業務アプリケーション 記事バックナンバー(2016年)

業務アプリケーション 記事バックナンバー(2016年)

100 件中 1~20件目を表示中

2016年12月の記事

IT部門が弱体化!? アプリ開発にガバナンスを! - ガートナーが振り返る2016年

IT部門が弱体化!? アプリ開発にガバナンスを! - ガートナーが振り返る2016年

IT業界全体で見ると、AIやVRといった革新的な技術の普及の足音が聞こえ始め、多くの企業がデジタルビジネスへの対応を開始したという調査結果が頻繁に発表された一年だった。そうした大きな動向の中で、個別の技術分野にはどのような傾向があったのか。今回は、ガートナー ジャパンの務める片山 治利氏に、「アプリケーション開発」分野における2016年の振り返りと今後の展望をお願いした。

レガシーモダナイゼーション7つの手法とAPIの活用シーン

【連載】APIエコノミーの作り方 [2] レガシーモダナイゼーション7つの手法とAPIの活用シーン

APIを活用した経済圏の構築方法について解説している本連載。2回目は、レガシーモダナイゼーションがテーマです。APIを用いた「リインタフェース」についてご紹介しましょう。

[講演資料提供]IoTの先にあるAI労働力時代- 欧米先進事例に学ぶ今後のビジネス

[講演資料提供]IoTの先にあるAI労働力時代- 欧米先進事例に学ぶ今後のビジネス

本稿では、12月7日(水)に開催した「マイナビニュースフォーラム 2016 Winter for データ活用」におけるKeynote 2「IoTの先にあるAI労働力(RPA/Digital Labor)時代- 欧米先進事例に学ぶ今後のビジネスの在り方」の講演資料をご提供いたします。

現場業務は待ったなし! IT化が困難な現場業務を効率化する方策とは?

【特別企画】現場業務は待ったなし! IT化が困難な現場業務を効率化する方策とは?

現場のスピードに対応し、現場の様々な情報をビジネスに生かすのに適したツールには一体どのようなものがあるのだろうか。今回IT Search+では、現場業務の効率化実現へ向けて開発された法人向けデジタルノート・アプリ「GEMBA Note for Business」の紹介資料を掲載する。

グラフテック、東芝ソリューション販売の「販売・貿易管理システム」を導入 [事例]

グラフテック、東芝ソリューション販売の「販売・貿易管理システム」を導入 [事例]

東芝ソリューション販売は12月19日、計測機器やカッティングプロッタなどの輸入・販売を手掛けるグラフテックに導入した「販売管理・貿易管理システム」が、本稼働を開始したと発表した。

藤原鋼材、基幹システムにアイルの「アラジンオフィス」を導入 [事例]

藤原鋼材、基幹システムにアイルの「アラジンオフィス」を導入 [事例]

アイルは12月14日、鉄鋼卸業を営む藤原鋼材の基幹システムに在庫管理・販売管理システム「アラジンオフィス」を導入したと発表した。

APIエコノミーを理解するための三つのポイント

【連載】APIエコノミーの作り方 [1] APIエコノミーを理解するための三つのポイント

世の中の大規模システムに目を向けてみると、APIによる資産の再利用がFintechの一角を担っており、レガシーとも揶揄されるメインフレーム活用アプローチの一つとして注目されています。APIで「システム」「ビジネス」を繋いで新たな価値を素早く生み出す経済圏をAPIエコノミーと呼びます。市場規模は260兆円とも言われ、大きな期待が集まっています。

東京海上日動、グループウェア「mitoco」を採用 - 決め手は柔軟性の高さ [事例]

東京海上日動、グループウェア「mitoco」を採用 - 決め手は柔軟性の高さ [事例]

テラスカイは12月12日、東京海上日動火災保険(以下、東京海上日動)がテラスカイの次世代型グループウェア「mitoco(ミトコ)」の導入を決定したと発表した。

「検索エンジンを広めるつもりが、思わぬ幸運」 - Hadoop10周年、生みの親が回顧

「検索エンジンを広めるつもりが、思わぬ幸運」 - Hadoop10周年、生みの親が回顧

今年で誕生10周年を迎える、オープンソースソフトウェア(OSS)の「Apache Hadoop」。果たして同プロダクトは、今日の発展に至るまでにどのようなプロセスを歩んできたのか。本誌は、「Cloudera World Tokyo 2016」で来日したHadoopの生みの親、Doug Cutting 氏に開発の経緯や、ターニングポイントについて話を聞いたので、その様子をご紹介する。

[実力試し]HTML5 認定試験 Lv2 想定問題 (35) Consoleオブジェクトの出力

[実力試し]HTML5 認定試験 Lv2 想定問題 (35) Consoleオブジェクトの出力

マイナビ出版発行の書籍からIT関連の問題を引用し、出題していきます。皆さまの実力をお試しください。今回は、『HTML5プロフェッショナル認定試験 レベル2 対策テキスト&問題集』から、「WebブラウザにおけるJavaScript API」の25問目を出題いたします。

[実力試し]HTML5 認定試験 Lv1 想定問題 (51) marginプロパティ

[実力試し]HTML5 認定試験 Lv1 想定問題 (51) marginプロパティ

マイナビ出版発行の書籍からIT関連の問題を引用し、出題していきます。今回は、『HTML5プロフェッショナル認定試験 レベル1 対策テキスト&問題集』から、「CSSの各種プロパティと値」の6問目を出題いたします。marginプロパティについての問題です。

ラトビアのエンジニアに驚嘆! Zabbixは経営層も対象へ - Zabbix Conference Japan 2016

ラトビアのエンジニアに驚嘆! Zabbixは経営層も対象へ - Zabbix Conference Japan 2016

東京都港区で開催された「Zabbix Conference Japan 2016」には、Zabbixの生みの親アレクセイ ウラジシェフ氏が登壇。最新版の機能と、次期バージョンの方向性を紹介した。また、日本法人代表の寺島 広大氏は、ラトビア本社で仕事を共にしたスーパーエンジニア達のエピソードを披露した。

2016年11月の記事

JAながの、人財・労務管理に日立ソリューションズの「リシテア」を採用 [事例]

JAながの、人財・労務管理に日立ソリューションズの「リシテア」を採用 [事例]

日立ソリューションズは11月28日、JAながのが日立ソリューションズの人事総合ソリューション「リシテア」を採用したと発表した。

総合メディカル、「SAP S/4HANA Finance」を導入 - 会計データを一元化 [事例]

総合メディカル、「SAP S/4HANA Finance」を導入 - 会計データを一元化 [事例]

アビームコンサルティングとSAPジャパンは11月25日、総合メディカルにSAPジャパンが提供する会計システム「SAP S/4HANA Finance」を導入したと発表した。

サンケイビル、SCSKのグループ会計システム導入で経理の残業時間を16%減 [事例]

サンケイビル、SCSKのグループ会計システム導入で経理の残業時間を16%減 [事例]

SCSKは11月24日、サンケイビルを含むサンケイビルグループのグループ会計システムに、SCSKのERP製品「ProActive E2」が採用され、本格稼働を開始したと発表した。

グラスター、自動車ガラス修理現場にクラウド型CRM/SFA「cyzen」を導入 [事例]

グラスター、自動車ガラス修理現場にクラウド型CRM/SFA「cyzen」を導入 [事例]

レッドフォックスは11月24日、自動車のガラス修理・交換サービスなどを提供するグラスターが、位置情報を活用したクラウド型CRM/SFA「cyzen」を導入したと発表した。

アドバンテスト、PTCの製品ライフサイクル管理「Windchill」を導入 [事例]

アドバンテスト、PTCの製品ライフサイクル管理「Windchill」を導入 [事例]

PTCジャパンと新日鉄住金ソリューションズ(NSSOL)は11月24日、半導体用の測定機器などを開発・製造するアドバンテストがPLM(製品ライフサイクル管理)システム「Windchill」の導入を決定したと発表した。

ラファイエット、アイルの販売・在庫管理システムに全てのデータを集約 [事例]

ラファイエット、アイルの販売・在庫管理システムに全てのデータを集約 [事例]

アイルは11月21日、アパレル業を営むラファイエットに、アイルの販売・在庫管理システム「アラジンオフィス」、複数ネットショップ一元管理ソフト「CROSS MALL(クロスモール)」、店舗管理ハンディターミナルを導入し、EC構築サービスを提供したと発表した。

三菱航空機、全社の情報共有基盤にジャストシステムの「UnitBase」を採用 [事例]

