記事バックナンバー(2013年)

記事バックナンバー(2013年)

100 件中 1~20件目を表示中

2013年12月の記事

管理者にお馴染みの"バックアップ問題"、Win/Linux混在環境の担当者が出した答えとは?

【特別企画】管理者にお馴染みの"バックアップ問題"、Win/Linux混在環境の担当者が出した答えとは?

地味ながらも面倒なうえ、ミスが許されないために精神的苦痛も伴うシステム管理作業。それがバックアップではないだろうか。コスト抑制のためLinuxを使って自力で構築したが、運用に関してもお金をかけられず、シェルスクリプトを組んでバックアップを行う。しかし、細かい作業にそれなりの人足をとられるため結果的にコストが嵩むうえ、実のところ正常にリストアできるかも怪しい。そんな現場は枚挙に暇がない。

事業継続

貴方の会社のWebサイトが、ハッカーに侵入されてるかも!? それを手軽に知る方法とは!?

【特別企画】貴方の会社のWebサイトが、ハッカーに侵入されてるかも!? それを手軽に知る方法とは!?

サイバー攻撃は活発になる一方だ。セキュリティ関連の製品/サービスを手がける三和コムテックのソリューション営業部Webセキュリティグループ副部長、岡山大氏は「Webを設置している企業はすべてサイバー攻撃に備える必要があります」と警告する。岡山氏は続けてこう言い放つ。「あなたの会社のWebサイトが、1年も前に侵入されてしまったのに、今もそれに気がついていない可能性があるのです」

セキュリティ

ダイレクトメールのヒット率が7~8%に向上!? ビッグデータの分析、活用をプロはどのように行っているのか?

【特別企画】ダイレクトメールのヒット率が7~8%に向上!? ビッグデータの分析、活用をプロはどのように行っているのか?

昨今のビッグデータ活用への機運の高まりから注目されるようになったのが、「データ・サイエンティスト」と呼ばれる人材だ。明確な定義があるわけではないが、数理統計に基づいた分析センスとスキルに加え、ビジネスやITに関する知識も持ち合わせ、戦略的なデータ活用を主導していくリーダーというのが、大まかなイメージだ。

データ分析

中堅・中小企業にとってのビッグデータ活用は、競争力強化に有効!?

【特別企画】中堅・中小企業にとってのビッグデータ活用は、競争力強化に有効!?

ITのメガトレンドの象徴として"ビッグデータ"というキーワードは広く企業に浸透した。だが、大規模な基幹システムやデータウェアハウスなどのデータ基盤を運用している大企業はさておき、中堅・中小企業にとっては、データソースや分析の実装という観点でまだまだ実感が乏しいというのが率直なところではないだろうか。「そもそも我が社にビッグデータと言えるような情報はあるのか?」「まともに分析もやったことのない我々の手に負えるものではない」と、検討以前の段階で立ち止まっている企業は少なくない。

データ分析

24時間365日業務システムを止めない上での共有ストレージの問題点とは?

【特別企画】24時間365日業務システムを止めない上での共有ストレージの問題点とは?

あらゆるビジネスがインターネットに結び付いている現在、情報システムが止まってしまった場合のリスクは日増しに拡大している。ビジネスにおける機会損失の防止や、顧客および取引先企業との信頼関係の維持など、さまざまな観点から高い可用性が情報システムには必要だ。特に日本は、海外と比較してもサ ービス・レベル要求が厳しいと言われ、金融機関や通信事業者などのミッションクリティカルな分野に限らず、あらゆる業種のITシステムに対して高度な可用性、安定性が求められている。

事業継続

プリンターメーカー自らが「印刷物を削減」するソリューションを提供

【特別企画】プリンターメーカー自らが「印刷物を削減」するソリューションを提供

1991年に設立されたレックスマークは、主にコンシューマー向けのインクジェットプリンターで実績を積み上げ、2003年には全世界におけるシェアの19%を獲得するまでに至った。しかし2012年、レックスマークはインクジェットプリンター部門からの撤退を発表することとなる。

ソリューション

次世代のテレビ会議システムとは? 7年連続テレビ会議シェアNo.1の秘密に迫る

【特別企画】次世代のテレビ会議システムとは? 7年連続テレビ会議シェアNo.1の秘密に迫る

現在の企業に強く求められている"変化への対応力"の鍵を握るのが、企業内での円滑なコミュニケーションである。刻一刻と変わっていくビジネスシーンのなかで、お互いの距離にかかわらず、必要な時に必要とするメンバー間でリアルタイムにコミュニケーションを図ることは、もはや必須とも言っていいだろう。

業務アプリケーション

IBM Notes/Dominoと連携した承認ワークフローを手軽に実現する - 文書の電子化で効率化とルール徹底を

【特別企画】IBM Notes/Dominoと連携した承認ワークフローを手軽に実現する - 文書の電子化で効率化とルール徹底を

「まいきゃびWorkflow」は、IBM Notes/Domino 6~9までと連携できるワークフロー管理製品である。「IBM Notes/Domino(以下、Notes/Domino)」といえば、言うまでもなく世界中で5万以上の組織が活用するグループウェアの代名詞的な存在だ。そして「まいきゃびWorkflow」開発・販売元のキーウェアグループは、Notesが登場した翌年の1994年と早い時期からNotes関連のビジネスを手がけてきた実績を持つ(当時の社名は日本電子開発)。

業務アプリケーション

経営者が求める成果に重きを置いたBPM活用 - 短期間/低コストで業務プロセスを改善する方法とは

【特別企画】経営者が求める成果に重きを置いたBPM活用 - 短期間/低コストで業務プロセスを改善する方法とは

2013年4月に設立されたばかりのPLCパートナーズは、「IBM BusinessProcess Manager(以下、IBM BPM)」ソフトウェアを活用することで企業の業務改革を支援するプロフェッショナルサービス集団である。BPMとの出会いを、代表取締役である人見正徳氏は次のように振り返る。

ソリューション

IBM Notes/Dominoが輝きを取り戻す!? グループカレンダー機能強化の全貌とは

【特別企画】IBM Notes/Dominoが輝きを取り戻す!? グループカレンダー機能強化の全貌とは

1989年にクライアント/サーバー対応のグループウェアとして登場した「IBM Notes/Domino(以下、Notes/Domino)」。製品のリリースから20年以上を経た現在でも、社員数が数人の会社から数万人の大企業まで、あらゆる規模の組織で圧倒的な人気を誇る。Notes/Dominoについて、アクセルの代表取締役である岡本敏弘氏はこう語る。

業務アプリケーション

管理用テンプレートのフィルタ機能

【連載】にわか管理者のためのWindows Server 2012入門 [53] 管理用テンプレートのフィルタ機能

グループポリシーは便利な機能だが、Windowsのバーションアップを受けて項目がどんどん追加されているため、目的の項目を探すのが難しくなってきた。そこでWindows Server 2008から、管理用テンプレートに限ってフィルタ機能を利用できるようになっている。今回は、この機能について解説しよう。

サーバ/ストレージ

標的型サイバー攻撃の現状と必要な対策 - ファイア・アイ、橋本氏

【特別企画】標的型サイバー攻撃の現状と必要な対策 - ファイア・アイ、橋本氏

11月26日、マイナビが大阪にて主催した「困惑気味のインフラ管理者に贈る! ネットワーク次世代技術総覧セミナー」と題したそのセミナーでは「標的型攻撃の現状と必要な対策」について、次世代セキュリティ技術の専門メーカーであるファイア・アイ株式会社の橋本賢一郎氏が、実際の標的型攻撃をデモで紹介しながら、その対策を熱く語った。

セキュリティ

クラウドで実現した月額150円というコスパの秘密とは

【特別企画】クラウドで実現した月額150円というコスパの秘密とは

グループウェアの選定時に抑えるべきポイントは「コスト×機能」! 競争の激しい現在のビジネス環境を勝ち抜くために欠かせないのが、社内での円滑な情報連携だ。必要な情報を、必要とする社員の全てが共有できるようにすることで、あらゆる業務の効率性や柔軟性が増し、ひいては全社的な競争力の向上へとつながるのである。

業務アプリケーション

管理用テンプレートの追加・削除

【連載】にわか管理者のためのWindows Server 2012入門 [52] 管理用テンプレートの追加・削除

GPOが持つポリシー項目のうち、[コンピュータの構成]-[管理用テンプレート]以下、それと[ユーザーの構成]-[管理用テンプレート]以下の項目は、他の項目と異なり、内容の追加・削除が可能になっている。そこで関わってくるのが、管理用テンプレートだ。今回は、管理用テンプレートの追加、あるいは削除について取り上げよう。

サーバ/ストレージ

次世代ADCで進化するアプリケーションネットワーキングソリューション - A10ネットワークス、高木氏

【特別企画】次世代ADCで進化するアプリケーションネットワーキングソリューション - A10ネットワークス、高木氏

11月26日、マイナビが大阪にて主催した「困惑気味のインフラ管理者に贈る!ネットワーク次世代技術総覧セミナー」において行われた、A10ネットワークスによる「次世代ADCで進化するアプリケーションネットワーキングソリューション」では、最新のADC技術を検証することによって、次世代ADCが目指す方向性を浮き彫りにした。

ネットワーク機器

諦めるな! レガシーマイグレーションのリスクは必ず潰せる

【特別企画】諦めるな! レガシーマイグレーションのリスクは必ず潰せる

国産汎用機からの脱却、レガシーマイグレーションを滞りなく成功させるには、もちろん綿密な計画や準備が欠かせない。異なるプラットフォームへと移行するのだから、これは当然のことだ。

ソリューション

「マイナス5歳」「風と谷間のブラ」で話題を呼んだワコールが導入したiPad活用術とは

【特別企画】「マイナス5歳」「風と谷間のブラ」で話題を呼んだワコールが導入したiPad活用術とは

女性向けインナーウェアを中心に、その高いブランド力を武器に事業を展開するワコール。最近ではアンチエイジングをモチーフとした中高年女性向けのインナーウェア「マイナス5歳」シリーズがヒットしたほか、同社の人間科学研究所が開発した汗がたまりにくいブラジャー、「風と谷間のブラ」も今年の春夏商品として話題を呼んだ。そんな同社では、非常勤者に2012年9月よりiPadを配布。強固なセキュリティのもとで......

