コニカミノルタ、複合機事業にSASのビッグデータ分析ツールを導入 [事例]

[2016/08/30 17:00] ブックマーク ブックマーク

データ分析

SAS Institute Japanは8月30日、コニカミノルタジャパンがビッグデータ分析ツール「SAS Analytics」を導入したと発表した。

コニカミノルタジャパンでは、オフィス向け複合機の開発・販売を手掛ける事業のコスト削減、収益拡大を目的にSAS Analyticsを導入。複合機のマシンデータや基幹データ、外部データなどを集約できるビッグデータ分析環境を構築し、分析データをトナーや部品交換などのサポート業務の効率化に活用している。

導入にあたり、コニカミノルタジャパンでは経営課題や現場課題を調査・特定し、「売上予測」「在庫予測」「故障予測」「顧客離反予測」「営業最適化」の5つを基軸モデルとして設定。GUIベースで分析モデルの構築フローを共有できるSAS Analyticsの機能を活用し、分析モデルの構築から効果検証まで、一連のデータ分析作業に現場部門も参画する体制を整えた。加えて、SASの機械学習や時系列予測といった分析手法を駆使し、「使える」分析モデルを構築したとしている。

これにより、部品交換の最適化が図られたほか、60種以上の分析モデルが構築され、導入して1年未満でシステム投資を大きく上回るコスト削減・収益拡大を実現したという。

関連リンク

1801
2
コニカミノルタ、複合機事業にSASのビッグデータ分析ツールを導入 [事例]
SAS Institute Japanは8月30日、コニカミノルタジャパンがビッグデータ分析ツール「SAS Analytics」を導入したと発表した。
https://news.mynavi.jp/itsearch/2016/05/31/jirei_thumbnail.jpg
SAS Institute Japanは8月30日、コニカミノルタジャパンがビッグデータ分析ツール「SAS Analytics」を導入したと発表した。

会員新規登録

初めてご利用の方はこちら

会員登録(無料)

マイナビニュース スペシャルセミナー 講演レポート/当日講演資料 まとめ
人事・経理・総務で役立つ! バックオフィス系ソリューション&解説/事例記事まとめ

一覧はこちら

今注目のIT用語の意味を事典でチェック!

一覧はこちら

ページの先頭に戻る