マイナビニュースマイナビ

記事バックナンバー(2021年)

記事バックナンバー(2021年)

100 件中 1~20件目を表示中

2021年4月の記事

Dell EMC VxRailで全社仮想化基盤を刷新。性能や拡張性を大幅に強化すると同時に運用管理の効率化やコスト削減にも成功

【特別企画】Dell EMC VxRailで全社仮想化基盤を刷新。性能や拡張性を大幅に強化すると同時に運用管理の効率化やコスト削減にも成功

畜産及び水産用飼料の製造・販売や鶏卵及び関連商品の生産・販売を手掛ける日本農産工業では、主要な業務システム群をVMware vSphere® による全社仮想化基盤に集約している。さらに今回同社では、ハイパーコンバージド・インフラストラクチャ製品「Dell EMC VxRail」を新たに導入。システムの性能・信頼性・拡張性や、運用管理性の大幅な改善に成功している。

サーバ/ストレージ

PowerShell 7をシェルスクリプトとして使う

【連載】PowerShell Core入門 - 基本コマンドの使い方 [143] PowerShell 7をシェルスクリプトとして使う

本連載ではここのところしばらく、PowerShellをインタラクティブシェルとして使うための設定やショートカットキーについて取り上げてきた。インタラクティブシェルとしてPowerShellを活用する基本的な方法は、網羅できたのではないかと思う。それを踏まえ、今回からはPowerShellをシェルスクリプトとして使っていく方法をまとめていこう。最終的には、PowerShellを使って日々の作業を自動化していくのが目標だ。

サーバ/ストレージ

【対談】なぜ古い体質の大企業がDXを実現できたのか - 楠木建氏×楢﨑浩一氏

【対談】なぜ古い体質の大企業がDXを実現できたのか - 楠木建氏×楢﨑浩一氏

デジタルによる組織やビジネスモデルの革新をDXと呼ぶ。ここ数年、耳にすることが増えたキーワードだが、さまざまな因習にとらわれて実践に移せない企業も多い。そんな中、保険という古い体質の業界でDXを強力に推進しているのがSOMPOホールディングスだ。2月15日に開催されたWebセミナーでは、同社のDXを推進するグループCDO 執行役常務の楢﨑浩一氏と、一橋ビジネススクール 教授 楠木建氏による対談が実施された。

ソリューション

noteが設立から7周年 - 最新版エディタを発表

noteが設立から7周年 - 最新版エディタを発表

noteは4月7日、都内で「7周年事業発表会」を開催した。発表会には同社 代表取締役CEOの加藤貞顕氏らが出席した。

TECH+

資格系YouTube「ITすきま教室」、ペルソナは社会人1年目の自分

【連載】次世代YouTubeクリエイターの成長戦略 [3] 資格系YouTube「ITすきま教室」、ペルソナは社会人1年目の自分

技術の進化が急激に進む現代において、ITの基本知識は社会人にとってもはや必須であるといえよう。しかし時間の制約があるなか、独学で専門的な知識を身に付けていくことはなかなか難しい。そうした課題を解決するのが、短時間で気軽にITについて勉強できるYouTubeチャンネル「ITすきま教室」だ。開設から約2年で、チャンネル登録者数は4万人を超えた。会社員として働きながら、同チャンネルの動画の企画から編集、分析までを1人で手掛ける渡辺さき氏に、立ち上げの背景と狙いについて聞いた。

ソリューション

Amazon SageMaker Studioの基本的な使い方(4)

【連載】AWSではじめる機械学習 ~サービスを知り、実装を学ぶ~ [12] Amazon SageMaker Studioの基本的な使い方(4)

前回は Amazon SageMaker Autopilotを使って機械学習モデルの構築を行いました。今回は機械学習モデルを推論エンドポイントとしてデプロイし、精度検証を行います。

開発ソフトウェア

足で稼ぐ営業スタイルからDXを実現した地元密着型企業の挑戦

足で稼ぐ営業スタイルからDXを実現した地元密着型企業の挑戦

愛知県豊川市に本社を構えるトヨコン。1964年に創業し、包装資材・物流機器の販売、包装設計、システム開発、倉庫管理業務、梱包業務、組立事業などを手がける地元に密着した総合物流サービスの企業だ。

業務アプリケーション

5分で分かる! デジタルでも「新規開拓営業」で成果を出すポイント

【特別企画】5分で分かる! デジタルでも「新規開拓営業」で成果を出すポイント

新規開拓のターゲットとなる企業像を明確に定義(1)し、ターゲットリストを作成(2)する。当該ターゲットにパーソナライズしたアプローチ案を検討(3)し、実際にそのアプローチを実行(4)する、......今日の新規開拓営業は、(1)から(4)のプロセスをもってPDCAをまわすことが不可欠となってきている。今述べた各プロセスで留意すべきポイントについて解説する。

ソリューション

ショートカットキーの読み方

【連載】にわか管理者のためのLinux運用入門 [275] ショートカットキーの読み方

bashを効率良く使っていくためには、ショートカットキーの活用が欠かせない。その取っ掛かりとして、前回はカーソルを移動するためのショートカットキーを取り上げた。その過程で、bashで設定されているショートカットキーを確認する方法を紹介したが、まずはあのコマンドの出力が読めないことには先に進むのが難しい。今回はその部分について説明しよう。

サーバ/ストレージ

AWS Lambdaにおけるサーバレスエラーハンドリング(3)

【連載】AWSで作るクラウドネイティブアプリケーションの応用 [8] AWS Lambdaにおけるサーバレスエラーハンドリング(3)

今回はAPI GatewayとLambda実行環境をCloudFormationを使って構築し、同期的にLambdaを呼び出してみます。

開発ソフトウェア

コロナ禍による新商品開発秘話 チームの絆を繋いだのは?

【連載】Slackで始める新しいオフィス様式 [1] コロナ禍による新商品開発秘話 チームの絆を繋いだのは?

チーム・コミュニケーションを円滑にするビジネスのサポートツール「Slack(スラック)」。コロナ禍におけるリモートワーク文化が進んだことも相まり、近年は多くの企業が導入を始めている。では、Slackはどのように企業のコミュニケーションを円滑にしているのだろうか。

業務アプリケーション

Google Workspaceで進化したチャット機能を使ってみよう

【連載】Google Workspaceをビジネスで活用する [5] Google Workspaceで進化したチャット機能を使ってみよう

本連載では「G Suite」から名称を変更した「Google Workspace」の各サービスのビジネスにおける活用法について紹介します。

業務アプリケーション

Flux2(GitOps Toolkit)を使ってKubernetesでDevOps

【連載】Kubernetes入門 [21] Flux2(GitOps Toolkit)を使ってKubernetesでDevOps

「Flux2」はJenkins X、Spinnaker、ArgoCD、Tektonなどと並ぶCD(Continuous Delivery)ツールです。2021年3月10日に、CNCF(Cloud Native Computing Foundation)のIncubationプロジェクトとなったことが発表され、注目を集めています。今回は、このFlux2について解説します。

開発ソフトウェア

PowerShell 7をインタラクティブシェルとして使う - お薦めショートカットキー15選

【連載】PowerShell Core入門 - 基本コマンドの使い方 [142] PowerShell 7をインタラクティブシェルとして使う - お薦めショートカットキー15選

PSReadLineモジュールが提供する機能によって、bashと同じようなショートカットキーを使用できるようになる。今回は、これまでに取り上げてきたショートカットキーを覚えるためのちょっとしたTIPSと、中でもお薦めのショートカットキーを紹介する。

サーバ/ストレージ

課題解決アプローチ(5):方針からビジネス、システムへの落とし込みと、直接の対話を重視した計画イベント

【連載】SAFeでつくる「DXに強い組織」~企業の課題を解決する13のアプローチ~ [12] 課題解決アプローチ(5):方針からビジネス、システムへの落とし込みと、直接の対話を重視した計画イベント

今回のテーマは「経営層で立案した戦略を開発現場へどのようにブレイクダウンしていくか」。SAFeの中核イベントであるPI(Program Increment)プランニングについてご紹介します。

ソリューション

【第6回】情報セキュリティ事故対応アワード

【第6回】情報セキュリティ事故対応アワード

不幸にもセキュリティ事故に遭ってしまったものの、その後の対応が素晴らしかった企業を表彰するイベント『情報セキュリティ事故対応アワード』。昨年に引き続き、今年も完全Web配信にて開催いたしました。

セキュリティ

2021年3月の記事

ネットアップ、Kubernetes関連の新サービスを発表

ネットアップ、Kubernetes関連の新サービスを発表

ネットアップは3月30日、オンラインで記者会見を開き、Kubernetes関連の新サービスである「NetApp Astara」(ネットアップ・アストラ)と「Spot Wave by NetApp」「Spot Ocean for Azure」を4月1日から発売すると発表した。

ストレージ

コスト削減と顧客体験向上を両立させるCDNが事業成功の鍵!ルーメン・テクノロジーズが日本市場に本格参入

【特別企画】コスト削減と顧客体験向上を両立させるCDNが事業成功の鍵!ルーメン・テクノロジーズが日本市場に本格参入

コスト削減と顧客体験向上を両立させるCDNを導入することが、事業成功の大きな鍵となってきている。このほど日本でCDNサービスの本格展開を開始したルーメン・テクノロジーズは、コンテンツ配信関連企業にとって検討の候補に入れるべきサービスプロバイダだ。同社の提供するホワイトペーパーをもとに、その理由を探っていきたい。

ネットワーク機器

先行して教育ICT化に取り組む柳川高校が、教育改革のキーデバイスに Surface Hub 2S を選んだ理由

【特別企画】先行して教育ICT化に取り組む柳川高校が、教育改革のキーデバイスに Surface Hub 2S を選んだ理由

福岡県に校舎を構える柳川高校は2020年、パンデミックの拡大を受け、当初2022年に着手を予定していた教育改革「スマート学園構想」を2年前倒して進めることを決断。Microsoft Surface Hub 2S をキーデバイスに、教育改革の実現に向けた歩みをスタートさせている。同校は教育改革によって何を目指すのか。その中で Surface Hub 2S はどんな役割を担うのか。シネックスジャパンがまとめた導入事例から紹介したい。

ソリューション

スイート製品であることが鍵! Google Workspaceが企業の生産性に与える効果を探る

【特別企画】スイート製品であることが鍵! Google Workspaceが企業の生産性に与える効果を探る

この一年、数多くの企業が業務環境の再整備に追われた。ただ、短期の環境構築が求められたために、整備した環境に課題が残されているケースは少なくない。もし業務環境の再整備を検討するなら、あるいはこれから多様な働き方に対応するための環境づくりに臨むならば、仕事に必要なツールを包括して提供する「スイート製品」を候補に入れてほしい。ツールを個々に導入する場合と比べて高い導入効果が期待できるからだ。本稿ではグーグルが公開する資料「Google Workspace――コラボレーションツールで、新しい働き方を実現」より、スイート製品だからこそ得られる数々の効果の中から一部を紹介したい。