マーケティング

ネットからの誘客を効果的に促進! 老舗リゾートホテルの情報インフラを支えるITベンダーとは

【特別企画】ネットからの誘客を効果的に促進! 老舗リゾートホテルの情報インフラを支えるITベンダーとは

長野県の白樺湖を中心に、ホテル、温泉施設、遊園地、スキー場、ドライブインなどを展開する池の平ホテル。戦後の創業から60年あまりの歴史を有するこの老舗ホテルは、TVのCMをはじめとする各種広告や口コミなどで抜群の知名度を有するが、昨今ではWebサイトを訪れた宿泊客からの申し込みが急激に増えてきており、そうしたネットからの誘客をいかに効果的に促進するかが課題となっていた......

ソリューション

ポリシー適用結果の事前確認

【連載】にわか管理者のためのWindows Server 2012入門 [51] ポリシー適用結果の事前確認

今週は、ポリシー適用結果を事前に確認するための補助機能について解説しよう。こうした機能を活用すれば、グループポリシーを思うように設定できなくてイライラすることが減るだろう。

サーバ/ストレージ

これからのセキュリティ対策のスタンダードとは? モバイル普及等、高度化するITインフラに対応するには

【特別企画】これからのセキュリティ対策のスタンダードとは? モバイル普及等、高度化するITインフラに対応するには

場当たり的に導入したセキュリティ製品。これらのポイントソリューションが、セキュリティ製品の導入コスト、IT管理者の管理コストなどを増加させていることをご存知だろうか? IT 管理者が不在、あるいは社員による兼任の場合、コストの増加だけでなく、セキュリティのリスクも出てくるかもしれない。複雑になった ITインフラはこのままではどんどん "浪費家" になっていくだろう。

セキュリティ

レガシーからの脱却をはなから諦らめてはいないか

【特別企画】レガシーからの脱却をはなから諦らめてはいないか

国産汎用機をなかなか手放せないという真情はわかるが、その「レガシー」をいつまでも使い続けていられるだろうか。まさか「オープンプラットフォームの時代と言われるようになってからも久しく使い続けてこられたのだから、今後もまだ大丈夫」などと楽観的な希望を抱き、そこに安住してはいないだろうか。

ソリューション

スターターGPOとGPOのドメイン間移動

【連載】にわか管理者のためのWindows Server 2012入門 [50] スターターGPOとGPOのドメイン間移動

今回は、グループポリシーにまつわる付随的な話題として、スターターGPOの作成と、異なるドメインの間でグループポリシーオブジェクト(GPO)を行き来させる方法について解説しよう。

サーバ/ストレージ

2013年11月の記事

HONDAの研究開発機関である本田技術研究所はエキスパートと若手の経験差をどうやって埋めたのか!?

【特別企画】HONDAの研究開発機関である本田技術研究所はエキスパートと若手の経験差をどうやって埋めたのか!?

HONDAの研究開発機関である本田技術研究所では、1台のクルマを構成する多様なコンポーネントやモジュールの設計およびテストを担うとともに、完成したクルマに対して第三者視点から最終チェックを行う「実車検証」を手掛けている。

データ分析

レガシーマイグレーションは何年でコストが回収できるのか

【特別企画】レガシーマイグレーションは何年でコストが回収できるのか

オープンプラットフォームが企業の基幹系にも採用されるようになったのは、もう10年以上も前のことだ。しかし、日本国内のITユーザーを見渡せば、少なからぬ数の企業が国産汎用機を「レガシー」として今でも使い続けている。このレガシーシステムに対して、エンドユーザーはどのように考えているのだろうか。

ソリューション

GPOの即時適用と初期状態の復元

【連載】にわか管理者のためのWindows Server 2012入門 [49] GPOの即時適用と初期状態の復元

グループポリシーの仕様では、グループポリシーオブジェクト(GPO)の設定を変更したときに、それを適用するタイミングが対象によって異なる点に注意する必要がある。今週は、この件と回避策としての即時適用、それと初期状態のGPOを復元する方法について解説しよう。

サーバ/ストレージ

GPOのバックアップ/復元/インポート

【連載】にわか管理者のためのWindows Server 2012入門 [48] GPOのバックアップ/復元/インポート

GPMC(Group Policy Management Console)の特徴的な機能として、グループポリシーオブジェクト(GPO)の内容をバックアップ・復元・インポートがある。復元とインポートは、どちらもバックアップを行った後で利用可能になる機能だが、バックアップ元と同じGPOを対象とする場合は復元、バックアップ元と異なるGPOを対象とする場合はインポート、という違いがある。

サーバ/ストレージ

実店舗の強みを生かしたECで、書店の未来を切り拓く──HON、工藤氏

【特別企画】実店舗の強みを生かしたECで、書店の未来を切り拓く──HON、工藤氏

10月24日に都内で開催されたセミナー「実践企業トップが語る! O2O最前線セミナー」の基調講演に登壇したのは、HONの代表取締役社長、工藤淳也氏だ。同氏は、「Amazonの一人勝ちにはさせない、ジュンク堂のネット戦略と書店の未来」というテーマを掲げ、Eコマース、店舗、物流といった小売のインフラすべてを改革し、新しいO2Oのかたちを生み出した丸善&ジュンク堂ネットストアの取り組みを紹介。実店舗を持つことの強みを生かしたECの可能性を示した。

Webサイト構築

GPOの優先順位と継承の設定変更

【連載】にわか管理者のためのWindows Server 2012入門 [47] GPOの優先順位と継承の設定変更

階層構造を持つ複数のOUに異なるグループポリシーオブジェクト(GPO)をリンクした場合、継承と上書きのルールが関わってくる。また、同じドメイン、あるいはOUに複数のGPOをリンクした場合、優先順位の設定が関わってくる。これらの設定は、[Active Directoryユーザーとコンピューター]管理ツールと同様、GPMCでも変更可能だ。

サーバ/ストレージ

リソース量を最低限に抑えつつ標的にダメージを与えるDDoS攻撃が流行 - NSFOCUS 2013年上半期 DDoS脅威レポート

【特別企画】リソース量を最低限に抑えつつ標的にダメージを与えるDDoS攻撃が流行 - NSFOCUS 2013年上半期 DDoS脅威レポート

分散型サービス拒否(DDoS)攻撃の検知・軽減を専業とするセキュリティベンダーNSFOCUS社。同社はNSFOCUSクラウドセキュリティセンターのデータに基づいたDDoS攻撃の動向と流行を、「2013年上半期のDDoS脅威レポート」としてまとめており、そこでは興味深い情報が見て取れる。

セキュリティ

電子ブックで"ログ解析"? ビジネスマンに必須の新たなスマートデバイス活用法

【特別企画】電子ブックで"ログ解析"? ビジネスマンに必須の新たなスマートデバイス活用法

企業でスマートフォンやタブレット端末などのスマートデバイスを導入した場合、その有効な活用方法として多くの人がまず思い描くのが紙の書類を電子化して持ち歩くことだろう。実際、数多くの営業担当者が、製品カタログやパンフレットなど紙の資料を鞄にぎっしりと詰め込んで取引先を訪問している。もし、持参する資料を絞って軽量化を図ろうとすれば、取引先が別の製品についても知りたがった時に、その場ですぐに説明することができなくなる。こうしたこともあって、資料の量が自然と増えてしまうのである。

業務アプリケーション

セルフBIをiPadで極める! まずはツール選定から...ポイントはいつでも / どこでも / ほしいデータを / わかりやすく

【特別企画】セルフBIをiPadで極める! まずはツール選定から...ポイントはいつでも / どこでも / ほしいデータを / わかりやすく

ITの発達により、企業のデータベースには様々なデータが毎日のように集まってくる。昨今、ビッグデータが注目を集めているように、これからは大量のデータを、如何に有効活用するかが重要になっていくことだろう。その為には、必要な時に、必要な場所で、必要なデータにアクセスできる必要がある。それも、一目で分かりやすいものとして。インフラジスティックス・ジャパンが送る「ReportPlus」は、それらを可能にする優れたソリューションである。

データ分析

GPMCによるGPOの管理作業

【連載】にわか管理者のためのWindows Server 2012入門 [46] GPMCによるGPOの管理作業

今回は、グループポリシーの設定・管理を容易にしてくれる、GPMC(Group Policy Management Console)のさまざまな支援機能について解説する。こうした機能を活用することで、管理業務の効率化が見込めるはずだ。

サーバ/ストレージ

今後のインフラ整備に避けては通れない、VDIを快適に利用するための処方箋

【特別企画】今後のインフラ整備に避けては通れない、VDIを快適に利用するための処方箋

コストの削減やリスクの軽減を求めて、IT資産をデータセンターに集約し、統合的にコントロールしたいというニーズが増えている。実際、仮想化技術の発展により、サーバやアプリケーションを1つのデータセンターにまとめる動きが活発になっている。ところが、ITを完全にセンターへ統合することができないケースが多い。なぜならアプリケーションのパフォーマンスが悪化したり......

仮想化

国内でも急速に拡がるリアルタイム・ビッグデータの取り組みを知り、新たな第一歩を──ウルシステムズ・桜井氏

【特別企画】国内でも急速に拡がるリアルタイム・ビッグデータの取り組みを知り、新たな第一歩を──ウルシステムズ・桜井氏

9月27日に都内で開催されたセミナー、「ビッグデータは新たなフェーズへ なぜ、これからは『リアルタイム・ビッグデータ』なのか?」の個別セッションでは、ウルシステムズ 主席コンサルタント、桜井賢一氏が「まだ間に合う!? 構築事例に学ぶリアルタイム・ビッグデータの世界」と題してセッションを行った。そこでは、同社が手がけたリアルタイム・ビッグデータの取り組み事例を踏まえ、その成功のポイントとともに今後のさまざまな可能性が示された。

データ分析

BYOD時代にMDMの必要無し!? 目からウロコのモバイル端末管理を実現

【特別企画】BYOD時代にMDMの必要無し!? 目からウロコのモバイル端末管理を実現

スマートフォンを含めた携帯電話の普及は、仕事のあり方を大きく変えつつある。今やいつでもどこにいても業務上のコミュニケーションが可能となっており、ワークスタイルにも変革をもたらしているのである。しかし、携帯電話やスマートフォンを業務で使用するには大きなリスクも伴う。なかでも多大な被害につながりかねないのが情報漏洩だ。本稿ではそんなセキュリティ上の企業が抱える悩みを、XePhion コールスマートセキュリティがどのようにして解消できるのかを見てみることにしよう。

