ソフトバンク、ログ解析プラットフォームに「Elastic Stack」を採用 [事例]

[2016/12/15 17:30] ブックマーク ブックマーク

データ分析

Elasticsearch(以下、Elastic)は12月15日、ソフトバンクのログ解析プラットフォームに「Elastic Stack」が採用されたと発表した。

Elastic Stackは、OSSの分散型検索・リアルタイム分析エンジン「Elasticsearch」、ログ収集・転送ツール「Logstash」、データ可視化ツール「Kibana」、軽量データシッパー「Beats」をパッケージ化したもの。

自社開発・運用を推進するソフトバンクのシステム基盤本部では、長年、各システムの独自開発を繰り返してきたために仕様が統一されておらず、稼働状況の把握が困難な状態になっていた。同社では、かねてよりオープンソース技術を積極的に活用していたことから、Elastic Stackを採用し、サーバ群の稼働状況を横断的に分析・監視するログ分析プラットフォームを構築。その設計にあたっては、Elasticのコンサルティングチームが検証のサポートを行った。

導入により、リアルタイムに1つのダッシュボードで数千台のサーバ群のリソースの使用状況を俯瞰できるようになり、よりダイナミックなリソース割当が可能になったとしている。

※ 本記事は掲載時点の情報であり、最新のものとは異なる場合がございます。予めご了承ください。

関連リンク

この記事に興味を持ったら"いいね!"を Click
Facebook で IT Search+ の人気記事をお届けします
2216
2
ソフトバンク、ログ解析プラットフォームに「Elastic Stack」を採用 [事例]
Elasticsearch(以下、Elastic)は12月15日、ソフトバンクのログ解析プラットフォームに分散型RESTful検索・分析エンジン「Elastic Stack」が採用されたと発表した。
https://news.mynavi.jp/itsearch/2016/05/31/jirei_thumbnail.jpg
Elasticsearch(以下、Elastic)は12月15日、ソフトバンクのログ解析プラットフォームに分散型RESTful検索・分析エンジン「Elastic Stack」が採用されたと発表した。

会員登録(無料)

一覧はこちら

今注目のIT用語の意味を事典でチェック!

一覧はこちら

ページの先頭に戻る