マイナビニュースマイナビ

弥生、「Red Hat JBoss Fuse」を採用 - 本番稼働までの作業期間は約2カ月 [事例]

[2016/12/12 15:30] ブックマーク ブックマーク

レッドハットは12月12日、弥生のサービス連携基盤にレッドハットのESB製品「Red Hat JBoss Fuse」が採用されたと発表した。

会計ソフトを中心に業務ソフトウェア製品を開発・販売する弥生では、サービスの向上を考える上で、従来型のデスクトップアプリケーションと近年増加するクラウドアプリケーションをいかにシームレスに連携させるかが課題視されていた。

また、デスクトップアプリケーションの機能拡張やクラウドアプリケーションの開発強化と保守性向上に向け、APIの整備によるマイクロサービスアーキテクチャへのシフトも急務となっていた。

こうしたことから、いったんはオープンソースのルーティングエンジン「Apache Camel」の導入を検討したものの、本番環境における障害時対応に不安を抱き、実運用レベルでのサポート実績があるRed Hat JBoss Fuseの導入を決定したのだという。

同製品は、Apache Camelのほか、メッセージングシステム「Apache ActiveMQ」やWebサービスフレームワーク「Apache CXF」など、いくつかのオープンソースプロダクトを単一のディストリビューションにまとめたもの。オンプレミス・クラウドを問わず、アプリケーションやデータ、デバイスを統合することができる。

導入により、2カ月程度の作業期間でデスクトップアプリケーションとクラウドアプリケーションの透過的なデータ連携が実現し、機能拡張に向けた土台が形成できたという。

現在は、経費精算アプリケーションなど外部サービスと弥生製品との連動を可能にする「YAYOI SMART CONNECT」の基盤APIへRed Hat JBoss Fuseの導入を拡大することや、APIゲートウェイとしての採用を検討中だとしている。

※ 本記事は掲載時点の情報であり、最新のものとは異なる場合がございます。予めご了承ください。

もっと知りたい!こちらもオススメ

データ連携ベンダーが構想する「システム活用の新世界」とは?

データ連携ベンダーが構想する「システム活用の新世界」とは?

インフォテリアは10月6日、データ連携ミドルウェア「ASTERIA WARP」シリーズの新ラインナップ「ASTERIA WARP Core(アステリアワープ・コア)」を10月31日から販売開始した。また、それに絡め、11月25日(金)には新サービスを活用する「発想力」の研鑽に焦点を当てた同社初のハッカソン「『駅すぱあと』×『ASTERIA WARP Core…

関連リンク

この記事に興味を持ったら"いいね!"を Click
Facebook で TECH+ の人気記事をお届けします
注目の特集/連載
[解説動画] Googleアナリティクス分析&活用講座 - Webサイト改善の正しい考え方
Slackで始める新しいオフィス様式
Google Workspaceをビジネスで活用する
ニューノーマル時代のオウンドメディア戦略
ミッションステートメント
次世代YouTubeクリエイターの成長戦略
IoTでできることを見つけるための発想トレーニング
教えてカナコさん! これならわかるAI入門
AWSではじめる機械学習 ~サービスを知り、実装を学ぶ~
Kubernetes入門
SAFeでつくる「DXに強い組織」~企業の課題を解決する13のアプローチ~
マイクロサービス時代に活きるフレームワーク Spring WebFlux入門
AWSで作るマイクロサービス
マイナビニュース スペシャルセミナー 講演レポート/当日講演資料 まとめ
セキュリティアワード特設ページ

一覧はこちら

今注目のIT用語の意味を事典でチェック!

一覧はこちら

会員登録(無料)

ページの先頭に戻る