記事バックナンバー(2014年)

記事バックナンバー(2014年)

100 件中 1~20件目を表示中

2014年12月の記事

Windows Server 2003/2003 R2の延長サポート終了まであとわずか! 最新Windowsサーバーへの移行をわかりやすく解説

【特別企画】Windows Server 2003/2003 R2の延長サポート終了まであとわずか! 最新Windowsサーバーへの移行をわかりやすく解説

2015年7月に訪れる「Windows Server 2003/2003 R2」の延長サポート終了。サーバーOSの移行にはクライアントOS以上に時間がかかることから、移行の検討を開始するのはまさに今しかないと言っていいだろう。そこで移行先の環境として推奨されるのが、最新のサーバーOSである「Windows Server 2012 R2」と、「HP ProLiantサーバー」の組み合わせだ。

サーバ/ストレージ

売上急増ADCの最新版に搭載された機能とは?

【特別企画】売上急増ADCの最新版に搭載された機能とは?

「他社製品と比較して、性能が同じであれば価格を20%低く、価格が同じであれば性能を20%高く。そういう理念で製品を提供しています」――アレイ・ネットワークス 代表取締役の岡本恭一氏は、製品提供コンセプトについてこのように語る。

ネットワーク機器

Twitter活用でインプレッション10倍超も実現! 最新技術を駆使したマーケティングの極意とは?

【特別企画】Twitter活用でインプレッション10倍超も実現! 最新技術を駆使したマーケティングの極意とは?

今や、定番と成りつつあるソーシャルサービスを活用したマーケティングだが、実のところ、成果を上げることは簡単ではない。NTTコム オンラインが11月19日に開催した企業のマーケッターを対象としたセミナー「Marketing Solution Day 2014」では、ソーシャルサービスの中でもマーケティングツールとして抜群の人気を誇るTwitterの日本オフィスのセールスマーケティング マーケティングマネージャーの西窪恭未子氏が、Twitterを活用したリアルタイムマーケティングについて講演を行った。事情を知り尽くした提供者が披露するTwitter活用のコツだけに、その内容は必見だ。

マーケティング

なぜゲオは2名で1300を超す直営店の監査ができるのか!? - その仕組みに迫る

【特別企画】なぜゲオは2名で1300を超す直営店の監査ができるのか!? - その仕組みに迫る

DVD・CD・コミックのレンタルやゲームでおなじみのゲオショップを中心に、リユースショップを含め全国で1,300を超える直営店舗を展開しているゲオホールディングス。そんな同社は各店舗が守るべき法令などが順守されているかどうかを調査する内部監査を2名で担当しているという。

業務アプリケーション

ワークスタイルに革新を-タブレットを使った手軽なコラボレーション促進術

【特別企画】ワークスタイルに革新を-タブレットを使った手軽なコラボレーション促進術

近年、ビジネスの現場にてタブレットが活用されるようになっている。しかし、導入したは良いものの、上手く活用できていないことも多い。そうしたニーズを受けて、タブレットの活用を支援するのがインフォメーション・ディベロプメントが提供するクラウドWeb会議サービス「TeleOffice」だ。

業務アプリケーション

ANAがDaaSを導入! - 創造的な環境を構築したNSSOLのソリューションとは?

【特別企画】ANAがDaaSを導入! - 創造的な環境を構築したNSSOLのソリューションとは?

競争の激しさが増す航空業界の中にあって、競争力の向上に向けたさまざまな取り組みを行い、存在感を増してきている航空会社「全日本空輸(ANA)」。同社2013年に新日鉄住金ソリューションズと協力してDaaSを導入することで、オフィスで働く間接部門を、場所や時間に縛られず、より創造的に働ける環境を構築することに挑んだ。現在、その利用者は拡大を続け、2016年には1万アカウントを超す計画だという。

仮想化

仕事で"本当に使える"タブレットの条件とは - 「Surface Pro 3」

【特別企画】仕事で"本当に使える"タブレットの条件とは - 「Surface Pro 3」

一時の流行に乗ってただタブレットやスマートフォンなどのモバイルデバイスを社員に配るだけでは、業務で十分に活用されず失敗に終わることもここに来てわかってきた。そこで全社的なワークスタイル変革を実現するための"正しい"タブレット活用のアプローチについて考えてみたい。

ソリューション

キーワードは「サービス原価」、プロジェクト単位で動く現代ビジネスを成功に導く秘訣とは?

【特別企画】キーワードは「サービス原価」、プロジェクト単位で動く現代ビジネスを成功に導く秘訣とは?

日本の製造業は、従来の単純な「製品を作成して販売する」という形態から、「製造するプロセス」や「開発するノウハウ」を提供する"サービタイゼーション"へとシフトしつつある。優れた技術こそが、日本の競争力であるという考え方だ。ところが、こうしたプロセスやノウハウは強い製品力を持つものの、サービス化したときに原価が見えにくいという問題がある。特に建築物や車両・船舶などの大きな構造物の場合、複数の企業が協力しあってサービスを提供するケースが多い。すると、製造コストをどのように按分すべきか、個々の請求はどのように処理するか、判断は難しい。

業務アプリケーション

成長企業が使っているGoogle Apps(Gmail)のメールセキュリティ術とは?

【特別企画】成長企業が使っているGoogle Apps(Gmail)のメールセキュリティ術とは?

メールソリューションのオンプレミス型からクラウド型への移行が進んでいる。しかし、クラウド型のサービスそのままだと、誤送信やデータの安全な保護が難しいケースもある。そんな時に活躍するのが、クラウド型メールサービスと連携可能なトランスウエアの誤送信対策ソリューションやメールアーカイブサービスだ。

セキュリティ

限界を迎える従来型セキュリティ! 将来的に活用可能な次世代手法とは?

【特別企画】限界を迎える従来型セキュリティ! 将来的に活用可能な次世代手法とは?

ネットワーク技術の発展に伴い、サイバー攻撃の脅威も増すようになってきている。そして、その脅威から身を守るためのサイバーセキュリティも企業のビジネス活動を成功させるために、その必要性を増しつつある。しかし、これまで企業が導入してきたファイアウォールは、すでに適切に対応することが困難となっており、その有効性は急激に低下している。

セキュリティ

1台のスマホで個人と仕事をハッキリ区別! BYOD導入成功の秘訣は、実績多数の「モバイルチョイス」

【特別企画】1台のスマホで個人と仕事をハッキリ区別! BYOD導入成功の秘訣は、実績多数の「モバイルチョイス」

個人所有の端末を仕事で使用する、BYOD(Bring Your Own Device)を採用しワークスタイルの変革を目指す企業は多い。「音声通話」の用途で、個人の携帯電話を活用したい が、実際の運用にあたり「通話料金の精算はどうなる?」「端末紛失時、取引先の情報は漏洩しないのか?」などの不安もあるはずだ。「モバイルチョイス」ならこれらをすべて解消できる。

業務アプリケーション

3社に1社は経験済み、企業のDR/BCPに不足している4つの視点

【特別企画】3社に1社は経験済み、企業のDR/BCPに不足している4つの視点

運用上の障害から人為的なミス、自然災害など、ビジネスの中断を余儀なくさせるシステム面でのリスクは数多い。そのような中、企業にとって貴重なデータを安全かつ確実に保護するためには、増え続けるデータ量や仮想環境などへの適切な対応が求められる。

事業継続

残業時間削減の秘訣、コイズミ照明が実践した経営トップ(社長)の英断に迫る

【特別企画】残業時間削減の秘訣、コイズミ照明が実践した経営トップ(社長)の英断に迫る

ここ数年、「ワークスタイルの変革」という言葉をよく耳にする。この背景には、モバイル端末などマルチデバイスの普及によるBYODもさることながら、社員一人ひとりの業務効率化に取り組む「意識改革」が重要という経営トップ(社長)の意思が見てとれる。そこで今回、新たなワークスタイルの変革を実現したコイズミ照明の担当者の方々に、今まで抱えていた課題や解決策など、そしてどのように社員や会社に変革がもたらされたかについて話を伺った。