三菱航空機、全社の情報共有基盤にジャストシステムの「UnitBase」を採用 [事例]

ジャストシステムは11月21日、三菱航空機が全社の情報共有プラットフォームとしてWebデータベースソフト「UnitBase」を採用したと発表した。

SOMPOシステムズ、テラスカイの次世代型グループウェア「mitoco」を採用 [事例]

SOMPOシステムズ、テラスカイの次世代型グループウェア「mitoco」を採用 [事例]

テラスカイは11月18日、SOMPOシステムズが次世代型グループウェア「mitoco(ミトコ)」を導入することが決定したと発表した。

インフォア、設備資産管理アプリケーションのクラウド版を国内で提供開始

インフォア、設備資産管理アプリケーションのクラウド版を国内で提供開始

インフォアジャパンは11月16日、日本市場において設備資産管理クラウドアプリケーション「Infor EAM Cloud」の提供を開始すると発表した。 同製品は、設備資産管理に必要な各種機能をSaaSアプリケーションとして提供するというもの。具体的には、製造や医療、公共事業などさまざまな業界に特化したかたちで、設備資産マスタ管理や予算、検知、購買、作業オーダー、予防保全といった機能が用意される。

キリン、インフォアの供給計画・スケジューリングソリューションを導入 [事例]

キリン、インフォアの供給計画・スケジューリングソリューションを導入 [事例]

インフォアジャパンは11月16日、酒類・飲料事業を展開するキリンが、供給計画ソリューション「Infor AP(Advanced Planning)」および生産スケジューリングソリューション「Infor AS(Advanced Scheduling)」を導入したと発表した。両ソリューションは、キリンの傘下にあるキリンビール本社と全国10拠点の工場に導入され、2016年6月から稼働開始している。

丸紅、ベリタスのクラウド型メールアーカイブサービス「EV.cloud」を採用 [事例]

丸紅、ベリタスのクラウド型メールアーカイブサービス「EV.cloud」を採用 [事例]

ベリタスは11月14日、丸紅がクラウドメールアーカイブサービス「Veritas Enterprise Vault.cloud(以下、EV.cloud)」を採用したと発表した。

IT Search+ IT製品/ソリューションアワード - 2016年7月-9月期

IT Search+ IT製品/ソリューションアワード - 2016年7月-9月期

IT Search+では、たくさんのIT関連の製品、ソリューションをご紹介させていただいております。今回は、その中でも特に、「製品情報をご覧いただいた方が多い」、「資料をダウンロードされた方が多い」製品/ソリューションを『IT Search+ IT製品/ソリューションアワード』として、勝手に表彰させていただきます! はたして、この2016年7月-9月期はどの製品、ソリューションが最も検討者が多かったのでしょうか。ぜひ、ご覧ください。

NHN comico、MOTEXのスマートデバイス管理ツール「LanScope An」を採用 [事例]

NHN comico、MOTEXのスマートデバイス管理ツール「LanScope An」を採用 [事例]

エムオーテックス(MOTEX)は11月8日、NHN comicoがスマートデバイス管理ツール「LanScope An」を導入したと発表した。

[実力試し]HTML5 認定試験 Lv2 想定問題 (25) Windowオブジェクトの説明

[実力試し]HTML5 認定試験 Lv2 想定問題 (25) Windowオブジェクトの説明

マイナビ出版発行の書籍からIT関連の問題を引用し、出題していきます。皆さまの実力をお試しください。今回は、『HTML5プロフェッショナル認定試験 レベル2 対策テキスト&問題集』から、「WebブラウザにおけるJavaScript API」の15問目を出題いたします。

2016年10月の記事

ベネフィット・ワン、人材管理クラウド導入でサービス提供体制を強化 [事例]

ベネフィット・ワン、人材管理クラウド導入でサービス提供体制を強化 [事例]

日本オラクルは10月25日、福利厚生業務のアウトソーシングサービスを提供するベネフィット・ワンがクラウドベースのタレントマネジメント・アプリケーション「Oracle HCM Cloud Talent Management」を採用したと発表した。

栃木市、サイエンティアの「公共団体向け人事評価システム」を導入 [事例]

栃木市、サイエンティアの「公共団体向け人事評価システム」を導入 [事例]

サイエンティアは10月19日、同社が提供する「公共団体向け人事評価システム」を栃木市が導入し、稼働を開始したと発表した。

東和電気、海外拠点の連結経営基盤にERPパッケージ「A.S.I.A.」を採用 [事例]

東和電気、海外拠点の連結経営基盤にERPパッケージ「A.S.I.A.」を採用 [事例]

東洋ビジネスエンジニアリングは10月19日、グローバル展開する日本企業の海外拠点向けERPパッケージ「A.S.I.A. GP ERP版(以下、A.S.I.A.)」を東和電気が採用し、現在導入中であることを発表した。導入は、タイ・上海・シンセン・香港・ベトナム・シンガポールの6拠点で進む。

IoT/AIの投資が本格化、セキュリティ費は増加の一途 - ITR、国内IT投資動向調査

IoT/AIの投資が本格化、セキュリティ費は増加の一途 - ITR、国内IT投資動向調査

アイ・ティ・アールは10月19日、『国内IT投資動向調査2017』の調査結果概要を発表した。今回の調査では、IoT・AIといった新テクノロジーへの投資意欲が明確に伸びていること、セキュリティ対策予算が過去最高を更新していること、グローバルITガバナンスの主導権を海外に移す傾向にあることなどが、見て取れたという。

プレミア証券、社内のヘルプデスク業務に「ISL Online」を導入 [事例]

プレミア証券、社内のヘルプデスク業務に「ISL Online」を導入 [事例]

オーシャンブリッジは10月13日、同社のリモートコントロールツール「ISL Online(アイエスエル・オンライン)」が、プレミア証券に採用されたと発表した。

電話やメールでは不十分!? ビジネスチャットを選ぶ5つのポイント

【特別企画】電話やメールでは不十分!? ビジネスチャットを選ぶ5つのポイント

企業における新しいコミュニケーションスタイルを確立するソリューションとして注目されているのが「ビジネスチャット」だ。ただし、単にビジネスチャットを導入すればいいというわけではない。ツールの選択を間違えると、活用されずに終わってしまう可能性がある。では、どのような点に注意してビジネスチャットを選べば良いのだろうか。

日本に勝機はあるか? Zuoraが語るサブスクリプションビジネスの世界

日本に勝機はあるか? Zuoraが語るサブスクリプションビジネスの世界

Zuora Japanは10月13日、企業のサブスクリプションビジネスを支援するZuoraの取り組みについて記者説明会を開催した。説明会には米Zuora創業者兼CEOのティエン・ツォ氏、Zuora Japan代表執行役社長 桑野順一郎氏が登壇し、サブスクリプションビジネスの最新動向やZuoraのグローバル・日本における取り組み、日本市場への対応などについて解説した。

東芝、Zuoraのクラウド型サブスクリプション・プラットフォームを導入 [事例]

東芝、Zuoraのクラウド型サブスクリプション・プラットフォームを導入 [事例]

Zuoraは10月13日、東芝がグループ内に提供するIoTサービスのビジネス基盤にZuoraのクラウド型サブスクリプション・プラットフォーム「リレーションシップ・ビジネス・マネジメント(RBM)」が採用されたと発表した。

日産自動車、販売会社向けポータル構築に「SharePoint Online」を導入 [事例]

日産自動車、販売会社向けポータル構築に「SharePoint Online」を導入 [事例]

ソフトバンク・テクノロジー(SBT)は10月11日、日産自動車の販売会社向けポータルサイトに、マイクロソフトのクラウド型グループウェア「SharePoint Online」を導入したと発表した。

低迷する日本の社員エンゲージメント、調査で解明されたキーワードとは?

低迷する日本の社員エンゲージメント、調査で解明されたキーワードとは?

