銀行の法人融資における審査基準を大公開!【これで法人融資の審査は通過確実!】

資金調達・融資

「銀行融資を受けたいけど、融資の審査に通るか心配。」

「融資の審査基準って一体どんなこと?」

あなたはこのような悩みを抱えてはいませんか。

銀行からは、低金利で莫大な金額の融資を受けることが可能です。

しかし、銀行の審査はその分厳正な審査が課されることになります。

そこで本記事では、銀行融資の審査基準とその対処法を解説します。

本記事を読めば、銀行が会社の何を見て融資を判断するのかが理解できます。

審査基準を理解し、資金調達を成功させましょう。

もしも、銀行融資が難しい、急な融資が必要になった場合はビジネスローンでの融資も検討してはいかがでしょうか。

おすすめビジネスローン3選

  1. プロミス自営者カードローン|2019年~2022年と4年連続でオリコン顧客満足度調査ノンバンクカードローン初回利用第1位を獲得
  2. MRF 不動産担保ローン|専門知識が豊富な営業マンのサポートが受けられる
  3. 三菱UFJ銀行カードローン バンクイック|入会金・年会費が無料

場所や時間を気にせず利用可能な「アイフルビジネスファイナンス」もおすすめです!
「アイフルビジネスファイナンス」は、最大1,000万円まで融資を受けられるので、まとまった資金が必要な際に役立ちます。

アイフルビジネスファイナンスへ相談してみる

銀行融資の特徴

銀行融資の特徴は以下の4つです。

  • 融資の金利が低い
  • 保証人か担保が必要
  • 融資の審査が厳しい
  • 審査が完了するまでに時間がかかる

銀行融資の金利は2~5%程で、融資の中では群を抜いて金利が低いです。

低金利で融資を受けられるため、事業者にとっては魅力的ですが、その分審査が厳しくなります。

銀行側から「返済に関する心配が一切ない」という信頼を得られないと、融資を受けることができません。

そのため、銀行の融資審査では保証人や担保の存在が必要不可欠です。

また、融資の審査は1ヶ月以上にわたり、厳正な審査が行われることになります。

銀行の法人融資における審査手順

銀行の法人融資における審査では、1ヶ月程度の審査期間があることが一般的です。

一体、銀行はどのような手順で審査をしているのでしょうか。

銀行の法人融資における審査手順は以下の3ステップに分けられます。

  1. 定量評価
  2. 定性評価
  3. 実態評価

定量評価

定量評価とは、決算書の数値に基づく評価のことです。

定量評価では、決算書を分析することで、安定性や収益性、成長性や返済能力といった指標がスコアリングされます。

それぞれの指標で規定数値に達していれば、定量評価を通過することが可能です。

実際の融資審査では、この定量評価が全審査の80%ほどを占めています。

つまり、決算書の内容が融資を受けられるかどうかに直結してくるということです。

定性評価

定性評価とは、決算書のように数値化できない要素を分析することです。

基本的には以下のような項目をチェックされています。

  • 経営者の能力
  • 市場の成長性
  • 過去の借入履歴
  • 財務管理能力
  • メディアでの露出
  • 株主内容
  • 他社との競合状態

定量評価を通過すれば、基本的に訂正評価で引っ掛かることはありません。

実態評価

実態評価と、決算書には記載されていない返済能力を計ることです。

決算書には、個人的に持っている不動産といった資産に関する情報は記載されません。

そのため、決算書以外で返済能力を左右しうる項目についてもチェックされます。

例えば、含み損の土地や有価証券を所有していた場合、評価は下がります。

一方で、含み益に土地や有価証券を所有していた場合、評価は上がるのです。

このように、融資審査は企業の決算だけでなく、総合的に判断されるので、かなりの時間がかかります。

銀行の法人融資における審査基準3つ!

