事業継続 記事バックナンバー(2014年)

事業継続 記事バックナンバー(2014年)

100 件中 1~20件目を表示中

2014年12月の記事

3社に1社は経験済み、企業のDR/BCPに不足している4つの視点

【特別企画】3社に1社は経験済み、企業のDR/BCPに不足している4つの視点

運用上の障害から人為的なミス、自然災害など、ビジネスの中断を余儀なくさせるシステム面でのリスクは数多い。そのような中、企業にとって貴重なデータを安全かつ確実に保護するためには、増え続けるデータ量や仮想環境などへの適切な対応が求められる。

2014年9月の記事

単一プラットフォームでバックアップからコンテンツ管理までを実現!!

【特別企画】単一プラットフォームでバックアップからコンテンツ管理までを実現!!

企業にとってのデータの重要性は、"資産"と名付けても良い時代に突入している。ビッグデータから価値を探し出して、それを利益へと繋げていく例が日本でも数多く紹介されるようになってきている。そのような状況下において注目したいのが、スモールスタートも可能な統合データ管理プラットフォーム「CommVault Simpana」だ。

パブリッククラウド「Microsoft Azure」利用で変わった、ソフトバンクグループのデータ保護環境とは

【特別企画】パブリッククラウド「Microsoft Azure」利用で変わった、ソフトバンクグループのデータ保護環境とは

ソフトバンクグループにおいて、ICTサービス事業の一翼を担う会社として1990年に設立されたソフトバンク・テクノロジー株式会社。同社では繰り返される社内情報システムの拡張でバックアップ環境の部分最適化が進み、システム運用業務の属人化が起きていた。そこで、社内情報システムのデータ保護の統一化を図ることとなり、複数のデータ保護製品を比較検討した結果、Microsoft Azureに連携する「arcserve Backup」を採用した。これによりバックアップ/リカバリ業務が標準化されるとともに、その対応速度、品質が大きく向上した。

2014年3月の記事

600万枚の紙をデータ情報化! ビッグデータ活用で新ビジネス到来

【特別企画】600万枚の紙をデータ情報化! ビッグデータ活用で新ビジネス到来

ビジネスのIT化が進んだ今日、企業で取り扱う扱う業務データは量・種類ともに増え続けている。しかしその一方で、多くの企業では契約書や稟議書等の文書や図面などで電子化できていない、紙ベースの書類も依然として大量に存在し続け、保管、管理、活用に課題を抱えているのが現実ではないだろうか。

大容量のデータ移行問題。製品の比較検討の末、急成長企業が出した答えとは!?

【特別企画】大容量のデータ移行問題。製品の比較検討の末、急成長企業が出した答えとは!?

急成長を続けるソフトバンク・テクノロジーが抱えていたデータ管理問題。すでに3.5TBに達していたデータを、いかに業務を止めずに遠隔地の大容量ファイルサーバへとリプレースするかが課題となっていた。本稿では、同社がどのように問題解決へたどり着いたのか、さらには解決後の効果についても詳しく紹介する。

2014年1月の記事

仮想環境のバックアップを「集中管理」「遠隔化」そして「コスト削減」

【特別企画】仮想環境のバックアップを「集中管理」「遠隔化」そして「コスト削減」

ソフトクリエイトホールディングスでは、2012年の本社移転に伴い、数十台あるすべての物理サーバを仮想化することに成功した。このプロジェクトで浮き彫りになったのが、バックアップにまつわる問題だった。それまで同社の物理サーバはすべてNASによるディスクベースのバックアップを利用しており、サーバ毎にバックアップ用のNASが乱立。バックアップはすべて個別管理されている状態だったのである。

  • バックナンバーを見る

あなたの関心に近い製品・記事

製品

記事

会員登録(無料)

セキュリティ・キャンプ2017 - 精彩を放つ若き人材の『今』に迫る
ぼくらのディープラーニング戦争
クラウドアンケート
マイナビニュース スペシャルセミナー 講演レポート/当日講演資料 まとめ
人事・経理・総務で役立つ! バックオフィス系ソリューション&解説/事例記事まとめ

一覧はこちら

今注目のIT用語の意味を事典でチェック!

一覧はこちら

ページの先頭に戻る