業務アプリケーション

2013年10月の記事

GPMCによるGPOの名前変更・無効化・削除

【連載】にわか管理者のためのWindows Server 2012入門 [45] GPMCによるGPOの名前変更・無効化・削除

今回は前回に引き続き、GPMC(Group Policy Management Console)の基本機能について解説する。先週は「作成」系の機能について取り上げたが、今週は名前変更・有効化と無効化・削除といった機能が対象だ。

サーバ/ストレージ

リアルタイムな分析こそが、ビッグデータの可能性を大きく広げる──日本IBM・野嵜氏

【特別企画】リアルタイムな分析こそが、ビッグデータの可能性を大きく広げる──日本IBM・野嵜氏

9月27日に都内で開催されたセミナー、「ビッグデータは新たなフェーズへ なぜ、これからは『リアルタイム・ビッグデータ』なのか?」の個別セッションでは、日本アイ・ビー・エム ソフトウェア事業 インフォーメション・マネジメント事業部 ビッグデータ/DWHソリューションズ 上級ITスペシャリストの野嵜 功氏が登壇。「ストリーム・コンピューティングの可能性 ~データを分析するコンピュータから空気を読むコンピュータへ~」と題するこのセッションでは、従来のビッグデータをもう一歩進めたリアルタイム・ビッグデータの可能性が示された。

データ分析

アプリケーション高速化の必要性! 3つのアプローチで総合的にパフォーマンスを向上

【特別企画】アプリケーション高速化の必要性! 3つのアプローチで総合的にパフォーマンスを向上

多くの企業がグローバル化を推進し、海外進出を進めている。海外拠点のスタッフと直接対話するのは困難なため、ビデオや音声、メッセージングといったさまざまなアプリケーションを用いてコラボレーションを行っている。本稿では、さまざまなネットワーク高速化/最適化技術を組み合わせて活用し、総合的にアプリケーションのアクセスを改善することができるリバーベッドのソリューションを紹介しよう。

ネットワーク機器

シオノギ製薬の成功事例に見る、モバイル時代のコラボレーション基盤! その効果とは!?

【特別企画】シオノギ製薬の成功事例に見る、モバイル時代のコラボレーション基盤! その効果とは!?

グローバル化が進み、多くの企業では国内外の拠点との迅速なコラボレーションが求められていることから、昨今その必要性が叫ばれているのが「ユニファイドコミュニケーション(UC)」だ。UCとは、メールや電話、ウェブ、ビデオなど多様なコミュニケーションツールを統合し、シームレスに連携させることで、時間や場所、デバイスを選ぶことなく、必要な相手とつながる仕組みを指す。

業務アプリケーション

セキュアで安心!! なぜファイルサーバの導入が業績アップに繋がるのか?

【特別企画】セキュアで安心!! なぜファイルサーバの導入が業績アップに繋がるのか?

スマートフォンやタブレットなどのスマートデバイスを仕事で活用する際に最も問題になるのがデータの保存先だ。とはいえ、一般的なクラウドのストレージサービスを使ったのでは、セキュリティ上の問題が大き過ぎる。本稿では、そんなセキュリティ面の心配が不要なストレージサービスを紹介しよう。

業務アプリケーション

MDM市場をリードする「MobiConnect」で進化するスマートデバイスの運用法

【特別企画】MDM市場をリードする「MobiConnect」で進化するスマートデバイスの運用法

スマートフォンやタブレットを使いこなすビジネスパーソンをよく見かけるようになった。メールだけでもスマートフォンから利用できれば、ビジネスの幅は広がるし、タブレットからファイルサーバにアクセスできれば、急なプレゼンの要求にもすぐに起動して対処できる。本稿では、2年連続MDM市場で占有率第一位(※)となっているインベンティットの「MobiConnect」の運用方法を紹介しよう。

セキュリティ

O2O/オムニチャネル・ソリューション活用最前線! 小売のミライをカタチにする

【特別企画】O2O/オムニチャネル・ソリューション活用最前線! 小売のミライをカタチにする

ネットで情報を開示し実店舗での購買に誘導する「O2O(オンライン・ツー・オフライン)」、さらにもう一歩踏み込んでオンライン、オフラインを問わずあらゆる場所から顧客への接点を築いていく「オムニチャネル」は、小売業界を中心にもはや当たり前の取り組みとなりつつある。そこでは、顧客のみならず事業者側も、いかにタブレット端末やスマートフォンなどスマートデバイスを活用するかが成功のカギを握っているのだ。

マーケティング

メルマガ毎時300万通配信の壁を突破! 大日本印刷担当が感動した高速フラッシュストレージにせまる

【特別企画】メルマガ毎時300万通配信の壁を突破! 大日本印刷担当が感動した高速フラッシュストレージにせまる

大日本印刷株式会社のC&I事業部では、企業のITの活用を支援する、さまざまなサービスやソリューションを提供している。大量データを高速かつ安定して処理することが求められる同社のASP型ポイントカードサービスに使われているのが、フュージョンアイオーが提供する高速フラッシュストレージ「ioDrive2」だ。ioDrive2の導入の大部分をDIYで成功させたプロジェクトのキーパーソンに話を聞いた。

サーバ/ストレージ

人気ネット通販管理システムを支えるサーバ基盤に、必要不可欠な条件とは?

【特別企画】人気ネット通販管理システムを支えるサーバ基盤に、必要不可欠な条件とは?

スマートフォングッズのネットショップ「Hamee ストラップヤ」でおなじみのHameeは、同時にネット通販管理システム「ネクストエンジン」の開発・提供元としても広く知られている。このネクストエンジンのサーバ基盤として同社が選んだのが「さくらの専用サーバ」だ。

データセンター

9社の事例に見る、バックアップ戦略とWebセキュリティ対策、SSL VPNアクセス

【特別企画】9社の事例に見る、バックアップ戦略とWebセキュリティ対策、SSL VPNアクセス

大容量を搭載したバックアップアプライアンス「Barracuda Backup」。重複排除機能により、バックアップ容量を20~50倍削減し、クラウドストレージやBox To Box機能による遠隔地バックアップにも対応するこのソリューションは、欧米では2年半で25,000台もの導入実績を誇る。国内においてもBarracuda Backupを導入して様々なビジネス課題を解決した企業が増えており、バックアップへのニーズがますます高まるなか注目を集めている。このBarracuda Backupを筆頭に、Webセキュリティアプライアンスの「Barracuda Web Application Firewall」、それにSSL VPNアプライアンス「Barracuda SSL VPN」、それぞれの導入事例9ケースをここで紹介しよう。

事業継続

GPMCによるGPOの新規作成・編集・リンク

【連載】にわか管理者のためのWindows Server 2012入門 [44] GPMCによるGPOの新規作成・編集・リンク

今回からしばらく、Active Directoryドメインサービスの話に戻り、有用性が高い機能のひとつであるグループポリシーと、その設定・管理に使用するGPMC(Group Policy Management Console)について解説していく。まず今回は、GPMCの基本機能である、GPOの作成・リンク・編集などの機能について解説する。

サーバ/ストレージ

より速く、低コストで、安全に、ハイブリッドクラウド・仮想化を実現

【特別企画】より速く、低コストで、安全に、ハイブリッドクラウド・仮想化を実現

クラウドの活用に関してはさまざまな課題が残されている。中でも、「パフォーマンスが予測できない」「安全性が不透明」「データ転送が遅い」という障壁は、ビジネスへの影響が大きい。これらを解決しないかぎり、安心してクラウドを活用することは難しいだろう。本稿では、ネットワークのさまざまな課題を解決するためにリバーベッドが提供するソリューションを紹介しよう。

ネットワーク機器

「単なる便利屋ではだめ!」ビッグデータ時代のデータ分析者はコミュニケーション力を磨くべし─大阪ガス・河本氏

【特別企画】「単なる便利屋ではだめ!」ビッグデータ時代のデータ分析者はコミュニケーション力を磨くべし─大阪ガス・河本氏

9/27日に都内で開催されたセミナー、「ビッグデータは新たなフェーズへ なぜ、これからは『リアルタイム・ビッグデータ』なのか?」の基調講演に登壇したのは、「会社を変える分析の力(講談社現代新書)」の著者、大阪ガスのビジネスアナリシスセンター所長、河本薫氏。同氏は、「会社を変える分析の力」というテーマのもと、大阪ガスのデータ分析にかかわるこれまでの取り組み内容や、優れたデータ分析者に求められる資質などについて持論を展開した。

データ分析

高度かつ多機能なソリューションでセキュリティの課題を解決――F5ネットワークスジャパン 帆士氏

【特別企画】高度かつ多機能なソリューションでセキュリティの課題を解決――F5ネットワークスジャパン 帆士氏

9月27日、東京都千代田区のマイナビルームにて『今そこにある危機を具体的に洗い出し、対策をまとめて解説! ネットワーク・セキュリティ・インフラの全貌』と題したセミナーが開催された。セミナーの後半では、F5ネットワークスジャパン シニアソリューションマーケティングマネージャの帆士敏博氏が登壇。「外部攻撃対策」「BYOD」「ハイブリッドクラウド認証」という3つのテーマに基づくソリューションを紹介した。

セキュリティ

いまさら聞けないデータセンター入門 ~サービス種類と選び方~

【特別企画】いまさら聞けないデータセンター入門 ~サービス種類と選び方~

本稿では、データセンターの基礎知識から、正しい業者の選び方までを解説します。データセンターを利用することで生まれる様々なメリットを覚えていただき、実際に活用する際の参考にしていただきたい。

データセンター

コスト40%削減を実現!! ソーシャルゲーム「進撃の巨人 -反撃の翼-」のITインフラの仕組みを探る!

【特別企画】コスト40%削減を実現!! ソーシャルゲーム「進撃の巨人 -反撃の翼-」のITインフラの仕組みを探る!

