ブリヂストン、AI技術を搭載したSASの「SAS Analytics for IoT」を採用 [事例]

[2016/12/19 15:40] ブックマーク ブックマーク

データ分析

SAS Institute Japanは12月19日、ブリヂストンが「SAS Analytics for IoT」を採用したと発表した。

SAS Analytics for IoTは、システムの構築からデータ管理、モデリング、実行までをシームレスに実現するアナリティクスプラットフォーム。データ分析にAIによる機械学習技術を利用することで、因果関係を理解した上で生産工程などの制御・調整を行える点を特徴とする。

同製品を採用した新システムでは、設計データや材料加工に関するデータ、タイヤの生産工程で得られるデータを基に、AIにタイヤの品質を左右する最適な条件・設定を自動学習させ、さらにデータサイエンティストがチューニングを行う。その上で、製造プロセスにおける判断・動作の自動制御を行わせることで、従来、従業員のスキルに依存していたために起きていた品質のばらつきの低減を図るとしている。

※ 本記事は掲載時点の情報であり、最新のものとは異なる場合がございます。予めご了承ください。

関連リンク

この記事に興味を持ったら"いいね!"を Click
Facebook で IT Search+ の人気記事をお届けします
2222
2
ブリヂストン、AI技術を搭載したSASの「SAS Analytics for IoT」を採用 [事例]
SAS Institute Japanは12月19日、ブリヂストンが「SAS Analytics for IoT」を採用したと発表した。
https://news.mynavi.jp/itsearch/2016/05/31/jirei_thumbnail.jpg
SAS Institute Japanは12月19日、ブリヂストンが「SAS Analytics for IoT」を採用したと発表した。

会員登録(無料)

セキュリティ・キャンプ2017 - 精彩を放つ若き人材の『今』に迫る
ぼくらのディープラーニング戦争
ドローンのポテンシャル、メーカーやキャリア、ユーザー企業はこう見る
マイナビニュース スペシャルセミナー 講演レポート/当日講演資料 まとめ
人事・経理・総務で役立つ! バックオフィス系ソリューション&解説/事例記事まとめ

一覧はこちら

今注目のIT用語の意味を事典でチェック!

一覧はこちら

ページの先頭に戻る