データセンター 記事バックナンバー(2016年)

データセンター 記事バックナンバー(2016年)

100 件中 1~20件目を表示中

2016年10月の記事

IoT/AIの投資が本格化、セキュリティ費は増加の一途 - ITR、国内IT投資動向調査

IoT/AIの投資が本格化、セキュリティ費は増加の一途 - ITR、国内IT投資動向調査

アイ・ティ・アールは10月19日、『国内IT投資動向調査2017』の調査結果概要を発表した。今回の調査では、IoT・AIといった新テクノロジーへの投資意欲が明確に伸びていること、セキュリティ対策予算が過去最高を更新していること、グローバルITガバナンスの主導権を海外に移す傾向にあることなどが、見て取れたという。

58四半期連続成長の秘訣とは? 米Red Hat CEOが来日会見

58四半期連続成長の秘訣とは? 米Red Hat CEOが来日会見

レッドハットは10月6日、同社主催の技術カンファレンス「RED HAT FORUM 2016 Tokyo」に伴い来日していた米Red Hat 社長兼CEOのJames Whitehurst氏による記者発表会を開催。同社の業績や今後の方針について解説した。

2016年9月の記事

関西電力、組み込みデータベース「Entier」を導入 - 検針業務の負担軽減 [事例]

関西電力、組み込みデータベース「Entier」を導入 - 検針業務の負担軽減 [事例]

日立ソリューションズは9月14日、日立製作所とともに、組み込みデータベース「Entier(エンティア)」を関西電力の検針業務用ハンディターミナルに導入したと発表した。

2016年8月の記事

転換点を迎えるHadoop技術、調査で見えた「SanDisk InfiniFlash」という最適解

【特別企画】転換点を迎えるHadoop技術、調査で見えた「SanDisk InfiniFlash」という最適解

増加する構造化データや非構造化データから価値を抽出し、物事の本質を見抜くことは、今やさまざまな組織にとって欠かせないスキルだ。特にIoTをはじめとした、クラウドアプリケーションによって今までになくデータが増加しており、超巨大規模の効率的なビッグデータインフラストラクチャを実現する新技術が求められている。

2016年6月の記事

17.8億円のコスト削減! 佐賀県前CIOが語るIT資産管理の勘所とは? - SAM World

17.8億円のコスト削減! 佐賀県前CIOが語るIT資産管理の勘所とは? - SAM World

6月10日、SAMAC(ソフトウェア資産管理評価認定協会)が主催するソフトウェア資産管理に関するカンファレンス「SAM World 2016」が東京で開催された。基調講演には前佐賀県CIO 森本登志男氏が登壇。「情報セキュリティから見た、IT資産管理の重要性 ~IT先進県 佐賀県の事例から~」と題する講演を行った。

KS-SOL、自社データセンターの運用保守統制基盤に特権ID管理製品を採用 [事例]

KS-SOL、自社データセンターの運用保守統制基盤に特権ID管理製品を採用 [事例]

エンカレッジ・テクノロジは6月21日、同社の特権管理製品「ESS AdminControl」および証跡管理製品「ESS REC」を、関電システムソリューションズ(KS-SOL)が自社データセンターの運用保守統制基盤に採用したと発表した。

茨城県、庁内システムを仮想化基盤に集約 - 5年間でコスト30%減の見通し [事例]

茨城県、庁内システムを仮想化基盤に集約 - 5年間でコスト30%減の見通し [事例]

日立公共システムは、同社が茨城県の庁内システムをクラウド型仮想化基盤に集約した事例をWebサイトで公開した。

2016年5月の記事

富士通がデジタルビジネス基盤MetaArcを強化 - 買収技術活用の新サービス開始

富士通がデジタルビジネス基盤MetaArcを強化 - 買収技術活用の新サービス開始

富士通は5月17日、同社が展開するデジタルビジネス・プラットフォーム「FUJITSU Digital Business Platform MetaArc」を強化することを発表した。新たに3サービスを提供開始するほか、浜松町にワークショップ施設「FUJITSU Digital Transformation Center」を開設する。

クラウド全盛の今、データセンターのあるべき姿とは? - ガートナー田﨑氏

クラウド全盛の今、データセンターのあるべき姿とは? - ガートナー田﨑氏

IT資産を自社で持つか、データセンター事業者の資産を借りるのか。それとも、パブリッククラウドサービスを活用するか。――さまざまな手法が選べる反面、どのように選定すべきか悩んでいるIT担当者は多いはずだ。そこで本稿では、ガートナー ジャパン リサーチ部門 ITインフラストラクチャ&セキュリティ バイスプレジデントの田﨑堅志氏に、クラウドやデータセンターの選定方法・活用方法について伺った。

デジタルビジネス時代は深刻な人材不足に、2020年以降に向けて投資を - ガートナー ITインフラストラクチャ & データセンター サミット

デジタルビジネス時代は深刻な人材不足に、2020年以降に向けて投資を - ガートナー ITインフラストラクチャ & データセンター サミット

4月26日~28日に開催された「ガートナー IT インフラストラクチャ & データセンター サミット 2016」では、デジタルビジネスを単なるコンセプトではなく、すでに取り組みが進んでいる現実の動きと捉え、具現化策を示すセッションが多数用意された。本稿では、ガートナーのアナリストが登壇した初日の基調講演の模様を簡単にご紹介する。

2016年4月の記事

Intelが描くストレージの近未来 - 3D Xpoint、新SSDとエコシステムで革新へ

Intelが描くストレージの近未来 - 3D Xpoint、新SSDとエコシステムで革新へ

インテルは4月15日、ストレージ向けの取り組みをパートナーとともに紹介するイベント「INTEL SOTRAGE BUILDERS EXECUTIVE SUMMIT」を開催した。同イベントには、米Intel データセンター・ストレージ事業部 アーキテクチャー&ソフトウェア・エンジニアリング・ディレクターのグレン・ウェインバーグ氏が登壇。ストレージを取り巻く環境の変化や、同社の最新技術/パートナーシップについて解説した。

NTT Com、2020年度に売上1.5兆円を目指す - 強みを生かした3つの柱とは?

NTT Com、2020年度に売上1.5兆円を目指す - 強みを生かした3つの柱とは?

NTTコミュニケーションズは4月13日、新中長期事業戦略「ビジョン2020」およびその実現に向け刷新されたサービスビジョン「グローバルクラウドビジョン2016」の記者説明会を開催した。計画では、2020年度に売上1.5兆円(グローバル事業売上0.6兆円を含む)を目標に経営を推進する。

  • バックナンバーを見る

会員登録(無料)

注目の特集/連載
知りたい! カナコさん 皆で話そうAIのコト
教えてカナコさん! これならわかるAI入門
対話システムをつくろう! Python超入門
Kubernetes入門
AWSで作るクラウドネイティブアプリケーションの基本
ソフトウェア開発自動化入門
PowerShell Core入門
徹底研究! ハイブリッドクラウド
[解説動画] Googleアナリティクス入門講座
マイナビニュース スペシャルセミナー 講演レポート/当日講演資料 まとめ
セキュリティアワード特設ページ

一覧はこちら

今注目のIT用語の意味を事典でチェック!

一覧はこちら

ページの先頭に戻る