業務アプリケーション

リモート会議で浮き彫りになった「音の悩み」。解決の鍵は機器選びにあり

【特別企画】リモート会議で浮き彫りになった「音の悩み」。解決の鍵は機器選びにあり

ヘッドセット市場世界No.1のシェアを誇るGN Store A/S社の日本法人「GNオーディオジャパン」の調べによれば、Web会議を経験した人の実に30%が、聞きづらさや雑音といった「音」を起因とするストレスを抱えているという。問題となるのは、こうしたストレスが、ビジネスに悪影響を引き起こし得るという事実だ。

Web会議

ジョブ型人事に後継者育成、自律的成長......人材戦略から考えるカゴメの制度改革

ジョブ型人事に後継者育成、自律的成長......人材戦略から考えるカゴメの制度改革

2月25日に開催された「マイナビニュースフォーラム 働き方改革 Day 2021 Feb.」では、「ニューノーマルのマネジメント、変化を生き抜く個人と組織のあり方」をテーマに掲げ、変化に対応して成果を出し続ける組織の構築方法や成功のコツについて、有識者による講演が多数繰り広げられた。本稿では、カゴメ 常務執行役員CHOの有沢正人氏が登壇した特別講演の模様をレポートする。

ソリューション

Oktaが事業戦略説明会 - 人とテクノロジーをつなげるID管理

Oktaが事業戦略説明会 - 人とテクノロジーをつなげるID管理

Okta Japanは3月30日、オンラインによる事業戦略説明会を開催した。

クラウド

従業員エンゲージメント向上の鍵は、人事とITの融合

【特別企画】従業員エンゲージメント向上の鍵は、人事とITの融合

従業員エンゲージメントと生産性との間に相関性があることは、数多くの研究結果で示されている。ただ、テレワークの広がりに伴い、エンゲージメントを維持向上することは困難になってきている。そうした状況に対して、世界最大級の独立系総合IT サービス企業であるDXCテクノロジーは、ニューノーマルの中にあってもエンゲージメントを向上させていくためには「人事とITの連携」が必要だと指摘する。

業務アプリケーション

Citrix Cloudを活用した、ワンランク上のWVD活用術

【特別企画】Citrix Cloudを活用した、ワンランク上のWVD活用術

スピーディかつ比較的廉価にVDI環境を用意する術としてDaaS(Desktop as a Service)が人気を博している。中でもマイクロソフトの提供するWindows Virtual Desktop(以下、WVD)は、マルチセッションが可能、必要なコンポーネントの多くをワンストップで提供するなどの理由から、数あるDaaSの中でも注目されるサービスだ。本稿ではこのWVDのワンランク上の活用術を紹介したい。

クラウド

クラウドサービス利用で複雑化する事故対応 - 第6回「情報セキュリティ事故対応アワード」開催レポート

クラウドサービス利用で複雑化する事故対応 - 第6回「情報セキュリティ事故対応アワード」開催レポート

不幸にもセキュリティ事故に遭ってしまったものの、その後の対応が素晴らしかった企業を表彰する「情報セキュリティ事故対応アワード」審査員。第6回目となる今回は、2021年2月26日にオンライン開催された。

セキュリティ

bashを使う - カーソルの移動

【連載】にわか管理者のためのLinux運用入門 [274] bashを使う - カーソルの移動

Linuxでデフォルトで使われることが多いインタラクティブシェル「bash」を使う際、当然だがカーソルの移動は欠かすことができない。bashでは、単語単位でカーソルを移動させたり、行頭行末へカーソルを移動させたりするショートカットを提供している。bashの操作効率を引き上げる方法として、まずはこの操作を覚えてしまおう。

サーバ/ストレージ

川崎市がGoogle for Educationを導入 - 教員のマインドセットに向けたKickstart Program

川崎市がGoogle for Educationを導入 - 教員のマインドセットに向けたKickstart Program

Googleは3月26日、オンラインで記者説明会を開き、Google for Educationの活用支援と川崎市における導入事例を紹介した。

業務アプリケーション

自社サイトを多言語化する上で押さえておくべき「品質」の在り方

自社サイトを多言語化する上で押さえておくべき「品質」の在り方

ビジネスのグローバル化が進む今、自社Webサイトの多言語化は企業の至上命題とも言える時代です。しかし、多言語Webサイトの品質について"あるべき姿"を策定できている企業は多くないのではないでしょうか。本稿では、多言語Webサイトの品質および品質の作り込みについて解説していきます。

Webサイト構築

脱ハンコとペーパレス化を実現する「DocuSign Agreement Cloud」

脱ハンコとペーパレス化を実現する「DocuSign Agreement Cloud」

ドキュサイン・ジャパンは3月25日、オンラインで契約ライフサイクル管理製品について記者説明会を開催した。

業務アプリケーション

実例から学ぶ!膨大な脅威インテリジェンスを簡単に活用できるセキュリティサービスとは

【特別企画】実例から学ぶ!膨大な脅威インテリジェンスを簡単に活用できるセキュリティサービスとは

ニュースになるほどの大規模なサイバー犯罪が後を絶たない。テクノロジーによる対策もいたちごっこが続いている状況だ。そのような中、日本の情報セキュリティサービス業界大手のラックが提供しているサービスがある。膨大な脅威インテリジェンスを分析しサイバー攻撃の被害を未然に防ぐことを促す、「Recorded Future」である。本稿では、慶應義塾で導入された実例から、同サービスの特徴を紹介する。

セキュリティ

機械設計マスターが伝授する、これをやっておけばワンランク上の設計者になれる方法

【特別企画】機械設計マスターが伝授する、これをやっておけばワンランク上の設計者になれる方法

不確実性の高い時代に生き残るためにはDXへの対応は必須の状況だ。DXの実現には新しいスキルをもった人材が必要だが、ものづくり業界の動きは依然として鈍い。設計者一人ひとりにとってもデジタル化を通じてスキルアップをすることは、作業効率をアップさせ、より創造性の高いイノベーティブな設計技術を得ることに繋がる。

TECH+

「出社する必要がない会社」のつくり方 - テレワーク成功企業が語る"秘訣"

「出社する必要がない会社」のつくり方 - テレワーク成功企業が語る"秘訣"

ワーキングスタイルとして「SAWS(Six Apart Working Style)」を策定し、テレワーク導入を進めたシックス・アパート。その結果、厚生労働省による「輝くテレワーク賞」など多くの賞を獲得したテレワーク成功企業の1つだ。同社の従業員は30名だが、「人数が少ないから成功できたのではない。大企業でもテレワークはできる」と代表取締役 古賀早氏は断言する。

ソリューション

PowerShell 7をインタラクティブシェルとして使う - PSReadLine活用(テキスト選択)

【連載】PowerShell Core入門 - 基本コマンドの使い方 [141] PowerShell 7をインタラクティブシェルとして使う - PSReadLine活用(テキスト選択)

PowerShellがデフォルトで読み込むようになったPSReadLineモジュールには、入力テキストを選択する機能が用意されている。選択操作にはショートカットキーがいくつか用意されており、それらを覚えておくと、入力したコマンドの編集などをより行うことができる。ちょっとしたテクニックではあるのが、身に付けておいて損はないので今回紹介したい。

サーバ/ストレージ

課題解決アプローチ(4):DX組織のグランドデザイン

【連載】SAFeでつくる「DXに強い組織」~企業の課題を解決する13のアプローチ~ [11] 課題解決アプローチ(4):DX組織のグランドデザイン

これまでの連載では、「なぜ企業に変革が必要なのか」についてお伝えしてきました。今回は、DX組織のグランドデザインをテーマに解説していきます。ポイントは、大企業がイノベーションを起こすための組織の全体構想を探ることです。

ソリューション

Amazon SageMaker Studioの基本的な使い方(3)

【連載】AWSではじめる機械学習 ~サービスを知り、実装を学ぶ~ [11] Amazon SageMaker Studioの基本的な使い方(3)

前回は、「Amazon SageMaker Studio」をセットアップするところまで行いました。今回は「Amazon SageMaker Autopilot」を使って機械学習モデルの構築を行っていきます。

開発ソフトウェア

難しいNotes移行はどうすれば成功に導けるか

【特別企画】難しいNotes移行はどうすれば成功に導けるか

Notesの抱えるおもな課題には、自由に作られたデータベースを管理することによる管理負荷の増加と業務の複雑化、そして膨大なデータを保持するための維持コストがある。そんな中、乱立したデータを独自ツールにより整理しスムーズな移行を支援するのが、NTTデータビジネスシステムズの「imforce Notesマイグレーションサービス」だ。

業務アプリケーション

SASEの導入をベライゾンで進めるべき理由

【特別企画】SASEの導入をベライゾンで進めるべき理由

テレワーク下で使用される「脆弱性の懸念されるネットワーク」や「私用デバイス」といったあらゆる場所、あらゆるモノを対象にして、セキュリティ対策を講じる必要性が増している。このような新時代のインシデントに対応するために注目を集めているのが、「SASE(サシー)」だ。本稿では世界的な電気通信事業者であるベライゾンが提供するSASEソリューションについて、同社のホワイトペーパーを基にしながら紹介していきたい。

セキュリティ

インタラクティブシェル

【連載】にわか管理者のためのLinux運用入門 [273] インタラクティブシェル

Linuxで使われることが多いインタラクティブシェルでは多くの機能が提供されており、ショートカットキーも多数用意されている。今後はこうした機能を整理しながら取り上げ、Linuxにおける作業を高速化する方法に取り組んでいく。まずは、インタラクティブシェルについて整理しておこう。

サーバ/ストレージ

AWS Lambdaにおけるサーバレスエラーハンドリング(2)

【連載】AWSで作るクラウドネイティブアプリケーションの応用 [7] AWS Lambdaにおけるサーバレスエラーハンドリング(2)

前回は、Lambdaファンクションのエラーハンドリングの特徴と代表的なパターン、エラーの概念/対処の考え方を説明しました。今回からはAPI GatewayとLambdaおよびSpringCloudFuntionを使って構築したLambdaを同期的に呼び出した場合に発生したエラーの取り扱い方や環境構築方法を解説します。

開発ソフトウェア

Gmailのメール送信時に役立つテクニックを身に着けよう

【連載】Google Workspaceをビジネスで活用する [4] Gmailのメール送信時に役立つテクニックを身に着けよう

本連載では「G Suite」から名称を変更した「Google Workspace」の各サービスのビジネスにおける活用法について紹介します。

業務アプリケーション

Webシステムのリアルタイムな操作ナビゲーションを実現する「Dojo Sero」

【特別企画】Webシステムのリアルタイムな操作ナビゲーションを実現する「Dojo Sero」

従業員に情報システムが有効活用されなければ、業務のデジタル化やその先にあるDXは果たされない。ただ、そのための方法論に悩むIT担当者は、意外に多いのではないだろうか。本稿では、あらゆるWebシステムの操作方法をユーザーへナビゲートしてくれる「Dojo Sero」に着目。これを利用して従業員のIT活用を推進する方法を紹介する。