業務アプリケーション

高速&信頼性!愛媛大学医学部附属病院が着目した高速フラッシュストレージ

【特別企画】高速&信頼性!愛媛大学医学部附属病院が着目した高速フラッシュストレージ

特定機能病院としての責務を担う愛媛大学医学部附属病院は、愛媛県東温市に所在しており、1日の外来診療者数約1,300人、入院患者数は年間延べ19万人日におよび、地域住民の健康を守る医療機関としての顔もあわせ持つ。2001年12月に厚生労働省が打ち出した「保健医療分野の情報化にむけてのグランドデザイン」に従い、愛媛大学医学部附属病院は2003年より電子カルテを導入。IT化が進む医療機関におけるシステム構築においてカギを握るのは一体何なのか、プロジェクトに携わった方に話を伺った。

サーバ/ストレージ

「それでも情報漏えいは発生します」衝撃の講演内容を公開! - 被害総額、数百億円!? 内部情報の流出を防ぐ

【特別企画】「それでも情報漏えいは発生します」衝撃の講演内容を公開! - 被害総額、数百億円!? 内部情報の流出を防ぐ

マイナビニュースが主催する内部情報漏えい対策セミナー ~企業の信用が一瞬で崩れ去る"情報流出"を、根本的に防ぐための方法とは?~が、去る2014年11月6日に開催された。あらゆる企業が興味を持つ題材だけに、当日の会場は満員。大盛況の中、セミナーは始まった。ここでは「被害総額、数百億円!? 内部情報の流出を防ぐ、現実的なID管理とは?」と題されたセッションを担当した宮本朋範氏の話を取り上げてみたいと思う。

セキュリティ

2014年11月の記事

プライベートDMPを成功させるビッグデータ統合とは

【特別企画】プライベートDMPを成功させるビッグデータ統合とは

プライベートDMPを構築することで、潜在顧客も含めたあらゆる顧客の属性や行動履歴を把握し、リレーションシップを深めることができる。そこでの成否を分ける重要なポイントは、「有益なデータをできるだけ多く集めること」にあるといって過言ではない。では、ビッグデータを利用する上で、どんなことを理解しておく必要があるのだろうか。

マーケティング

最先端アナリティクス技術を活用し、将来視点を組み込んだ金融リスク管理とは?

【特別企画】最先端アナリティクス技術を活用し、将来視点を組み込んだ金融リスク管理とは?

アナリティクス技術を金融リスク管理に適用-バーゼルIII規制対応のみならず、将来的視点を組み込んだリスク・収益計算が可能-データの統合・整備から、リスク計算・予測、結果の分析・報告まで一連の流れを単一基盤上で提供。

データ分析

伸びる会社とつぶれる会社 - 強い企業が持つ7特徴と伸びる企業が持つ6要因

【特別企画】伸びる会社とつぶれる会社 - 強い企業が持つ7特徴と伸びる企業が持つ6要因

「モノが売れない」、「競争が厳しく利益が上がらない」という言葉が製造業の現場から聞こえてくる。東京都港区で、10月にNECネクサソリューションズが開催したセミナー「伸びる会社・つぶれる会社 ~成長会社になるために、今こそ経営者に求められるもの~」では、東京理科大学名誉教授 日本経営システム協会会長 田中雅康氏を講師に迎えて、伸びる会社とつぶれる会社の大きな違いが紹介された。

ソリューション

攻撃ツールの価格表も掲載! 大都市並みに成熟したサイバー闇社会の"取引"に迫る

【特別企画】攻撃ツールの価格表も掲載! 大都市並みに成熟したサイバー闇社会の"取引"に迫る

ランド研究所は、セキュリティ業界でも例のないサイバー犯罪に関するグローバルで大規模な調査を行い、サイバー闇市場がこれまでにない規模へ成熟・成長していることを発表した。この調査は、ジュニパーネットワークスの協力の下、学術機関の研究者やセキュリティ研究者、ジャーナリスト、セキュリティベンダー、法執行機関など、現在または過去に闇市場に関わっていた世界的な専門家に対する綿密なインタビューを通じて行われた。

セキュリティ

デジタルテクノロジーで消費者にユニークな体験を提供 - 電通グループ事例ご紹介

【特別企画】デジタルテクノロジーで消費者にユニークな体験を提供 - 電通グループ事例ご紹介

消費者との相互コミュニケーションを通じ、ビジネスを成功に導こうという新しいソリューションサービスが登場した。電通レイザーフィッシュの「次世代コミュニケーションプラットフォーム」である。最新のデジタルテクノロジーを活用した同サービスには、顧客にユニークな体験をもたらすコマース基盤や分析機能が用意されている。

マーケティング

世界各地で5,000社以上の導入実績! モビリティ/クラウド時代のネットワークの課題を解消するADCはこれだ!

【特別企画】世界各地で5,000社以上の導入実績! モビリティ/クラウド時代のネットワークの課題を解消するADCはこれだ!

スマートフォンやタブレットの普及で、いつでも、どこでも、Webアプリケーションの利用が容易になった。しかし、通信のインタラクティブ化、通信頻度とセッション数の増加といったWebアプリケーションの複雑化と、Webアプリケーションのユーザ数の増加によって、システムに対する負荷は急増する一方である。こうしたネットワークのパフォーマンスやレスポンスの課題に対する有効な改善策として注目を集めているのが、アプリケーション・デリバリ・コントローラ(ADC)だ。

ネットワーク機器

2014年10月の記事

Hadoopを社内に取り入れるチャンス!ユーザー・エクスペリエンスを考慮した設計でビッグデータ・アナリティクスを実現

【特別企画】Hadoopを社内に取り入れるチャンス!ユーザー・エクスペリエンスを考慮した設計でビッグデータ・アナリティクスを実現

大規模データの分散処理には欠かせない"Hadoop"。Apacheプロジェクトのオープンソースとして、日々改良が重ねられるこのフレームワークは、もはや欠かすことができない。まだ創生期にあるといは言え、その価値はITの世界では広く認識されはじめている。もはや"導入するか、しないか?"という問いは過去のものになりつつあるのだ。そんなHadoopにも課題がないわけではない。

データ分析

進化する「メール」メディア~ビジネスチャンスに欠かせないメール配信システムとは~

【特別企画】進化する「メール」メディア~ビジネスチャンスに欠かせないメール配信システムとは~

メールマガジン(メルマガ)は、企業から顧客に向けたプッシュ型のコミュニケーション手段として最も一般的なものとなっており、業種や規模を問わずに企業の間で広く普及している。ただし、メルマガを取り巻く環境はかなり変わってきている。以前であれば同じ内容のメールを全顧客に対して一斉配信するのが当たり前であったが、より多くの効果を得るためにターゲット配信のニーズが高まり、顧客の居住地域や趣味嗜好に合わせてコンテンツを変えて提供することはもはや当たり前となりつつある。

業務アプリケーション

もう高価とは言わせない!! 顧客ニーズの徹底調査から生まれた"新基準"のロードバランサ

【特別企画】もう高価とは言わせない!! 顧客ニーズの徹底調査から生まれた"新基準"のロードバランサ

日本有数の時計メーカーであるセイコーホールディングスグループにおいて、システムソリューション事業を展開しているセイコーソリューションズ。ロードバランサの開発・製造を国内の拠点で行っている数少ないメーカーである同社は、2014年9月にロードバランサの製品ラインナップを刷新した。今回のメジャーアップデートはどのような観点で行われたのか。営業部門と開発部門、それぞれの担当者が語る。

ネットワーク機器

個別システム導入では達成できない"真の業務効率化"を実現。ドコモグループ発dDREAMSでオフィスワークに改革を。

【特別企画】個別システム導入では達成できない"真の業務効率化"を実現。ドコモグループ発dDREAMSでオフィスワークに改革を。

メールやスケジューラーなどに代表される社内の情報共有ツールとしてグループウェアの果たしてきた役割は大きい。しかし、昨今、急速なデジタル情報の増加に伴い、ますます重要になってくるのがセキュリティやコンプライアンスの観点だ。そこで注目したいのが、ドコモ・システムズのクラウド型企業情報システム「dDREAMS(ディードリームス)」だ。ここには、NTTドコモという日本を代表する企業のひとつがオフィスワークの効率化を追求してきた歴史が詰まっている。

