Bitwarden - インストール

【連載】

パスワード管理アプリの選び方

【第21回】Bitwarden - インストール

[2018/06/29 07:00]後藤大地 ブックマーク ブックマーク

  • IT Search+

IT Search+

これまでパスワード管理アプリとしてLastPass、Dashlane、Sticky Password、RoboForm、KeePass、True Keyを取り上げてきた。

これらアプリケーションは、商用プロダクトの無償版でソースコードが非公開となっているか、KeePassのようにオープンソースソフトウェアであるものの機能性重視のプロダクトのいずれかだった。信頼性という面ではオープンソースソフトウェアを使いたいが、KeePassは商用のパスワード管理アプリと比べると使い勝手がよいとは言えない。

今回はこれまで取り上げてきた2種類のパスワード管理アプリの双方の特徴をバランス良く備えた「Bitwarden」を紹介する。

Bitwarden - オープンソースと商用サービスの両立

まず、Bitwardenは提供しているアプリケーションの種類が豊富だ。

Webブラウザエクステンションに加え、デスクトップアプリケーション、モバイルアプリ、Webアプリ、さらにコマンドラインツールまで提供されている。これまでに取り上げてきたどのパスワード管理アプリよりも種類が豊富である。

Bitwardenパスワード管理アプリ。Webブラウザエクステンションを使用したときの様子

さらに、Bitwardenではそれらすべてのアプリケーションがオープンソースソフトウェアとして公開されている。そのうえ、UI/UXも商用アプリと同レベルに仕上がっている。

オープンソースソフトウェアとしてすべてのコードが公開されている

さらにBitwardenは次のように有償のサービスも提供されている。

サービス 価格 内容
個人 フリー 無償 2ユーザ共有、2コレクション、共有アイテム無制限
個人 ファミリー 有償 5ユーザ共有、無制限コレクション、無制限共有アイテム、1GBファイルストレージ、セルフホスト機能
企業 チーム 有償 無制限ユーザ数、無制限コレクション、無制限共有アイテム、1GBファイルストレージ、優先テクニカルサポート
企業 エンタープライズ 有償 ユーザグループ、ディレクトリ同期、オンプレミスホスト、イベント/監査ログ、MFA機能

パスワード管理アプリは複数のデバイス間でデータを共有するという利便性を実現するために、どうしてもネットワークを経由した同期が必要になる。そうなると、どこかに同期用または管理用のアカウントを作成する必要があり、サーバの運用が必須になってくる。

当然ながら運用費用が発生するわけで、長期に渡ってパスワード管理アプリサービスを利用するには、ビジネスが健全な状態で回っている必要がある。サービスの継続性を考えると、サブスクリプションサービスがあるというのは好ましいと言える。

Webブラウザエクステンションのインストール

これまでと同じように、まずWebブラウザエクステンションのインストールから行ってみよう。まず、BitwardenのサイトからWebブラウザエクステンションをインストールする。

エクステンションをインストールすると次のようにBitwardenのアイコンが追加され、ログインするように促される。

Bitwardenエクステンション - ログイン

利用を開始するにはアカウントを作成する必要があるので、ここで「アカウントの作成」をクリックする。

Bitwardenアカウントの作成

アカウントの作成が終了すると、そのままログインを求められるので、作成したアカウントデータを入力してログインする

作成したBitwardenアカウントを使ってログイン

Bitwardenの利用開始までの準備はこれで完了だ。

デスクトップアプリケーションのインストール

Bitwardenのデスクトップアプリケーションもインストールしてみよう。

これまでに紹介してきたパスワード管理アプリには、Webブラウザエクステンションがデスクトップアプリケーションを要求するものもあったが、Bitwardenでは独立して利用できる。デスクトップアプリケーションの方を好むなら、こちらだけの利用でもよいだろう。

Bitwardenデスクトップアプリケーションをダウンロードしてきてインストール

デスクトップアプリケーションも起動時にBitwardenアカウントの入力を求められるので、ここで先ほど作成したアカウントを入力してログインする。

起動時にBitwardenアカウントの入力を求められる

Bitwardenデスクトップアプリケーションで提供される機能はWebブラウザエクステンションで提供されている機能とよく似ている。

Bitwardenデスクトップアプリケーション

デスクトップアプリケーションのUI/UXは、比較的最近のトレンドを汲んだもので違和感を感じることはないと思う。

もし迷っているならBitwardenは一考の価値あり

これまでLastPass、Dashlane、Sticky Password、RoboForm、KeePass、True Keyというパスワード管理アプリを取り上げてきた。KeePassは除くとして、ほかの5つはそれぞれに特徴はあると言っても、提供している機能はどれもよく似たものだった。どれにするか迷う読者も多いのではないだろうか。

そんな方はBitwardenを試すとよい。

Bitwardenはとにかくバランスがよい。すべてのソースコードはオープンソースソフトウェアとして公開されており、サブスクリプションサービスも提供されている。アプリケーションは対応プラットフォームが豊富 、UI/UXもモダンで扱いやすい。

オープンソースソフトウェアであるということは、もし仮にサービスが終了したとしても、最悪自分でサービスを引き継ぐことができるし、有力なサービスであれば後釜が登場する可能性も高い。そういった面でもBitwardenは一考の価値がある。

※ 本記事は掲載時点の情報であり、最新のものとは異なる場合がございます。予めご了承ください。

一覧はこちら

連載目次

もっと知りたい!こちらもオススメ

【第2回】情報セキュリティ事故対応アワード

【第2回】情報セキュリティ事故対応アワード

今年で2回目を迎えた情報セキュリティ事故対応アワード。経済産業省が後援につき、報道賞を新設するなど、さらに内容を拡充しての開催となりました。今年の最優秀賞は、審査員全員が「過去にない対応」と大絶賛。セキュリティ関係者は一度ご覧になっておくべきでしょう。

関連リンク

この記事に興味を持ったら"いいね!"を Click
Facebook で IT Search+ の人気記事をお届けします

会員登録(無料)

注目の特集/連載
[解説動画] Googleアナリティクス分析&活用講座 - Webサイト改善の正しい考え方
[解説動画] 個人の業務効率化術 - 短時間集中はこうして作る
知りたい! カナコさん 皆で話そうAIのコト
教えてカナコさん! これならわかるAI入門
対話システムをつくろう! Python超入門
Kubernetes入門
AWSで作るクラウドネイティブアプリケーションの基本
PowerShell Core入門
徹底研究! ハイブリッドクラウド
マイナビニュース スペシャルセミナー 講演レポート/当日講演資料 まとめ
セキュリティアワード特設ページ

一覧はこちら

今注目のIT用語の意味を事典でチェック!

一覧はこちら

ページの先頭に戻る