ソリューション

暗号化通信を悪用したサイバー攻撃にはどう対応すればよいか

【特別企画】暗号化通信を悪用したサイバー攻撃にはどう対応すればよいか

サイバー攻撃の通信内には、企業のシステムへ侵入するために隠したいトラフィックが数多く存在する。TLSなどでこの通信が暗号化されると、企業側は当該の通信がどのディレクトリ、どのファイルやコンテンツにアクセスしているかが把握できず、アクセスログも取得できない状況に陥ってしまう。暗号化通信を利用したサイバー攻撃にはどう対応すればよいか。

セキュリティ

リモートワークは"武器"になる - 日本MS 西脇氏が考える、ニューノーマル時代の働き方

リモートワークは"武器"になる - 日本MS 西脇氏が考える、ニューノーマル時代の働き方

時代の変化に合わせて常に働く場所やコミュニケーションツールを見直してきたリモートワークの先駆者は、ニューノーマル時代における働き方や組織づくりをどう見ているのだろうか。2月25日に開催されたマイナビニュースフォーラム「働き方改革Day 2021 Feb. ニューノーマルのマネジメント」にて、日本マイクロソフト エバンジェリスト・業務執行役員 西脇資哲氏が解説した。

ソリューション

PowerShell 7をインタラクティブシェルとして使う - PSReadLine活用(補完機能)

【連載】PowerShell Core入門 - 基本コマンドの使い方 [140] PowerShell 7をインタラクティブシェルとして使う - PSReadLine活用(補完機能)

PowerShellがデフォルトで読み込むようになったPSReadLineモジュールには「補完機能」を強化するショートカットキーと機能が実装されている。もともとPowerShell 7が提供する補完機能は「Tab」キーを押すと表示候補を1つずつ表示するというものだった。PSReadLineモジュールでは「Ctrl」+「@」または「Ctrl」+「Shift」にさらに強化された補完機能が実装されている。

サーバ/ストレージ

「HPE GreenLake」が見据える、as a service化の世界

「HPE GreenLake」が見据える、as a service化の世界

日本ヒューレット・パッカード(HPE)は3月17日、オンラインで「HPE GreenLake」の事業方針と最新動向に関する説明会を開催した。

クラウド

デジタルサプライチェーンにおけるグローバル調達の一元化と可視化の重要性とは?

【特別企画】デジタルサプライチェーンにおけるグローバル調達の一元化と可視化の重要性とは?

世界中の企業が取引をするグローバル時代、調達・物流業務やSCM(サプライチェーンマネージメント)において、EDI(Electronic Data Interchange)を活用したデジタル化によるB2B統合(企業間データ連携)の重要性はますます加速している。本稿ではB2B統合により取引の高速化と工数の大幅削減を果たす方法を紹介する。

ソリューション

三菱ケミカルの人事制度改革は、どうやって社内の理解を獲得してきたか?

三菱ケミカルの人事制度改革は、どうやって社内の理解を獲得してきたか?

2月25日に開催されたマイナビニュースフォーラム「働き方改革Day 2021 Feb. ニューノーマルのマネジメント、変化を生き抜く個人と組織のあり方」では、三菱ケミカル 取締役 常務執行役員 総務部・広報部・人事部 所管 中田るみ子氏が、同社の人事制度改革に関するこれまでの取り組みについて紹介した。

ソリューション

ピュア・ストレージがストレージ製品のOS最新版を発表

ピュア・ストレージがストレージ製品のOS最新版を発表

ピュア・ストレージ・ジャパンは3月16日、ビジネスと製品アップデートに関する記者説明会を開催した。説明会にはピュア・ストレージ・ジャパン 代表取締役社長の田中良幸氏らが参加した。

ストレージ

Amazon SageMaker Studioの基本的な使い方(2)

【連載】AWSではじめる機械学習 ~サービスを知り、実装を学ぶ~ [10] Amazon SageMaker Studioの基本的な使い方(2)

前回は「Amazon SageMaker Studio」の概要について解説しました。それを踏まえ、今度は実際にAmazon SageMaker Studioを使ってみたいと思います。

開発ソフトウェア

Google Workspaceを活用してコロナ禍の課題に挑んだ敷島製パンの取り組み

Google Workspaceを活用してコロナ禍の課題に挑んだ敷島製パンの取り組み

長引くコロナ禍で、企業はテレワークの導入やこれまで対面で行っていた人材採用/研修のオンライン化、そのためのインフラ整備などを迫られ、多くの課題に直面した。Googleは3月16日、こうした課題にGoogle Workspaceを活用して取り組んだユーザー企業の事例を紹介するメディア向けセミナーを開催。その中から本稿では、敷島製パンの事例を紹介する。

ソリューション

教育の最前線!Microsoft Teams for Educationを使えば簡単に学校行事をオンライン化できる

【特別企画】教育の最前線!Microsoft Teams for Educationを使えば簡単に学校行事をオンライン化できる

文部科学省からは、児童・生徒が感染症対策を前提として教育を受けられるよう、学校運営の指針を示すマニュアル「学校の新しい生活様式」が発行されている。当マニュアルでは、地域の感染レベルに応じて特定の教科活動を行わないことや映像会議等を用いた遠隔集会の推奨などを働きかけている。遠隔集会に巨額のICT投資や大規模なシステム導入が必要と思うかもしれない。ただ、Microsoft Teams for Educationを利用すれば、容易かつ廉価に学校行事をオンライン化することができる。

業務アプリケーション

Vimを使う - 総まとめ

【連載】にわか管理者のためのLinux運用入門 [272] Vimを使う - 総まとめ

これまでかなり長期に渡ってVimエディタについて取り上げてきた。今回はこれまで取り上げてきたVimの説明を簡単にまとめておく。

サーバ/ストレージ

台湾のIT担当大臣 オードリー・タン氏が示す、イノベーションのあり方

台湾のIT担当大臣 オードリー・タン氏が示す、イノベーションのあり方

先日、オンラインカンファレンス「NetApp INSIGHT Japan」を開催したNetApp。本稿ではキーノートセッションのゲストスピーカーとして登場した台湾のIT担当大臣 政務委員のオードリー・タン氏の話をお伝えする。

TECH+

APIは諸刃の剣? APIを狙う脅威とリスクとは

【特別企画】APIは諸刃の剣? APIを狙う脅威とリスクとは

サイバー攻撃のリスクが高まる中、APIについてその安全性が危惧されているのはご存知だろうか。APIで連携するデータには、メールアドレスや認証情報、支払情報といった個人情報も多分に含まれている。攻撃者にとっては金銭的価値がきわめて高い情報であり、APIを介して取り扱われるデータを狙った脅威が増加しているのだ。本稿では日本ラドウェアが公開する調査レポートから、APIに潜む脅威とそのリスクを解説する。

セキュリティ

"同時代性の罠"を見破れ! -『逆・タイムマシン経営論』著者が語る本質の見極め方

"同時代性の罠"を見破れ! -『逆・タイムマシン経営論』著者が語る本質の見極め方

ソフトバンクの孫正義氏が命名したとされる経営手法「タイムマシン経営」。このタイムマシン経営に対して、「逆・タイムマシン経営」を提唱するのが、一橋ビジネススクール 国際企業戦略専攻 教授の楠木建氏だ。2月15日に開催されたWebセミナー「withコロナの成長に向けたデジタライゼーションと経営」では、この楠木氏が基調講演に登壇し、逆・タイムマシン経営論について解説した。

ソリューション

Blue Prismが事業戦略を発表 - JALなどのRPA導入事例も紹介

Blue Prismが事業戦略を発表 - JALなどのRPA導入事例も紹介

Blue Prismは3月11日、オンラインで記者説明会を開催し、事業戦略を発表したほか、日本航空(JAL)とNTTコミュニケーションズ(NTT Com)の事例が紹介された。

業務アプリケーション

中堅・中小企業にEDRは必要? セキュリティ対策に新しい選択肢を

【特別企画】中堅・中小企業にEDRは必要? セキュリティ対策に新しい選択肢を

中小企業がサイバー攻撃の被害を受けた場合、企業におよぼす影響は大企業に比べて深刻となる。実際、攻撃を受けた中で60%の中小企業が6ヶ月以内に事業の閉鎖を余儀なくされるとの調査結果もあるほどだ。ただ、攻撃の手法は巧妙化している。これまで一般的であったウイルス対策ソフトのみの対応では不十分と言わざるを得ない。本稿では次世代対策ソリューションの1つとして注目されるEDRに注目し、中堅・中小企業がこれを導入することで得られるメリットを紹介したい。

セキュリティ

車を使った業務効率化とは?成功の鍵は「可視化×データ活用」

【特別企画】車を使った業務効率化とは?成功の鍵は「可視化×データ活用」

社用車を持つ企業にとって、「社員の行動管理」は大きな課題だ。ルートや所要時間が明確な公共交通機関と違い、車両で移動中の社員は業務実態が掴みづらい。ブラックボックス化した営業車の実態は把握すること自体が難しいのである。車を使った訪問/営業活動は、どうすれば可視化し適切に管理ができるだろうか。解となる1つのサービスが、フレクトの提供する「Cariot(キャリオット)」である。

ソリューション

AWS Lambdaにおけるサーバレスエラーハンドリング(1)

【連載】AWSで作るクラウドネイティブアプリケーションの応用 [6] AWS Lambdaにおけるサーバレスエラーハンドリング(1)

前回は、S3へファイルアップロードした後の後続処理をAWS Lambdaを使ってサーバレスで実行するアプリケーションを実装しました。今回からは、AWS Lambdaでエラーが発生した場合のさまざまなエラーハンドリングの実装方法について解説していきます。

開発ソフトウェア

PowerShell 7をインタラクティブシェルとして使う - PSReadLine活用(コマンド履歴)

【連載】PowerShell Core入門 - 基本コマンドの使い方 [139] PowerShell 7をインタラクティブシェルとして使う - PSReadLine活用(コマンド履歴)

PowerShellがデフォルトで読み込むようになったPSReadLineモジュールにはコマンド履歴機能が搭載されている。同機能を使えば、過去の入力を利用してタイプミスを減らし、タイプの手間も減らすことができる。覚えるキーは少ないので、ぜひとも活用していただきたい。

サーバ/ストレージ

エクイニクスがハイパースケーラー向けのデータセンター開設

エクイニクスがハイパースケーラー向けのデータセンター開設

エクイニクス・ジャパンは3月10日、オンラインで記者説明会を開催した。

データセンター

【店舗サービス業向け】専用スマホアプリを使って店舗指導/管理を遠隔で実現するリモートマネジメントとは?

【特別企画】【店舗サービス業向け】専用スマホアプリを使って店舗指導/管理を遠隔で実現するリモートマネジメントとは?