業務アプリケーション

クライアントPC保護の新常識~中堅・中小企業にこそ求められる次世代型マルウェア対策~

【特別企画】クライアントPC保護の新常識~中堅・中小企業にこそ求められる次世代型マルウェア対策~

本稿では、主に従業員1,000人未満の中堅企業、同300人未満の中小企業の情報システム担当者に向けて、マルウェア1対策製品の選定にまつわる基本的な考え方についてまとめたホワイトペーパーを紹介する。

セキュリティ

基幹業務もオンプレミスからクラウドへ業務効率と事業継続性を同時に高めるポイントとは

【特別企画】基幹業務もオンプレミスからクラウドへ業務効率と事業継続性を同時に高めるポイントとは

企業がビジネスを展開するにあたり、必要不可欠なのが基幹システム。従来はオンプレミス環境で構築する企業が多かったが、最近ではこの基幹システムのクラウド化に注目が集まっている。ではなぜ注目されているのかを紹介する。

業務アプリケーション

導入実績56万社!「奉行シリーズ」で基幹業務をクラウド化

【特別企画】導入実績56万社!「奉行シリーズ」で基幹業務をクラウド化

オンプレミス環境へのこだわりが企業の成長を止める基幹業務のクラウド化で業務効率の向上と事業継続性を確保。数ある情報システムの中でも、企業の経営や事業展開に必要不可欠なのが基幹システムだ。企業にとって極めて重要なデータが含まれることから、従来はオンプレミス環境で構築するのが通例だった。しかし近年、この基幹システムをクラウド化する企業が増えてきている。その理由とは何かをご確認いただきたい。

業務アプリケーション

スマートデバイス管理ツールからの脱却「MDMの導入は管理から活用へ」

【特別企画】スマートデバイス管理ツールからの脱却「MDMの導入は管理から活用へ」

世界各国で普及が進むスマートデバイス。これは企業においても例外ではなく、外出の多い営業・保守サービス担当者はもちろん、工場や流通の現場などさまざまなシーンで活用されている。企業でスマートデバイスを導入する場合、どうしても懸念されるのがセキュリティ関連の問題だ。最近では端末の紛失や盗難を含む情報漏えい対策も必須となってくる。こうした課題の解決ついてNECネクサスソリューションズでは「MDM(Mobile Device Management)」の導入について3段階の活用方法を提唱している。

業務アプリケーション

2014年9月の記事

単一プラットフォームでバックアップからコンテンツ管理までを実現!!

【特別企画】単一プラットフォームでバックアップからコンテンツ管理までを実現!!

企業にとってのデータの重要性は、"資産"と名付けても良い時代に突入している。ビッグデータから価値を探し出して、それを利益へと繋げていく例が日本でも数多く紹介されるようになってきている。そのような状況下において注目したいのが、スモールスタートも可能な統合データ管理プラットフォーム「CommVault Simpana」だ。

事業継続

パブリッククラウド「Microsoft Azure」利用で変わった、ソフトバンクグループのデータ保護環境とは

【特別企画】パブリッククラウド「Microsoft Azure」利用で変わった、ソフトバンクグループのデータ保護環境とは

ソフトバンクグループにおいて、ICTサービス事業の一翼を担う会社として1990年に設立されたソフトバンク・テクノロジー株式会社。同社では繰り返される社内情報システムの拡張でバックアップ環境の部分最適化が進み、システム運用業務の属人化が起きていた。そこで、社内情報システムのデータ保護の統一化を図ることとなり、複数のデータ保護製品を比較検討した結果、Microsoft Azureに連携する「arcserve Backup」を採用した。これによりバックアップ/リカバリ業務が標準化されるとともに、その対応速度、品質が大きく向上した。

事業継続

「とにかく使いやすい」ビッグデータ活用ツールだから、現場社員が操作できる!

【特別企画】「とにかく使いやすい」ビッグデータ活用ツールだから、現場社員が操作できる!

ビックデータの活用に対するニーズが高まっている。自社が保有するデータのみならず、第三者が提供するオープンデータや、FacebookなどのSNS(Social Networking Service)上にある膨大なデータを収集/分析し、新たなビジネスに役立てる企業も増加している。今、データは「新たな価値を創出する、重要な経営戦略リソース」となっているのだ。

データ分析

2014年8月の記事

高度なITスキルはもう不要! ビジネスユーザーのためのアナリティクスとは?

【特別企画】高度なITスキルはもう不要! ビジネスユーザーのためのアナリティクスとは?

Hadoopを活用したアナリティクスの運用は容易ではない。Hadoopを使いこなし、狙いどおりのアナリティクスを実現するために高度なITスキルが要求されるからだ。SAS Institute Japan(以下、SAS)が提言するのが、「Hadoopの存在を意識させない」ソリューションとして「SAS on Hadoop」を提供している。

データ分析

"見える化"だけでは競争に勝ち抜けない?! "予見"まで行う新世代のBI分析

【特別企画】"見える化"だけでは競争に勝ち抜けない?! "予見"まで行う新世代のBI分析

企業のエンドユーザーにとって従来型のBIツールは使いこなすのが難しい。タイムリーにデータを入手して自由にデータ分析やリポート作成を行うといったBI本来の活用ができないというジレンマ(課題)を抱えているのだ。これらの課題を解決するのが、SAS Institute Japanが提供する新世代のBI分析環境「SAS® Visual Analytics」およびインメモリ分析エンジン「SAS® LASR Analytic Server」である。膨大なデータに対する集計・分析をビジュアルかつ容易に、しかも超高速に実行する。重要なポイントは、専門知識無しに統計分析まで実行できること、そしてSAS VAはサーバー課金型なので利用ユーザー数は無制限であるということだ。

データ分析

PB級以上のデータを解析する高い可用性と耐障害性を持つシステムとは?

【特別企画】PB級以上のデータを解析する高い可用性と耐障害性を持つシステムとは?

ビッグデータは、これまで注視していなかったデータから新しい価値やチャンスを見いだせるようになるものとして注目されている。この潮流に乗り遅れまいと、多くの企業がさまざまな取り組みを行っている。しかし、INTHEFORESTの代表取締役社長兼CTOを務めるITアーキテクトの冨田和孝氏は、ビッグデータとして活用しようとしている"それ"は「ほんとうにビッグデータなのか、見つめなおしてほしい」と警鐘を鳴らす。

データ分析

脱過去のBI!! 「BIRT」が生み出す新時代のレポーティング機能を体感せよ

【特別企画】脱過去のBI!! 「BIRT」が生み出す新時代のレポーティング機能を体感せよ

近年、ソフトウェア開発における大きな潮流にオープンソース化がある。ライセンスコストの削減、コミュニティによる迅速な改善、自由度の高いカスタマイズなど、利用者のみならず開発者にとっても大きなメリットがある。そして、このオープンソース化の波はレポーティング&ビジネスインテリジェンス(BI)ソフトの分野にも広がりつつある。その代表例とも呼べるもの、それが「BIRT」だ。

データ分析

オープンデータ利活用で、客観性を持たせた意思決定を

【特別企画】オープンデータ利活用で、客観性を持たせた意思決定を

BI・データ活用ソリューション「Dr.Sum EA」やBI・ダッシュボード「MotionBoard」などを提供するウイングアーク1stが、今年も名古屋・大阪・東京の3都市で情報活用セミナー「夏の情活塾」を開催した。ここでは、7月31日に秋葉原の富士ソフト アキバプラザ アキバホールで開催されたセミナーから、ウイングアーク1st 営業本部 ソリューションビジネス推進部 部長の中土井利行氏による講演の内容を紹介しよう。

マーケティング

パスワードリスト攻撃も防御可能! "真の"多層防御のかたちを示す

【特別企画】パスワードリスト攻撃も防御可能! "真の"多層防御のかたちを示す

サイバー攻撃などのセキュリティリスクが世界的に増大するなか、常に「攻撃対象」として国内外から狙われることが多いのが大規模Webサイトだ。そうしたサイトの運用の現場では一体どのような対策がとられているのかを明らかにすべく、7月25日に「大規模サイト管理者に学ぶ、セキュリティの極意」と題するセミナーが都内で開催された。

セキュリティ

中堅企業必見! 業界ナンバーワン企業を支える営業管理/顧客管理方法とは?

