ユナイテッドアローズ、「Domo」を採用 - オムニチャネル戦略を強化 [事例]

[2017/11/27 19:20] ブックマーク ブックマーク

IT Search+

ドーモは11月27日、ユナイテッドアローズがクラウド型ビジネス最適化プラットフォーム「Domo」を採用したと発表した。

19ストアブランド243店舗(2017年4月1日現在)を全国展開し、EC事業の強化も推進するユナイテッドアローズでは、顧客体験のさらなる向上に向け、リアル店舗とオンラインストアのオムニチャネルをいかに最適化していくかが課題となっていた。

その解決には、マーケティングデータをはじめ、店頭のPOSデータや在庫情報、顧客情報など、異なるツールで収集したデータを組織横断で活用し、カスタマージャーニーを理解することが必要だと考えられた。

そこで、ユナイテッドアローズはDomoを採用。同製品では、社内外に散在するさまざまなデータをクラウド上で収集・統合し、リアルタイムでダッシュボード上で閲覧することができる。これにより、カスタマージャーニー全体をリアルタイムで把握できるため、ネットで情報を知らせ、実店舗に足を運ぶように誘導するOnline to Offline施策の強化や、顧客体験全体の向上を迅速かつ的確に行えるとしている。

また、Domoで視覚化されたレポートからは、データ分析の専門知識がなくても直感的に評価指標と成果の把握ができるため、社員が自らデータを確認し、目標達成のためのアクションをとることが可能になるという。

※ 本記事は掲載時点の情報であり、最新のものとは異なる場合がございます。予めご了承ください。

関連リンク

この記事に興味を持ったら"いいね!"を Click
Facebook で IT Search+ の人気記事をお届けします
3290
2
ユナイテッドアローズ、「Domo」を採用 - オムニチャネル戦略を強化 [事例]
ドーモは11月27日、ユナイテッドアローズがクラウド型ビジネス最適化プラットフォーム「Domo」を採用したと発表した。
https://news.mynavi.jp/itsearch/2016/05/31/jirei_thumbnail.jpg
ドーモは11月27日、ユナイテッドアローズがクラウド型ビジネス最適化プラットフォーム「Domo」を採用したと発表した。

会員登録(無料)

セキュリティ・キャンプ2017 - 精彩を放つ若き人材の『今』に迫る
ぼくらのディープラーニング戦争
クラウドアンケート
マイナビニュース スペシャルセミナー 講演レポート/当日講演資料 まとめ
人事・経理・総務で役立つ! バックオフィス系ソリューション&解説/事例記事まとめ

一覧はこちら

今注目のIT用語の意味を事典でチェック!

一覧はこちら

ページの先頭に戻る