「魔法少女まどか☆マギカ オンライン」など、人気オンラインゲームを次々に展開するストラテジーアンドパートナーズ。「さくらの専用サーバ」を束ねたプライベートクラウドを構築し、40%ものコスト削減に成功した『オンプレミスではない』プライベートクラウドの事例を探る。

データセンター

データサイエンティストが現場で実感 日本企業が抱えるデータ分析の課題とその最適解

【特別企画】データサイエンティストが現場で実感 日本企業が抱えるデータ分析の課題とその最適解

イービジネス・ソリューションやクラウド環境の最適化支援など、BPO(Business Process Outsourcing)サービスを提供するソフトバンク・テクノロジー(以下、SBT)。オンライン・ビジネスに関する総合的なコンサルティング力と、ITシステムの構築/運用で培われた技術力は、顧客からの評価も高い。業績も好調で、今年3月期には過去最高益を達成している。

データ分析

リモートデスクトップでWindowsサーバをリモート管理

【連載】にわか管理者のためのWindows Server 2012入門 [43] リモートデスクトップでWindowsサーバをリモート管理

今回は、リモートデスクトップを使ったWindowsサーバのリモート管理について解説する。ここでいうリモート管理とは、離れた場所にあるサーバを対象として、ネットワーク経由で行う各種の管理者向け作業を指している。

サーバ/ストレージ

監視からマーケティングまで!! 進化を遂げるネットワークカメラの今に迫る

【特別企画】監視からマーケティングまで!! 進化を遂げるネットワークカメラの今に迫る

店舗やオフィスなど、さまざまな場所に設置されている監視カメラ。しかし最近、この監視カメラが単なる"監視"用途だけでなく、マーケティングなどにも活用されはじめているのをご存じだろうか。そこでまずは、従来カメラとの違いから見ていきたい。監視カメラは近年、従来のアナログ方式から、高画質なデジタル方式のネットワークカメラへと主流が移行している。これは、コンシューマ向けビデオカメラがアナログからデジタルへ移行したことでも容易に想像がつくだろう。犯罪発生時、画質の良さは犯人特定の時間短縮に直結するため、極めて重要なポイントだ。

セキュリティ

『営業の本質』が見失われつつある今...タブレットで営業の課題を解決する営業改革ソリューションが登場

【特別企画】『営業の本質』が見失われつつある今...タブレットで営業の課題を解決する営業改革ソリューションが登場

タブレットの普及は急速に進んでいる。2013年9月に米国IDCが発表した予測によると、2013年10~12月期におけるタブレットの出荷台数は、パソコンの出荷台数を上回るという。こうしたトレンドはエンタープライズ市場にも広がっており、タブレット導入を検討している企業は急増している。「タブレットはパソコンにはないビジネス変革のポテンシャルがあり、導入は正しい判断です。問題は、タブレットの持つ優位性を十分に活用していないこと。多くの企業は、資料をPDF化し、タブレット上で静的に表示させる程度なのが実状です」。こう語るのは、ドリーム・アーツ代表取締役社長の山本孝昭氏である。

業務アプリケーション

Windowsファイアウォールの設定(後編)

【連載】にわか管理者のためのWindows Server 2012入門 [42] Windowsファイアウォールの設定(後編)

今回も前回に引き続き、Windows Server 2012における[セキュリティが強化されたWindowsファイアウォール]管理ツールについて取り上げる。今回は前回に取り上げられなかった、[受信の規則]や[送信の規則]の新規登録や、その際の各種設定などについて取り上げる。

サーバ/ストレージ

なぜ、今、レガシーマイグレーションなのか

【特別企画】なぜ、今、レガシーマイグレーションなのか

オープン系システムが当然のように使われるようになった最近では、「レガシーマイグレーション」という言葉を耳にする機会も以前と比べてかなり少なくなった。とはいえ、いままさに国産汎用機から新たな環境にいかに移行すべきか悩んでいる企業も多いのではないだろうか。とりわけ中堅企業の場合、コストや人員、そして時間の制約もあり、長年使い続けてきた国産汎用機をベースとした業務システムを一度捨て去り、オープン系システム上に再構築するというのは、かなり勇気がいることだろう。

ソリューション

2013年9月の記事

Windowsファイアウォールの設定(前編)

【連載】にわか管理者のためのWindows Server 2012入門 [41] Windowsファイアウォールの設定(前編)

Windowsサーバがファイアウォール機能を標準装備するようになったのはWindows Server 2003からだ。Windows Server 2003 SP1と同R2では、Windowsファイアウォールは初期設定では無効になっており、必要に応じて有効にする方式をとっていた。

サーバ/ストレージ

文書"倉庫"に価値はない。「今欲しい」情報を素早く抽出できる情報検索システム「SAVVY/EWAP」の実力

【特別企画】文書"倉庫"に価値はない。「今欲しい」情報を素早く抽出できる情報検索システム「SAVVY/EWAP」の実力

企業が保有する文書量は年々増加している。それに伴い、新たな文書管理の課題が浮かび上がってきた。今、多くの企業では、「情報が整理されておらず、目的の文書が探せない」「類似ファイルが重複してサーバ内に点在する」「情報共有/活用できるソリューションがない」といった問題に直面している。

業務アプリケーション

クラウド感覚のファイル同期を企業内で実現する無料ツール「CmisSync」

【特別企画】クラウド感覚のファイル同期を企業内で実現する無料ツール「CmisSync」

モバイルデバイスとインターネット環境の急速な普及を受けて、オフィスだけでなく外出先や自宅などで仕事をする「モバイルワーク」が一般的になりつつある。仕事に関する文書に、さまざまな環境からアクセスしたい場合、最近では主に使い勝手の面からインターネット上で提供されているファイル同期のクラウドサービスが使われることも増えている。しかし、こうしたサービスは、文書をネット上に保管するため、仕事で使う際には、常にセキュリティ面の不安もつきまとう。「クラウドサービスのように手軽に使え、セキュリティもしっかり確保できるファイル同期環境がないだろうか」と考えている人にぜひ検討してもらいたいのがイージフが提供する「CmisSync」だ。

業務アプリケーション

電子メール/ファイルサーバーでの文書共有は不便で危険! 情報漏えい防止術&情報共有術

【特別企画】電子メール/ファイルサーバーでの文書共有は不便で危険! 情報漏えい防止術&情報共有術

ファイルサーバーで文書を共有した場合、その数が増えるにつれて無駄に深いフォルダ階層が構成されてしまい、どこにどういった文書が存在しているのかがわからなくなりがちだ。また、業務上のニーズに応じたアクセス権の設定も困難である。メールでの添付に至っては、誤送信などによる情報漏えいリスクが増大するうえに、受信者全員が同じファイルを個別に保管することになるため、情報が拡散してしまう他、サーバーのストレージ容量も無駄に消費してしまうのだ。こうした課題を解決すべく、セキュアで誰もが使いやすい文書の管理を実現するのが

業務アプリケーション

契約書管理で会社が強くなる!? なぜ契約書管理が企業に変革をもたらせるのか

【特別企画】契約書管理で会社が強くなる!? なぜ契約書管理が企業に変革をもたらせるのか

「契約書管理」と聞くと、いわゆるバックオフィス業務の中でもとりわけビジネスの利益につながりにくい仕事というイメージを抱く人が多いかもしれない。しかし、契約書管理のあり方を見直すことで、企業の競争力向上にまでつなげられる可能性があるのだ。

業務アプリケーション

シャドウコピーによるファイルの復元

【連載】にわか管理者のためのWindows Server 2012入門 [40] シャドウコピーによるファイルの復元

今週は、共有フォルダ上のファイルを削除した場合でも復元できるようにする、シャドウコピー機能について取り上げる。

サーバ/ストレージ

共有プリンタのドライバ・アクセス権・スプール設定

【連載】にわか管理者のためのWindows Server 2012入門 [39] 共有プリンタのドライバ・アクセス権・スプール設定

前回は、プリンタのインストールと共有設定について解説した。前回にも述べたように、作業の要領はデスクトップ版Windows同士で家庭内LANを構築してプリンタを共有している場合と大して変わらない。今回は、家庭内LANではあまり遭遇しないと思われる、プリンタドライバ・アクセス権・スプールといった分野の話について取り上げてみよう。

サーバ/ストレージ

「アノニマス」はあなたの会社も狙っている!? ~最新のサイバー攻撃には先手必勝で対抗すべし~

【特別企画】「アノニマス」はあなたの会社も狙っている!? ~最新のサイバー攻撃には先手必勝で対抗すべし~

「アノニマス」は、ただ自らの技術をひけらかしたり、あるいは金銭の窃取のみを目的とした従来のハッカーとは根本的に異なる、政治的・社会的主張を伴った「ハクティビスト」と呼ばれる新しいタイプの攻撃者の代表的な集団である。彼らがその名を世界中に知らしめるきっかけとなったのが、2010年に行われた、「オペレーション・ペイバック」と呼ばれる一連の攻撃だ。こうしたDoS/DDoS攻撃への対抗手段はいかにすべきか? その手段を解説する。

セキュリティ

共有プリンタの導入・設定

【連載】にわか管理者のためのWindows Server 2012入門 [38] 共有プリンタの導入・設定

ここまでしばらく、フォルダ共有と、それに関連する機能について取り上げてきた。続いて、プリンタ共有の話についても取り上げておこう。といってもWindowsサーバの場合、プリンタの共有に関して難しいことは多くない。デスクトップ版Windowsと同じ要領でプリンタのインストールや共有を行える。また、共有したプリンタを利用する際の手順も同じだ。

サーバ/ストレージ

スループット値に惑わされるな! セキュリティ効果を最大限に発揮する真のUTM製品とは!?

【特別企画】スループット値に惑わされるな! セキュリティ効果を最大限に発揮する真のUTM製品とは!?

有名企業のセキュリティ侵害事件が続出していることもあり、セキュリティに対する関心はかつてないほどの高まりを見せている。とはいえ、セキュリティ対策には様々なソリューションを適切に組み合わせる必要があり、その導入・運用にはかなりのスキルと時間、そしてコストを要するのが現実だ。

セキュリティ

日々の「営業活動」や「顧客満足度」をデータ化し、タイムリーに経営判断を導き出すシステムを知る!!

【特別企画】日々の「営業活動」や「顧客満足度」をデータ化し、タイムリーに経営判断を導き出すシステムを知る!!