フランチャイズ契約やチェーン店など複数の店舗を運営、管理する企業では、SV(スーパーバイザー)が定期的に店舗を訪れ、店舗スタッフと対面でコミュニケーションをとりながら指導・管理を行うことが一般的だ。しかし、新型コロナウイルスの拡大により、SVの臨店業務は制限されることも増えてきた。このような状況下においてSVが担当店舗に対して、遠隔で店舗指導/管理を行う「リモートマネジメント」がいま注目されている。

ソリューション

課題解決アプローチ(3):予算と体制をリーンに変える

【連載】SAFeでつくる「DXに強い組織」~企業の課題を解決する13のアプローチ~ [10] 課題解決アプローチ(3):予算と体制をリーンに変える

組織戦略をタイムリーに実現するには人や環境を確保する必要があり、それには適切なタイミングで投資する仕組みが必要となります。今回は、SAFeにおけるリーンな予算管理の仕組みについてご紹介していきます。

ソリューション

IBMが2021年のセキュリティ事業方針を発表 - ゼロトラストに注力

IBMが2021年のセキュリティ事業方針を発表 - ゼロトラストに注力

日本IBMは3月9日、オンラインで2021年のセキュリティ事業方針に関する説明会を開いた。

セキュリティ

"次世代お買い物体験"を提供する無人決済店舗「TOUCH TO GO」が目指すもの

"次世代お買い物体験"を提供する無人決済店舗「TOUCH TO GO」が目指すもの

商品を手に取ってタッチパネルの前に立ち、キャッシュレスで無人決済――そんな"次世代お買い物体験"が可能なサービスを手掛けるTOUCH TO GO。2019年7月に設立され、2020年3月には、高輪ゲートウェイ駅で第1号店をスタートさせた。同社 代表取締役社長/JR東日本スタートアップ マネージャー 阿久津智紀氏は、今後、どのような展開を考えているのだろうか。

ソリューション

ニューノーマルの業務環境に必要な「2つのポイント」とは?

【特別企画】ニューノーマルの業務環境に必要な「2つのポイント」とは?

テレワークの広がりにより、社員の場所と時間を制限することで成り立っていた「管理業務の前提」はもはや崩れた。社員の業務遂行を遠隔にいながら管理できる、そんな仕組みが必要だが、業務だけが管理できれば良いかというとそうではない。テレワーク下では管理者の目が届かないため、社員の労働時間を把握するのが困難だ。本稿ではニューノーマルの業務環境に必要な2つのポイントを紹介する。

業務アプリケーション

社内/社外のDXを推進しても生じる問題。「業務のサイロ化」をどう解決するか?

【特別企画】社内/社外のDXを推進しても生じる問題。「業務のサイロ化」をどう解決するか?

企業に関わる全てのシステムが統合され、デジタルでスピーディに業務が完結することは、どの企業も望んでいる。しかし、部署間やサービス間などの異なるセグメントにまたがる業務や対応は個別性が高く、どうしても属人的になりがちだ。システムや業務を統合しワークフロー化をしたものの、システム上で完結できないイレギュラーな状況が頻発し、結果としてユーザーと担当者の間でアナログな解決策が取られてしまうことは多い。「業務のサイロ化」によって生じるこうした問題は、どうすれば解決できるか。

業務アプリケーション

デジタル活用で企業改革を進めるカインズ - ポイントは「成功体験を捨てる」こと

デジタル活用で企業改革を進めるカインズ - ポイントは「成功体験を捨てる」こと

2月12日に開催されたリテールガイド×マイナビニュース共催セミナー「リテールDX 2021 - どのようにデジタル活用して『事業改革を進める』べきか?」では、デジタルトランスフォーメーション(DX)を推し進めるカインズの代表取締役社長 高家正行氏が、小売流通業界向け情報サイト『リテールガイド』編集長/リテール総合研究所 代表取締役 竹下浩一郎氏を聞き手に、自社の取り組みについて紹介した。

マーケティング

Vimを使う - ジャンプをカスタマイズする例(その4)

【連載】にわか管理者のためのLinux運用入門 [271] Vimを使う - ジャンプをカスタマイズする例(その4)

今回は、前回までの設定をベースにしつつ、一文を設定するショートカットである「vis」をカスタマイズする例を取り上げる。

サーバ/ストレージ

クラウディアンが2021年度の製品、パートナー戦略をCEOが発表

クラウディアンが2021年度の製品、パートナー戦略をCEOが発表

クラウディアンは3月5日、オンラインで2021年度の事業戦略に関する記者説明会を開催した。

サーバ/ストレージ

コロナ禍で生まれた、DXレポートに載っていない新たな「2025年の崖」のリスクとは?

【特別企画】コロナ禍で生まれた、DXレポートに載っていない新たな「2025年の崖」のリスクとは?

経済産業省は「DXレポート」の中で「2025年の崖」というキーワードを出し、老朽化したシステムが企業成長を脅かす大きなボトルネックとなることに警鐘を鳴らしている。ただ、コロナ禍で急速に広まったテレワークの影響で、レポートには載っていない新たなリスクが顕在化していることはご存じだろうか。

ERP

業務プロセス改革にまつわる "3つの課題" とその解決策

【特別企画】業務プロセス改革にまつわる "3つの課題" とその解決策

業務プロセス改革を難しくする要因は、全社横断的に取り組みを進めなくてはならない点にある。営業や総務、技術など、部門ごとに独立して業務プロセスを改善したとしても、そこと関わる関連部署が以前の業務フローのままだと真の効率化は図れない。必然的にプロジェクトは大規模となり、冒頭のような悩みが生じてしまうわけだ。もしもあなたが同様の悩みを抱えているなら、まずは本稿で紹介する "3つの課題" に注視してほしい。

業務アプリケーション

多様な生き方を応援するオウンドメディア「LIFULL STORIES」はなぜ生まれたのか

【連載】ニューノーマル時代のオウンドメディア戦略 [4] 多様な生き方を応援するオウンドメディア「LIFULL STORIES」はなぜ生まれたのか

ここ数年、耳にすることが増えてきたキーワードの1つ「多様性」。この多様性をテーマにインタビュー記事を発信するメディアが「LIFULL STORIES」だ。キャッチフレーズは「しなきゃ、なんてない。」。同サイトが取材するのは、既成概念にとらわれることなく、この世界をしなやかに生きる人々だ。

ソリューション

「Gmail」で目的のメールをすぐ見つける検索方法を身に着けよう

【連載】Google Workspaceをビジネスで活用する [3] 「Gmail」で目的のメールをすぐ見つける検索方法を身に着けよう

本連載では「G Suite」から名称を変更した「Google Workspace」の各サービスのビジネスにおける活用法について紹介します。

業務アプリケーション

AIを活用して新材料の発見を誰でもできる無償アプリをIBMが公開

AIを活用して新材料の発見を誰でもできる無償アプリをIBMが公開

日本IBMは3月4日、オンラインで記者会見を開き、AIを活用した新たな材料の発見(マテリアルズ・インフォマティクス)を体験できるWebアプリケーション「IBM Molecule Generation Experience」を発表した。対応言語は英語と日本語となる。

データ分析

PowerShell 7をインタラクティブシェルとして使う - PSReadLine活用(基本編集)

【連載】PowerShell Core入門 - 基本コマンドの使い方 [138] PowerShell 7をインタラクティブシェルとして使う - PSReadLine活用(基本編集)

新しいPowerShellには最初からPSReadLineモジュールが同梱されているのでbashのようなショートカット操作ができるようになっている。このモジュールの提供する基本機能をマスターしておくと、PowerShellをインタラクティブシェルとして使う上で作業がはかどるのだ。今回はPSReadLineモジュールが提供する機能の中から、特に基本的な編集機能で知っておくとよいものをピックアップして紹介する。

サーバ/ストレージ

「IBM Cloud」が機能拡張 - 分散クラウドを実現するサービスを発表

「IBM Cloud」が機能拡張 - 分散クラウドを実現するサービスを発表

日本IBMは3月2日、オンラインで「IBM Cloud」の機能拡張に関する記者説明会を開催した。

クラウド

Kubernetes/コンテナ統合に最適化されたベアメタルコンテナプラットフォーム「Diamanti」を知る

【連載】徹底研究! ハイブリッドクラウド [23] Kubernetes/コンテナ統合に最適化されたベアメタルコンテナプラットフォーム「Diamanti」を知る

今回は、2月に開催した第17回勉強会の様子をお伝えします。2月の勉強会はベアメタルコンテナプラットフォーム「Diamanti」をメインテーマに開催しました。DiamantiはKubernetes、コンテナ技術に特化したHCI(Hyper-Converged Infrastructure)です。

クラウド

データのサイロ化からの脱却がビジネス成功のカギ - NetApp INSIGHT Japan

データのサイロ化からの脱却がビジネス成功のカギ - NetApp INSIGHT Japan

ネットアップはこのほど、オンラインカンファレンス「NetApp INSIGHT Japan」を開催した。

サーバ/ストレージ

従来手法はもはや通用しない! 困難な時代にも新規開拓営業を効率的に行う方法

【特別企画】従来手法はもはや通用しない! 困難な時代にも新規開拓営業を効率的に行う方法

コロナ禍でテレワークが増えたことや各社で業務効率化が求められる中、行動量のみを重視した従来のテレアポや飛び込み営業はもはや通用しない世の中になった。営業アプローチのターゲティング精度を高めアポ取りを効率化し、成約を増やすためには、ITを活用した業務改善は避けては通れない。効率的かつ成約につながりやすい新規顧客開拓を行うための方法を本稿では紹介する。

ソリューション

成功企業の取り組みにみる、Ansible自動化のキーポイント

【特別企画】成功企業の取り組みにみる、Ansible自動化のキーポイント

レッドハットの提供するAnsibleは、数ある "インフラ自動化を実現するサービス" の中でも代表的なサービスの1つだ。Ansibleは非常に強力なサービスだが、従来の自動化に無かった概念を取り入れるという性質から、これを使って自動化を図る場合には自動化の考え方や運用体制にメスを入れなくてはならない。レッドハットが開催したウェビナー「Ansible自動化2.0セミナー:成功企業は自動化への課題をどのように解決したのか?」では、自動化に成功した企業がどのようにして考え方や運用体制をシフトさせたのかが語らた。同ウェビナーの模様から、Ansible自動化のキーポイントを探っていこう。

ソリューション

Amazon CognitoとSpring Sercurityを使ったOAuth2 Loginの実装(3)

【連載】AWSで作るマイクロサービス [14] Amazon CognitoとSpring Sercurityを使ったOAuth2 Loginの実装(3)

前回は、OAuth2 Loginを実現するための認証/認可サーバとなるAmazon Cognitoについて概説し、ユーザープールをマネジメントコンソール上から構築しました。今回からは、OAuth2 Loginに必要なアプリクライアントの設定を行い、IDプールを構築していきます。

開発ソフトウェア

Vimを使う - ジャンプをカスタマイズする例(その3)

【連載】にわか管理者のためのLinux運用入門 [270] Vimを使う - ジャンプをカスタマイズする例(その3)

前回までで「)」を自分の求める場所へカーソルをジャンプさせる機能に仕上げた。「)」の設定をしたということは、当然逆方向で移動する「(」もある。今回は「(」の設定を完成させ、「(」と「)」によるカスタムジャンプのサンプルを完成させる。

サーバ/ストレージ

「やらないのはリスク」- ローカルビジネスを成功させる情報発信の秘訣

「やらないのはリスク」- ローカルビジネスを成功させる情報発信の秘訣

決まった地域商圏内に顧客が存在するローカルビジネスにおいて、何より重要なのは「その商圏内で選ばれる」ことだ。選ばれるには日頃からの顧客とのコミュニケーションが欠かせないものの、時間や予算、人材などのコストは有限だ。2月2日に開催された「ローカルビジネスカンファレンス2021」では、ローカルビジネスにおけるコミュニケーションに焦点を当てた解説が行われた。

ソリューション

自動化でクラウドネイティブ化のためのリソースを確保しよう。Exastro導入の効果とは?

