事業継続 記事バックナンバー(2013年)

事業継続 記事バックナンバー(2013年)

100 件中 1~20件目を表示中

2013年12月の記事

管理者にお馴染みの"バックアップ問題"、Win/Linux混在環境の担当者が出した答えとは?

【特別企画】管理者にお馴染みの"バックアップ問題"、Win/Linux混在環境の担当者が出した答えとは?

地味ながらも面倒なうえ、ミスが許されないために精神的苦痛も伴うシステム管理作業。それがバックアップではないだろうか。コスト抑制のためLinuxを使って自力で構築したが、運用に関してもお金をかけられず、シェルスクリプトを組んでバックアップを行う。しかし、細かい作業にそれなりの人足をとられるため結果的にコストが嵩むうえ、実のところ正常にリストアできるかも怪しい。そんな現場は枚挙に暇がない。

24時間365日業務システムを止めない上での共有ストレージの問題点とは?

【特別企画】24時間365日業務システムを止めない上での共有ストレージの問題点とは?

あらゆるビジネスがインターネットに結び付いている現在、情報システムが止まってしまった場合のリスクは日増しに拡大している。ビジネスにおける機会損失の防止や、顧客および取引先企業との信頼関係の維持など、さまざまな観点から高い可用性が情報システムには必要だ。特に日本は、海外と比較してもサ ービス・レベル要求が厳しいと言われ、金融機関や通信事業者などのミッションクリティカルな分野に限らず、あらゆる業種のITシステムに対して高度な可用性、安定性が求められている。

2013年10月の記事

9社の事例に見る、バックアップ戦略とWebセキュリティ対策、SSL VPNアクセス

【特別企画】9社の事例に見る、バックアップ戦略とWebセキュリティ対策、SSL VPNアクセス

大容量を搭載したバックアップアプライアンス「Barracuda Backup」。重複排除機能により、バックアップ容量を20~50倍削減し、クラウドストレージやBox To Box機能による遠隔地バックアップにも対応するこのソリューションは、欧米では2年半で25,000台もの導入実績を誇る。国内においてもBarracuda Backupを導入して様々なビジネス課題を解決した企業が増えており、バックアップへのニーズがますます高まるなか注目を集めている。このBarracuda Backupを筆頭に、Webセキュリティアプライアンスの「Barracuda Web Application Firewall」、それにSSL VPNアプライアンス「Barracuda SSL VPN」、それぞれの導入事例9ケースをここで紹介しよう。

より速く、低コストで、安全に、ハイブリッドクラウド・仮想化を実現

【特別企画】より速く、低コストで、安全に、ハイブリッドクラウド・仮想化を実現

クラウドの活用に関してはさまざまな課題が残されている。中でも、「パフォーマンスが予測できない」「安全性が不透明」「データ転送が遅い」という障壁は、ビジネスへの影響が大きい。これらを解決しないかぎり、安心してクラウドを活用することは難しいだろう。本稿では、ネットワークのさまざまな課題を解決するためにリバーベッドが提供するソリューションを紹介しよう。

いまさら聞けないデータセンター入門 ~サービス種類と選び方~

【特別企画】いまさら聞けないデータセンター入門 ~サービス種類と選び方~

本稿では、データセンターの基礎知識から、正しい業者の選び方までを解説します。データセンターを利用することで生まれる様々なメリットを覚えていただき、実際に活用する際の参考にしていただきたい。

2013年8月の記事

デスクトップ仮想化は「コストが高い?」「実用に耐えない?」は大きな誤解!

【特別企画】デスクトップ仮想化は「コストが高い?」「実用に耐えない?」は大きな誤解!

来年4月に迫ったマイクロソフトによるWindows XPのサポート終了を受けて、新たなクライアント環境を模索している企業も多いことだろう。この時、少しでも先見の明がある企業であれば、新しいクライアント環境としてデスクトップ仮想化(VDI)も視野に入れているに違いない。

2013年5月の記事

宮崎大学が選んだ仮想環境のバックアップソリューションとは?

【特別企画】宮崎大学が選んだ仮想環境のバックアップソリューションとは?

宮崎大学では、増え続けるデータを確実、効率的に管理し、コスト、電力消費量の削減を実現するため、2010年度に教育・基幹系システムの全仮想化を実施。Acronis vmProtectを導入し、仮想サーバのバックアップシステムの構築を行った。なぜアクロニス製品を選択したのか、また導入後の感想などを聞いてみた。

2013年3月の記事

マルチハイパーバイザ環境が実現するコスト削減と信頼性の向上

【特別企画】マルチハイパーバイザ環境が実現するコスト削減と信頼性の向上

オープンソースのLinuxカーネル仮想化基盤「KVM(Kernel-based Virtual Machine)」の活用に注目が集まっている。IBMが提案するのは、同仮想化基盤への移行に加えて、VMwareなど既存の仮想化環境と共存させて仮想マシンの可用性向上やDR(災害対策)システムの構築などを図る「マルチハイパーバイザ」環境である。

2013年2月の記事

仮想環境のバックアップ:操作は2倍簡単に、オーバーヘッドは半分に。Acronis vmProtect で速度、効率、操作性を向上

【特別企画】仮想環境のバックアップ:操作は2倍簡単に、オーバーヘッドは半分に。Acronis vmProtect で速度、効率、操作性を向上

近年、仮想化の急激な普及・拡大により、増大する仮想マシンのデータ保護が新たな課題として持ちあがっています。特に仮想マシンのバックアップ(VM バックアップ)は、あらゆる規模の企業における必須の検討事項となっています。

VMware仮想マシンの統合バックアップをするSymantec Backup Exec

【特別企画】VMware仮想マシンの統合バックアップをするSymantec Backup Exec

20台のサーバーをVMwareで仮想化。タミヤでは、Backup ExecでVMware上のバックアップを 統合、バックアップの高速化と簡素化を実現しています。

  • バックナンバーを見る

会員登録(無料)

注目の特集/連載
知りたい! カナコさん 皆で話そうAIのコト
教えてカナコさん! これならわかるAI入門
対話システムをつくろう! Python超入門
Kubernetes入門
AWSで作るクラウドネイティブアプリケーションの基本
ソフトウェア開発自動化入門
PowerShell Core入門
徹底研究! ハイブリッドクラウド
[解説動画] Googleアナリティクス入門講座
マイナビニュース スペシャルセミナー 講演レポート/当日講演資料 まとめ
セキュリティアワード特設ページ

一覧はこちら

今注目のIT用語の意味を事典でチェック!

一覧はこちら

ページの先頭に戻る