銀行の法人融資では、どのような基準で審査されているのでしょうか。

審査基準を具体的に確認していきましょう。

  1. 融資金額額や融資金の使用用途が明確化
  2. 返済の見通しが立っているか
  3. 会社の財務状況が安定しているか

審査基準を明確にすることで、その対処法を考えることができます。

融資審査を受けることを検討している方は、必ず確認しておきましょう。

融資希望額や融資金の使用用途が明確か

審査基準の1つ目は、融資希望額や融資金の使用用途が明確かということです。

融資希望額や使用用途は、融資審査をする上で最も重要と言えます。

使用用途から足りない金額を算出し、希望額をきちんと銀行側に伝える必要があるのです。

融資希望額と使用用途を明確化しよう!

審査を申請する際、「借りられるだけ借りたい」などといった漠然とした希望をしてはいけません。

なぜなら、事業の計画性がないために、融資が必要な金額が分からないと銀行側に思われてしまうからです。

「こんな使用用途にいくら使いたいが、このくらい足りないので、いくら貸してほしい」と言った明確な希望をすることで、審査に通りやすくなります。

事業の計画性を考えていることも銀行側に伝えるために、融資希望額とその使用用途を明示するようにしましょう。

返済の見通しが立っているか

審査基準の2つ目は、返済の見通しが立っているかということです。

融資するにあたっては当たり前ですが、返済の見通しが立っていない事業者が融資審査に通るはずはありません。

返済の見通しが立っていることを証明するために、事業計画書や資金繰り表などを作成すると良いでしょう。

事業計画書と資金繰り表を作成しよう!

返済の見通しが立っていることを示すために、事業計画書や資金繰り表を作成しておきましょう。

特に、これから事業を始める方は、創業計画書を必ず作成しなければなりません。

資金を計画的に使えるのかを銀行側から判断される重要な書類なので、必ず審査前に用意しておきましょう。

会社の財務状況が安定しているか

2つ目の返済の見通しが立っているかと共通する部分もありますが、融資審査において、会社の財務状況が安定しているかということも重要な要素です。

  • 売上総利益
  • 預金
  • 売掛金
  • 在庫
  • 純資産

融資審査では、これらがどのくらいあるのかを詳細にチェックされます。

また、税金やクレジットの滞納履歴なども審査されるので、過去に滞納履歴のある人は融資が難しくなるのです。

損益計算書・貸借対照表などの財務書類を提出しよう!

会社の財務状況を開示するために、損益計算書や貸借対照表を提出すると良いでしょう。

損益計算書は、売上総利益・営業利益・経常利益などが記載された書類です。

また、貸借対照表は預金・売掛金・在庫・買掛金・純資産などが記載された書類です。

これらの書類を詳細にチェックすることで、初めて融資の審査の認可が下ります。

これから融資の審査をする予定のある方は、事前に必ず用意しておきましょう。

担保と保証人を用意しよう!

担保や保証人を用意すると、審査に通りやすくなります。

審査の中で不利になる情報があったとしても、担保や保証人が用意されていることで、カバーが可能です。

つまり、銀行から「ここにならお金を融資しても大丈夫だ。」という信頼を勝ち取ることが重要となります。

しかし、担保や保証人が用意されているからといって、必ず融資審査を通過できるとは限らないので、注意しましょう。

金融機関と良好な関係を構築しよう!

融資を受ける予定の金融機関と良好な関係を構築しておくことで、審査に通りやすくなります。

銀行に定期預金をしていたり、担当者と法人の業績について話し合ったりするなどすることで、銀行から信頼を得ることが可能です。

日頃から銀行側とコンタクトを取っていれば、いざ融資してほしいとなったとき、もちろん審査に通りやすくなります。

法人融資の審査が完了するまでにかかる期間は長い

法人が融資を受けるための審査が完了する期間は、他の融資を比較しても長いです。

それは、銀行が本当に信頼できる事業者にのみ融資をしたいと考えているからです。

返済の信頼に足る財務状況なのかを詳細にチェックされます。

銀行の融資審査の期間は1ヶ月~2ヶ月ほどです。

審査が完了するまでは、もちろん融資を受けることができません。

中には、早く融資を受けたいと考えている事業者の方もいるでしょう。

そこで、即日の融資も可能なビジネスローンをおすすめします。

以下で、おすすめのビジネスローンを紹介していきますよ。

すぐに融資を受けるならビジネスローンがおすすめ!