【特別企画】自動化でクラウドネイティブ化のためのリソースを確保しよう。Exastro導入の効果とは?

オンプレミスからクラウドに移行することでOPEX(運用コスト)の低減に取り組む企業が増えている。これを成功に導くうえでキーワードとなるのが、システム運用の自動化である。システムの情報を一元管理し、運用を自動化することで、ITエンジニアのリソースをクラウドネイティブ化に傾けることができよう。本稿ではクラウドネイティブ化において重要となる概念として、「攻めと守りの自動化」について解説する

ソリューション

2021年2月の記事

ドメイン名ハイジャックに備えよ! コインチェックの対応から得られた教訓  - 情報セキュリティ事故対応アワード2020受賞レポート

ドメイン名ハイジャックに備えよ! コインチェックの対応から得られた教訓 - 情報セキュリティ事故対応アワード2020受賞レポート

2020年6月、コインチェックが利用するドメイン名登録サービスの社有アカウントが不正アクセスを受け、登録情報が何者かによって書き換えられてしまった。しかし、コインチェックによる早期発見と迅速な対応により、甚大な被害には至らなかった。さらに、インシデント発生後に詳細なレポートを公表したことも評価され、コインチェックは今回、「情報セキュリティ事故対応アワード 2020」を受賞した。当時、現場では何が起きていたのだろうか。そして、そこから得られた教訓とは。

セキュリティ

Veeam、CDPなどの機能を追加したデータバックアップ・保護製品の最新版

Veeam、CDPなどの機能を追加したデータバックアップ・保護製品の最新版

ヴィーム・ソフトウェアは2月25日、オンラインで記者説明会を開催し、主力製品の最新版「Veeam Backup & Replication v11」(v11)の一般提供の開始を発表した。

事業継続

最前線の現場はどうすればデジタル化できるか? 鍵は "現場でつくる" という発想

【特別企画】最前線の現場はどうすればデジタル化できるか? 鍵は "現場でつくる" という発想

工場、建設、流通・小売・サービスといった最前線の現場は、社用端末が行きわたっていないこともあって未だに人手による作業が多く残っている。定時までは通常業務に追われ、定時以降も記録の集計/報告があって遅い時間まで帰れない、......こうした悩みは、現場作業を抱える企業に共通した課題と言えよう。どうすれば現場作業のデジタル化は推進できるのか。

ソリューション

「おせちのイメージ」から脱却せよ! 鈴廣かまぼこが取り組むDX施策

「おせちのイメージ」から脱却せよ! 鈴廣かまぼこが取り組むDX施策

150年以上の歴史を持つ鈴廣かまぼこだが、老舗ゆえの課題も抱えている。それは、顧客の老齢化だ。さらにコロナ禍が重なったこともあり、同社は将来への危機感を募らせていたという。2月2日に開催された「ローカルビジネスカンファレンス 2021」では、鈴廣蒲鉾本店 デジタルマーケティング推進担当部長 松井孝成が登壇。次の時代を見据えて取り組んだDX施策について解説を行った。

ソリューション

PowerShell 7をインタラクティブシェルとして使う - PSReadLineでbash的機能を獲得

【連載】PowerShell Core入門 - 基本コマンドの使い方 [137] PowerShell 7をインタラクティブシェルとして使う - PSReadLineでbash的機能を獲得

本連載の第134回でPowerShellのショートカットキーについて取り上げた。だが実は、比較的新しいバージョンのPowerShellには「PSReadLine」というbashのようなショートカットキーを使えるモジュールが最初から取り込まれている。今回はこのPSReadLineについて解説しよう。

サーバ/ストレージ

課題解決アプローチ(2):組織のポートフォリオの決定とプロダクト志向

【連載】SAFeでつくる「DXに強い組織」~企業の課題を解決する13のアプローチ~ [9] 課題解決アプローチ(2):組織のポートフォリオの決定とプロダクト志向

今回は、組織のアジリティを向上させるために、組織の戦略やポートフォリオ、取り組みをどのように扱うのかをご紹介します。

ソリューション

マネージャーが従業員エンゲージメント向上のカギになる - クアルトリクスが調査

マネージャーが従業員エンゲージメント向上のカギになる - クアルトリクスが調査

クアルトリクスは2月22日、オンラインで記者説明会を開催し、日本を含む世界20か国・地域の従業員エンゲージメント調査の結果を発表した。

データ分析

特定社労士が解説! 新しい働き方に合わせた労務管理スタイル

特定社労士が解説! 新しい働き方に合わせた労務管理スタイル

この1年の間に新型コロナ感染症対策としてリモートワークが急激に普及し、人々の働き方には大きな変化があった。これからの働き方を考える上では、どのような労務管理が必要なのだろうか。2月3日に開催されたマイナビニューススペシャルセミナー「労務管理が支える『働き方改革』適応法~New Normal時代の労務対応~」にて、特定社会保険労務士である社会保険労務士法人スマイング 代表社員 成澤紀美氏が解説した。

ソリューション

Terraformを使ってKubernetesでDevOps

【連載】Kubernetes入門 [20] Terraformを使ってKubernetesでDevOps

今回取り上げる「Terraform」は、IaC(Infurastructure as Code)を実現するOSSツールです。IaCの目的の一つは、GUIなどを使った人手操作による作業ミス発生の防止です。設定内容をコード化(GitHubなどで構成管理)した上で、コードの内容に従ってインフラを自動構築します。

開発ソフトウェア

Vimを使う - ジャンプをカスタマイズする例(その2)

【連載】にわか管理者のためのLinux運用入門 [269] Vimを使う - ジャンプをカスタマイズする例(その2)

前回は、「)」を押したときに、いい具合に自分の求める場所へカーソルをジャンプさせる設定をおこなった。その際、不必要な場所へはジャンプしないようにした。今回は終了タブの前へジャンプするようにするほか、句読点へもジャンプするように設定する。これで「)」によるジャンプの設定は完成だ。

サーバ/ストレージ

サイボウズが説く、非IT人材がDXを実現する「kintone」の実力

サイボウズが説く、非IT人材がDXを実現する「kintone」の実力

サイボウズは2月19日、「非IT人材でもDX(デジタルトランスフォーメーション)できるkintone」をテーマにオンラインによるメディアセミナーを開催した。

開発ソフトウェア

大成建設の田辺氏が語る、「今の建設テックに足りない大切なこと」

大成建設の田辺氏が語る、「今の建設テックに足りない大切なこと」

2000年代に急激な進化を果たしたIT技術と、それを可能にした発想と思想を私たちはどれだけ理解できているだろうか。「この15年の変化を消化せずに未来を作ろうとすると、最新技術を使って1990年代のOA化と同じやり方をしてしまう」と語るのは、大成建設 建築本部建築部企画室ICT業務改革推進担当チームリーダ 田辺要平氏だ。

ソリューション

横河電機CMOが語る、VUCA時代のデジタルセールス&マーケティングの在り方

横河電機CMOが語る、VUCA時代のデジタルセールス&マーケティングの在り方

VUCAの時代に新型コロナウィルス感染症の影響が加わり変化が加速するなか、BtoBビジネスにおいても営業スタイルやマーケティングの在り方が大きな変曲点を迎えている。特に日本固有の商習慣やモノ作りに最適化した組織で事業を続けている企業は、この変化を受け入れるための改革が急務だ。そのためにやるべきは、「マーケティングの重要性を認知し、強化すること」だと横河電機 マーケティング本部 常務執行役員 マーケティング本部 本部長兼 CMO 阿部剛士氏はいう。

マーケティング

地銀に必要なICTコンサルティングとは - サイボウズ×freeeがオンラインセミナー

地銀に必要なICTコンサルティングとは - サイボウズ×freeeがオンラインセミナー

サイボウズとfreeeは2月18日、オンラインで「金融機関向けICTコンサルティングMeet up」を開催した。

ソリューション

基本の「Gmail」でメールを整理する方法を覚えよう

【連載】Google Workspaceをビジネスで活用する [2] 基本の「Gmail」でメールを整理する方法を覚えよう

本連載では「G Suite」から名称を変更した「Google Workspace」の各サービスのビジネスにおける活用法について紹介する。

業務アプリケーション

PowerShell 7をインタラクティブシェルとして使う - Windows Terminal 1.6

【連載】PowerShell Core入門 - 基本コマンドの使い方 [136] PowerShell 7をインタラクティブシェルとして使う - Windows Terminal 1.6

Windows Terminal 1.6で設定UIが導入された。まだ開発段階で足りない項目も多い。しかし、Windows Terminalでどういった設定UIが提供されることになるのか知る上でよいバージョンである。Windows Terminal 1系でデフォルト有効になるかはわからないが、少なくともWindows Terminal 2.0からは設定UIが最初から使用できる状況になるものと見られる。今回はWindows Terminalでどのような設定UIが提供されることになるのか取り上げる。

サーバ/ストレージ

エコシステムの形成に10億ドルを投資するIBMのパートナー戦略

エコシステムの形成に10億ドルを投資するIBMのパートナー戦略

日本IBMは2月17日、オンラインで2021年におけるパートナー事業の方針について、説明会を開催した。

ソリューション

ビジネスメール詐欺に備えてメールの転送を見直そう

【連載】AzureとOffice 365のセキュリティ、MS ゆりか先生が教えます [27] ビジネスメール詐欺に備えてメールの転送を見直そう

今回は、取引先や自社の経営者層などになりすましたフィッシング攻撃「ビジネスメール詐欺(BEC:Business Email Compromise)」において攻撃者が多用する手口の一つであるメールの転送に着目し、見直すべきポイントなどについて解説します。

セキュリティ

Googleが「Google Workspace for Education」を発表 - GIGAスクール構想に対応

Googleが「Google Workspace for Education」を発表 - GIGAスクール構想に対応

米Googleは2月17日(現地時間)、教育者を対象としたグローバルオンラインイベント「Learning with Google」を開催し、Google for Educationに関する新サービスと新機能を発表した。

