菱化システム、インフォマティカのデータ統合ハブ製品を導入 [事例]

[2017/01/31 15:00] ブックマーク ブックマーク

データ分析

インフォマティカ・ジャパンは1月31日、三菱ケミカルホールディングスグループのグループ会社である菱化システムが、データ統合ハブ・ソリューション「Informatica Data Integration Hub」(以下、DIH)を導入したと発表した。

DIHは、連携用のデータを一時的に格納する「パーシステンスDB」を備えたハブ基盤。データ連携処理を「送信」と「受信」の2つに分けることで、アプリケーションの疎結合を実現する。また、データ送信・受信処理の共通化と再利用により、データ連携の冗長性を排除することも可能となる。

菱化システムでは、グループ内のアプリケーションのデータ連携インタフェースが増大し、煩雑化していた。運用・管理する400種類以上のアプリケーションは、約4,000のインタフェースが複雑に入り組み、アプリケーション同士でのデータのやり取りの可視化や、開発の統制が困難な状況だったという。また密結合していると、データをやり取りするアプリケーションの双方で連携の仕組みを構築する必要があり、データ連携ニーズが発生するたびに開発コストがかかることも課題視されていた。

こうしたことから、同社は基幹業務アプリケーションの刷新を機に、密結合方式からデータ統合ハブを介した疎結合方式へ移行することを決定。かねてより、インフォマティカのデータ統合プラットフォーム「Informatica PowerCenter」を利用しており、その性能を高く評価していたことから、2014年7月、DIHの導入を決めた。

DIHによる疎結合方式のイメージ

菱化システムではデータ連携方式の刷新を段階的に進めており、2016年11月時点で200種類以上のデータ連携がDIHを介して行われている。導入により、データ連携インタフェースの複雑化解消・開発生産性22%向上に加え、データ連携手法・開発の標準化と統制強化も実現できたという。

三菱ケミカルホールディングスでは、2017年4月に三菱化学・三菱樹脂・三菱レイヨンの化学系3事業会社を統合して発足を予定する三菱ケミカルにおいても、DIHで構築したデータ連携基盤を活用する計画。また、菱化システムでは、データ統合・連携の仕組みをさらに進化させるべく、マスターデータ管理(MDM)システムとDIHとの連携も検討していくとしている。

※ 本記事は掲載時点の情報であり、最新のものとは異なる場合がございます。予めご了承ください。

関連リンク

この記事に興味を持ったら"いいね!"を Click
Facebook で IT Search+ の人気記事をお届けします
2390
2
菱化システム、インフォマティカのデータ統合ハブ製品を導入 [事例]
インフォマティカ・ジャパンは1月31日、三菱ケミカルホールディングスグループのグループ会社である菱化システムが、データ統合ハブ・ソリューション「Informatica Data Integration Hub」を導入したと発表した。
https://news.mynavi.jp/itsearch/2016/05/31/jirei_thumbnail.jpg
インフォマティカ・ジャパンは1月31日、三菱ケミカルホールディングスグループのグループ会社である菱化システムが、データ統合ハブ・ソリューション「Informatica Data Integration Hub」を導入したと発表した。

会員登録(無料)

セキュリティ・キャンプ2017 - 精彩を放つ若き人材の『今』に迫る
ぼくらのディープラーニング戦争
ドローンのポテンシャル、メーカーやキャリア、ユーザー企業はこう見る
マイナビニュース スペシャルセミナー 講演レポート/当日講演資料 まとめ
人事・経理・総務で役立つ! バックオフィス系ソリューション&解説/事例記事まとめ

一覧はこちら

今注目のIT用語の意味を事典でチェック!

一覧はこちら

ページの先頭に戻る