エーオンヒューイットジャパンとコーナーストーンは10月11日、「社員エンゲージメント」に関する2016年グローバル調査結果について、合同記者説明会を開催した。同調査は毎年エーオンヒューイットが実施しているもので、日本人の社員エンゲージメントは長年にわたり世界で最下位に位置し続けているという。説明会では、最新の調査結果を元に、社員エンゲージメントの重要性や、日本企業が社員エンゲージメントを高める方法などについて解説がなされた。

財務・人事管理に「Power of 1」が与えるインパクト - Workday Rising 2016

財務・人事管理に「Power of 1」が与えるインパクト - Workday Rising 2016

企業向けクラウド型財務・人事アプリケーションプロバイダの米Workdayは米国時間9月26日~9月29日、同社の年次カンファレンス「Workday Rising 2016」を米国シカゴにて開催した。同イベントの大きな特徴は、新機能の発表はもちろん、半年から1年先のリリース予定機能が告知されることと、ユーザー同士の積極的なディスカッションが行われることだ。本稿では、その基調講演の模様をお届けする。

桧家HD、加盟店への連絡手法に社内SNS「Beat Shuffle」を導入 [事例]

桧家HD、加盟店への連絡手法に社内SNS「Beat Shuffle」を導入 [事例]

Beat Communicationは10月3日、桧家ホールディングス FC事業部に、社内SNS「Beat Shuffle」を導入したと発表した。

2016年9月の記事

実態調査からわかった、タレントマネジメントの実情と現実的な解決法

【特別企画】実態調査からわかった、タレントマネジメントの実情と現実的な解決法

日本の人事部 人材白書2016による「タレントマネジメントの取り組み状況」の調査結果から、95.2%の企業が戦略人事の重要性を感じているものの、実際に人事部門が戦略人事として活動ができていると感じている割合はわずか25.8%ということがわかる。タレントマネジメントの重要性を認識しつつも、タレントマネジメントに取り組めない要因は何なのか。そして、どうすれば解決できるのだろうか。

Workday、企業の財務・人事計画や人材育成を支援する新機能を発表 - Workday Rising 2016

Workday、企業の財務・人事計画や人材育成を支援する新機能を発表 - Workday Rising 2016

米Workdayは9月27日(米国時間)、イリノイ州シカゴのMcCormick Placeで開催している「Workday Rising 2016」にて、同社のアプリケーションプラットフォーム「Workday」の新機能として、「Workday Planning」および「Workday Learning」の提供を開始すると発表した。

ビル・ゲイツ氏へ生Skypeのハプニングも! MSの働き方変革が生んだもの - ワークスタイル変革DAY

ビル・ゲイツ氏へ生Skypeのハプニングも! MSの働き方変革が生んだもの - ワークスタイル変革DAY

生産性向上や効率化のために社員の働き方を変革する――そんな潮流が生まれてしばらくがたつが、果たして実現できた企業はどれほどあるだろうか。なかなか思うような変革を起こせない企業にとって、ロールモデルになるのが日本マイクロソフトの事例である。

野口悠紀雄氏が挙げる、働き方を変える2つの技術 - ワークスタイル変革DAY

野口悠紀雄氏が挙げる、働き方を変える2つの技術 - ワークスタイル変革DAY

少子高齢化の加速による労働力不足が深刻化する日本。そんな状況の中で企業が成長を遂げるためには「働き方改革」が必須といえる。では具体的に働き方をどのように変革していくべきなのか――。

アナリティクスを支えるプラットフォーム

【連載】デジタルビジネスを加速するアナリティクス、技術動向と推進のポイント [7] アナリティクスを支えるプラットフォーム

今回は、急速な技術進化やデジタル化の進展に伴い、アーキテクチャが多様化・複雑化してきている基盤技術・プラットフォームの観点から、アーキテクチャ設計のポイントを紹介します。

マイクロサービスのHelloWorldアプリケーションを作ってみる

【連載】いまさら聞けないマイクロサービスの基本 [7] マイクロサービスのHelloWorldアプリケーションを作ってみる

今回は、これまでとは趣向を変え、実際にSpring Bootを利用してマイクロサービスを作ってみます。HelloWorldと出力するだけのアプリケーションで、簡単に作れますので、ぜひお手元の環境で試してみてください。

活用度NO.1を目指すERP製品「Biz∫(ビズインテグラル)」とは

【特別企画】活用度NO.1を目指すERP製品「Biz∫(ビズインテグラル)」とは

現在の基幹業務システムにおける、業務パッケージの構築や運用の課題として、TCOの削減、システム基盤の効率化、ビジネスプロセスの変革サポート、主要業務の再構築への柔軟な対応などが挙げられることが多くなっている。そして、これらの課題解決に最適なソリューションとして注目されているのが、Biz∫(ビズインテグラル)だ。

旭鉄工、製造ラインの「見える化」に「Red Hat JBoss BRMS」を採用 [事例]

旭鉄工、製造ラインの「見える化」に「Red Hat JBoss BRMS」を採用 [事例]

レッドハットは9月12日、旭鉄工がライン遠隔モニタリングシステムに「Red Hat JBoss BRMS」を採用したと発表した。

WHILL、勤怠管理と経費精算の効率化にERPソフト「TeamSpirit」を採用 [事例]

WHILL、勤怠管理と経費精算の効率化にERPソフト「TeamSpirit」を採用 [事例]

チームスピリットは9月7日、パーソナルモビリティの開発・販売を手掛けるWHILLが、クラウド型ERPソフトウェア「TeamSpirit」を採用したと発表した。

2016年8月の記事

デジタル・ロジスティクスにおけるアナリティクス

【連載】デジタルビジネスを加速するアナリティクス、技術動向と推進のポイント [6] デジタル・ロジスティクスにおけるアナリティクス

本連載では、主に企業におけるIT部門の読者を念頭に、デジタルビジネスを加速するための全社・部門でのアナリティクスの検討・導入に役立つ視点を紹介していきます。今回は、業務プロセス改革を起点としたアナリティクス活用について、デジタル変革の波が今まさに訪れようとしている物流業務を例に紹介します。

帳票設計の工数が1/10に! 業務システムとも連携可能なクラウド帳票サービスとは

【特別企画】帳票設計の工数が1/10に! 業務システムとも連携可能なクラウド帳票サービスとは

日々の業務において扱う量の多さからも、帳票への対応に要する時間は少なくない。そこで今回IT Search+では、「SVF Cloud」に関する資料を紹介する。設計時だけでなく、現場レベルでの項目入力においても大きなメリットを備えたSVF Cloud。詳細は掲載資料をご一読いただきたい。

ユニチカ、連結会計システムにディーバの「DivaSystem」を採用 [事例]

ユニチカ、連結会計システムにディーバの「DivaSystem」を採用 [事例]

ディーバは8月23日、TISと共同で、総合繊維メーカーであるユニチカの連結会計システムをディーバの「DivaSystem」で刷新すると発表した。

トクラス、帳票基盤を「SVF」で刷新 - 操作スキルの共通化で生産性を向上 [事例]

トクラス、帳票基盤を「SVF」で刷新 - 操作スキルの共通化で生産性を向上 [事例]

ウイングアーク1stは8月23日、住宅関連機器を手掛けるトクラスの帳票基盤として「SVF」が採用されたと発表した。

ミュゼプラチナム、「HireVue」を導入 - 録画面接で中途採用選考を効率化 [事例]

ミュゼプラチナム、「HireVue」を導入 - 録画面接で中途採用選考を効率化 [事例]

タレンタは8月17日、日本全国に美容脱毛サロン「ミュゼプラチナム」を展開するミュゼプラチナムに対し、Web面接プラットフォーム「HireVue(ハイアービュー)」を導入すると発表した。

実用レベルに達した翻訳アプリ、無印良品が採用を決めたワケ

実用レベルに達した翻訳アプリ、無印良品が採用を決めたワケ

2020年には訪日外国人を4000万人に増やす――。2016年6月時点での推計では訪日外国人が1171万人にのぼり、昨年惜しくも届かなかった2000万人というマイルストーンを大幅に超えることは確実だ。ただ、政府が「観光先進国」へ向けた取り組みをすすめる中で、実際に受け入れる立場となる企業は一朝一夕で受け入れ体制を整えられるわけではない。

2ndステップに突入したデジタルワークプレイス、考え方と成功事例 - ガートナー 志賀氏

2ndステップに突入したデジタルワークプレイス、考え方と成功事例 - ガートナー 志賀氏

市場に提供されているさまざまなITツールを活用し、社内さらには社外も含めた情報共有/コラボレーションを促すことへの期待は、企業の間でますます高まっている。そうした中、ガートナーでは、働く場をよりデジタルに変えていく「デジタルワークプレイス」という考え方を提唱している。

アジア・ラゲージ、アイルの在庫管理システム「アラジンオフィス」を導入 [事例]

アジア・ラゲージ、アイルの在庫管理システム「アラジンオフィス」を導入 [事例]

アイルは8月10日、かばん製造・卸業のアジア・ラゲージに、アイルのアパレル向け在庫・販売・店舗管理システム「アラジンオフィス for fashion」を導入したと発表した。

髙島屋、ビジネスチャットツールを導入 - 業務連絡にかかる時間を短縮 [事例]

髙島屋、ビジネスチャットツールを導入 - 業務連絡にかかる時間を短縮 [事例]

伊藤忠テクノソリューションズ(CTC)は8月10日、髙島屋にビジネスチャットツール「tocaro(トカロ)」を提供したと発表した。

コーナーストーンAPAC責任者が語るタレントマネジメント成功の秘訣とは?