【特別企画】中堅企業必見! 業界ナンバーワン企業を支える営業管理/顧客管理方法とは?

企業が成長するために必要不可欠なこと、それは単純に言えば「売上を上げること」そして「継続して買って(使って)いただくこと」である。Salesforceを導入する前の課題とその解決後について紹介する。

マーケティング

IPSやFWだけでは守れない - 進化する攻撃からWebサイトを防衛する方法を探る

【特別企画】IPSやFWだけでは守れない - 進化する攻撃からWebサイトを防衛する方法を探る

サイバー攻撃などのセキュリティリスクが世界的に増大するなか、ハードウェア/ソフトウェアの両面において常に「攻撃対象」として国内外から狙われることが多いのが大規模Webサイトだ。そうしたサイトの運用現場では一体どのような対策がとられているのかを明らかにすべく、7月25日に「大規模サイト管理者に学ぶ、セキュリティの極意」と題するセミナーが都内で開催された。セミナーではNSFOCUSジャパンのプロダクト マネージャ、佐藤剛氏が登壇し「Webアプリケーションへの脅威最新事情」というテーマでセッションを行った。

セキュリティ

未知のマルウェアの爆発的な増加と感染被害の拡大に企業はどう対処すべきか

【特別企画】未知のマルウェアの爆発的な増加と感染被害の拡大に企業はどう対処すべきか

サイバー攻撃などのセキュリティリスクが世界的に増大するなか、ハードウェア/ソフトウェアの両面において常に「攻撃対象」として国内外から狙われることが多いのが大規模Webサイトだ。そうしたサイトの運用の現場では一体どのような対策がとられているのかを明らかにすべく、7月25日に「マイナビニュースITサミット -大規模サイト管理者に学ぶ、セキュリティの極意- 」と題するセミナーが都内で開催された。

セキュリティ

サポート終了後のWindows Server 2003をサイバー攻撃から守るには?

【特別企画】サポート終了後のWindows Server 2003をサイバー攻撃から守るには?

2014年4月9日にクライアントOSであるWindows XPのサポートが終了し、セキュリティ更新パッチが提供されなくなったが、続いて2015年7月14日にはサーバOSであるWindows Server 2003の延長サポートも終了する。この延長サポートの終了により、Windows XPと同様にセキュリティ更新パッチが提供されなくなることから、Windows Server 2003を基盤とした企業システムはサイバー攻撃の脅威にさらされる状況になる。

セキュリティ

PDFだからできる、モバイルクラウド時代の帳票運用

【特別企画】PDFだからできる、モバイルクラウド時代の帳票運用

「帳票の電子化」が当たり前となった現在、各社が抱える課題とは、その運用や活用の仕方になるのではないだろうか?2014年6月13日に開催されたマイナビニュース主催セミナー「企業内に点在するPDF ファイルの課題に立ち向かう ~タブレット時代に求められる帳票活用の鍵~」では、帳票運用・開発ツールのベンダーであるウイングアーク1st株式会社取締役CTO 田中潤氏が、帳票電子化の成功要件とそれを解決する同社のソリューションについて講演した。

業務アプリケーション

2014年7月の記事

オムニチャネル/O2O、マーケティングセミナーで魅せたWebサイトの在り方

【特別企画】オムニチャネル/O2O、マーケティングセミナーで魅せたWebサイトの在り方

6月18日(水)に開催されたマイナビニュース主催「マーケティングセミナー」では、世界最大のCDN(コンテンツデリバリネットワーク)事業者である、アカマイ・テクノロジーズのマーケティング本部 プロダクト・マーケティング・マネージャー 岡本智史氏が登壇。「オムニチャネル時代のWeb戦略を支えるプラットフォーム」をテーマに、複雑化するWebサイトが抱える課題とその解決策が示された。

マーケティング

「今」分析結果がほしい現場に、最適なBIツールとは?

【特別企画】「今」分析結果がほしい現場に、最適なBIツールとは?

BI(ビジネス・インテリジェンス)ツールを導入したものの、現場でまったく活用されなかった、現場の業務に浸透しなかった、という事態に直面している企業は少なくない。なぜ、このような状況が生まれてしまったのか、そこにはBIというシステムならではの課題がある。

データ分析

10分の1以下にデータ削減! だから実現できる「オールフラッシュVDI」

【特別企画】10分の1以下にデータ削減! だから実現できる「オールフラッシュVDI」

システム管理の負担を大幅に軽減し、セキュリティ対策やBYOD推進のためのIT基盤として注目を集めているVDI(デスクトップ仮想化)だが、導入を検討し始めてみて、そのハードルの高さにガッカリしたという読者もいるだろう。2014年5月、そのハードルを大幅に引き下げ、VDIを「現実的な選択肢」とする製品が、ピュア・ストレージ・ジャパンから発表された。

サーバ/ストレージ

他人事NG"ついうっかり"による巨額の損害賠償から身を守る方法

【特別企画】他人事NG"ついうっかり"による巨額の損害賠償から身を守る方法

企業で利用されている電子メールには、"ついうっかり"の誤操作が巨額の損害賠償を招くという大きなリスクがつきまとう。また、法令やコンプライアンスの観点から必要となるメールアーカイブ、業務の妨げとなるスパムメール対策、クラウドメールでのセキュリティ確保など、メールを取り巻くセキュリティニーズは高度化している。

セキュリティ

名刺管理と社内SNS、失敗しない秘訣は、飲み会やゴルフ後のフランクさ

【特別企画】名刺管理と社内SNS、失敗しない秘訣は、飲み会やゴルフ後のフランクさ

1人のビジネスパーソンだけでなく、企業全体にとって、「人脈」は非常に有用な資産である。ビジネスが企業同士で行われるものだとしても、その内容を左右するのは人であるからだ。

業務アプリケーション

2014年6月の記事

Zeus GameOverもキルチェーンで捉えよ、「2014年度版 Websense脅威レポート」が公開

【特別企画】Zeus GameOverもキルチェーンで捉えよ、「2014年度版 Websense脅威レポート」が公開

世界規模で100万にもおよぶコンピューターへの感染、インターネットバンキングのパスワード窃取による1億ドルを越えると推測される損失も懸念されるZeusの亜種GameOver。米司法省や米国連邦捜査局をはじめ、各国機関も連携するなど大規模な活動停止作戦が行われている。コマンド&コントロール(C&C)によるDDoS攻撃など複雑な構造で被害を拡大させている。セキュリティベンダーであるWebsenseが、このGameOverに関する考察をオフィシャルブログに掲載している。

セキュリティ

SDN時代における失敗しないロードバランサーの選び方

【特別企画】SDN時代における失敗しないロードバランサーの選び方

クライアント/サーバの時代が過ぎ、モバイルとクラウド全盛の時代に突入している。多くのシステムがWebアプリケーションとして開発され、インターネットを通じてエンドユーザーへ提供されるのが一般的になった。

ネットワーク機器

グローバル時代に求められる新たなものづくりプラットフォームに必要なものとは?

【特別企画】グローバル時代に求められる新たなものづくりプラットフォームに必要なものとは?

近年、日本の製造業は積極的な海外進出を行っている。なかでも東南アジアや中国などへの進出が、ここ数年間で急増中だ。従来、こうした製造業の海外進出は生産コストを抑えることを目的としていた。しかし最近では、生産拠点としてだけでなく、現地の優秀なエンジニアなどを活用する開発拠点としての海外進出も目立っている。

仮想化

ペタバイト級のデータが突きつけるストレージアーキテクチャの刷新

【特別企画】ペタバイト級のデータが突きつけるストレージアーキテクチャの刷新

企業が扱うべきデータ量は、特に情報系システムで扱う非構造化データを中心に爆発的な増加を続けている。"ビッグデータ"というキーワードに代表されるように、データを分析して知見を引き出す手法が進化し、捨てられていたデータが"宝の山"とみなされるようになった結果、すぐに使うあてのないデータでも消去することは考えられなくなりつつある。

サーバ/ストレージ

2014年5月の記事

DMM.comの強さの源泉とは...? サーバー台数を7分の1にしたのに、スループットはなんと2倍に!

