ソリューション 記事バックナンバー(2013年)

ソリューション 記事バックナンバー(2013年)

100 件中 1~20件目を表示中

2013年12月の記事

ダイレクトメールのヒット率が7~8%に向上!? ビッグデータの分析、活用をプロはどのように行っているのか?

【特別企画】ダイレクトメールのヒット率が7~8%に向上!? ビッグデータの分析、活用をプロはどのように行っているのか?

昨今のビッグデータ活用への機運の高まりから注目されるようになったのが、「データ・サイエンティスト」と呼ばれる人材だ。明確な定義があるわけではないが、数理統計に基づいた分析センスとスキルに加え、ビジネスやITに関する知識も持ち合わせ、戦略的なデータ活用を主導していくリーダーというのが、大まかなイメージだ。

プリンターメーカー自らが「印刷物を削減」するソリューションを提供

【特別企画】プリンターメーカー自らが「印刷物を削減」するソリューションを提供

1991年に設立されたレックスマークは、主にコンシューマー向けのインクジェットプリンターで実績を積み上げ、2003年には全世界におけるシェアの19%を獲得するまでに至った。しかし2012年、レックスマークはインクジェットプリンター部門からの撤退を発表することとなる。

経営者が求める成果に重きを置いたBPM活用 - 短期間/低コストで業務プロセスを改善する方法とは

【特別企画】経営者が求める成果に重きを置いたBPM活用 - 短期間/低コストで業務プロセスを改善する方法とは

2013年4月に設立されたばかりのPLCパートナーズは、「IBM BusinessProcess Manager(以下、IBM BPM)」ソフトウェアを活用することで企業の業務改革を支援するプロフェッショナルサービス集団である。BPMとの出会いを、代表取締役である人見正徳氏は次のように振り返る。

諦めるな! レガシーマイグレーションのリスクは必ず潰せる

【特別企画】諦めるな! レガシーマイグレーションのリスクは必ず潰せる

国産汎用機からの脱却、レガシーマイグレーションを滞りなく成功させるには、もちろん綿密な計画や準備が欠かせない。異なるプラットフォームへと移行するのだから、これは当然のことだ。

ネットからの誘客を効果的に促進! 老舗リゾートホテルの情報インフラを支えるITベンダーとは

【特別企画】ネットからの誘客を効果的に促進! 老舗リゾートホテルの情報インフラを支えるITベンダーとは

長野県の白樺湖を中心に、ホテル、温泉施設、遊園地、スキー場、ドライブインなどを展開する池の平ホテル。戦後の創業から60年あまりの歴史を有するこの老舗ホテルは、TVのCMをはじめとする各種広告や口コミなどで抜群の知名度を有するが、昨今ではWebサイトを訪れた宿泊客からの申し込みが急激に増えてきており、そうしたネットからの誘客をいかに効果的に促進するかが課題となっていた......

レガシーからの脱却をはなから諦らめてはいないか

【特別企画】レガシーからの脱却をはなから諦らめてはいないか

国産汎用機をなかなか手放せないという真情はわかるが、その「レガシー」をいつまでも使い続けていられるだろうか。まさか「オープンプラットフォームの時代と言われるようになってからも久しく使い続けてこられたのだから、今後もまだ大丈夫」などと楽観的な希望を抱き、そこに安住してはいないだろうか。

2013年11月の記事

レガシーマイグレーションは何年でコストが回収できるのか

【特別企画】レガシーマイグレーションは何年でコストが回収できるのか

オープンプラットフォームが企業の基幹系にも採用されるようになったのは、もう10年以上も前のことだ。しかし、日本国内のITユーザーを見渡せば、少なからぬ数の企業が国産汎用機を「レガシー」として今でも使い続けている。このレガシーシステムに対して、エンドユーザーはどのように考えているのだろうか。

国内でも急速に拡がるリアルタイム・ビッグデータの取り組みを知り、新たな第一歩を──ウルシステムズ・桜井氏

【特別企画】国内でも急速に拡がるリアルタイム・ビッグデータの取り組みを知り、新たな第一歩を──ウルシステムズ・桜井氏

9月27日に都内で開催されたセミナー、「ビッグデータは新たなフェーズへ なぜ、これからは『リアルタイム・ビッグデータ』なのか?」の個別セッションでは、ウルシステムズ 主席コンサルタント、桜井賢一氏が「まだ間に合う!? 構築事例に学ぶリアルタイム・ビッグデータの世界」と題してセッションを行った。そこでは、同社が手がけたリアルタイム・ビッグデータの取り組み事例を踏まえ、その成功のポイントとともに今後のさまざまな可能性が示された。

