ライフコーポレーション、全社KPIの管理にSAP BusinessObjectsを採用 [事例]

[2016/06/30 16:40] ブックマーク ブックマーク

データ分析

SAPジャパンは6月29日、ライフコーポレーションがSAPジャパンの分析ソリューション「SAPR BusinessObjects」を導入したと発表した。

ライフコーポレーションは、近畿圏と首都圏で約260店舗を展開するスーパーマーケットチェーン。同社が従来行っていたPOSデータ分析では、営業数値などの集計表画面のみをユーザーに提示しており、商品提供の各工程を最適化するためのビジュアル分析ツールについては、各部署からの要望に応じて個別に開発していた。だが、店舗数や取り扱い商品数の増加などに伴い、迅速な対応が難しい状況になりつつあったという。

また、店舗形態の拡大やネットスーパーとの連携といった業務拡張などが原因で、従来とは異なるKPIマネジメントの必要性が浮き彫りになっていた。これらの課題を解消するソリューションを検討した結果、国内における豊富な実績や、安定性・品質面を評価し、SAP BusinessObjectsの導入が決定された。同製品は約1年間の導入期間を経て2015年4月に稼働を開始。現在では、各部門で定義されたプロセスをビジュアル化するKPIを時系列で可視化し、全社共有がなされている。

同社は今後、各部門の中間管理職層や各店舗のバイヤーなど活用ユーザーを拡大し、さまざまな分析を行っていくとしている。

関連リンク

1591
2
ライフコーポレーション、全社KPIの管理にSAP BusinessObjectsを採用 [事例]
SAPジャパンは6月29日、ライフコーポレーションがSAPジャパンの分析ソリューション「SAPR BusinessObjects」を導入したと発表した。
https://news.mynavi.jp/itsearch/2016/05/31/jirei_thumbnail.jpg
SAPジャパンは6月29日、ライフコーポレーションがSAPジャパンの分析ソリューション「SAPR BusinessObjects」を導入したと発表した。

会員新規登録

初めてご利用の方はこちら

会員登録(無料)

一覧はこちら

今注目のIT用語の意味を事典でチェック!

一覧はこちら

ページの先頭に戻る