【特別企画】DMM.comの強さの源泉とは...? サーバー台数を7分の1にしたのに、スループットはなんと2倍に!

動画や電子書籍、ゲームなどのデジタルコンテンツ配信をはじめ、ネット通販や太陽光発電等の事業を展開するDMM.com。多角的な事業展開を図るDMM.comグループにおいて、情報システムの構築から運用までを担っているのがDMM.comラボである。同社は、サービスの提供基盤であるWebサイトの画像サーバーにおいて、パフォーマンスの問題の他、数々の課題を解決していった。今回はその経緯について担当者に話を聞いてみた。

サーバ/ストレージ

2014年4月の記事

どのようなテクノロジーを用いるにしても通信のトラフィックの最適化が重要 - リバーベッドテクノロジー【Business Conference 2014】

【特別企画】どのようなテクノロジーを用いるにしても通信のトラフィックの最適化が重要 - リバーベッドテクノロジー【Business Conference 2014】

スマートデバイス時代の通信においては、距離に伴う通信の遅延がネックとなってくる。距離による遅延の問題は、どれだけ帯域幅のある回線を用いても単純には解消されず、改善には限界があることをご存じだろうか。

ネットワーク機器

ASP / ASP.NET用のWebサーバ構成

【連載】にわか管理者のためのWindows Server 2012入門 [69] ASP / ASP.NET用のWebサーバ構成

ここまで、IIS(Internet Information Service)で静的なWebコンテンツだけを扱う前提でサーバ環境の構築について解説してきたが、今回からClassic ASP(Active Server Pages)サーバーの構成に話を移す。Classic ASPを使用する場合、既定のIISインストール構成だけでは不十分で、ASPとISAPI拡張機能用のモジュールを追加する必要がある。

サーバ/ストレージ

数年先を見据えた企業内無線LANインフラを - アルバネットワークス 【Business Confernce 2014】

【特別企画】数年先を見据えた企業内無線LANインフラを - アルバネットワークス 【Business Confernce 2014】

スマートデバイス時代に突入しつつある現在、企業内の無線LANインフラには、かつて考えられなかったほどのトラフィックが集中するようになり、多種多様な通信が行われるようになってきている。これからのスマートデバイス時代、この無線LANインフラにはどのような要件が求められ、どのような構成が妥当となるのか。

ネットワーク機器

元ソニーCEO 出井氏やAmazon、Googleが語る"スマホ時代" ? Business Conference 2014

【特別企画】元ソニーCEO 出井氏やAmazon、Googleが語る"スマホ時代" ? Business Conference 2014

マイナビニュースは3月11日、企業ユーザーを対象としたスマートデバイス活用イベント「マイナビニュース Business Conference 2014 ― スマートデバイス活用で加速する企業の新成長戦略」を都内で開催した。ここでは、元ソニーCEOの出井氏やグーグルの阿部氏など、各界のキーマンによる、特別講演および基調講演の内容を紹介する。

ソリューション

モバイルアプリ開発を、大幅に効率化! 工数の削減と、生産性向上を実現させる開発ソリューション

【特別企画】モバイルアプリ開発を、大幅に効率化! 工数の削減と、生産性向上を実現させる開発ソリューション

爆発的な伸びが予想されるモバイルアプリケーション需要。しかし多様なデバイスに対応するには、OSごとに開発体制を準備する必要がある。この課題に対し、マルチデバイス/マルチOS対応のアプリを開発できるソリューションが登場した。

開発ソフトウェア

専門知識がなくとも、顧客の購買行動は予測できる! 348万円ではじめるビッグデータ解析

【特別企画】専門知識がなくとも、顧客の購買行動は予測できる! 348万円ではじめるビッグデータ解析

顧客の購買動向は、過去の購買パターンを分析することで見えてくる...こうしたデータマイニングには、専門的な知識が必要とされる、だが、「データマイニング スターターパック」を利用することで、それを3日で習得できるようになるという。

データ分析

マーケティングダッシュボードでDMP利活用の最大化へ

【特別企画】マーケティングダッシュボードでDMP利活用の最大化へ

インターネットの浸透やそれに伴うソーシャルメディアの急速な台頭などにより、個人の嗜好が多様化・複雑化するなか、企業に蓄積されるマーケティングデータは量・種類ともに増え続けている。そこで現在注目を集めているのがプライベートDMP(データ・マネジメント・プラットフォーム)だ。

データ分析

IISとFTPサイトの構成(3)

【連載】にわか管理者のためのWindows Server 2012入門 [68] IISとFTPサイトの構成(3)

今回も前回に続いて、IIS(Internet Information Service)のFTP(File Transfer Protocol)サーバ機能で設定できるオプション機能について解説する。いずれも、「必須ではないが、やった方が場合もある作業」に分類されるものだ。

サーバ/ストレージ

セキュアに! 多様なデバイスで! 社内PCにアクセスできる「GoToMyPC」 - アセンテック【Business Confernce 2014】

【特別企画】セキュアに! 多様なデバイスで! 社内PCにアクセスできる「GoToMyPC」 - アセンテック【Business Confernce 2014】

スマートデバイスを活用するといっても、オフィスのPCで使っている既存アプリケーションを"そのまま"外出先で利用する方法は限られる。有力な方法として、自席のPCやサーバ上の仮想PCの画面を、外出先からリアルタイムにアクセスするリモートPCアクセス・サービスが挙げられる。

仮想化

わずか半日で、SaaSと既存システムの連携が完了! 既存システムとの連携を事前検証するサービスも提供

【特別企画】わずか半日で、SaaSと既存システムの連携が完了! 既存システムとの連携を事前検証するサービスも提供

クラウドを導入するにあたっては、既存の基幹システムと連携させる作業が必要で、時間もコストもかかる。こうした課題を解決し、迅速かつ安価にSaaSとオンプレミスシステムを連携させられる、新世代システム連携ソリューションに注目が集まっている。

ソリューション

"公私分計"とクラウド電話帳でBYODの悩みも解決 - フュージョン・コミュニケーションズ 【Business Conference 2014】

【特別企画】"公私分計"とクラウド電話帳でBYODの悩みも解決 - フュージョン・コミュニケーションズ 【Business Conference 2014】

スマートフォンの急速な普及を背景にBYODが着実な広がりを見せている。ただし、BYODでは業務での通話料金も社員に請求がいくため、通話料金の社内精算処理が煩雑になりがちだ。この問題を解決し、さらにBYODの普及を加速させる最新サービスを解説。

業務アプリケーション

【無知なる加害者】最新ネット犯罪動向とWebサイト保護対策

【特別企画】【無知なる加害者】最新ネット犯罪動向とWebサイト保護対策

脆弱性を抱えたWebサイトが、大きなネット犯罪の「入口」として利用されるケースが問題となっている。ログインに使うIDとパスワードだけで、個人が特定できるものではないから」と、情報漏洩やハッキングのニュースを他人事のように聞いているだけでは、すまされないところまできている。HASHコンサルティング株式会社 代表取締役 徳丸 浩氏が、ネット犯罪の最新動向と、知らないうちにその犯罪に加担してしまう事態を避けるための対策について語った。

セキュリティ

『「マルウェア対策」スマートデバイスに求められるセキュリティ「4つのポイント」』 - チェック・ポイント・ソフトウェア・テクノロジーズ 【Business Conference 2014】

【特別企画】『「マルウェア対策」スマートデバイスに求められるセキュリティ「4つのポイント」』 - チェック・ポイント・ソフトウェア・テクノロジーズ 【Business Conference 2014】

より高度化、凶悪化したインターネット上の脅威が、企業にとって深刻なセキュリティリスクとなりつつある。こうした脅威への対応は、企業での利用が広がるスマートデバイスにも必要だ。

セキュリティ

【ボット感染率63%】会社組織の現実 - これからのセキュリティは「多層防御」が鍵

【特別企画】【ボット感染率63%】会社組織の現実 - これからのセキュリティは「多層防御」が鍵

増え続けるネットワーク・セキュリティの課題に対し、企業が信頼性を失うことなく事業を継続していくには、何が必要なのだろうか?インターネット・セキュリティのリーディングカンパニーであるチェック・ポイント・ソフトウェア・テクノロジーズ株式会社(以下、チェック・ポイント社) シニア・システムズ・エンジニア 安藤 正之氏から、拡大を続ける脅威の現状と、それに対する効果的な対策が語られた。