コーナーストーンAPAC責任者が語るタレントマネジメント成功の秘訣とは?

企業競争が激化する今、いずれの企業も優秀な人材の獲得や育成に日々、奔走していることだろう。企業規模や業種にかかわらず、人材活用に関する悩みは尽きないものだ。そこで今回は、世界191カ国の企業約2,670社にタレントマネジメントソリューション「コーナーストーン」を提供するコーナーストーンオンデマンドで日本とAPACのバイスプレジデント兼ジェネラルマネージャーを務めるフランク・リッチャルディ氏に、日本企業がタレントマネジメントを成功させるために今、何をすべきなのかについて話を伺った。

ANA、人事パッケージ「POSITIVE」を導入 - 3万6,000人の人材管理を一元化 [事例]

ANA、人事パッケージ「POSITIVE」を導入 - 3万6,000人の人材管理を一元化 [事例]

電通国際情報サービス(ISID)は8月5日、ANAグループの人材マネジメントシステムをISIDの統合人事パッケージ「POSITIVE」で構築したと発表した。ANAグループは、すでに3万6,000名を対象に同システムの稼働を開始している。

グロービス経営大学院、Marketoを導入 - 1年で説明会の申込者数が倍増 [事例]

グロービス経営大学院、Marketoを導入 - 1年で説明会の申込者数が倍増 [事例]

マルケトは8月5日、グロービス経営大学院がマルケトのマーケティングオートメーションツール「Marketo」を導入したと発表した。

これからのエンタープライズモバイルはどうなっていくのか?

【連載】エンタープライズモバイル活用指南 [10] これからのエンタープライズモバイルはどうなっていくのか?

本連載では「エンタープライズ活用指南」ということで、企業におけるスマートデバイス・アプリの活用方法やその実現方法、注意点、システム部門としての役割などを解説してきました。最終回となる今回は、最近のトレンドを踏まえ、今後考えられるエンタープライズモバイルの新しい方向性について説明したいと思います。

2016年7月の記事

脱ガラパゴス! グローバル人事を成功に導くERP選びの4大ポイント

【特別企画】脱ガラパゴス! グローバル人事を成功に導くERP選びの4大ポイント

日本企業の多くは、終身雇用制や年功序列制といったような「日本型経営」を支える人事制度と、それを実行するための人事システムを追求しつづけてきた。その結果、グローバルスタンダードとは異なる進化を遂げ、「ガラパゴス化」してしまっている。

シャドーIT対策もBYOD対応もこれで解決!「SME Enterprise」が選ばれる理由

【特別企画】シャドーIT対策もBYOD対応もこれで解決!「SME Enterprise」が選ばれる理由

「どうして今までなかったのか」......。仕事やプライベートで、複数のストレージサービスを利用している人は多いはず。しかし、たとえば会社では利用規定上「box」を、プライベートでは「Dropbox」などそのほかのサービスを、といったように複数のサービスにデータが散在して使い勝手が悪くなっている人も多いのではないだろうか。しかも、IT管理者としては"シャドーIT"をされてしまう危険もはらんでいる。もし、すべてのストレージサービスを一括かつ安全に利用できたら......。

伊勢半、オラクルの予算管理クラウドを採用 - 損益・予実データを一元化 [事例]

伊勢半、オラクルの予算管理クラウドを採用 - 損益・予実データを一元化 [事例]

日本オラクルは7月22日、化粧品の製造・販売を手掛ける伊勢半に、オラクルの予算管理クラウド「Oracle Planning and Budgeting Cloud Service」が採用されたと発表した。

山根木材、顧客データの共有とソーシャルメディア活用にクラウドを導入 [事例]

山根木材、顧客データの共有とソーシャルメディア活用にクラウドを導入 [事例]

日本オラクルは7月20日、ヤマネホールディングス(以下、山根木材)が、オラクルの顧客管理・営業支援クラウド「Oracle Sales Cloud」およびソーシャル・メディア管理クラウド「Oracle Social Cloud」を採用したと発表した。

iPhoneで棚卸し工数を1/10に削減 - 資産物品管理クラウドサービス「Convi.BASE」

【特別企画】iPhoneで棚卸し工数を1/10に削減 - 資産物品管理クラウドサービス「Convi.BASE」

企業が使用する各種物品や機器・設備は、常により効果的・効率的に運用することが求められる。そして、管理すべき資産は固定資産やIT資産、重要文書など広範囲に渡る。これらを適正に管理するためには「棚卸し」が必須業務である。しかし、「棚卸し」を効率的に行っている企業は少なく、大多数は時間も手間もかかる目視確認で対応しているのが実情だ。

CKD、SAP S/4HANA Enterprise Managementの採用で会計基幹システムを刷新 [事例]

CKD、SAP S/4HANA Enterprise Managementの採用で会計基幹システムを刷新 [事例]

SAPジャパンは7月15日、自動機械装置メーカーのCKDが、SAPジャパンのERP製品「SAP S/4HANA Enterprise Management」を採用を決定したと発表した。

情報システム部門はエンタープライズモバイルとどう関わるか?

【連載】エンタープライズモバイル活用指南 [9] 情報システム部門はエンタープライズモバイルとどう関わるか?

本連載では、これまで8回にわたり、企業として取り組むモバイル活用、特にアプリ開発など、アプリケーションレイヤを中心に説明してきました。それらを踏まえ今回は、企業の情報システム部門として、やらなければいけないことについてまとめておきたいと思います。

コニカミノルタ、経費管理基盤にConcur Expenseを導入 [事例]

コニカミノルタ、経費管理基盤にConcur Expenseを導入 [事例]

コンカーは7月14日、コニカミノルタが自社の経費管理基盤として、コンカーの経費管理システム「Concur Expense」を導入したと発表した。

オートバックスセブン、SAPとConcurの連携ツールで短期に稼動開始 [事例]

オートバックスセブン、SAPとConcurの連携ツールで短期に稼動開始 [事例]

クレスコ・イー・ソリューションは7月12日、カー用品大手のオートバックスセブンに同社の「ConnectPlus for CONCUR Expense」が採用されたと発表した。

2016年6月の記事

1年半で国内の顧客数は150社から325社に! ワークデイの事業戦略とは?

1年半で国内の顧客数は150社から325社に! ワークデイの事業戦略とは?

ワークデイは6月29日、2016年事業の国内展望および同社のクラウド型人事ソリューション「Workday HCM」の新機能について記者説明会を行った。説明会では、同社代表取締役社長 ゼネラルマネージャの金翰新氏により事業戦略が語られるとともに、プリセールスマネージャ 小澤宏氏がデモを交え、Workday HCMの最新バージョンを紹介した。

ジャスト、富士通マーケティングのマイナンバー管理システムを採用 [事例]

ジャスト、富士通マーケティングのマイナンバー管理システムを採用 [事例]

富士通マーケティングは6月27日、ウォーターサーバーのレンタル事業などを行うジャストが、富士通マーケティングのマイナンバー管理システム「FUJITSU Enterprise Application アドオンマイナンバーシステム(以下、アドオンマイナンバーシステム)」を採用し、2016年4月より運用開始したと発表した。

"エンタープライズモバイルならでは"の開発体制とは?

【連載】エンタープライズモバイル活用指南 [8] "エンタープライズモバイルならでは"の開発体制とは?

前回、エンタープライズモバイル開発における繰り返し型の開発プロセスやユーザーレビュー時のポイントなどについて紹介しました。それらを踏まえ、今回は外部の開発会社を含めた開発体制について説明します。

情シス・企画担当必見! セールスフォースの人気記事を一挙紹介!

【特別企画】情シス・企画担当必見! セールスフォースの人気記事を一挙紹介!

