例]
富士通は6月1日、アサヒグループホールディングス(HD)がビッグデータ分析基盤「FUJITSU Business Application Operational Data Management & Analytics for 食品」(以下、ODMA for 食品)を導入し、アサヒビールとアサヒ飲料で本格運用が開始されたことを発表した。
https://news.mynavi.jp/itsearch/assets_c/2017/06/0601Fujitsu_001-thumb-400xauto-11468.jpg
富士通は6月1日、アサヒグループホールディングス(HD)がビッグデータ分析基盤「FUJITSU Business Application Operational Data Management & Analytics for 食品」(以下、ODMA for 食品)を導入し、アサヒビールとアサヒ飲料で本格運用が開始されたことを発表した。

会員登録(無料)

一覧はこちら

今注目のIT用語の意味を事典でチェック!

一覧はこちら

ページの先頭に戻る