業務アプリケーション

Elasticの日本市場におけるビジネス戦略 - 企業の経営層にリーチ

Elasticの日本市場におけるビジネス戦略 - 企業の経営層にリーチ

Elasticは2月16日、オンラインで日本におけるビジネス戦略について記者説明会を開催した。

データ分析

ワークライフバランスの先駆者が語る、ニューノーマル時代とその仕事術

ワークライフバランスの先駆者が語る、ニューノーマル時代とその仕事術

新型コロナウイルスが社会に大きな混乱を与え、各企業がDXを進めるなか、雇用や働き方はどう変わるのか。コロナ禍以前から家族の介護に追われながらも、東レにて破綻会社の再建やさまざまな事業改革に取り組み、取締役、東レ経営研究所社長を歴任するなど高い成果を上げてきた佐々木常夫氏が、マイナビニューススペシャルセミナーにてニューノーマル時代の仕事術について解説した。

ソリューション

リアクティブなHTTPクライアント! WebClient入門

【連載】マイクロサービス時代に活きるフレームワーク Spring WebFlux入門 [3] リアクティブなHTTPクライアント! WebClient入門

今回は、Spring WebFluxに内包されたリアクティブ/ノンブロッキングなHTTPクライアントである「WebClient」について解説します。

開発ソフトウェア

異なる映像コミュニケーションツールをシームレスに繋ぐ方法

【特別企画】異なる映像コミュニケーションツールをシームレスに繋ぐ方法

対面を主体としていた打ち合わせや会議がインターネットを介した映像コミュニケーションに切り替わりつつある。しかし、ZoomやMicrosoft Teamsといった新たなツールを入れればどんな企業でもこのようなコミュニケーションにシフトできるかというと、話はそう簡単ではない。大きな企業であるほどツールの浸透にはどうしても時間がかかるし、オンプレミスのテレビ会議システムをすでに運用している場合だと、従業員が使い慣れている従来のシステムを手放すことに対してコンフリクトが発生するリスクがある。

コミュニケーション基盤

Vimを使う - ジャンプをカスタマイズする例(その1)

【連載】にわか管理者のためのLinux運用入門 [268] Vimを使う - ジャンプをカスタマイズする例(その1)

これまでに取り上げたカスタマイズの中に、「(」と「)」によるカーソル移動を日本語の文章に拡張するというものがあった。一文ごとにカーソルを移動させていく機能を日本語の文章に対して機能するようにするというものだ。今回からは、この機能のカスタマイズ方法について説明していく。

サーバ/ストレージ

OpenID Connectでの認証方法

【連載】簡単導入! OSS全文検索サーバFess入門 [34] OpenID Connectでの認証方法

Fessはさまざまな認証方法に対応しています。その中から今回は、「OpenID Connect」を利用して、GoogleアカウントをFessで認証する方法を説明します。

開発ソフトウェア

建設ITジャーナリストが語る、建設業界におけるDXの現在地と未来

建設ITジャーナリストが語る、建設業界におけるDXの現在地と未来

1月28日に開催されたマイナビニューススペシャルセミナー「建設業界のDX促進の方法論」では、建設ITジャーナリストでイエイリ・ラボ 代表取締役の家入龍太氏が、次世代建設業の姿とそこへ転換していくためのポイントを解説した。

ソリューション

PowerShell 7をインタラクティブシェルとして使う - Windows Terminal 1.1〜1.5

【連載】PowerShell Core入門 - 基本コマンドの使い方 [135] PowerShell 7をインタラクティブシェルとして使う - Windows Terminal 1.1〜1.5

owerShellをインタラクティブシェルとして使うには、当然ながらPowerShellを実行するためのターミナルアプリケーションが必要だ。今なら「Windows Terminal」が第一候補になるだろう。本連載でも時折Windows Terminalについて取り上げているが、1.0を取り上げてから少し時間が空いた。現在の安定版は1.5なので、前回取り上げてから5回のリリースが行われたことになる。追加された機能はたくさんあるが、今回はその中でも特に日々の操作に影響しそうな新機能を取り上げる。

サーバ/ストレージ

エンカレッジ・テクノロジが次世代型特権ID管理ソフトを発表

エンカレッジ・テクノロジが次世代型特権ID管理ソフトを発表

エンカレッジ・テクノロジは2月9日、記者会見を開き、社内外のセキュリティリスクからシステムを守る特権ID管理ソフトウェアの次世代型製品「ESS AdminONE(イーエスエスアドミンワン)」を3月上旬から販売を開始すると発表した。

セキュリティ

3つの取り組み例に学ぶ、法人スマホをもっと有効活用する方法

【特別企画】3つの取り組み例に学ぶ、法人スマホをもっと有効活用する方法

在宅環境下でも外線・内線電話を維持すべく、クラウドPBXとあわせて法人スマホを導入する動きが盛んとなってきている。この法人スマホ、外線・内線電話用途としても優れているが、活用がそこに閉じていては勿体ない。コミュニケーションの円滑化だけでなく、デジタルトランスフォーメーション(DX)や日々の業務を効率化する鍵としても、活躍の可能性を秘めているからだ。法人スマホをもっと有効活用する方法を紹介したい。

ソリューション

顧客中心時代の営業プロセスを強化する! 鍵を握る「2つの役割」

顧客中心時代の営業プロセスを強化する! 鍵を握る「2つの役割」

新型コロナウイルスの感染拡大は、BtoBビジネスにも大きな影響を与えた。営業スタイルやマーケティングの在り方は転換期を迎え、「インサイドセールス」と「カスタマーサクセス」の重要度が増してきている。この2つの役割がなぜ今、注目されるのか。そしてこれらを有効に機能させるポイントは何だろうか。

ソリューション

Vimを使う - インデントと折り畳みを使う

【連載】にわか管理者のためのLinux運用入門 [267] Vimを使う - インデントと折り畳みを使う

前回は、ビジュアル行選択したエリアを折り畳み、一時的に表示を隠しておくことができる機能を取り上げた。使用するシーンは限られているものの、知っておくと便利な機能だ。今回はこの機能の応用編として、インデント単位で表示を折り畳む方法を取り上げる。

サーバ/ストレージ

ビジネスの効率化に役立つ「Google Workspace」とは?

【連載】Google Workspaceをビジネスで活用する [1] ビジネスの効率化に役立つ「Google Workspace」とは?

本連載では「G Suite」から名称を変更した「Google Workspace」の各サービスのビジネスにおける活用法について紹介する。

業務アプリケーション

統合管理を実現する「Azure Arc」と更新管理機能「Azure Update Management」

【連載】徹底研究! ハイブリッドクラウド [22] 統合管理を実現する「Azure Arc」と更新管理機能「Azure Update Management」

今回は、昨年12月に開催した勉強会の様子をお伝えします。12月は、ハイブリッドクラウド環境下での統合管理を実現する「Azure Arc」、そしてクラウドシフト後の運用において重要な更新管理機能を提供する「Azure Update Management」にフォーカスしました。

クラウド

SlackがOkta、JDDとリモートワークでのセキュリティについて座談会を開催

SlackがOkta、JDDとリモートワークでのセキュリティについて座談会を開催

Slack Japanは、オンラインで米Slack Technologies CSO(最高セキュリティ責任者) ラーキン・ライダー氏と、Okta Japan 代表取締役社長 渡邉崇氏、三菱UFJフィナンシャル・グループのJapan Digital Design(JDD) CTO 楠正憲氏の3者によるセキュリティについての座談会を開催した。

業務アプリケーション

PowerShell 7をインタラクティブシェルとして使う - 移動と削除のショートカットキー

【連載】PowerShell Core入門 - 基本コマンドの使い方 [134] PowerShell 7をインタラクティブシェルとして使う - 移動と削除のショートカットキー

PowerShellが提供しているインタラクティブ機能はかなり少ないのだが、それでもいくつかのショートカットキーは最初から用意されている。今回は、この辺りの機能を紹介しよう。

サーバ/ストレージ

リフト&シフトをシンプルに実現する「Azure VMware Solution」

【連載】徹底研究! ハイブリッドクラウド [21] リフト&シフトをシンプルに実現する「Azure VMware Solution」

今回は、昨年11月、「Azure VMware Solution」をメインテーマに据えて開催した勉強会の様子をお届けします。

クラウド

無数のエンドポイントから生まれるリスクを回避するTaniumを活用したソリューションとは?

【特別企画】無数のエンドポイントから生まれるリスクを回避するTaniumを活用したソリューションとは?

NTTコミュニケーションズが提供するエンドポイントマネージメントソリューションは、Taniumと呼ばれるツールを用いることで企業が持つすべてのエンドポイントの可視化および制御を可能にするソリューションだ。本稿では、企業が抱えるエンドポイントセキュリティの課題について、同ソリューションを活用してどう解決できるのか、紹介していきたい。

セキュリティ

課題解決アプローチ(1):変革ロードマップと改革推進チーム

【連載】SAFeでつくる「DXに強い組織」~企業の課題を解決する13のアプローチ~ [8] 課題解決アプローチ(1):変革ロードマップと改革推進チーム

今回から、第1回で整理した「DXを進める企業/組織が直面する課題」をSAFeでどのように解決するのかご紹介していきます。解説の都合上、第1回で挙げた課題の順番通りではないことはご了承ください。

ソリューション

急務となるコンタクトセンターのテレワーク推進。成功の秘訣は "オペレーターの感情分析" にあり

【特別企画】急務となるコンタクトセンターのテレワーク推進。成功の秘訣は "オペレーターの感情分析" にあり

NTTコミュニケーションズが提供する「コンタクトセンターKPI管理ソリューション」は、コンタクトセンターのKPI管理とオペレーターの感情分析を行えるツールだ。KPIを管理、分析することによって顧客満足度(CS)の向上につながるだけでなく、オペレーターの感情分析を活用してオペレーターに対する迅速なケアを可能にすることで、定着率といった従業員満足度(ES)も引き上げられる。

データ分析

Vimを使う - 折り畳みを使う

【連載】にわか管理者のためのLinux運用入門 [266] Vimを使う - 折り畳みを使う

Vimの折り畳み機能は、文字通り選択した行の表示を折り畳んで隠してくれる。特に、データファイルを編集/分析する際や、プログラミングの際には便利だろう。今回は、この機能の使い方を紹介する。

サーバ/ストレージ

AIアノマリー検知が企業のセキュリティリスクと業務負担を軽減する

【特別企画】AIアノマリー検知が企業のセキュリティリスクと業務負担を軽減する

NTTコミュニケーションズではAIを活用してセキュリティリスクと業務負担を軽減するマネージドソリューションを提供している。機能の一つとして組み込まれているDarktrace社のEnterprise Immune System(EIS)は、AIアノマリー検知が可能な画期的なシステムだ。本稿ではAIアノマリー検知の概要を中心に、NTTコミュニケーションズの提供するマネージドソリューションについて紹介する。

