マイナビニュースマイナビ

安川シーメンス、全社の情報活用基盤にアシストの「WebFOCUS EVO」を採用 [事例]

[2016/10/04 09:40] ブックマーク ブックマーク

アシストは10月3日、同社が販売を手掛けるBIプラットフォームパッケージ「WebFOCUS EVO」が、安川シーメンス オートメーション・ドライブの全社情報活用基盤に採用されたと発表した。

安川シーメンス オートメーション・ドライブの営業部門では、これまで年度予算の受注数や売上見通し、見込み案件の状況をCRMで管理してきたが、独自開発による処理とデータ量の増加などによってパフォーマンスが低下し、動作が不安定になっていた。そこで同社は既存CRMのリプレースを決定。2015年12月に、SAP ERPとWebFOCUS EVOを活用した全社の情報活用基盤が構築された。

導入後は、営業部門・営業管理部門・技術部門・カスタマーサービス部門など約200名が利用しており、GUIとソースコードによるハイブリッドな開発がレポート構築の工数削減につながっているという。また、SAP ERPの汎用モジュールを利用することで、データの受け渡しや検索処理の設定簡略化が可能となったほか、システムが安定し、運用保守の負荷が大幅に軽減されたとしている。

※ 本記事は掲載時点の情報であり、最新のものとは異なる場合がございます。予めご了承ください。

もっと知りたい!こちらもオススメ

白鶴酒造資料館の案内役にPepper - 多言語化で外国人をおもてなし [事例]

白鶴酒造資料館の案内役にPepper - 多言語化で外国人をおもてなし [事例]

白鶴酒造は9月26日、兵庫県・神戸市にある白鶴酒造資料館にソフトバンクロボティクスが開発する人型ロボット「Pepper」を9月27日より導入すると発表した。

関連リンク

この記事に興味を持ったら"いいね!"を Click
Facebook で TECH+ の人気記事をお届けします
注目の特集/連載
[解説動画] Googleアナリティクス分析&活用講座 - Webサイト改善の正しい考え方
ニューノーマル時代のオウンドメディア戦略
ミッションステートメント
教えてカナコさん! これならわかるAI入門
AWSではじめる機械学習 ~サービスを知り、実装を学ぶ~
対話システムをつくろう! Python超入門
Kubernetes入門
SAFeでつくる「DXに強い組織」~企業の課題を解決する13のアプローチ~
PowerShell Core入門
AWSで作るマイクロサービス
マイナビニュース スペシャルセミナー 講演レポート/当日講演資料 まとめ
セキュリティアワード特設ページ

一覧はこちら

今注目のIT用語の意味を事典でチェック!

一覧はこちら

会員登録(無料)

ページの先頭に戻る