2013年10月の記事

「単なる便利屋ではだめ!」ビッグデータ時代のデータ分析者はコミュニケーション力を磨くべし─大阪ガス・河本氏

【特別企画】「単なる便利屋ではだめ!」ビッグデータ時代のデータ分析者はコミュニケーション力を磨くべし─大阪ガス・河本氏

9/27日に都内で開催されたセミナー、「ビッグデータは新たなフェーズへ なぜ、これからは『リアルタイム・ビッグデータ』なのか?」の基調講演に登壇したのは、「会社を変える分析の力(講談社現代新書)」の著者、大阪ガスのビジネスアナリシスセンター所長、河本薫氏。同氏は、「会社を変える分析の力」というテーマのもと、大阪ガスのデータ分析にかかわるこれまでの取り組み内容や、優れたデータ分析者に求められる資質などについて持論を展開した。

なぜ、今、レガシーマイグレーションなのか

【特別企画】なぜ、今、レガシーマイグレーションなのか

オープン系システムが当然のように使われるようになった最近では、「レガシーマイグレーション」という言葉を耳にする機会も以前と比べてかなり少なくなった。とはいえ、いままさに国産汎用機から新たな環境にいかに移行すべきか悩んでいる企業も多いのではないだろうか。とりわけ中堅企業の場合、コストや人員、そして時間の制約もあり、長年使い続けてきた国産汎用機をベースとした業務システムを一度捨て去り、オープン系システム上に再構築するというのは、かなり勇気がいることだろう。

2013年8月の記事

第一人者に聞く! ビッグデータのビジネス活用の落とし穴 「要はデータ設計にあり」

【特別企画】第一人者に聞く! ビッグデータのビジネス活用の落とし穴 「要はデータ設計にあり」

ビッグデータのビジネス活用が叫ばれて久しいが、そのための大量のデータを効率的に蓄積する基盤として注目されているのが分散データベースだ。なかでも、P2Pをベースとしたオープンソースの分散データベース管理システムであるCassandraは、SPOF(単一故障点)が無く、多言語に対応していることなどから高い人気を誇る。しかし、Cassandraはデータ設計を誤ればその特性を発揮できなくなってしまうばかりか、パフォーマンスや安定性にも影響を与えることになると注意を促すのが、日本におけるCassandraの第一人者である冨田和孝氏だ。

新OSへの移行は必須! Windows XPのサポート終了を見越したPCリプレースの手引き

【特別企画】新OSへの移行は必須! Windows XPのサポート終了を見越したPCリプレースの手引き

2014年4月にWindows XPのサポートが終了する。具体的にはマイクロソフトによるセキュリティ更新プログラムが提供されなくなり、有償サポートも受けられなくなる。これはどういうことかというと、Windows XPに脆弱性が発見されてもセキュリティパッチが作成されず、非常に危険な状態にさらされてしまうということである。さらにWindows XPだけでなく、同OS用のアプリケーションやデバイスドライバといった、サードパーティの製品も順次サポートが停止されることが予想される。つまり2014年4月以降、Windows XP環境は企業にとって危険きわまりないシステムとなってしまうのだ。

2013年3月の記事

仮想化/クラウド時代に 企業システム基盤が進むべき道筋

【特別企画】仮想化/クラウド時代に 企業システム基盤が進むべき道筋

仮想化やクラウドコンピューティングが本格的に普及を遂げる中で、ビジネスニーズに即したシステム基盤をいかにして構築・活用していくかのポイントが示された。

  • バックナンバーを見る

会員登録(無料)

注目の特集/連載
[解説動画] Googleアナリティクス分析&活用講座 - Webサイト改善の正しい考え方
知りたい! カナコさん 皆で話そうAIのコト
教えてカナコさん! これならわかるAI入門
対話システムをつくろう! Python超入門
Kubernetes入門
AWSで作るクラウドネイティブアプリケーションの基本
ソフトウェア開発自動化入門
PowerShell Core入門
徹底研究! ハイブリッドクラウド
マイナビニュース スペシャルセミナー 講演レポート/当日講演資料 まとめ
セキュリティアワード特設ページ

一覧はこちら

今注目のIT用語の意味を事典でチェック!

一覧はこちら

ページの先頭に戻る