本稿では、これまでに人気を博したセールスフォース・ドットコム提供のホワイトペーパー3本を再掲。情報システムや経営企画、マーケティング担当者にとって業務効率化のヒントとなるコンテンツをそろえており、日々の業務の一助となるはずだ。ご参考いただきたい。

エンタープライズにもAIの時代がやってくる - Google Atmosphere Tokyo 2016

エンタープライズにもAIの時代がやってくる - Google Atmosphere Tokyo 2016

ビジネスを支えるIT環境に必要な要素は何か? 「クラウド」や「モバイル」はもはや...

レノボ・ジャパン、クラウド名刺管理サービスを導入 - 営業部門に変化 [事例]

レノボ・ジャパン、クラウド名刺管理サービスを導入 - 営業部門に変化 [事例]

Sansanは6月20日、レノボ・ジャパンにおける法人向けクラウド名刺管理サービス「Sansan」の活用事例を自社Webサイトで公開した。

規則緩和で今改めて考えるペーパーレス - MJSのe-文書活用術

【特別企画】規則緩和で今改めて考えるペーパーレス - MJSのe-文書活用術

2015年9月、電子帳簿保存法におけるスキャナ保存制度の規制が緩和され、2016年1月より新基準の運用がスタートした。この法律が改正された今こそ、経理業務を見直し、ペーパーレス化を実現するチャンスなのである。

メーカーや金融機関など20社の事例に学ぶ! セキュアなモバイル環境構築例

【特別企画】メーカーや金融機関など20社の事例に学ぶ! セキュアなモバイル環境構築例

今回マイナビニュースでは、MDM(モバイル端末管理)の進化形として位置づけられるEMMツールを提供するモバイルアイアン・ジャパンの導入事例資料を掲載する。経営企画や情報システムの担当者にはご参考いただきたい。

教育界の黒船、日本で本格展開を目指すGoogle for Education

教育界の黒船、日本で本格展開を目指すGoogle for Education

Gmailに代表されるGoogleの法人向けアプリケーション群「Google Apps for Works」は、Webやモバイルアプリ上ですべての作業を完結出来るだけでなく、"コラボレーション"を念頭に置いて開発が行われている。

ディーバ、パンチ工業に連結会計システムを導入 - 経理の残業が月30時間減 [事例]

ディーバ、パンチ工業に連結会計システムを導入 - 経理の残業が月30時間減 [事例]

アバントのグループ企業ディーバは6月16日、金型用部品を製造・販売するパンチ工業への連結会計システム「DivaSystem」導入事例を発表した。

チームスピリット、Zuoraの業務効率化ツールで顧客とのリレーション強化 [事例]

チームスピリット、Zuoraの業務効率化ツールで顧客とのリレーション強化 [事例]

Zuora Japanは6月16日、同社の「リレーションシップ・ビジネス・マネージメント(RBM)」をチームスピリットが採用したと発表した。

サイバーエージェント、請求書の授受を電子化するプラットフォームを導入 [事例]

サイバーエージェント、請求書の授受を電子化するプラットフォームを導入 [事例]

インフォマートは6月16日、同社の提供する「BtoBプラットフォーム 請求書」をサイバーエージェントが導入したと発表した。

良品計画、会計システムにBiz∫を採用 - 海外のデータを日次で確認可能に [事例]

良品計画、会計システムにBiz∫を採用 - 海外のデータを日次で確認可能に [事例]

NTTデータは6月9日、「無印良品」ブランドを展開する良品計画のグローバル会計システムとして、同社のERPパッケージソフトウエア「Biz∫(ビズインテグラル)」が導入され、カナダでの展開を開始したと発表した。

NEC、マイナンバーカードの空き領域を活用する省庁向けシステムを提供 [事例]

NEC、マイナンバーカードの空き領域を活用する省庁向けシステムを提供 [事例]

NECは6月9日、内閣官房へ「共通発行管理システム」を提供したと発表した。同システムは、マイナンバーカード(ICカード)のICチップの空き領域に職員を識別する情報を記録し、庁舎などへの入館証としても使える国家公務員身分証ICカード機能を付加するというもの。

LIXIL、統合生産管理システム導入の一環としてダッソーのMESを採用 [事例]

LIXIL、統合生産管理システム導入の一環としてダッソーのMESを採用 [事例]

新日鉄住金ソリューションズ(NSSOL)は6月9日、同社の支援の下、LIXILがダッソー・システムズの製造実行システム(MES:Manufacturing Execution System)「DELMIA Apriso」を導入し、稼働開始したと発表した。

"成功する"企業アプリの開発プロセス

【連載】エンタープライズモバイル活用指南 [7] "成功する"企業アプリの開発プロセス

これまで筆者は、企業が提供する従業員向けのアプリやコンシューマー向けのアプリを開発する上で、その開発プロセスに関してさまざまな工夫を行ってきました。今回は、それらについて紹介していきたいと思います。

Peach、経費管理基盤にConcur Expenseを導入 - スマホで経費精算を可能に [事例]

Peach、経費管理基盤にConcur Expenseを導入 - スマホで経費精算を可能に [事例]

コンカーは6月7日、同社の経費管理クラウドサービス「Concur Expense」をPeach Aviation(以下、Peach)の経費管理基盤として提供したと発表した。

人事・経理・総務で役立つ! バックオフィス系ソリューション&解説/事例記事まとめ

【特別企画】人事・経理・総務で役立つ! バックオフィス系ソリューション&解説/事例記事まとめ

人事、経理、総務などのバックオフィス部門の方々に役立つITソリューション情報や導入事例、解説記事をまとめてご案内いたします。

立教大学、証明書オンライン受付を運用開始 - F-REGI 払込支払いを活用 [事例]

立教大学、証明書オンライン受付を運用開始 - F-REGI 払込支払いを活用 [事例]

立教大学は6月1日、エフレジが提供する「F-REGI 払込支払い」を導入し、2016年6月1日より各種証明書のオンライン受付を開始したと発表した。

イーオン、学習・上達管理の新サービスでMicrosoft Dynamics CRMを活用 [事例]

イーオン、学習・上達管理の新サービスでMicrosoft Dynamics CRMを活用 [事例]

イーオンは6月1日、生徒のレッスン状況や学習記録、評価などを一括管理し、到達度を定量的に測定するサービス「学習ポートフォリオ」の運用を2016年6月1日より開始したと発表した。

もはや会計だけではない - freeeが目指す「クラウドERP」の世界

もはや会計だけではない - freeeが目指す「クラウドERP」の世界

クラウド会計ソフトのfreeeは5月30日、500人規模のバックオフィスサービスを提供する「ビジネスプラン」を6月1日より提供すると発表した。

売上・収益・シェア獲得の23%増を見込む - エンゲージドされた顧客をつくるには

【特別企画】売上・収益・シェア獲得の23%増を見込む - エンゲージドされた顧客をつくるには

顧客とのエンゲージメントを強化していくにはどういった取り組みが必要なのだろうか。本稿では、対ユーザー、パートナーそれぞれのエンゲージメント向上を図った4つの事例を紹介。セールスフォース・ドットコムの「Salesforce Community Cloud」を活用し、ユーザーのエンゲージメント強化や、パートナーとの結びつき強化、業務効率化を行った取り組みの全容をまとめている。

2016年5月の記事

グローリー、人材管理システム「Rosic」を導入 - キャリア情報も一元管理 [事例]

グローリー、人材管理システム「Rosic」を導入 - キャリア情報も一元管理 [事例]

T4Cは5月25日、通貨処理機や自動販売機などの開発・販売を手掛けるグローリーの全社的な人材データベースとして、インフォテクノスコンサルティングの「Rosic(ロシック)人材マネジメントシステム」が採用されたと発表した。

日本ボールドウィンがMSのERPを導入 - データの一元管理を実現 [事例]

日本ボールドウィンがMSのERPを導入 - データの一元管理を実現 [事例]

パシフィックビジネスコンサルティング(PBC)は5月24日、マイクロソフトのERP製品「Microsoft Dynamics AX」を日本ボールドウィンに導入したと発表した。

スーパーマーケットのハローズ、需要予測型自動発注システムを導入 [事例]

スーパーマーケットのハローズ、需要予測型自動発注システムを導入 [事例]

情報技術開発(tdi)は5月24日、広島などでスーパーマーケットを展開するハローズが、tdiの需要予測型自動発注ソリューション「SINOPS-R」、および需要予測型キャッシュ・フロー最適化ソリューション「SINOPS-W」を導入したと発表した。2015年7月より提供を開始し、2016年4月時点で70カ所の店舗および物流センターで稼働している。

BtoCのモバイル活用における課題と解決策(後編)