セキュリティ

Amazon CognitoとSpring Sercurityを使ったOAuth2 Loginの実装(2)

【連載】AWSで作るマイクロサービス [13] Amazon CognitoとSpring Sercurityを使ったOAuth2 Loginの実装(2)

前回は、現在の実装状況や今後実現するOAuth2 Loginをベースとしたアーキテクチャを、以下のイメージのように整理しました。今回からは、OAuth2 Loginを実現するための認証/認可サーバとなる「Amazon Cognito」について概説し、環境を構築していきます。

開発ソフトウェア

2021年1月の記事

インテル® Optane™ テクノロジーの持つ実力を解説――Optane Persistent Memory編

【特別企画】インテル® Optane™ テクノロジーの持つ実力を解説――Optane Persistent Memory編

インテルが2017年に発表したインテル® Optane™ テクノロジー(以下、Optane テクノロジー)が、2020年のラインナップ拡充を経て大きな注目を集めている。ただ、新しい不揮発性メモリーの技術を採用していることから、Optane テクノロジーがどんな有用性を持つのかが分からないという方も多いだろう。本稿ではインテルとデル・テクノロジーズの対談ウェビナーの模様から、Optane テクノロジーの実力と、ここへデル・テクノロジーズのHCIアプライアンス「Dell EMC VxRail(以下、VxRail)」を組み合わせることで得られる効果を、Optane Persistent Memory編として紹介したい。

サーバ/ストレージ

インテル® Optane™ テクノロジーの持つ実力を解説――Optane SSD編

【特別企画】インテル® Optane™ テクノロジーの持つ実力を解説――Optane SSD編

インテルが2017年に発表したインテル® Optane™ テクノロジー(以下、Optane テクノロジー)が、2020年のラインナップ拡充を経て大きな注目を集めている。ただ、新しい不揮発性メモリーの技術を採用していることから、Optane テクノロジーがどんな有用性を持つのかが分からないという方も多いだろう。本稿ではインテルとデル・テクノロジーズの対談ウェビナーの模様から、Optane テクノロジーの実力と、ここへデル・テクノロジーズのHCIアプライアンス「Dell EMC VxRail(以下、VxRail)」を組み合わせることで得られる効果を、Optane SSD編として紹介したい。

サーバ/ストレージ

デジタルマーケティングで頭を悩ませる "コンテンツの量産" は、どうすれば実現できるか?

【特別企画】デジタルマーケティングで頭を悩ませる "コンテンツの量産" は、どうすれば実現できるか?

デジタル技術が発展したことで、対象ごとにパーソナライズされたコンテンツを届けられるようになった。これは一方で、マーケティング担当者が生成しなければならないコンテンツの量、種類が爆発的に拡大したことを意味する。従来体制ではコンテンツの量産が間に合わない、......そんな事態が発生しているのだ。どんな体制を整備すれば、高品質なコンテンツが量産できるのか。1つの鍵は、「適切なコンテンツ管理」にある。

マーケティング

PowerShell 7をインタラクティブシェルとして使う - コマンドの短縮

【連載】PowerShell Core入門 - 基本コマンドの使い方 [133] PowerShell 7をインタラクティブシェルとして使う - コマンドの短縮

UNIX系のインタラクティブシェルでは、エイリアスでコマンドのショートカット利用のような設定を行う。PowerShellにもエイリアスの機能はあるが、UNIX系インタラクティブシェルのエイリアスとは機能が異なるため、同じような使い方をすることはできない。PowerShellで同様の処理を行いたい場合は、関数で実装できる。今回はそうした使い方のサンプルを紹介する。

サーバ/ストレージ

「SAFe」とは(その6):SAFeのイベント

【連載】SAFeでつくる「DXに強い組織」~企業の課題を解決する13のアプローチ~ [7] 「SAFe」とは(その6):SAFeのイベント

今回は、SAFeの概要解説の締めくくりとして、SAFeで定義されている「イベント」について、最も特徴的で重要なイベントである「PIプランニング」を交えて説明します。SAFeがどのようにして複数のチームでアジリティを保ったまま開発を行うのか、組織全体の「Alignment(ベクトル合わせ)」を行うのかを見ていきましょう。

ソリューション

データの適切な管理・運用を実現する「Dell EMC PowerScale」

【特別企画】データの適切な管理・運用を実現する「Dell EMC PowerScale」

データはDXやビジネスに不可欠なものだが、昨今のデータ管理は、「非構造化データの増加」「データの分散化」「データの分析への対応」など、IT管理者を悩ませる課題が山積みとなっている。データの適切な管理・運用ができていないと業務に支障をきたすほか、不正アクセスによる情報漏えいといったセキュリティインシデントにもつながりかねない。こうした課題を解決するためにデル・テクノロジーズが提案しているのが「Dell EMC PowerScale」である。

サーバ/ストレージ

Vimを使う - テキスト貼付け時のイラ立ちを解消する「Ctrl」+「u」

【連載】にわか管理者のためのLinux運用入門 [265] Vimを使う - テキスト貼付け時のイラ立ちを解消する「Ctrl」+「u」

Vimは便利な機能をたくさん提供している。しかし、多機能だからこそ逆に不便なこともある。その一つが、オートインデントだ。特にテキストデータを貼り付けるときに自動的にインデントされると、イラ立ちを感じやすい。今回はこのイラ立ちを軽減するショートカット「Ctrl」+「u」について取り上げる。

サーバ/ストレージ

ものづくりの俊敏性と持続可能性を、「pSeven × Dell EMC PowerStore X」が支える

【特別企画】ものづくりの俊敏性と持続可能性を、「pSeven × Dell EMC PowerStore X」が支える

少量多品種ニーズの高まりから、製造業各社には従来以上のスピードで製品を開発するための俊敏性が製造現場に求められるようになっている。どのようにして俊敏性を備えた開発環境を整備すればよいか。この春にSCSKとデル・テクノロジーズが共同パッケージとして提供を開始する「pSeven × Dell EMC PowerStore X (仮称)」は、今述べた課題に応え得るソリューションだ。

ソリューション

コールセンターをコンタクトセンターへ進化!最新ICTを活用し、"顧客の声"から新たなビジネスを創出する

【特別企画】コールセンターをコンタクトセンターへ進化!最新ICTを活用し、"顧客の声"から新たなビジネスを創出する

ビジネスにおいて極めて重要な顧客との接点(チャネル)は、ICTの普及に伴い大きな変化を遂げた。電話対応業務を担うコールセンターは、メールやチャット、Webサイト、SNSなど複数チャネルに対応したコンタクトセンターへと進化し、多くの企業・組織で、より高いパフォーマンスのコンタクトセンターを構築・運用したいというニーズが高まっている。

ソリューション

Spinnakerを使ってKubernetesでDevOps

【連載】Kubernetes入門 [19] Spinnakerを使ってKubernetesでDevOps

今回紹介する「Spinnaker」は、継続的デリバリ(CD:Continuous Delivery)ツールです。もともとNetflixで開発され、その後Googleと共同開発されるようになり、2015年11月にOSSとして公開されました。

開発ソフトウェア

[実店舗向け]従業員の業務効率化と顧客満足度の向上を実現するデジタル手法とは?

【特別企画】[実店舗向け]従業員の業務効率化と顧客満足度の向上を実現するデジタル手法とは?

店舗従業員の業務を効率化して、顧客満足度も高めたい――もしこんな課題を抱えているならば、スキャンディットが公開している資料「デジタル、フィジカル、そしてヒト」をご覧になることをおすすめしたい。同資料の紹介するデジタル手法を導入することで、課題を解決できる可能性があるからだ。本稿では同資料が解説している事項の一部を紹介したい。

ソリューション

急増するECや会員サイトを狙ったBot攻撃。いち早く被害を止める最新のBot対策とは?

【特別企画】急増するECや会員サイトを狙ったBot攻撃。いち早く被害を止める最新のBot対策とは?

ECやオンライン決済といった「消費者に向けて提供するWebサービス」の需要が伸びる一方、実はサイバー攻撃による被害が相次いでいる。実際、小売業や家電量販店のオンラインショップを狙ったパスワードリスト型攻撃など実被害も急増しており、消費者の重要な情報を取り扱う以上、Webサービス事業社には適切な対策をサービスに施すことが求められている。

セキュリティ

リアル店舗をデジタルの力で革新! ワコールが考えるオムニチャネル戦略

リアル店舗をデジタルの力で革新! ワコールが考えるオムニチャネル戦略

12月3日、4日に開催された「マイナビニュースフォーラム2020Winter forデータ活用」では、ワコール 総合企画室イノベーション事業推進部 課長 3Dsmart&Try事業担当 篠塚厚子氏が登壇。ワコールにおけるDXの取り組みについて講演を行った。

ソリューション

PowerShell 7をインタラクティブシェルとして使う - cdのショートカット設定(その2)

【連載】PowerShell Core入門 - 基本コマンドの使い方 [132] PowerShell 7をインタラクティブシェルとして使う - cdのショートカット設定(その2)

前回はディレクトリに移動する処理(cd)をショートカット的に行う方法を取り上げた。ディレクトリ名が日付の場合、最も新しい日付に移動する処理をcd1、その1つ前の日付のディレクトリに移動する処理をcd2に、といった具合だ。今回はこれをもっとシンプル化したものを取り上げる。自分でカスタマイズする際の参考にしていただきたい。

サーバ/ストレージ

Amazon CognitoとSpring Sercurityを使ったOAuth2 Loginの実装(1)- 現状の実装状況と目指すかたち

【連載】AWSで作るマイクロサービス [12] Amazon CognitoとSpring Sercurityを使ったOAuth2 Loginの実装(1)- 現状の実装状況と目指すかたち

今回は、途中経過ではありますが、現在の実装の状況と、最終的に目指すかたちを改めて整理してみましょう。

開発ソフトウェア

"自由すぎる記事"でバズ連発!「となりのカインズさん」がオープン半年で急成長したワケ

【連載】ニューノーマル時代のオウンドメディア戦略 [3] "自由すぎる記事"でバズ連発!「となりのカインズさん」がオープン半年で急成長したワケ

2020年6月にオープンして以来、破竹の勢いで成長を続けるオウンドメディアがある。ホームセンターのカインズが運営する「となりのカインズさん」だ。この半年間でPVを10倍以上に急伸させたキーマン、カインズ デジタル戦略本部 デジタルマーケティング部 コンテンツグループ マネージャーの清水俊隆氏にお話を伺った。

ソリューション

Vimを使う - カーソル移動の便利設定(句読点、行頭行末、単語:ビジュアル選択モード)

【連載】にわか管理者のためのLinux運用入門 [264] Vimを使う - カーソル移動の便利設定(句読点、行頭行末、単語:ビジュアル選択モード)

これまでの設定はノーマルモードを前提としたものであったため、ビジュアルモードでは同じように機能しない部分がある。ノーマルモードでのカーソルの高速移動に慣れてくると、同じ操作がビジュアルモードで使えないのはかなりストレスがたまるだろう。今回はこの部分を改善していく。

