テレワークを導入した企業において、一般的にリモートアクセスを実現する仕組みとしてVPNが利用されます。しかし 本番導入に至るまで十分に検証がされていないVPNシステムを新たに導入するケースや、従来使用していなかったVPN機能を利用する場合もあり、それにより安易なログインパスワードや設定・アップデートの不備など、脆弱性が放置されているケースが考えられます。

 

 

リモートアクセス脆弱性アセスメント(RAVA)では以下を実施することで、VPN システムに潜む脆弱点を調査します。

  • ネットワーク・セキュリティ診断
  • Webアプリケーション診断
  • パスワード推測調査
フォームへご記入のうえ、詳細をご覧ください。

下記リンク先を必ずお読みいただき、ご同意の上お進みください。

ご覧になろうとしているダウンロード資料は、「セキュアワークス株式会社」提供のコンテンツになります。
ダウンロードに際しては、TECH+における個人情報の取り扱い規程により、お預かりしている個人情報を以下の利用目的で「セキュアワークス株式会社」へ開示いたします。

・登録情報の属性および内容の分析
・「セキュアワークス株式会社」による製品やサービスに関する情報のメール、電話、郵送でのご提供

ご同意いただけましたら、下記より資料をダウンロードしてください。
TECH+における個人情報の取り扱いにつきましてはこちら
「セキュアワークス株式会社」の個人情報の取り扱いにつきましてはこちら