【連載】エンタープライズモバイル活用指南 [6] BtoCのモバイル活用における課題と解決策(後編)

エンタープライズモバイルのなかで成功への難易度が最も高いBtoCのエンタープライズモバイルについて、前回は「いかに使ってもらうか?」について説明しました。今回は、「作る(開発する)うえでの注意点」について説明したいと思います。

DeNA、人材データベースをQlikViewで構築 - タレントマネジメント、労務管理に活用 [事例]

DeNA、人材データベースをQlikViewで構築 - タレントマネジメント、労務管理に活用 [事例]

アシストは5月23日、同社が販売を手掛ける連想型高速インメモリBIプラットフォーム「QlikViewR」をディー・エヌ・エー(DeNA)の人材データベースに採用されたと発表した。

日産自動車、グローバル人事システム「Workday HCM」を導入 [事例]

日産自動車、グローバル人事システム「Workday HCM」を導入 [事例]

日産自動車は5月18日、クラウド型人事ソリューション「Workday ヒューマン キャピタル マネジメント(Workday HCM)」の導入を発表した。国内に本社を置くグローバル企業の中で、Workdayの導入は日産自動車が初めて。

セキュリティ対策の常識

【連載】企業Webサイト運営6つのトレンド [1] セキュリティ対策の常識

今や、ビジネスにおいても生活においても、すっかり当たり前のものとなったWeb。企業においては、コーポーレートサイトのみならず、キャンペーンサイトやコミュニティサイト、近年ではオウンドメディアなど、さまざまな形でWebを活用する機会が増え、マーケティングの核となりつつあります。本連載では、セキュリティ対策や最新技術など、企業がWebサイトを運用するうえで知っておきたい知識について紹介していきます。

先進AIも登場! ビジネスを変えるデジタル革新技術と導入事例 - 富士通フォーラム 2016

先進AIも登場! ビジネスを変えるデジタル革新技術と導入事例 - 富士通フォーラム 2016

5月19日、東京都千代田区の東京国際フォーラムにて、富士通が主催する年次イベント「富士通フォーラム 2016」が開幕した。今年のテーマは「Driving Digital Transformation」。AIやロボット、IoTなど、デジタル革新に寄与する技術が多数展示されているほか、新技術をベースにビジネスを再構築するためのサービスなどが発表された。

荘内銀行、NTTデータの勘定系端末ソフトを導入 - 目指すは小規模店舗の課題解決 [事例]

荘内銀行、NTTデータの勘定系端末ソフトを導入 - 目指すは小規模店舗の課題解決 [事例]

NTTデータ(NTTデータ)は5月18日、同社製の勘定系端末ソフト「BeSTAlinc(ベスタリンク)」が、荘内銀行の新営業店システムに採用されたと発表した。

富士通がデジタルビジネス基盤MetaArcを強化 - 買収技術活用の新サービス開始

富士通がデジタルビジネス基盤MetaArcを強化 - 買収技術活用の新サービス開始

富士通は5月17日、同社が展開するデジタルビジネス・プラットフォーム「FUJITSU Digital Business Platform MetaArc」を強化することを発表した。新たに3サービスを提供開始するほか、浜松町にワークショップ施設「FUJITSU Digital Transformation Center」を開設する。

兼六土地建物、オーシャンブリッジのファイル軽量化ツールを採用 [事例]

兼六土地建物、オーシャンブリッジのファイル軽量化ツールを採用 [事例]

オーシャンブリッジは5月17日、同社のファイル軽量化ソリューション「NXPowerLite(エヌエックス・パワーライト)」が、分譲住宅や注文住宅を手掛ける兼六土地建物に採用されたと発表した。

鴻池組、コラボウェア「ArielAirOne Enterprise」導入 - 一元管理が決め手 [事例]

鴻池組、コラボウェア「ArielAirOne Enterprise」導入 - 一元管理が決め手 [事例]

アリエル・ネットワーク(アリエル)は5月17日、同社のWebコラボレーションウェア「ArielAirOne Enterprise(アリエル・エンタープライズ)」を建築事業者の鴻池組が導入したと発表した。

片倉工業のBIプラットフォームの刷新に「WebFOCUS EVO」が貢献 [事例]

片倉工業のBIプラットフォームの刷新に「WebFOCUS EVO」が貢献 [事例]

アシストは5月16日、同社のBIプラットフォーム「WebFOCUS EVO」が、片倉工業の全社情報活用基盤に採用されたと発表した。

西京銀行、フューチャーアーキテクトの金融機関向け営業支援サービスを導入 [事例]

西京銀行、フューチャーアーキテクトの金融機関向け営業支援サービスを導入 [事例]

フューチャーアーキテクトは5月16日、金融機関向けクラウドサービス「SKYBANK」を4月から西京銀行(本店 : 山口県周南市)へ提供開始したことを明かした。

[講演資料提供] Fintechのもたらすインパクトを解説 - 登場背景と先進事例、今後の展望

[講演資料提供] Fintechのもたらすインパクトを解説 - 登場背景と先進事例、今後の展望

5月11日に開催されたセミナー『Fintechのもたらすインパクト』の講演資料を提供する。Fintechの登場背景や、米国の先進サービス事例、今後の展望などが紹介されているので、サービス企画などの参考にしてほしい。

BtoCのモバイル活用における課題と解決策(前編)

【連載】エンタープライズモバイル活用指南 [5] BtoCのモバイル活用における課題と解決策(前編)

本連載では、これまでにBtoE、BtoB、BtoCのエンタープライズモバイルについて説明してきました。これらのうち、成功への難易度が最も高いのが前回説明したBtoCのエンタープライズモバイルです。そこで今回と次回は、BtoCのエンタープライズモバイルを実践するうえでの課題や注意点について整理し、それらを解決する方法を説明したいと思います。

デジタルビジネス時代は深刻な人材不足に、2020年以降に向けて投資を - ガートナー ITインフラストラクチャ & データセンター サミット

デジタルビジネス時代は深刻な人材不足に、2020年以降に向けて投資を - ガートナー ITインフラストラクチャ & データセンター サミット

4月26日~28日に開催された「ガートナー IT インフラストラクチャ & データセンター サミット 2016」では、デジタルビジネスを単なるコンセプトではなく、すでに取り組みが進んでいる現実の動きと捉え、具現化策を示すセッションが多数用意された。本稿では、ガートナーのアナリストが登壇した初日の基調講演の模様を簡単にご紹介する。

2016年4月の記事

ビバホームや博多一風堂など、社内コミュニケーションの舞台裏

【特別企画】ビバホームや博多一風堂など、社内コミュニケーションの舞台裏

組織で働く以上、何かしらのコミュニケーションをとり情報共有を行うことは当然重要なことだ。グループウェアや会議システムをはじめとした様々なツールが世の中にあるが、企業が抱える情報共有の効率化という課題は永遠のテーマといっても過言ではない。

VRの基本(1) VR HMDが盛り上がる理由

【連載】VRコンテンツの作り方 [1] VRの基本(1) VR HMDが盛り上がる理由

先行して商用化していた「Oculus Rift」に続き、この数カ月間で次々と対応端末が発表され、大きな盛り上がりを見せている「VR HMD」。ゲームに限らず、さまざまな分野で対応コンテンツが開発されており、今後1、2年の間に皆さんが触れる機会も増えていくと予想されます。こうした流れはビジネスにも影響を及ぼします。一般企業がVRコンテンツを提供するシーンも現れるはずです。

BtoCのモバイル活用、企業側のねらいとは?

【連載】エンタープライズモバイル活用指南 [4] BtoCのモバイル活用、企業側のねらいとは?

前回まで、従業員向け(BtoE)や企業向け(BtoB)のスマートデバイス活用について解説してきました。それらを踏まえ、今回はコンシューマー向け(BtoC)のエンタープライズモバイルについて説明したいと思います。

30万人を擁する日立グループの人財部門は、なぜBIツールを導入したのか!?

【特別企画】30万人を擁する日立グループの人財部門は、なぜBIツールを導入したのか!?

株式会社 日立製作所は、海外拠点を含めたグループ会社数は約900社、社員数約30万人の日本有数の規模を持つ企業だ。同社は、グローバルな人事情報共有のために人財データベースの分析を行っているが、当時使用していたツールは、IT部門がスクラッチで構築したもので、分析面での機能が人事管理部門の求めるレベルに達していないという課題があり、今回、レポーティング・ダッシュボード・分析など、多彩な機能を持つビジネスインテリジェンス(BI)を新たに導入した。

BtoBのモバイル活用、その実現方法とは?