企業において「データ」が重要なことは言わずもがなだが、会計のような比較的データ化しやすいバックエンドの活動に対して、営業や顧客管理といった分野は、「現場」担当者のアナログな能力に依存しがちだ。本稿では、株式会社AIT(以下AIT)が提供する「SugarCRM」を通じて、失敗しないCRM/SFAソリューション導入の勘所をお伝えしたい。

マーケティング

人気ECサイト構築サービス「カゴラボ」 そのサービス品質を大幅に向上させたITインフラの秘密とは

【特別企画】人気ECサイト構築サービス「カゴラボ」 そのサービス品質を大幅に向上させたITインフラの秘密とは

「地元宮崎で頑張る中小企業を何とか支援できないものか」。そんな思いで設立されたECサイト構築・運営サービス企業アラタナ。今や宮崎だけでなく、全国でユーザーを増やし続ける同社だが、その秘密はサービス品質の向上にあるという。アラタナの成長を支えるインフラチームに話を聞いた。

データセンター

FSRMでできること:共有設定

【連載】にわか管理者のためのWindows Server 2012入門 [37] FSRMでできること:共有設定

第24~25回目でフォルダ共有について取り上げたが、実は[ファイルサービスおよびiSCSIサービス]の役割を導入した状態では、[サーバーマネージャー]からウィザード形式で共有設定を行うこともできる。この部分がWindows Server 2012になって大きく変化しているので、今回はそれについて取り上げよう。

サーバ/ストレージ

2013年8月の記事

導入初年度から21億円のコスト削減! 高額で一部の社員しか使えない"旧態依然"のBIツールに決別を

【特別企画】導入初年度から21億円のコスト削減! 高額で一部の社員しか使えない"旧態依然"のBIツールに決別を

"ビッグデータ"だ"BI "だと言われても、日々の業務に追われる多くのビジネスマンにとっては、「自分にはあまり関係のない世界」というのが本音なのではないか。それも無理のないことだ。本当の意味で、ビッグデータ活用を行っていると言える企業はまだまだごく一部である。旧来のBIツールは、経営判断のために上層部向けに導入されていることが多く、現場の社員が使いこなせるような代物ではないからだ。

データ分析

今のグループウェアのままでいいと思ってませんか? ビジネス環境の変化で新たなグループウェアが必要に

【特別企画】今のグループウェアのままでいいと思ってませんか? ビジネス環境の変化で新たなグループウェアが必要に

グローバル化の進展やテクノロジーの進歩などによりビジネスを取り巻く環境が大きく変化した今、企業には新たな環境への速やかかつ的確な対応が迫られている。そのような中、これからの企業のソリューションに特に求められる要素は、「モバイル対応」、「企業内クラウド構築」、「グローバル化に伴う統合的な管理対応」の3つだといえる。これら3つの要素をすべてカバーしている"グローバルグループウェア"をハンビロが提供しているので紹介しよう。

業務アプリケーション

TwitterやFacebookの膨大な情報を収集 / 分析し、新たなビジネスに役立てろ! ビッグデータ活用術

【特別企画】TwitterやFacebookの膨大な情報を収集 / 分析し、新たなビジネスに役立てろ! ビッグデータ活用術

TwitterやFacebookなど、SNS上にある膨大な情報を収集/分析し、新たなビジネスに役立てる、いわゆる「ビッグデータ活用」が広がりを見せている。自社製品に関するツイートやツイートしたユーザーの属性といった情報は、企業にとって貴重なデータとなるはずだ。とはいえ、SNS上にある情報を収集するツールは多数存在する。重要なのはそのデータを集約し、適切なアプリケーションで活用できるか否かである。SNSデータの活用で注目されるのが、データ連携ソフトウェアだ。

データ分析

第一人者に聞く! ビッグデータのビジネス活用の落とし穴 「要はデータ設計にあり」

【特別企画】第一人者に聞く! ビッグデータのビジネス活用の落とし穴 「要はデータ設計にあり」

ビッグデータのビジネス活用が叫ばれて久しいが、そのための大量のデータを効率的に蓄積する基盤として注目されているのが分散データベースだ。なかでも、P2Pをベースとしたオープンソースの分散データベース管理システムであるCassandraは、SPOF(単一故障点)が無く、多言語に対応していることなどから高い人気を誇る。しかし、Cassandraはデータ設計を誤ればその特性を発揮できなくなってしまうばかりか、パフォーマンスや安定性にも影響を与えることになると注意を促すのが、日本におけるCassandraの第一人者である冨田和孝氏だ。

ソリューション

情報漏えい事件の平均賠償額は約1億3000万円! 事件が頻発する"本当の背景"と有効な対策を解説

【特別企画】情報漏えい事件の平均賠償額は約1億3000万円! 事件が頻発する"本当の背景"と有効な対策を解説

日本ネットワークセキュリティ協会(JNSA)の調査によると、2011年に発生した個人情報漏えいインシデントの件数は1551件で漏えい者数は628万4363人となっており、想定損害賠償額は1899億7378万円にも及ぶ。情報漏えいインシデント1件あたりの想定損害賠償額も1億2810万円となる。企業の信用が大きく失墜してしまうおそれもある不正アクセスの脅威に対応するためには、

セキュリティ

FSRMでできること:ファイルスクリーンとテンプレート

【連載】にわか管理者のためのWindows Server 2012入門 [36] FSRMでできること:ファイルスクリーンとテンプレート

今回は、ファイルサーバーリソースマネージャー(以下FSRM)が備えるファイルスクリーン機能で使用するテンプレートに関わる機能のうち、追加・変更・削除の手順について解説する。テンプレートそのものの考え方は、以前に取り上げたFSRMのクォータ機能と同じであり、設定する項目が異なるだけだ。

サーバ/ストレージ

FSRMでできること:ファイルスクリーンの設定

【連載】にわか管理者のためのWindows Server 2012入門 [35] FSRMでできること:ファイルスクリーンの設定

ファイルサーバーリソースマネージャー(以下FSRM)が備える機能のうちクォータについて取り上げてきたが、今回からファイルスクリーンについて取り上げる。たとえば、ファイルサーバに巨大な動画ファイルを置いて、空き容量を圧迫するユーザーがいる場合に重宝しそうだ。

サーバ/ストレージ

FSRMでできること:フォルダ単位のクォータとテンプレート

【連載】にわか管理者のためのWindows Server 2012入門 [34] FSRMでできること:フォルダ単位のクォータとテンプレート

前回は、ファイルサーバーリソースマネージャー(以下FSRM)の導入当初から用意されている既定のテンプレートを使用して、それをフォルダに適用したり、適用を解除したりする際の操作について解説した。今回は、既定のテンプレートでは対応できない場面において、独自にテンプレートを用意する際の手順について解説する。

サーバ/ストレージ

複雑さを増すDDoSの脅威 攻撃手法の実態を知り、対策の現実解を探る

【特別企画】複雑さを増すDDoSの脅威 攻撃手法の実態を知り、対策の現実解を探る

数千・数万規模のコンピュータを踏み台として操り、ターゲットのサイト/サーバーをダウンさせるDDoS攻撃(Distributed Denial of Service Attack:分散サービス拒否攻撃)。本稿では、昨今の主要なDDoS攻撃手法を取り上げた後、企業がなすべき対策の現実的なアプローチを紹介・解説する。

セキュリティ

フォルダ単位のクォータ設定

【連載】にわか管理者のためのWindows Server 2012入門 [33] フォルダ単位のクォータ設定

前回は、ファイルサーバーリソースマネージャー(以下FSRM)の導入と、そのFSRMの利用を開始する前の準備作業について解説した。今週は、フォルダに対してクォータの設定を行い、保存可能なファイルのサイズに上限を設定する際の手順について取り上げよう。

サーバ/ストレージ

デスクトップ仮想化は「コストが高い?」「実用に耐えない?」は大きな誤解!

【特別企画】デスクトップ仮想化は「コストが高い?」「実用に耐えない?」は大きな誤解!

来年4月に迫ったマイクロソフトによるWindows XPのサポート終了を受けて、新たなクライアント環境を模索している企業も多いことだろう。この時、少しでも先見の明がある企業であれば、新しいクライアント環境としてデスクトップ仮想化(VDI)も視野に入れているに違いない。

仮想化

新OSへの移行は必須! Windows XPのサポート終了を見越したPCリプレースの手引き

【特別企画】新OSへの移行は必須! Windows XPのサポート終了を見越したPCリプレースの手引き

2014年4月にWindows XPのサポートが終了する。具体的にはマイクロソフトによるセキュリティ更新プログラムが提供されなくなり、有償サポートも受けられなくなる。これはどういうことかというと、Windows XPに脆弱性が発見されてもセキュリティパッチが作成されず、非常に危険な状態にさらされてしまうということである。さらにWindows XPだけでなく、同OS用のアプリケーションやデバイスドライバといった、サードパーティの製品も順次サポートが停止されることが予想される。つまり2014年4月以降、Windows XP環境は企業にとって危険きわまりないシステムとなってしまうのだ。

ソリューション

2013年7月の記事

FSRMの導入と初期設定

【連載】にわか管理者のためのWindows Server 2012入門 [32] FSRMの導入と初期設定

今回からしばらく、ファイルサーバーリソースマネージャー(以下FSRM)について取り上げていくことにしよう。ファイルサーバの管理・運用を楽にしてくれる機能である。

サーバ/ストレージ

オンライン英会話界の寵児「レアジョブ」のインフラを支えるサービスとは

【特別企画】オンライン英会話界の寵児「レアジョブ」のインフラを支えるサービスとは

今や大人気のオンライン英会話サービスの先駆けとして、急速にビジネスを成長させてきたレアジョブ。ビジネス拡大に伴うシステム刷新プロジェクトにおいて同社が選んだITインフラが、「さくらのクラウド」と「さくらの専用サーバ」だった。

データセンター

ユーザー単位のクォータは、どのように動作するか?

【連載】にわか管理者のためのWindows Server 2012入門 [31] ユーザー単位のクォータは、どのように動作するか?