セキュリティ

本格普及期に突入したスマートデバイス 企業導入を成功させる秘訣とは-レノボ・ジャパン【Business Conference 2014】

【特別企画】本格普及期に突入したスマートデバイス 企業導入を成功させる秘訣とは-レノボ・ジャパン【Business Conference 2014】

スマートデバイスの企業導入が加速している。だが、すべての企業が導入に成功するわけではない。3月11日、企業ユーザーを対象としたスマートデバイス活用イベント「マイナビニュース Business Conference 2014 ― スマートデバイス活用で加速する企業の成長戦略」に登壇したレノボ・ジャパンの垂見智真氏は、スマートデバイスの導入を成功させるためのポイントについて解説した。

ソリューション

【標的型攻撃対策の秘訣!】 ソーシャルエンジニアリングの知識を深めよう

【特別企画】【標的型攻撃対策の秘訣!】 ソーシャルエンジニアリングの知識を深めよう

巧妙化・深刻化する標的型攻撃。その根底には、人の心の隙を狙って情報入手を行うソーシャルエンジニアリングがある。標的型攻撃に対処するためには、まずソーシャルエンジニアリングについての理解が必要だ。

セキュリティ

IISとFTPサイトの構成(2)

【連載】にわか管理者のためのWindows Server 2012入門 [67] IISとFTPサイトの構成(2)

前回は、IIS(Internet Information Service)でFTP(File Transfer Protocol)サーバを構成する際に必須となる作業について解説した。いずれも「必須ではないが、やった方がよい場合もある作業」に分類されるものだ。

サーバ/ストレージ

【標的型攻撃の正しい怖がり方と対処方法】最近の事件から学ぶ、攻撃手口と運用留意点

【特別企画】【標的型攻撃の正しい怖がり方と対処方法】最近の事件から学ぶ、攻撃手口と運用留意点

「標的型攻撃とはどのようなものなのか」。2014年2月28日に開催された「2014年版!標的型攻撃対策セミナー」において、ソフトバンク・テクノロジー株式会社 技術統括 プラットフォーム&データソリューション本部 シニアセキュリティエヴァンジェリスト 辻 伸弘 氏による基調講演「標的型攻撃対策再入門」が行われた。本記事では、当日の講演にて解説された、標的型攻撃の正体と対処方法について紹介する。

セキュリティ

スマートデバイスを根付かせる"3つ"の秘訣 - ITで経営課題解決を支援する-ドリーム・アーツ 【Business Conference 2014】

【特別企画】スマートデバイスを根付かせる"3つ"の秘訣 - ITで経営課題解決を支援する-ドリーム・アーツ 【Business Conference 2014】

スマートデバイスの業務利用を軌道に乗せるのは困難だ。業務アプリをせっかく開発したものの、使い勝手や機能の低さから、最終的に使われなくなることも多い。では、果たしてどうすればタブレットを現場に根づかせることができるのか。

ソリューション

600社以上の企業が採用するモバイルコンテンツ管理システムがもたらした変革 - インフォテリア【Business Conference 2014】

【特別企画】600社以上の企業が採用するモバイルコンテンツ管理システムがもたらした変革 - インフォテリア【Business Conference 2014】

スマートデバイスの導入により成果を上げる企業が相次ぐ中で、利用に際しての課題もいくつか明らかになりつつある。では、企業はそれらの課題にどう対応すべきなのか。3月11日、企業ユーザーを対象としたスマートデバイス活用イベント「マイナビニュース Business Conference 2014 ― スマートデバイス活用で加速する企業の新成長戦略」に登壇したインフォテリアの松村宗和氏は、タブレット利用の現状と課題克服に向けたアプローチについて解説した。

業務アプリケーション

新たな収益を! 販売できるデジタルコンテンツを無駄に眠らせておかない

【特別企画】新たな収益を! 販売できるデジタルコンテンツを無駄に眠らせておかない

スマートフォンやタブレット端末などのスマートデバイスの普及に伴い、音楽配信やデジタルコンテンツ市場は急速に拡大している。それに伴い、デジタルコンテンツを保有する企業は、財産である著作権等を毀損することなく、いかに有効活用を図るかを考えている。このような状況/企業ニーズを捉え、SRAによって開発されたデジタルコンテンツの管理・配信・販売サービス基盤「BELEGA」は、著作権を保護したデジタルコンテンツの配信から、商材を魅力的に見せるECサイトの構築・運営を可能にしている。

Webサイト構築

IISとFTPサイトの構成(1)

【連載】にわか管理者のためのWindows Server 2012入門 [66] IISとFTPサイトの構成(1)

ここまで、静的コンテンツを扱うWebサーバを構成するためのIIS(Internet Information Service)について解説してきたが、それに続いてFTP(File Transfer Protocol)サーバについて解説する。

サーバ/ストレージ

2014年3月の記事

600万枚の紙をデータ情報化! ビッグデータ活用で新ビジネス到来

【特別企画】600万枚の紙をデータ情報化! ビッグデータ活用で新ビジネス到来

ビジネスのIT化が進んだ今日、企業で取り扱う扱う業務データは量・種類ともに増え続けている。しかしその一方で、多くの企業では契約書や稟議書等の文書や図面などで電子化できていない、紙ベースの書類も依然として大量に存在し続け、保管、管理、活用に課題を抱えているのが現実ではないだろうか。

業務アプリケーション

IISのログ設定

【連載】にわか管理者のためのWindows Server 2012入門 [65] IISのログ設定

インターネット向けであれイントラネット向けであれ、Webサーバではログ情報の収集が必要だろう。単にアクセス状況を解析するだけでなく、エラーの有無を調べたり、セキュリティインシデントが発生した際の証拠になったりする可能性もあるからだ。ということで今回は、IISにおけるログの設定について取り上げる。

サーバ/ストレージ

評価されるWeb会議システムとは? 比較検討の結果見えてくる選定ポイント

【特別企画】評価されるWeb会議システムとは? 比較検討の結果見えてくる選定ポイント

ジャパンメディアシステム株式会社が提供するWeb会議システム「LiveOn」。2013年9月に開催された「ASP・SaaS・クラウドアワード2013」において、その優れた性能が評価され、支援業務系グランプリを受賞している。本ホワイトペーパーでは、具体的に比較評価した結果を示しながら「LiveOn」が持つ特長と、Web会議システムに大切な「音質」と「安定性」について解説していこう。

業務アプリケーション

印刷費削減と業務効率化を目指したペーパーレス会議システムを導入

【特別企画】印刷費削減と業務効率化を目指したペーパーレス会議システムを導入

企業で毎日のように行われている会議。そこで使用される資料の量は膨大なものとなっている。そんな中、株式会社TBSテレビ(以下TBS)では、増える一方の印刷コストと煩雑化する会議資料の管理に頭を悩ませていた。その課題を解決する手段として導入されたのが、日本インフォメーション株式会社が提供するペーパーレス会議システムである。今回は、株式会社TBSテレビ 情報システム局 システム管理部 担当部長 村山氏に、システム導入の経緯と、その効果について解説していただいた。

業務アプリケーション

情報漏洩の80%が内部要因!? あらゆるニーズに対応可能なソリューションとは

【特別企画】情報漏洩の80%が内部要因!? あらゆるニーズに対応可能なソリューションとは

マイナビニュースは2014年3月5日、東京・竹橋のマイナビルームにて、「本当の優先順位を探る! マルチデバイス時代の情報漏洩対策セミナー」を開催した。ここでは、今回のセミナーの協賛企業でもあるハンモックの藤田英雄氏の講演を基に、同社が提供する"現実解"を紹介しよう。