【連載】エンタープライズモバイル活用指南 [3] BtoBのモバイル活用、その実現方法とは?

BtoBのモバイル活用と言った場合、法人向けのWebサービスやクラウドサービスを展開している企業が、自社サービスのモバイル対応を行うケースがほとんどだと思います。サービスの種類によって、さまざまな活用方法があるので、今回は実現方法を中心に説明します。

実践! CRMアプリケーション比較(その2)

【連載】失敗しない! CRMアプリケーションの選び方 [4] 実践! CRMアプリケーション比較(その2)

前回、具体的な製品やサービスを紹介しながら、自社のニーズにマッチしたCRMアプリケーションを選ぶためのポイントを整理しました。今回は、「どのように購入するか」といった視点から、引き続きCRMアプリケーションの選び方について考えてみましょう。

テラスカイ、グループウェアmitocoを発表 - IoT連携で会議室のムダ予約排除も

テラスカイ、グループウェアmitocoを発表 - IoT連携で会議室のムダ予約排除も

テラスカイは4月12日、同社が開発したSaaS型の次世代グループウェア「mitoco」(ミトコ)を発表した。名付け親は、「厚切りジェイソン」の芸名でも活躍するジェイソン・ダニエルソン氏。同社はmitocoに対し、ソーシャルウェアというコンセプトを打ち出している。

シスコ、Cisco StartにSMBマーケットプレイスやSaaSを追加 - Web会議も破格提供

シスコ、Cisco StartにSMBマーケットプレイスやSaaSを追加 - Web会議も破格提供

シスコシステムズは4月6日、中小企業向けソリューションブランド「Cisco Start」の新たな取り組みを発表した。格安ライセンスでWeb会議システムを提供するなど、さまざまな施策が組み込まれている。

MIJSが「日本版シリコンバレー構想」を語る! - 第1回MIJS Japan Tech Valley Summit(後編)

MIJSが「日本版シリコンバレー構想」を語る! - 第1回MIJS Japan Tech Valley Summit(後編)

MIJS(Made In Japan Software & Service)コンソーシアムは4月4日、第1回MIJS Japan Tech Valley Summitを開催した。同イベントでは、新理事長に就任したWEIC代表取締役社長 内山雄輝氏が日本版シリコンバレー構想「JAPAN Tech Valleyプロジェクト」を発表したほか、MIJSの常務理事らによるパネルディスカッションなどが行われた。本稿では、パネルディスカッションの後半で語られた、JAPAN Tech Valleyプロジェクトに対する理事たちの率直な想いと、意気込みについてレポートする。

MIJSが「日本版シリコンバレー構想」を語る! - 第1回MIJS Japan Tech Valley Summit(前編)

MIJSが「日本版シリコンバレー構想」を語る! - 第1回MIJS Japan Tech Valley Summit(前編)

MIJS(Made In Japan Software & Service)コンソーシアムは4月4日、第1回MIJS Japan Tech Valley Summitを開催した。同イベントでは、新理事長に就任したWEIC代表取締役社長 内山雄輝氏が掲げる日本版シリコンバレー「JAPAN Tech Valleyプロジェクト」の構想について語られたほか、MIJSの常務理事らによるパネルディスカッションなどが繰り広げられ、満席となった会場はあふれんばかりの熱気に包まれた。

成功事例に学ぶ! 業務アプリ開発に立ちはだかる4つの課題を乗り越えた4社とは!?

【特別企画】成功事例に学ぶ! 業務アプリ開発に立ちはだかる4つの課題を乗り越えた4社とは!?

社内での情報共有、顧客とのコミュニケーション、ビジネスプロセスの合理化や自動化・・・・・・。事業の加速に向け、業務アプリの活用はいまや不可欠となっている。またタブレットやスマホのビジネス活用によりモバイル対応も必須となりつつあるのが現状である。 しかし、開発を行う情報システム担当者の前には、下記4点をはじめとした多くの課題が立ちはだかる。

実践! CRMアプリケーション比較(その1)

【連載】失敗しない! CRMアプリケーションの選び方 [3] 実践! CRMアプリケーション比較(その1)

前回、製品選定・購入する前に検討すべきことについて説明しました。それを踏まえ、今回と次回は、具体的な製品名を交えながら、自社にあった最適なアプリケーションを選ぶためのポイントを見ていきます。

2016年3月の記事

営業組織のボトルネックは、デジタル活用で見える化できる - いまこそ属人営業から組織営業への脱却の時

【特別企画】営業組織のボトルネックは、デジタル活用で見える化できる - いまこそ属人営業から組織営業への脱却の時

あなたの会社の営業組織では、「購買担当者に対して、営業担当者がビジネス価値を訴求できていない」といった悩みを抱えていないだろうか。2015年11月27日~12月3日にかけて、18業種2033社(年商10億円~1000億円)を対象に行ったインターネット調査「日本国内でのCRM・SFA活用実態調査」では、営業上でもっとも課題と思われることとして「顧客ニーズの理解、提案力」がトップを占めている。以下、「新規顧客開拓、見込み顧客の増加」「活動管理・案件管理」「社内の顧客情報共有(チーム間、複数部門間)」の順で続いているが、ここでの調査結果を踏まえてわかることは、以下の2点といえる。

カバンにも入る最小クラスのサイズを誇る「モバイルプリンター」をビジネスで活用する方法

【特別企画】カバンにも入る最小クラスのサイズを誇る「モバイルプリンター」をビジネスで活用する方法

「モバイルプリンター」はさまざまなメーカーから多彩な機種が発売しているが、プリンター本体のサイズを小さくすると、必ず出力される用紙も小さくなるものと、あきらめている方もいるのではないか。そんな方にオススメなのが、ブラザー販売の「PJ-700シリーズ」だ。

「ビッグデータは最優先事項」が約2倍に、セルフサービスBIにおける調査レポートを発表 - ITR

【特別企画】「ビッグデータは最優先事項」が約2倍に、セルフサービスBIにおける調査レポートを発表 - ITR

企業の意思決定を支えるBIツール。ここ数年、従来型BIツールに比べて操作性とデータの視覚化を重視した「セルフサービスBIツール」という製品が話題となっている。従来型BIツールとセルフサービスBIツールの最も大きな違いは、データ分析の専門家やIT部門に頼らずに、利用者が自らデータ分析やレポートの作成が行える点である。

トヨタグループが直面した3つの課題 - 業務プロセスの改善は、現場主体の予算執行管理とペーパーレス化がカギ!?

【特別企画】トヨタグループが直面した3つの課題 - 業務プロセスの改善は、現場主体の予算執行管理とペーパーレス化がカギ!?

テレマティクス(自動車などの移動体通信サービス)やITS(高度道路交通システム)など、トヨタのクルマにおけるIT技術研究を担うのがトヨタIT開発センターだ。そんな同社には、3つの課題があった。

BtoEのモバイル活用、その定石パターンとは?

【連載】エンタープライズモバイル活用指南 [2] BtoEのモバイル活用、その定石パターンとは?

前回、エンタープライズモバイルの定義について説明する中で、エンタープライズモバイルを「BtoE(自社の従業員向け)」、「BtoB(他社やその従業員向け)」、「BtoC(自社の顧客向け)」の3つに分類しました。今回は、これらのうちBtoEのモバイル活用にフォーカスしたいと思います。

走行する全ての自動車に当社の金型を使いたい! 名古屋発企業の目標と、それを支える業務システムとは?

【特別企画】走行する全ての自動車に当社の金型を使いたい! 名古屋発企業の目標と、それを支える業務システムとは?

名古屋精密金型は海外事業所2拠点、国内事業所3拠点を展開する車両用のプラスチック金型を製造する企業だ。同社を悩ます2つの課題とは?

「紙に手書きしデータ化」進まない介護現場のIT化にコクヨはどうやって光明を見いだしたのか

【特別企画】「紙に手書きしデータ化」進まない介護現場のIT化にコクヨはどうやって光明を見いだしたのか

介護業界全体が抱える課題として、より質の高い介護を実践し、労働生産性を上げるためにも、事業所内だけでなく他社のヘルパーや医療機関との情報共有に向けたIT化は必要不可欠となっている。しかし、在宅介護の業務や運用方法にほとんどメスは入っておらず、いざ導入となっても二の足を踏む事業所も多く、まだまだ検証すら不十分なのが現状だ。そんな中、東京・足立区で最古参のヘルパーステーション「わかばケアセンター」では、独自にIT化を推進。その際に採用したのがコクヨのデジタルノート「CamiApp S(キャミアップ エス)」だった。

エンタープライズモバイルとは何なのか?