前回は、ドライブに対してユーザー単位のクォータを設定する方法について解説した。この機能は「クォータの有効化と上限値の指定」に続いて「監視対象となるユーザーの設定」を行うことで意味を持つ。そして監視対象に指定したユーザーごとに、使用状況を監視したり、上限値を超えた場合の警告発出やファイル書き込みの抑止を行う。そこで今回は、クォータ機能の動作について具体的に見ていくことにしよう。

サーバ/ストレージ

ユーザー単位のクォータを設定・運用する

【連載】にわか管理者のためのWindows Server 2012入門 [30] ユーザー単位のクォータを設定・運用する

今回は、前回に紹介した2種類のクォータ機能(ユーザーを単位としてドライブごとに設定するクォータと、ユーザーに関係なくフォルダごとに設定するクォータ)のうち、前者の、ユーザー単位のクォータについて解説する。

サーバ/ストレージ

ドライブに対するクォータの設定

【連載】にわか管理者のためのWindows Server 2012入門 [29] ドライブに対するクォータの設定

前回は、ファイルサーバを運用している管理者にとって永遠の悩み、つまり「ユーザーが手当たり次第にファイルをサーバに置いてしまうせいで、予想外に空き容量が減ってしまう問題」に対処する手段としての使用量検証、緊急避難的に利用可能な圧縮機能、それと関連する話題としての所有者変更について取り上げた。

サーバ/ストレージ

ディスク使用量の管理と所有権の管理

【連載】にわか管理者のためのWindows Server 2012入門 [28] ディスク使用量の管理と所有権の管理

フォルダ共有の話が出たところで、共有フォルダにはつきものの問題である、ディスクの使い過ぎと、それに関連する機能であるクォータについて取り上げてみよう。

サーバ/ストレージ

2013年6月の記事

アプリ開発 / 運用のキーワード「新世代APM」とは? - 導入効果を事例で解説

【特別企画】アプリ開発 / 運用のキーワード「新世代APM」とは? - 導入効果を事例で解説

皆さんは、「新世代APM」という言葉をご存知だろうか――。ここでいうAPMは「Application Performance Management」の略称。ライフサイクル全般にわたってアプリケーションのパフォーマンスを管理しようというコンセプトになる。そのAPMに対して"新世代"という言葉を付けた「新世代APM」は、時代に合せるかたちでこれまでの考え方をアレンジしたものとご理解いただければよいだろう。では、新世代APMとは具体的にどういったもので、どのような技術要素によって実現されているのか。詳細はPDFでご確認いただきたい。

開発ソフトウェア

大正時代創業の老舗糸店がMouseProを導入した理由──サーバとPCで業務効率化を実現

【特別企画】大正時代創業の老舗糸店がMouseProを導入した理由──サーバとPCで業務効率化を実現

1923年創業、糸と紐の製造卸業を営む田口糸店のメイン商材は、洋服に値札やタグをつけるための糸だ。そのほか、酒や茶を装飾する房飾りや紐、包装用リボン、レストランメニューの装飾紐など、各種糸・紐を扱っている。天然素材の糸や紐を製造から手がけるほか、他社から仕入れた糸等を需要に合わせて加工販売することも多いという。そんな田口糸店が、マウスコンピューターの法人向けブランド「MousePro」のサーバソリューションを新たに導入した。

サーバ/ストレージ

9割が失敗すると言われる社内SNSでなぜ「SKIP」は成功企業が多いのか?

【特別企画】9割が失敗すると言われる社内SNSでなぜ「SKIP」は成功企業が多いのか?

ナレッジやノウハウを社内で共有したいと考えている企業は多い。しかし、スムーズに実現できているという企業は少ないようだ。その大きな理由として、同じ企業に属していながら名前も顔も知らない社員が多いという実情がある。

業務アプリケーション

会社でCc付きメールが氾濫していませんか? やってはいけない! 電子メールでの社内情報共有

【特別企画】会社でCc付きメールが氾濫していませんか? やってはいけない! 電子メールでの社内情報共有

メールを使った情報共有でよく使われる機能に"Cc"があるが、安易なCcの利用こそが業務効率化の阻害要因となっているのである。通常、業務上のメールは必ず目を通すものだが、「とりあえず」Ccを付けることが社内での習慣となってしまうと、自分の業務とは関係のないメールも大量に送りつけられるようになる。それらのメールにいちいち目を通していたのでは、本来すべき業務にまで支障をきたしてしまうのだ。本稿では、それら問題の解決につながる、業務の効率化のための22機能を標準搭載したグループウェアをご紹介する。

業務アプリケーション

ローカルグループの作成・変更・削除

【連載】にわか管理者のためのWindows Server 2012入門 [27] ローカルグループの作成・変更・削除

前回のローカルユーザーアカウントに引き続いて、今回はローカルグループについて解説する。なお、これは「ローカルコンピュータが情報を管理しているグループ」という意味で、Active Directoryでいうところの「ドメインローカルグループ」とは別物である。

サーバ/ストレージ

ビジネスにスマートデバイスを活かす、安全なリモートアクセスと認証強化ガイド

【特別企画】ビジネスにスマートデバイスを活かす、安全なリモートアクセスと認証強化ガイド

iPhoneやiPadに代表されるスマートデバイスが猛烈な勢いで普及している昨今、ビジネスの世界でもこうしたスマートデバイスを積極的に活用することで"いつでも、どこでも、どのデバイスでも"業務を遂行できるようにし自社の競争力向上につなげようとする動きが活発化している。なかでも社員が私物として所有するスマートデバイスを業務でも使用するBYOD(Bring Your Own Device : 私物利用)に対する関心は、経営者側からも従業員側からも高まりをみせている。ではこの進むマルチデバイス時代に企業はどのようなセキュリティ対策を採るべきなのだろうか? ここではその具体例を解説する。

セキュリティ

ローカルユーザーアカウントの作成・変更・削除

【連載】にわか管理者のためのWindows Server 2012入門 [26] ローカルユーザーアカウントの作成・変更・削除

Windows Server 2012を使用する場合、Active Directoryを構成するケースが多いと思われる。ただ、初期状態ではActive Directoryは構成していないし、場合によってはActive Directoryを構成しないでワークグループ環境で運用することもあるだろう。そこで、その際に必要となるローカルアカウント管理について解説していく。

サーバ/ストレージ

フォルダの共有と共有アクセス権(2)

【連載】にわか管理者のためのWindows Server 2012入門 [25] フォルダの共有と共有アクセス権(2)

Windows Server 2003までは、フォルダの右クリックメニューで[共有]を選択しても、フォルダのプロパティ画面で[共有]タブに移動しても、表示するダイアログは同じだった。しかし、Windows Server 2008以降は仕様が変わり、両者がそれぞれ異なるダイアログを表示する。

サーバ/ストレージ

30社を超える企業でアカウント情報が盗まれた被害を唯一食い止めたソリューションとは!?

【特別企画】30社を超える企業でアカウント情報が盗まれた被害を唯一食い止めたソリューションとは!?

FireEye MPS の名前を世に広く知らしめたのは、2009 ~2010 年にかけてIT 業界を狙った、通称「Operation Aurora」と呼ばれる大規模な標的型攻撃だ。この攻撃ではIE6 の脆弱性が突かれ、Googleをはじめ30社を超える企業でアカウント情報を盗まれるなどの被害が出た。Googleが中国からの全面撤退を発表したことでも記憶に残っている方は多いだろう。

セキュリティ

標的型攻撃から企業を守る有効なセキュリティ技術とは!?

【特別企画】標的型攻撃から企業を守る有効なセキュリティ技術とは!?

サイバー攻撃の中でも近年特に問題になっている「標的型攻撃」には、ステルス性(隠匿性)が非常に高いものが多い。そのため、攻撃の前段階はおろか、攻撃自体が終わっても気付かない企業も珍しくない。しかし現在は、ありとあらゆる情報がデータで記録されている時代である。何百億円と投資して得た研究成果や、数十億円規模に及ぶビッグプロジェクトの実予算もサーバ上に残されている。

セキュリティ

フォルダの共有と共有アクセス権(1)

【連載】にわか管理者のためのWindows Server 2012入門 [24] フォルダの共有と共有アクセス権(1)

Windows Server 2012でも従来と同様に、フォルダの共有は可能である。そこで数回に分けて、フォルダの共有と関連する話題について取り上げよう。

サーバ/ストレージ

2013年5月の記事

子ドメインやドメインツリーを追加する時のDNS設定

【連載】にわか管理者のためのWindows Server 2012入門 [23] 子ドメインやドメインツリーを追加する時のDNS設定

Active Directoryでは、ドメインの階層化や複数ドメインツリーの並立が可能である。ところが、DNS前方参照ゾーンはドメイン名ごとに作成するものだから、ドメインを階層化したり、複数のドメインツリーを並立させたりすれば、当然ながらDNSサーバの設定にも影響が及ぶ。そこで今回は、こういったケースにおけるDNSサーバの前方参照ゾーン設定について解説する。

サーバ/ストレージ

仮想化環境やクラウドのために開発されたリバーベッドのパフォーマンスソリューション

【特別企画】仮想化環境やクラウドのために開発されたリバーベッドのパフォーマンスソリューション

企業がビジネスのグローバル展開やアプリケーションのモビリティ化を進めるためには、データセンターにも大きな変化が求められる。米IDG Reseachが2013年1月に行った調査によれば、回答者であるIT管 理者の8割近くが「ビジネスを成功に導くためにはデータセンターの変革が非常に重要である」と答えたという。

ネットワーク機器

大規模化・複雑化するデータセンター運用管理の最適解

【特別企画】大規模化・複雑化するデータセンター運用管理の最適解

クラウド/仮想化時代の本格的な到来で、企業のIT運用管理者の負担はむしろ増している。仮想化を駆使した社内データセンターのプライベートクラウド環境は、運用管理対象となるIT機器の台数増加とITインフラの複雑化が進行し、管理工数の増大や、セキュリティ対策の不十分、エネルギーコストの増大を招いている。そうした様々な課題に対応するため、ATENジャパンが提供するデータセンター統合運用管理ソリューションをチェックしてみよう。

データセンター

サポート終了までわずか! Windows XPからデスクトップ仮想化へ

【特別企画】サポート終了までわずか! Windows XPからデスクトップ仮想化へ

2014年4月にWindows XPのサポート期限が終了するのを受けて、多くの企業ではクライアントPCのOSをWindows 7/8に移行する必要に迫られている。そうした中、Windows XPからの移行に当たって、次なるクライアント環境としてぜひとも検討したいのが、デスクトップ仮想化の導入である。

仮想化

DNSサーバの動作検証

【連載】にわか管理者のためのWindows Server 2012入門 [22] DNSサーバの動作検証

ここまで長々と、DNSサーバの設定について解説してきた。設定も重要だが、設定した結果として問題なく機能することも重要である。そこで今回は、DNSサーバの動作確認について解説する。

サーバ/ストレージ

ポイントは "安全かつ高速! "モバイル時代を追い風に変えるWebサイト配信基盤の秘訣

【特別企画】ポイントは "安全かつ高速! "モバイル時代を追い風に変えるWebサイト配信基盤の秘訣

企業にとってWebサイトは、事業を成功に導く最も重要なツールの1つである。商品やサービス、企業を紹介する第一歩の場であったり、ほかのメディアで興味を持ったユーザーが詳細な情報を得にくる場であったり、あるいは商品を手にしたユーザーがさらなる価値を求めて訪れる場であったりする。ユーザーと企業・サービスとを結ぶ、最も重要な窓口の1つである。

Webサイト構築

宮崎大学が選んだ仮想環境のバックアップソリューションとは?