セキュリティ

「脱! 断片的なソリューション」って何!? 企業のセキュリティ対策に必要なモノとは

【特別企画】「脱! 断片的なソリューション」って何!? 企業のセキュリティ対策に必要なモノとは

マイナビニュースは2014年3月5日、東京・竹橋のマイナビルームにて、「本当の優先順位を探る! マルチデバイス時代の情報漏洩対策セミナー」を開催した。ここでは、今回のセミナーの協賛企業でもあるハンモックの深澤紀彦氏の講演を基に、同社が提供する"現実解"を紹介しよう。

セキュリティ

IISと静的コンテンツ用のWebサーバ構成(2)

【連載】にわか管理者のためのWindows Server 2012入門 [64] IISと静的コンテンツ用のWebサーバ構成(2)

前回は、IIS(Internet Information Service)のうち、ASP(Active Server Pages)やASP.NETやPHPを使わない、静的なコンテンツだけを使用するWebサーバの構成手順について取り上げた。前回は役割と機能のインストール、それとWebサイトの追加について取り上げたが、今回はその続きで、匿名認証の設定と既定のドキュメントの設定について取り上げる。

サーバ/ストレージ

IISと静的コンテンツ用のWebサーバ構成(1)

【連載】にわか管理者のためのWindows Server 2012入門 [63] IISと静的コンテンツ用のWebサーバ構成(1)

今回から何回かに分けて、IIS(Internet Information Service)について取り上げる。まず今回は、ASP(Active Server Pages)やASP.NETやPHPを使わない、静的なコンテンツだけを使用するWebサーバの構成について取り上げよう。

サーバ/ストレージ

大容量のデータ移行問題。製品の比較検討の末、急成長企業が出した答えとは!?

【特別企画】大容量のデータ移行問題。製品の比較検討の末、急成長企業が出した答えとは!?

急成長を続けるソフトバンク・テクノロジーが抱えていたデータ管理問題。すでに3.5TBに達していたデータを、いかに業務を止めずに遠隔地の大容量ファイルサーバへとリプレースするかが課題となっていた。本稿では、同社がどのように問題解決へたどり着いたのか、さらには解決後の効果についても詳しく紹介する。

事業継続

初めてのビッグデータ活用は、3ステップで! 中堅・中小企業にも実践できる活用ノウハウ

【特別企画】初めてのビッグデータ活用は、3ステップで! 中堅・中小企業にも実践できる活用ノウハウ

「データ活用と言っても。何から手を付ければいいのかわからない」「そもそも我が社にそんなデータがあるのだろうか」という場合でも、プロのサポート次第で結果が得られる。エス・アンド・アイ株式会社(以下、S&I)では3ステップを通して、基本的なデータ活用のノウハウを提供している。

データ分析

出張中でもスマートデバイスから利用可能! IBM Notes/Dominoと連携した承認ワークフローが手軽に実現

【特別企画】出張中でもスマートデバイスから利用可能! IBM Notes/Dominoと連携した承認ワークフローが手軽に実現

出張が多い中堅企業の幹部なら、出先で承認書類がどれだけ溜まっているか、気になったことがあるはず。電子化すればいいと分かっていても、システムの構築にはコストがかかる。だが、手軽で安価にそれが実現できるとしたら...?

業務アプリケーション

IBM Notes/Dominoユーザーが待ち望んだグループカレンダーソフト - モバイル、ソーシャルウェアとの連携も可能に

【特別企画】IBM Notes/Dominoユーザーが待ち望んだグループカレンダーソフト - モバイル、ソーシャルウェアとの連携も可能に

今なお圧倒的な人気を誇るIBM Notes/Dominoにグループカレンダーソフト「OnTime Group Calender」が登場。見やすさ・使いやすさに加え、「Notes Traveler」との連携がとれることもあり、急速にユーザー数を伸ばし続けている。

業務アプリケーション

サイトリンクの作成と、設定変更&削除

【連載】にわか管理者のためのWindows Server 2012入門 [62] サイトリンクの作成と、設定変更&削除

前回は、Active Directoryにサイトとサブネットを作成する際の手順について解説した。今回はその続きで、サイトリンク(以前はサイト間リンクと呼んでいたもの)の作成と、サイトやサブネットも含めた設定の変更・削除について解説する。

サーバ/ストレージ

2014年2月の記事

全世界で1万社が導入しているSoftware-Defined Storageとは?

【特別企画】全世界で1万社が導入しているSoftware-Defined Storageとは?

仮想化やクラウドの普及などによりITインフラの複雑化が進むなか、それらの要求にストレージが追いつけないという問題が深刻を極めている。コストをかけて最新のストレージ機器を導入してもわずか数年で陳腐化し、その時々の要件を満たせなくなるような事態も珍しくない。そこで、ハードウェアの制約から切り離したソフトウェアベースのストレージである「SDS (Software-DefinedStorage)」に注目が集まっている。本稿では、SDSとはどのようなもので、企業にどんなメリットがもたらされるのかについて検証する。

サーバ/ストレージ

アマゾン ウェブ サービス対応のRed Hat Storageで企業アプリをクラウドに

【特別企画】アマゾン ウェブ サービス対応のRed Hat Storageで企業アプリをクラウドに

レッドハットが提供するスケールアウトNASソリューション「Red Hat Storage」は、標準的なIAサーバをストレージ化するソフトウェアで、"オープン"なスケールアウトを実現する。クラウド型のIaaSサービスで提供される仮想サーバをストレージ化することも可能なため、クラウド環境にも展開しやすいストレージだと言える。

サーバ/ストレージ

BPMを理解していますか? BPMが市場に求められる理由 - 短期間・低コストで業務プロセスを改善する手法とは?

【特別企画】BPMを理解していますか? BPMが市場に求められる理由 - 短期間・低コストで業務プロセスを改善する手法とは?

システムを導入するだけでは、BPMの効果は上がらない。ではほかに何が必要なのか? 早くからBPMに取り組んできたスペシャリストが、事例をまじえながら、BPMの実践における重要なアプローチ方法や「IBM Business Process Manager」導入のメリットを紹介する。

ソリューション

クラウド時代を牽引するOpenStack、及びその中核を担うRed Hatの技術とは?

【特別企画】クラウド時代を牽引するOpenStack、及びその中核を担うRed Hatの技術とは?

現在は、インターネット時代からさらに次の段階のクラウド時代へと移ってきたところだ。そして、この分野でRed Hatは"クラウドOS"と呼ばれる分野のソフトウェアであるOpenStackの開発に積極的に取り組んでいる。

クラウド

サイトとサブネットの作成

【連載】にわか管理者のためのWindows Server 2012入門 [61] サイトとサブネットの作成

今週は、すでに構成済みのActive Directoryに、サイトとサブネットを作成する際の手順について解説する。分量の関係で、サイトリンクについては次回に取り上げる。

サーバ/ストレージ

米国政府機関、米国陸軍、大手企業など、世界が認めた "WhatsUpGold" とは

【特別企画】米国政府機関、米国陸軍、大手企業など、世界が認めた "WhatsUpGold" とは

サイバー攻撃に伴う情報漏えい事件などが日々世間を騒がせている。さらに昨今では、BYOD(Bring Your Own Device:私有端末の業務利用)に代表されるように業務でスマートデバイスを使用するのが当たり前となりつつあり、利便性が向上する一方で企業のネットワークが抱えるリスクはますます増大している。しかしながら、コストにも人的リソースにも限界がある企業にとって本当に必要なのは、"あれもこれもやりましょう"といった理想論に基づいたセキュリティ対策ではなく、自社の安全と信頼を守るために最低限必要となる現実的なセキュリティ対策を早期に実施することではないだろうか。

セキュリティ

サイト構築の必要性

【連載】にわか管理者のためのWindows Server 2012入門 [60] サイト構築の必要性

Active Directoryには「サイト」という機能がある。いわゆるWebサイトのことではなくて、ドメインコントローラを設置する拠点という意味だ。これは、ドメインコントローラ同士で同期を行う際の頻度に差をつける必要がある場面で関わってくる。

サーバ/ストレージ

Webサイトのパフォーマンス低下は自社のブランド価値を大きく損なう!?

【特別企画】Webサイトのパフォーマンス低下は自社のブランド価値を大きく損なう!?