サーバ/ストレージ

イノベーションをどう生み出すか? データを活用した新たな保険ビジネスの可能性

イノベーションをどう生み出すか? データを活用した新たな保険ビジネスの可能性

マイナビニュースは12月3日~4日、Webセミナー「マイナビニュースフォーラム 2020 Winter for データ活用」を開催した。本稿では、MS&ADインシュアランス グループ ホールディングス 執行役員 グループCDO 舩曵真一郎氏が登壇したセッション「インシュアランス・イノベーション~データを活用した新たな保険ビジネスの姿~」の模様をレポートする。

データ分析

"アフターコロナ"では共感と信頼が最重要! 得意な日本には「大きなチャンス」

"アフターコロナ"では共感と信頼が最重要! 得意な日本には「大きなチャンス」

11月26日に開催されたオンラインセミナー「マイナビニュースフォーラム働き方改革Day 2020 Nov.」。その基調対談では、クロスリバー 代表/キャスター Caster Anywhere事業責任者の越川慎司氏と、青山学院大学 地球社会共生学部 教授/アバナード デジタル最高顧問/音楽家の松永エリック・匡史氏が、「変化に対応して成果を出し続ける組織とは?」をテーマに熱いトークを繰り広げた。

ソリューション

PowerShell 7をインタラクティブシェルとして使う - cdのショートカット設定

【連載】PowerShell Core入門 - 基本コマンドの使い方 [131] PowerShell 7をインタラクティブシェルとして使う - cdのショートカット設定

UNIX系のインタラクティブシェルでは特定のパスに移動する操作にエイリアスを設定することがある。実は、PowerShellでも関数を設定することで、同様のことができる。今回はそうした設定の例を紹介しよう。

サーバ/ストレージ

Spring WebFluxの要! リアクティブプログラミング入門

【連載】マイクロサービス時代に活きるフレームワーク Spring WebFlux入門 [2] Spring WebFluxの要! リアクティブプログラミング入門

今回は、Spring WebFluxを使う上で欠かせない要素である「リアクティブプログラミング」と「Reactor」について解説します。

開発ソフトウェア

PDF文書の取り扱いに工夫を加えるだけで、業務効率は飛躍的に高められる

【特別企画】PDF文書の取り扱いに工夫を加えるだけで、業務効率は飛躍的に高められる

リサーチ会社のForrester Consultingはこのほど、非常に興味深い調査レポートを公表した。同社はアドビの委託の下おこなった調査の中で、手動プロセスの介在するPDF文書の管理・処理業務をデジタル化することによって、業務効率が劇的に改善できると言及。一般ユーザーならばPDF文書の処理に要する時間が一人あたり年間最大65時間削減され、IT担当者ならばPDF文書やライセンスの監査に要する時間が一人あたり平均して年間258時間もの時間が削減されることを報告した。

ソリューション

働きがいのある会社ランキング常連企業が教える、成果を出し続ける人財育成のコツ

働きがいのある会社ランキング常連企業が教える、成果を出し続ける人財育成のコツ

「『働く』をもっとおもしろくする」をミッションに掲げるFCEトレーニング・カンパニーは、そのミッションの本気度を裏付けるように、「働きがいのある会社ランキング」を8年連続で受賞している。しかし、同社 取締役副社長 藤原覚也氏は「設立時はボロボロの状態だった」と語る。なぜ、そんな状態だった会社がベストカンパニーとして連続表彰されるまでに至ったのか。「マイナビニュースフォーラム 働き方改革Day 2020 Nov. 変化に対応して成果を出し続ける組織とは」に登壇した藤原氏は、成果を出し続ける人財育成のポイントを解説した。

ソリューション

セキュリティ担当者を悩ませるアラート過多。解決の鍵は "AIセキュリティ人材" にあり

【特別企画】セキュリティ担当者を悩ませるアラート過多。解決の鍵は "AIセキュリティ人材" にあり

クラウドが普及しテレワークも浸透した今、セキュリティ対策にゼロトラストネットワーク(以下、ゼロトラスト)を取り込むことが不可欠となってきている。ここでセキュリティ担当者を悩ませるのが、"アラートが多すぎる" という問題だ。アラート過多という深刻な問題を、セキュリティ担当者はどう解決すべきか。1つの鍵は、AIの活用である。

セキュリティ

Vimを使う - カーソル移動の便利設定(単語、行頭行末)

【連載】にわか管理者のためのLinux運用入門 [263] Vimを使う - カーソル移動の便利設定(単語、行頭行末)

今回は、Vimのカーソル移動をさらに極めていこう。テキストエディタにおいてカーソルを自由自在に動かせることは、編集効率の向上につながる。そして、Vimは高速カーソル移動を実現するのに適した仕組みを持っているのだ。仕組みへの理解を深め、より高速な編集を実現していただきたい。

サーバ/ストレージ

大企業で新規ビジネスを創出するには? みずほが取り組むデジタル変革

大企業で新規ビジネスを創出するには? みずほが取り組むデジタル変革

12月3日、4日に開催された「マイナビニュースフォーラム 2020 Winter for データ活用」では、特別講演にみずほフィナンシャルグループ デジタルイノベーション部 ビジネスデザインチーム 次長 多治見和彦氏が登壇。「大企業での新規ビジネス創出を成功させるために - 地域振興券を電子化した取り組み」と題し、地域振興券や商品券を電子化した取り組みや、今後のデータ活用のビジョンなどについて解説を行った。

データ分析

PowerShell 7.2プレビュー2登場

【連載】PowerShell Core入門 - 基本コマンドの使い方 [130] PowerShell 7.2プレビュー2登場

2020年11月15日(米国時間)、次のメジャーアップデートへ向けたプレビュー版となる「PowerShell 7.2 Preview 2」が公開された。PowerShell 7.2プレビュー2ではいくつかのバグが修正されているほか、パフォーマンスの向上、コードのクリーンナップ、-PipelineVariable共通パラメータの扱いの変更、新機能の追加などが行われている。新しく追加された$PSStyleはなかなかおもしろい。

サーバ/ストレージ

金融サービスのデジタル化に欠かすことができない「二要素認証」を考える

【特別企画】金融サービスのデジタル化に欠かすことができない「二要素認証」を考える

オンライン金融サービスを狙うサイバー攻撃の被害は、多くがアカウント情報の漏えいと不正ログインによって引き起こされている。アカウントにまつわる綻びは、どうすれば繕うことができるか。本稿ではVonageが提供するホワイトペーパーから、今日のオンライン金融サービスに欠かすことのできない二要素認証について解説したい。

セキュリティ

パンデミック下で起きているビジネスの変化を探る。注視すべきは「5つの加速」

【特別企画】パンデミック下で起きているビジネスの変化を探る。注視すべきは「5つの加速」

Slack社がこのほど公開した資料「働き方の大転換を生き抜くには」は、ビジネスの世界で何が起きているのかを整理する上で非常に有用な文書だ。同社は資料の中で、ある5つの事項がパンデミック下で大きく加速していると言及している。本稿では資料から一部を抜粋して紹介していきたい。

コミュニケーション基盤

アルコール市場をデータマーケティングで立て直す! サントリーのRaaS戦略

アルコール市場をデータマーケティングで立て直す! サントリーのRaaS戦略

若者のアルコール離れが進む昨今、酒類メーカーが岐路に立たされている。そもそも日本は人口自体が減少傾向にあり、そうした中で売上を回復するには抜本的にマーケティング戦略を変革する必要がある。12月3日、4日に開催された「マイナビニュースフォーラム2020 Winter for データ活用」に登壇したサントリー酒類 広域営業本部兼推進本部 部長の中村直人氏は、サントリーが今まさに取り組むデータを活用したマーケティング変革について語った。

マーケティング

ECを "販売の場" から "課題解決の場" へ――レノボの法人専用ストア「LenovoPRO」はなぜ高い支持を得るのか?

【特別企画】ECを "販売の場" から "課題解決の場" へ――レノボの法人専用ストア「LenovoPRO」はなぜ高い支持を得るのか?

レノボ・ジャパンの展開する「LenovoPRO」は、SMBのユーザーから高い支持を集める法人専用ストアだ。同社によれば、LenovoPROを利用するユーザーの数は年々増加。中でも、リピートユーザーの数は2倍以上にまで増えているという。なぜ同サービスは、SMBから高い評価を得ているのか。

ソリューション

「学校情報化優良校」に選ばれる日本体育大学荏原高等学校は、どのようにして教育システムを安定的に提供しているのか?

【特別企画】「学校情報化優良校」に選ばれる日本体育大学荏原高等学校は、どのようにして教育システムを安定的に提供しているのか?

教育へのICT活用にあたっては、安定して教育システムを提供できる環境づくりが求められる。万が一のトラブルでシステムがダウンする場合、ダウンタイムの間、教育サービスそのものが停止してしまうからだ。ICTを積極的に教育へ活用していることで知られる日本体育大学荏原高等学校はどのような環境の下、教育システムを含むICTサービスを安定的に提供しているのか。

サーバ/ストレージ

ゴンチャ ジャパン 原田泳幸氏が説く、デジタル化時代における「経営の在り方」

ゴンチャ ジャパン 原田泳幸氏が説く、デジタル化時代における「経営の在り方」

12月3日、4日に開催された「マイナビニュースフォーラム2020 Winter for データ活用」の基調講演では、Appleやマクドナルドといった名だたる企業のV字回復を成し遂げ、現在はゴンチャ ジャパン 代表取締役会長 兼 社長 兼 CEOを務める原田泳幸氏が登壇。デジタル化時代における経営の在り方について語った。

ソリューション

Vimを使う - カーソル移動の便利設定(句読点)

【連載】にわか管理者のためのLinux運用入門 [262] Vimを使う - カーソル移動の便利設定(句読点)

今回もカーソル移動の設定だ。カーソル移動を自由自在に行うことはテキストファイルの編集速度の向上に欠かせない。ここに時間をかけることは将来に渡って発生する編集の時間を短くすることにつながるので、じっくりとやっておきたいところだ。今回は一文ごとにカーソルを移動させる設定を紹介する。

サーバ/ストレージ

注目の特集/連載
[解説動画] Googleアナリティクス分析&活用講座 - Webサイト改善の正しい考え方
Google Workspaceをビジネスで活用する
ニューノーマル時代のオウンドメディア戦略
ミッションステートメント
教えてカナコさん! これならわかるAI入門
AWSではじめる機械学習 ~サービスを知り、実装を学ぶ~
Kubernetes入門
SAFeでつくる「DXに強い組織」~企業の課題を解決する13のアプローチ~
AWSで作るマイクロサービス
マイナビニュース スペシャルセミナー 講演レポート/当日講演資料 まとめ
セキュリティアワード特設ページ

一覧はこちら

今注目のIT用語の意味を事典でチェック!

一覧はこちら

会員登録(無料)

ページの先頭に戻る