【特別企画】宮崎大学が選んだ仮想環境のバックアップソリューションとは?

宮崎大学では、増え続けるデータを確実、効率的に管理し、コスト、電力消費量の削減を実現するため、2010年度に教育・基幹系システムの全仮想化を実施。Acronis vmProtectを導入し、仮想サーバのバックアップシステムの構築を行った。なぜアクロニス製品を選択したのか、また導入後の感想などを聞いてみた。

事業継続

業務効率化を実現させたモバイルデバイス活用例とは - V-CUBE

【特別企画】業務効率化を実現させたモバイルデバイス活用例とは - V-CUBE

近年、企業におけるモバイルデバイス活用の需要が拡大しているが、その目的として一番大きいのがコミュニケーションの強化だろう。外出先で手軽にメールの送受信が可能なほか、グループウェアを活用すれば社内のデータの閲覧・編集、必要に応じての報告書の作成・提出までモバイルデバイスから行える。このように、今まで社内の端末に縛られていた作業が、外出先から済ませられるメリットは大きい。

業務アプリケーション

DNSサーバの諸設定

【連載】にわか管理者のためのWindows Server 2012入門 [21] DNSサーバの諸設定

前回はDNSサーバがレコード情報を格納する前方参照ゾーンと逆引き参照ゾーンについて、設定変更の手順と内容を解説した。今回はさらに階層をひとつ上げて、DNSサーバそのものの設定変更について取り上げる。

サーバ/ストレージ

DNSゾーンの設定変更

【連載】にわか管理者のためのWindows Server 2012入門 [20] DNSゾーンの設定変更

ここまでは、DNSサーバの基本であるゾーンとレコードの登録・修正・削除について解説してきた。それらと比較すると出番は少ないが、ときどき必要になることもあるので、DNSサーバやゾーンそのものの設定変更について、3回に分けて解説する。

サーバ/ストレージ

2013年4月の記事

DNSレコードの登録・削除・設定変更(2)

【連載】にわか管理者のためのWindows Server 2012入門 [19] DNSレコードの登録・削除・設定変更(2)

今回は前回に引き続き、DNSサーバにレコードを手作業で登録する際の手順について解説する。また、登録済みレコードの設定変更や削除についても併せて解説する。

サーバ/ストレージ

スマートフォンの業務利用には必須! 活用例で見る「MDM」の利便性とは

【特別企画】スマートフォンの業務利用には必須! 活用例で見る「MDM」の利便性とは

スマートフォンやタブレットなどは、外出が多い社員にとって大変便利なもの。しかし、高い利便性を持つからこそ紛失・盗難に遭った際のセキュリティリスクも増大する"諸刃の剣"といえる。そこで注目を集めているのが、モバイルデバイスを管理するための「MDM(Mobile Device Management)」である。

業務アプリケーション

セキュアで高信頼な有線/無線LANネットワーク - FutureNet WXR-250&FutureNet RAシリーズ

【特別企画】セキュアで高信頼な有線/無線LANネットワーク - FutureNet WXR-250&FutureNet RAシリーズ

店舗やパブリックスペース、生産現場、会議室など、さまざまなシーンにおいてフレキシブルなネットワークアクセスを実現する無線LAN。市場には低価格ながら高性能・多機能なルータ/AP製品が多数揃う中、企業のIT担当者は、セキュリティリスクの拡大や、ユーザーのアクセス形態の多様化といった昨今の課題にこたえながら要件を満たす製品を選定する必要があります。ここでは、既存の有線LAN環境とシームレスに統合しながら、セキュアでフレキシブルな無線LAN環境を構築する際の課題やポイントを、典型的なユースケースを示しながら紹介・解説いたします。

ネットワーク機器

新規開拓が進まない状況を打破する!? 営業の構造改革とは

【特別企画】新規開拓が進まない状況を打破する!? 営業の構造改革とは

企業を取り巻くビジネス環境は、刻々と変化を続けている。それは経営課題にも影響しており、1980~90年代にかけての成長期は技術力や新製品・新サービスが大きな課題だったのに対し、2000年以降の成熟期では売り上げ・シェアの拡大や収益性の向上、人材強化などが挙げられている。

マーケティング

『スマートデバイスの操作を見える化』- LanScope An

【特別企画】『スマートデバイスの操作を見える化』- LanScope An

今や一人の社員がデスクトップPC、ノートPC、タブレットPC、そしてスマートフォンというように複数のデバイスを使うことが普通になりつつある。年々増加するスマートデバイスの法人利用は、2015年には2010年の約5倍にまで拡大するとの予想だ。しかし、実際の声は少し違う。「経営者からトップダウンでスマートフォンを導入したものの、導入後これといった効果は出ていない。まだまだ活用までには至っておらず、ほとんどの社員が持つだけで満足している」と話す情報システム管理者は多い。

業務アプリケーション

モバイルを安全に! セキュリティと利便性を両立の本人認証へ - PassLogic

【特別企画】モバイルを安全に! セキュリティと利便性を両立の本人認証へ - PassLogic

企業のモバイルデバイス導入時、ウイルス対策や紛失対策と合わせて導入されるのは「端末認証」と「本人認証」といった認証システムだろう。端末認証は、企業ネットワークにあらかじめ登録された端末にのみ接続させるという考え方だ。人の出入りが制限されているオフィスでは非常に有効な方法だ。しかし、モバイルデバイスの場合は話が変わってくる。

セキュリティ

DNSレコードの登録・削除・設定変更(1)

【連載】にわか管理者のためのWindows Server 2012入門 [18] DNSレコードの登録・削除・設定変更(1)

過去2回にわたり、DNSサーバに対する前方参照ゾーンの追加・削除と逆引き参照ゾーンの追加・削除について解説してきた。今回と次回の2回に分けて、それらのゾーンにレコードを登録・変更・削除する作業について解説する。

サーバ/ストレージ

企業の認証基盤を支えるエントラストの技術 - パートナーと連携して国内企業レベルの迅速サポートも提供

【特別企画】企業の認証基盤を支えるエントラストの技術 - パートナーと連携して国内企業レベルの迅速サポートも提供

企業や団体のWebサイトへの不正アクセスや、なりすましによる個人情報漏えい事件が多発するなど、サイバー攻撃は日増しにその凶悪化の度合いを高めている。そうしたなか、公開鍵暗号技術と電子署名を使って高度な情報セキュリティ基盤を実現する技術として改めてPKI(Public Key Infrastructure)に注目が集まっている。

セキュリティ

DNS動的更新とActive Directory統合DNS

【連載】にわか管理者のためのWindows Server 2012入門 [17] DNS動的更新とActive Directory統合DNS

DNSサーバに名前解決要求(クエリ)が送られてきた場合、DNSサーバは手元のゾーンに登録してあるレコードを調べて、該当するレコードがあれば、そこにある情報を返す。こうしてDNSサーバが「仕事」をするためには、作成したゾーンに適切な情報(レコード)を登録しなければならないのだが、手作業でレコードを登録したり保守したりするのは、意外と手間がかかる。

サーバ/ストレージ

DNS逆引き参照ゾーンの追加

【連載】にわか管理者のためのWindows Server 2012入門 [16] DNS逆引き参照ゾーンの追加

先週は、前方参照ゾーンの概要と追加の手順について解説した。今週は、逆引き参照ゾーンと逆引き参照ゾーンの追加・削除について解説しよう。

サーバ/ストレージ

企業サイトの脆弱性発見&防御を日本ベリサインが実現

【特別企画】企業サイトの脆弱性発見&防御を日本ベリサインが実現

3月12日に開催されたセミナー「従来型では通用しない新たな脅威にどう対処すべきか? 急増する道なる脅威への対策と処方箋」では、企業が晒される脅威について各分野のエキスパートが解説。実践的な対処方法も紹介された。この中で、特にウェブサイトのセキュリティについて語ったのは、日本ベリサイン SSL製品本部 SSLプロダクトマーケティング部 上席部長である安達徹也氏だ。

セキュリティ

メールセキュリティの根幹は堅牢なメールシステムにあり

【特別企画】メールセキュリティの根幹は堅牢なメールシステムにあり

3月12日に開催されたセキュリティセミナー「従来型では通用しない新たな脅威にどう対応すべきか? 急増する道なる脅威への対策と処方箋」において、サイバーソリューションズ 代表取締役社長である秋田健太郎氏は「現場が求める真のメールセキュリティは何だ!?」と題した講演を行った。企業が行うべきセキュリティ対策について各分野のエキスパートが語るセミナーにおいて、秋田氏は各種メールソリューションを企業に提供する立場から、セキュアなメール環境を構築するために本当に必要な心構えについて語った。

セキュリティ

DNS前方参照ゾーンの追加

【連載】にわか管理者のためのWindows Server 2012入門 [15] DNS前方参照ゾーンの追加

Active Directoryを運用する場合はいうに及ばず、インターネット向けのサーバ設置などでも、DNS(Domain Name System)サーバが必要になる。そこで、DHCPサーバに続いてDNSサーバについて取り上げることにしよう。

サーバ/ストレージ

便利と安全を両立、モダンマルウェアにも対抗する次世代ファイアウォール

【特別企画】便利と安全を両立、モダンマルウェアにも対抗する次世代ファイアウォール

「従来型では通用しない新たな脅威にどう対応すべきか? 急増する道なる脅威への対策と処方箋」と題したセミナーが3月12日に開催された。最新の脅威動向と企業が行うべき対策について各分野のエキスパートが語るセミナーで、パロアルトネットワークス マーケティング部長である菅原継顕氏は「モダンマルウェアの脅威と対策~脅威はアプリケーションからやってくる~」と題した講演を行った。

セキュリティ

2013年3月の記事

DHCPサーバの運用管理(2)

【連載】にわか管理者のためのWindows Server 2012入門 [14] DHCPサーバの運用管理(2)

今回は、DHCPサーバ編の締めくくり・その二である。DHCPデータベースのバックアップと復元、それとDNSサーバとの連携機能の設定について取り上げよう。

サーバ/ストレージ

DHCPサーバの運用管理(1)

【連載】にわか管理者のためのWindows Server 2012入門 [13] DHCPサーバの運用管理(1)

DHCPサーバ編の締めくくりとして、スコープを設定して稼動を開始した後の運用管理について取り上げておこう。今回は手始めに、アドレス割り当て状況の確認と、スコープ設定変更時のヒントについて解説する。