今日、Webはもはや個人にとってのコミュニケーションツールに留まらず、企業にとって極めて重要なビジネスインフラとして位置付けられるようになっている。我々は普段、ある企業についての情報を得ようとしたり、あるいは商品を購入しようとしたりする際には、Webで収集した情報を重要な判断材料としている。企業の側から見れば、Webを通じて顧客に提供する情報や体験の質が、そのまま業績に直結する時代になってきたと言えるが...

Webサイト構築

OUの委任を受けた側の管理作業

【連載】にわか管理者のためのWindows Server 2012入門 [59] OUの委任を受けた側の管理作業

先週は、OUの管理委任を設定する際の手順について解説した。今週は、その委任を受けた側のユーザーが管理作業を行うための方法について解説する。

サーバ/ストレージ

OUを単位とする制御の委任

【連載】にわか管理者のためのWindows Server 2012入門 [58] OUを単位とする制御の委任

先週は、Active Directoryのオブジェクトを対象とするアクセス権設定の概要と、操作手順について解説した。今週は、OU(Organizational Unit、組織単位)を対象とする管理委任の設定手順について解説する。

サーバ/ストレージ

2014年1月の記事

パイオニアのカーナビゲーション通信サービスの短期立ち上げに成功...日本初の「IBM PureApplication System」活用

【特別企画】パイオニアのカーナビゲーション通信サービスの短期立ち上げに成功...日本初の「IBM PureApplication System」活用

日本情報通信はIBMが提供する垂直統合型のクラウド基盤「IBM PureApplication System」を日本で最初に採用し、パイオニアのカーナビゲーション通信サービスのシステム基盤としてのサービス提供に成功した。今後、同社のクラウドサービス「NI+Cクラウドサービス」でIBM PureApplication Systemを活用していく考えだ。

サーバ/ストレージ

知らないと損! 10分でわかるロードバランサの製品選定ポイント

【特別企画】知らないと損! 10分でわかるロードバランサの製品選定ポイント

2013年8月、F5ネットワークスジャパンは、日本市場向けに特化した新たなロードバランサ/ADC(Application Delivery Controller)製品「BIG-IP 800」をリリースした。BIG-IPと言えば、これまでは高機能・高性能を誇るが、その値段も高価だという印象が強かった。しかし、今回新たに登場したBIG-IP 800は、これまでBIG-IPファミリー製品が長年の実績の中で培ってきた強みや特徴はそのままに、「138万円」という低価格を打ち出して、業界をあっと言わせた。

ネットワーク機器

Active Directoryのアクセス権と制御の委任

【連載】にわか管理者のためのWindows Server 2012入門 [57] Active Directoryのアクセス権と制御の委任

ファイルシステムにNTFSを使用していると、ファイルやフォルダにアクセス権を設定できる。同様に、Active DirectoryのOU(Organizational Unit、組織単位)やオブジェクトについてもアクセス権を設定できる。今回から何回かに分けて、このアクセス権設定と、関連する機能であるOUの管理委任について取り上げていこう。

サーバ/ストレージ

WAFの導入でWebサーバーの運用管理コストを10分の1にまで削減! その秘密とは

【特別企画】WAFの導入でWebサーバーの運用管理コストを10分の1にまで削減! その秘密とは

BtoCや社内の業務システムにWebサイトを活用しているノーリツでは、サイトの構築時期によってセキュリティレベルが異なる事などからWebサーバの脆弱性を危惧し、2009年1月に「Barracuda Web Application Firewall(以下「Barracuda WAF」)」を導入した。WAFアプライアンス自体が高価であった当時、ノーリツは価格・運用面での効果も期待して「Barracuda WAF」を選定。導入後4年以上を経過した現在、セキュリティレベルの統一化のみならず、運用管理のコスト、手間、時間までも大幅に低減することに成功している。

セキュリティ

セキュリティポリシーテンプレートの適用

【連載】にわか管理者のためのWindows Server 2012入門 [56] セキュリティポリシーテンプレートの適用

先週の本連載で、セキュリティポリシーテンプレート(以下「ポリシーテンプレート」)の追加・編集・エクスポートについて解説した。今週は、そのポリシーテンプレートを適用する際の手順について解説する。

サーバ/ストレージ

仮想環境のバックアップを「集中管理」「遠隔化」そして「コスト削減」

【特別企画】仮想環境のバックアップを「集中管理」「遠隔化」そして「コスト削減」

ソフトクリエイトホールディングスでは、2012年の本社移転に伴い、数十台あるすべての物理サーバを仮想化することに成功した。このプロジェクトで浮き彫りになったのが、バックアップにまつわる問題だった。それまで同社の物理サーバはすべてNASによるディスクベースのバックアップを利用しており、サーバ毎にバックアップ用のNASが乱立。バックアップはすべて個別管理されている状態だったのである。

事業継続

セキュリティポリシーテンプレートの追加と編集

【連載】にわか管理者のためのWindows Server 2012入門 [55] セキュリティポリシーテンプレートの追加と編集

先週の本連載で、Windowsサーバに対してセキュリティ関連の設定を一括適用する、セキュリティポリシーテンプレート(以下「ポリシーテンプレート」)のうち、概要・管理ツールの準備・検索パスについて解説した。今週は、ポリシーテンプレートの追加・編集・エクスポートについて解説しよう。

サーバ/ストレージ

クラウド利用で露呈した運用上の課題と対策とは

【特別企画】クラウド利用で露呈した運用上の課題と対策とは

「Salesforce.com」に代表されるSaaS型のクラウドアプリケーションは、今やすっかりビジネスの現場に根付いた感がある。しかし一方で、クラウドの利用が広まるにつれ、その運用上の課題も露呈しつつあるようだ。その最たるものの1つが、基幹システムとの連携という問題だ。

ソリューション

専門知識がなくとも顧客の将来の購買行動を予測する方法とは

【特別企画】専門知識がなくとも顧客の将来の購買行動を予測する方法とは

「ビッグデータ」というキーワードを頻繁に耳にするようになって久しいが、では実際にビッグデータの恩恵を受けている企業が、果たしてどれだけあるのだろうか?ビッグデータ分析で華々しい成果を挙げた企業の事例が大々的に紹介される一方で、多くの企業は初歩的なデータ分析にすら着手できていないか、もしくは着手したものの、思ったほどの効果を上げられずにいるのが実情ではないだろうか。

データ分析

モバイルアプリ開発の切実な問題...マルチデバイス/マルチOS対応の開発で解決

【特別企画】モバイルアプリ開発の切実な問題...マルチデバイス/マルチOS対応の開発で解決

クライアント端末の主役は、PCからスマートフォンやタブレットなどのスマートデバイスへと急速にシフトしている。これに伴い、今後のモバイルアプリケーション需要は爆発的に伸びると考えられる。社内システムへのリモートアクセスやB2Bの限定的な利用ではなく、一般消費者を対象としたB2Cのサービス領域でも、"モバイルありき"のアプリケーション戦略を策定することが急務になっている。

開発ソフトウェア

セキュリティポリシーテンプレートとは

【連載】にわか管理者のためのWindows Server 2012入門 [54] セキュリティポリシーテンプレートとは

Windowsサーバには、個別のコンピュータごとに設定するローカルセキュリティポリシー、あるいはActive Directoryを利用して一括設定するグループポリシーといったセキュリティ関連機能がある。こうしたセキュリティ関連機能の設定情報を一括して出力したり、取り込んで適用したりする機能として、セキュリティポリシーテンプレートがある。

サーバ/ストレージ

会員登録(無料)

注目の特集/連載
[解説動画] Googleアナリティクス分析&活用講座 - Webサイト改善の正しい考え方
[解説動画] 個人の業務効率化術 - 短時間集中はこうして作る
ミッションステートメント
教えてカナコさん! これならわかるAI入門
知りたい! カナコさん 皆で話そうAIのコト
対話システムをつくろう! Python超入門
Kubernetes入門
AWSで作るクラウドネイティブアプリケーションの基本
PowerShell Core入門
徹底研究! ハイブリッドクラウド
マイナビニュース スペシャルセミナー 講演レポート/当日講演資料 まとめ
セキュリティアワード特設ページ

一覧はこちら

今注目のIT用語の意味を事典でチェック!

一覧はこちら

ページの先頭に戻る