マイナビニュースマイナビ

東大×IBMが川崎市で日本初のゲート型商用量子コンピューターを稼働

[2021/07/28 13:00]岩井 健太 ブックマーク ブックマーク

[1ページ] : 量子コンピューター設置は米国、ドイツに次いで3か国目
[2ページ] : 日本は量子戦略に積極的であり、高い技術力を持つ

IBMの量子コンピューター設置は米国、ドイツに次いで3か国目

東京大学とIBMは7月27日、オンラインで記者説明会を開き、日本初となるゲート型商用量子コンピューティングシステム「IBM Quantum System One」が神奈川県川崎市の「新川崎・想像のもり かわさき新産業創造センター(KBIC)」において稼働を開始したと発表した。

KBICに設置された「IBM Quantum System One」の外観

KBICに設置された「IBM Quantum System One」の外観

稼働を開始したSystem OneはKBICのナノ・マイクロ産学官共同研究施設として開設されたNANOBIC内に設置し、プロセッサに27量子ビットのFalconを搭載。同コンピュータが設置されるのは米国、ドイツに次いで3か国目となる。

筒の中の状態

筒の中の状態

記者説明会には、東京大学 総長の藤井輝夫氏、文部科学大臣の萩生田光一氏、科学技術政策担当大臣の井上信治氏、参議院議員、自由民主党量子技術推進議員連盟 会長の林芳正氏、駐日米国代理大使のレイモンド・グリーン氏、慶應義塾長の伊藤公平氏、東京大学 教授・元総長の五神真氏、同 教授の村尾美緒氏、川崎市長の福田紀彦氏、QII(量子イノベーションイニシアティブ)協議会会長、みずほフィナンシャルグループ 取締役会長の佐藤康博氏、QII協議会メンバー、JSR 名誉会長の小柴満信氏、米IBM シニア・バイス・プレジデント、IBM Research ディレクターのダリオ・ギル氏、日本IBM 代表取締役社長の山口明夫氏と、産学官を代表するメンバーが出席した。

記者説明会に出席した関係者一同

記者説明会に出席した関係者一同

※ 本記事は掲載時点の情報であり、最新のものとは異なる場合がございます。予めご了承ください。

もっと知りたい!こちらもオススメ

IBM Researchが目指すコンフィデンシャルコンピューティングとAI高速化とは

IBM Researchが目指すコンフィデンシャルコンピューティングとAI高速化とは

日本IBMは6月17日、ユーザー向けの技術解説セッション「IBM Technology Day」をオンラインで開催した。本稿では、日本IBM IBM東京基礎研究所 技術理事の小原盛幹氏による「思考の枠を超える - IBMリサーチが挑むテクノロジーとの未来」と題した特別講演の内容を紹介する。

関連リンク

この記事に興味を持ったら"いいね!"を Click
Facebook で TECH+ の人気記事をお届けします
注目の特集/連載
[解説動画] Googleアナリティクス分析&活用講座 - Webサイト改善の正しい考え方
Slackで始める新しいオフィス様式
Google Workspaceをビジネスで活用する
ニューノーマル時代のオウンドメディア戦略
ミッションステートメント
次世代YouTubeクリエイターの成長戦略
IoTでできることを見つけるための発想トレーニング
教えてカナコさん! これならわかるAI入門
AWSではじめる機械学習 ~サービスを知り、実装を学ぶ~
Kubernetes入門
SAFeでつくる「DXに強い組織」~企業の課題を解決する13のアプローチ~
マイクロサービス時代に活きるフレームワーク Spring WebFlux入門
AWSで作るマイクロサービス
マイナビニュース スペシャルセミナー 講演レポート/当日講演資料 まとめ
セキュリティアワード特設ページ

一覧はこちら

今注目のIT用語の意味を事典でチェック!

一覧はこちら

会員登録(無料)

ページの先頭に戻る