サーバ/ストレージ

DHCPスコープの管理と予約機能

【連載】にわか管理者のためのWindows Server 2012入門 [12] DHCPスコープの管理と予約機能

前回はDHCPスコープの作成で話が終わってしまったので、今回は、作成したスコープの管理と設定変更、それとIPアドレスの予約機能について取り上げよう。

サーバ/ストレージ

次の10年のIT基盤を支える「IBM PureSystems」

【特別企画】次の10年のIT基盤を支える「IBM PureSystems」

「次の10年に必要な企業のIT基盤」を提供すべく日本IBMが2012年に発表したのが、同社がエキスパート・インテグレーテッド・システムと呼ぶ製品ファミリー「IBM PureSystems」である。ここではマルチハイパーバイザ環境に代表される高度な仮想化/クラウド活用を支えるIaaS基盤「IBM PureFlex System」の特徴とアドバンテージが示された。

サーバ/ストレージ

マルチハイパーバイザ環境が実現するコスト削減と信頼性の向上

【特別企画】マルチハイパーバイザ環境が実現するコスト削減と信頼性の向上

オープンソースのLinuxカーネル仮想化基盤「KVM(Kernel-based Virtual Machine)」の活用に注目が集まっている。IBMが提案するのは、同仮想化基盤への移行に加えて、VMwareなど既存の仮想化環境と共存させて仮想マシンの可用性向上やDR(災害対策)システムの構築などを図る「マルチハイパーバイザ」環境である。

仮想化

DHCPサーバの導入とスコープ作成

【連載】にわか管理者のためのWindows Server 2012入門 [11] DHCPサーバの導入とスコープ作成

クライアントPCのIPアドレスや、その他のTCP/IPパラメータを個別に手作業で設定するのは現実的ではないので、DHCPサーバによる自動構成は必須の機能といえる。

サーバ/ストレージ

「RHEV 3.1」が実現するコスト削減と経営課題解決

【特別企画】「RHEV 3.1」が実現するコスト削減と経営課題解決

Linuxディストリビューターとしての長年の実績を基に、現在はオープンソースの仮想化ソフトウェアにも注力するレッドハット。同社が提供するオープンソースの仮想化ソリューション「Red Hat Enterprise Virtualization(RHEV)」の特徴と、導入/移行で得られるメリットが紹介された。

仮想化

仮想化/クラウド時代に 企業システム基盤が進むべき道筋

【特別企画】仮想化/クラウド時代に 企業システム基盤が進むべき道筋

仮想化やクラウドコンピューティングが本格的に普及を遂げる中で、ビジネスニーズに即したシステム基盤をいかにして構築・活用していくかのポイントが示された。

仮想化

2013年2月の記事

ドメインコントローラの降格とドメインの削除

【連載】にわか管理者のためのWindows Server 2012入門 [10] ドメインコントローラの降格とドメインの削除

今週は、ドメインコントローラの降格とドメインの削除について解説しよう。

サーバ/ストレージ

仮想環境のバックアップ:操作は2倍簡単に、オーバーヘッドは半分に。Acronis vmProtect で速度、効率、操作性を向上

【特別企画】仮想環境のバックアップ:操作は2倍簡単に、オーバーヘッドは半分に。Acronis vmProtect で速度、効率、操作性を向上

近年、仮想化の急激な普及・拡大により、増大する仮想マシンのデータ保護が新たな課題として持ちあがっています。特に仮想マシンのバックアップ(VM バックアップ)は、あらゆる規模の企業における必須の検討事項となっています。

事業継続

Active Directory管理センターの基本

【連載】にわか管理者のためのWindows Server 2012入門 [9] Active Directory管理センターの基本

Active Directoryの管理業務でもっとも多く発生するのは、ユーザーアカウントの作成・削除・設定変更と、コンピュータアカウントの作成・削除・リセットだろう。通常、この手の作業には「Active Directoryユーザーとコンピュータ」管理ツールを使用するものだが、Windows Server 2012では「Active Directory管理センター」なる管理ツールもある。

サーバ/ストレージ

インメモリ連想技術を備えたQLIKVIEWが実現する「解の探索」とは

【特別企画】インメモリ連想技術を備えたQLIKVIEWが実現する「解の探索」とは

日々蓄積される膨大なデータの中から、ビジネス向上につながる情報をいかにして発見・抽出し価値につなげていけるか――。この成否によって企業の経営は大きく変わってくる。去る12月20日に開催された「売上・反応アップに効くBI導入事例セミナー」(主催:マイナビ/協賛:クリックテック・ジャパン)では、クリックテック・ジャパン マーケティングマネージャー 安部知雄氏が登壇。独自のインメモリ連想技術によって従来のBIツールではなしえなかった「関連性の見える化」を可能にする同社のBIソリューション「QlikView」の紹介を中心に、データへの精緻な分析で企業経営がどのように変革していくのかについて解説した。

データ分析

Active Directoryの機能レベル引き上げ

【連載】にわか管理者のためのWindows Server 2012入門 [8] Active Directoryの機能レベル引き上げ

今回は、Active Directoryの機能レベルについて取り上げる。ドメインやフォレストの機能レベルと関係なく、一般サーバやクライアントPCのOSとして旧いバージョンのWindowsを使用することはできる。機能レベルが影響するのは、ドメインコントローラだけだ。

サーバ/ストレージ

VMware仮想マシンの統合バックアップをするSymantec Backup Exec

【特別企画】VMware仮想マシンの統合バックアップをするSymantec Backup Exec

20台のサーバーをVMwareで仮想化。タミヤでは、Backup ExecでVMware上のバックアップを 統合、バックアップの高速化と簡素化を実現しています。

事業継続

NTT Com、決め手は「マルウェア判定の明確さと、判定理由のわかり易さ」 - FFR yarai analyzer事例

【特別企画】NTT Com、決め手は「マルウェア判定の明確さと、判定理由のわかり易さ」 - FFR yarai analyzer事例

「評価したポイントは、マルウェア判定の明確さと、その判定の理由を具体的にレポートに表示してくれることでした」――NTTコミュニケーションズ、先端IPアーキテクチャセンタの田中 恭之氏は、yarai analyzer導入当時を振り返りこのように語る。

セキュリティ

最先端のコンテナ型データセンターを支えるPDUを活用したリモート管理

【特別企画】最先端のコンテナ型データセンターを支えるPDUを活用したリモート管理

国内における商用ISP(Internet Services Provider)の草分けであり、目まぐるしく変わるインターネットの歴史の中でも、常にリーディング・カンパニーとしての役割を果たしてきたインターネットイニシアティブ(IIJ)。同社は2011年4月、島根県松江市に商用として国内初となる外気冷却コンテナユニットによるデータセンター「松江データセンターパーク」を開設。その先進性と機能性が評価され、松江データセンターパークは「2012年グッドデザイン賞(グッドデザイン・ベスト100)」をはじめ、「グリーンITアワード2012 商務情報政策局長賞」、「グリーン・グリッド データセンター・アワード2012 特別賞」など、数々のアワードを受賞している。このデータセンターの要ともいえるのが、インテリジェントPDUを活用した遠隔での運用管理の仕組みだ。今回は、その概要をレポートする。

データセンター

子ドメインの構成

【連載】にわか管理者のためのWindows Server 2012入門 [7] 子ドメインの構成

現在ではあまり推奨されていないが、子ドメイン(サブドメイン)の追加と、同一フォレストにおけるドメインツリーの追加についても取り上げておこう。追加したドメインツリーに、さらに子ドメインを追加すると、複数のドメインツリーができることになる。

サーバ/ストレージ

2013年1月の記事

キッチンウェアのル・クルーゼ、人気の秘密は緻密なデータ分析にあり

【特別企画】キッチンウェアのル・クルーゼ、人気の秘密は緻密なデータ分析にあり

実用性とデザインの美しさを兼ね備えたキッチンウェアで知られるル・クルーゼ(Le Creuset)。フランス伝統のブランドが日本でも若い世代を中心に絶大な支持を集めるに至った"勝因"の1つに、緻密なデータ分析から導き出した独自の販売戦略がある。去る12月20日に開催された「売上・反応アップに効くBI導入事例セミナー」(主催:マイナビ/協賛:クリックテック・ジャパン)に登壇した仏ル・クルーゼ アジア IT ディレクターのダニエル・トラスク氏は、氏が主導した同社日本法人におけるBIプロジェクトの詳細を語った。

データ分析

読み取り専用ドメインコントローラ(RODC)の構成

【連載】にわか管理者のためのWindows Server 2012入門 [6] 読み取り専用ドメインコントローラ(RODC)の構成

Windows Server 2012はWindows Server 2008の機能強化を引き継いで、リモートブランチでの運用を想定した「読み取り専用ドメインコントローラ」の機能を用意している。Windows Server 2012でも基本的にはWindows Server 2008と同じ考え方で運用できそうだが、導入手順に若干の違いがあるので、そこに重点を置いて解説する。

サーバ/ストレージ

ドメインコントローラの追加

【連載】にわか管理者のためのWindows Server 2012入門 [5] ドメインコントローラの追加

前回はActive Directoryの新規構成について取り上げたのに続いて、今回はドメインコントローラの増設について取り上げる。基本的には単一ドメイン構成が推奨されており、そうなると、複数のドメインコントローラを設置して冗長化を図ることは重要である。

サーバ/ストレージ

Active Directoryの新規構成

【連載】にわか管理者のためのWindows Server 2012入門 [4] Active Directoryの新規構成

今回は、Windows Server 2012を使って最初のドメインコントローラを構成する際の手順について解説する。

サーバ/ストレージ

会員登録(無料)

注目の特集/連載
[解説動画] Googleアナリティクス分析&活用講座 - Webサイト改善の正しい考え方
[解説動画] 個人の業務効率化術 - 短時間集中はこうして作る
ミッションステートメント
教えてカナコさん! これならわかるAI入門
知りたい! カナコさん 皆で話そうAIのコト
対話システムをつくろう! Python超入門
Kubernetes入門
AWSで作るクラウドネイティブアプリケーションの基本
PowerShell Core入門
徹底研究! ハイブリッドクラウド
マイナビニュース スペシャルセミナー 講演レポート/当日講演資料 まとめ
セキュリティアワード特設ページ

一覧はこちら

今注目のIT用語の意味を事典でチェック!

一覧はこちら

ページの先頭に戻る