すぐに融資を受けたい方には、ビジネスローンがおすすめ。

おすすめのビジネスローンは以下の3つです。

  1. プロミス自営者カードローン
  2. MRF 不動産担保ローン
  3. 三菱UFJ銀行カードローン「バンクイック」

融資の審査が早く完了するビジネスローンがどういうものか確認していきましょう。

あなたにマッチしたビジネスローンが見つかるはずです。

プロミス自営者カードローン

引用元: https://cyber.promise.co.jp/Pcmain

プロミス自営者カードローンは、大手消費者金融であるプロミスが運営しているビジネスローンです。

プロミス自営者カードローンの最大金利は17.8%、最大借入可能額は300万円で少額の融資に向いています。

審査は最短60分程度で完了するという驚きのスピード。

スコアリングシステムが採用されているので、非常にスピーディーな審査を実現しているのです。

小規模な融資がすぐに欲しい個人事業主の方は、ぜひプロミス自営者カードローンをご利用ください。

プロミス自営者カードローンはこちら

 

MRF 不動産担保ローン

引用元: https://www.mrf-c.co.jp/

MRF 不動産担保ローンは、不動産を担保として利用するビジネスローンです。

不動産担保ビジネスローンでは、所有している不動産の価値や返済能力によって融資可能額が決まります。

所有している不動産の価値が高ければ高いほど、高額な融資を受けることが可能です。

MRF 不動産担保ローンでは、最大で3億円の融資が利用可能となっています。

一般的なビジネスローンの金利は最大で17%程度ですが、不動産担保ローンの最大金利は15%です。

所有している不動産を使って融資を受けたいという方は、ぜひMRF 不動産担保ローンをご利用ください。

MRF 不動産担保ローンはこちら

 

三菱UFJ銀行カードローン「バンクイック」

引用元: https://www.bk.mufg.jp/

三菱UFJ銀行カードローン「バンクイック」は、3大メガバンクの三菱UFJ銀行が運営するカードローンです。

三菱UFJ銀行カードローン「バンクイック」は、パソコンやスマートフォンで24時間いつでも申請ができます。

金利は最大14.6%、最大借入可能額は500万円で、他のカードローンに比べてかなりの低金利となっています。

審査状況によっては、即日融資もできるので、資金繰りが厳しく今すぐに融資を受けたい方におすすめのカードローンです。

三菱UFJ銀行カードローン バンクイックはこちら

 

まとめ

銀行の法人融資における審査基準とそれらに対する対処法を解説しました。

銀行の法人融資は低金利で莫大な融資を受けることができます。

しかし、本当に信頼を置けると銀行から判断された事業者のみが利用可能です。

信頼に足る法人かを精査するため、融資審査には1ヶ月~2ヶ月程度かかります。

そのため、融資を申請してから審査が完了する1~2ヶ月間は資金を受け取ることができません。

そこで、おすすめの融資がビジネスローンです。

ビジネスローンは、最短で即日の融資が可能なので、すぐに融資を受けたい方はぜひご利用ください。

おすすめビジネスローン3選

  1. プロミス自営者カードローン|2019年~2022年と4年連続でオリコン顧客満足度調査ノンバンクカードローン初回利用第1位を獲得
  2. MRF 不動産担保ローン|専門知識が豊富な営業マンのサポートが受けられる
  3. 三菱UFJ銀行カードローン バンクイック|入会金・年会費が無料
タイトルとURLをコピーしました