【連載】エンタープライズモバイル活用指南 [1] エンタープライズモバイルとは何なのか?

本連載では、企業において利用されるスマート・デバイスやモバイル・アプリケーションを「エンタープライズモバイル」と総称し、その活用方法について解説していきます。初回となる今回は、現在の市場感や企業でのスマート・デバイス活用とはどういったものなのかなどについて説明します。

【インタビュー】 IoTの影響はERPにも! 「ポストモダンERP」でデジタルビジネス時代に備えよ - ガートナー 本好氏

【インタビュー】 IoTの影響はERPにも! 「ポストモダンERP」でデジタルビジネス時代に備えよ - ガートナー 本好氏

「ERPの分野では現在、"ポストモダンERP"と呼ばれる考え方が注目を浴びています。それは、"モダンERP"に位置づけられる従来のスイート型製品の課題を解決するべく登場している新しいERP像です」――ガートナー ジャパンの本好 宏次氏は、ERP市場の現状についてこのように語る。

全世界"1.1 億人"に選ばれた名刺管理ソリューションの法人版が登場!

【特別企画】全世界"1.1 億人"に選ばれた名刺管理ソリューションの法人版が登場!

日本ではビジネスの場で初めて会った人とは、まず名刺交換をする。そして、この名刺の蓄積が社会人としての人脈に繋がるため、たいていはなんらかの形で管理をしているだろう。しかしその実情は、紙の状態での管理や社内共有されずに個人での管理であったり、というのが多くだ。また、名刺管理アプリを利用して管理している方もいるだろう。だが、そこにはいくつかの懸念点がある。

【レポート】社内SNS「Talknote」、スタンプ機能追加を発表 - 森川氏とのトークセッションで明かされたスタンプへの熱い想い

【レポート】社内SNS「Talknote」、スタンプ機能追加を発表 - 森川氏とのトークセッションで明かされたスタンプへの熱い想い

トークノートは3月7日、同社が提供する社内SNS「Talknote」にスタンプ機能を追加したと発表した。スタンプ機能追加にあたって発表会を開催し、トークセッションまで用意した同社。果たして、そこに込めた想いとは。

【レポート】デジタル・マーケティング時代に企業は何をなすべきか? - ガートナー カスタマー 360 サミット 2016

【レポート】デジタル・マーケティング時代に企業は何をなすべきか? - ガートナー カスタマー 360 サミット 2016

ガートナージャパンは2月24日、東京コンファレンスセンター品川にて「ガートナー カスタマー360 サミット 2016」を開催した。本稿では、コンファレンス・チェアであるガートナー リサーチ 主席アナリスト 川辺健介氏によるセッション『デジタル・マーケティングの実現方法』をレポートする。

2016年2月の記事

マネージャー層は必聴! 大手CRMベンダーが本当のトコロを教えます - 3/11(金)『マイナビニュース営業力・販売力向上セミナー』開催

【特別企画】マネージャー層は必聴! 大手CRMベンダーが本当のトコロを教えます - 3/11(金)『マイナビニュース営業力・販売力向上セミナー』開催

3月11日(金)、東京都・新宿区の新宿エルタワーにて、『「組織を変えたい」マネージャーに大手CRMベンダーが本当のトコロを教えます! - マイナビニュース営業力・販売力向上セミナー』を開催する。

MIJS参画企業の魅力を一挙公開! 日本発ソフトウェアの課題と未来を考える

【特別企画】MIJS参画企業の魅力を一挙公開! 日本発ソフトウェアの課題と未来を考える

「日本発のソフトウェアを世界へ」をテーマに、志を同じくする企業が集う「MIJS(メイド・イン・ジャパン・ソフトウェア)」コンソーシアム(以下、MIJS)。設立は2006年、はやくも結成10周年が見えてきた歴史ある団体だ。日本の鉄鋼や家電、自動車など、海外で成功している産業に続いて、ソフトウェア業界も海外進出できるよう、企業の枠を超えて集い、相互連携してナショナルブランドを確立していくことを趣旨としている。

人材マッチングの属人化脱却、Salesforce上で人と案件を強く結びつけるツールとは

【特別企画】人材マッチングの属人化脱却、Salesforce上で人と案件を強く結びつけるツールとは

希望の会社に勤めたい人と、より良い人材を求めている企業。成長著しい人材紹介/派遣業では、両者がお互いに持っているニーズがかみ合う、より高い精度のマッチングを希望するケースが増えている。しかし、マッチング業務はコーディネーターが求人票と経歴書を相互に見比べ、手作業によって選別しているのが実情だ。そのため属人化が進んでおり、業務の標準化やノウハウの継承を可能とする仕組み作りが急がれている。

プロジェクトマネジメントの失敗はなぜ起こるのか? - その道のプロが語る赤字の原因と解決策

【特別企画】プロジェクトマネジメントの失敗はなぜ起こるのか? - その道のプロが語る赤字の原因と解決策

コストやスケジュール、要員や品質など、さまざまな要素を調整しプロジェクトを成功に導いていく「プロジェクト管理」は、企業にとって重要なテーマといえる。プロジェクトが失敗に終わるケースにはさまざまな原因が考えられるが、その成否を決める要素として、プロジェクト管理に用いるツールも重要だ。

地図で顧客管理できる「GEOCRM」! 医療、自動車、交通など多業界から注目される理由とは

【特別企画】地図で顧客管理できる「GEOCRM」! 医療、自動車、交通など多業界から注目される理由とは

営業活動の効率化は、企業共通の課題だ。そのために顧客管理システムや営業支援システムの導入を進めている企業も多い。しかし、これらのシステムを導入しても、蓄積したデータをうまく利活用できないという課題を持つ企業も少なくない。そんな企業で注目を集めているのが......

【レポート】日本の製造業は、IoTでどう変わるのか? 先進企業の取り組みに見る、ものづくりの未来

【レポート】日本の製造業は、IoTでどう変わるのか? 先進企業の取り組みに見る、ものづくりの未来

日本の製造業に、IoTはどのように関わってくるのか――東洋ビジネスエンジニアリングが開催する年次イベント「MCFrame Day 2016」の今年のテーマは「―『ITと現場』の真の融合―」だ。

驚異の定着率90%以上!「和の心」を取り入れたCRM/SFAとは

【特別企画】驚異の定着率90%以上!「和の心」を取り入れたCRM/SFAとは

CRM/SFAの企業定着率は20%程度といわれている中で、90%以上という驚異の定着率を誇るのが株式会社インフォファームが提供する「戦略箱ADVANCED」。同ツールは、"和の心"と表現される、コミュニケーションを活性化させたいという思想を元に、あくまでも入力する営業スタッフが恩恵を受けることができたうえで、会社の知恵を集め、そこから顧客に最適案を出すという考え方を形にしている。

約3割が未対応!?現状を打破するマイナンバー制度対策 - ベンダーの3つの選定基準とは?

【特別企画】約3割が未対応!?現状を打破するマイナンバー制度対策 - ベンダーの3つの選定基準とは?

2016年1月1日からマイナンバー法が利用開始された。去年の5月にまとめられたデータによると、約3割の企業がマイナンバー制度対策に未対応という状況だったが、そこから半年以上が経過している今も、依然としてその傾向は続いているようだ。そこで今回、各企業がマイナンバー制度対策について出遅れている理由をアンケート結果から見出しつつ、その解決方法やベンダーの選定基準について資料としてまとめた。

  • バックナンバーを見る
注目の特集/連載
[解説動画] Googleアナリティクス分析&活用講座 - Webサイト改善の正しい考え方
[解説動画] 個人の業務効率化術 - 短時間集中はこうして作る
ミッションステートメント
教えてカナコさん! これならわかるAI入門
AWSではじめる機械学習 ~サービスを知り、実装を学ぶ~
対話システムをつくろう! Python超入門
Kubernetes入門
SAFeでつくる「DXに強い組織」~企業の課題を解決する13のアプローチ~
PowerShell Core入門
AWSで作るマイクロサービス
マイナビニュース スペシャルセミナー 講演レポート/当日講演資料 まとめ
セキュリティアワード特設ページ

一覧はこちら

今注目のIT用語の意味を事典でチェック!

一覧はこちら

会員登録(無料)

ページの先頭に戻る