不動産投資で脱サラは可能?大家になるために必要な家賃収入目安など

不動産投資

不動産投資で脱サラはできるのか、どれぐらいの家賃収入があれば脱サラできるのかと気になっていませんか? 不動産投資で脱サラすることは不可能ではありませんが、成功させるためには、必要な家賃収入の目安を知るなどの十分な知識が必要です。

そこでこの記事では、不動産投資での脱サラについて詳しく解説します。脱サラして不動産投資を行うメリット・デメリットや、不動産投資による脱サラで成功するためのポイント・注意点なども取り上げます。本記事を読めば、不動産投資で脱サラできるのか判断できるようになるので、気になる方はぜひご覧ください。

不動産投資を始めようと考えているなら、『FJネクスト』の無料の相談会やセミナーがおすすめ!

  • 創業41年東証一部上場企業の不動産投資プロフェッショナルだから安心して相談できる
  • 参加者限定で非公開物件を紹介
  • 「入居率99%」×「管理戸数17,000戸超」の資産価値が高いマンションを提供
  • 首都圏投資用マンション供給ランキング2年連続第1位(※1)

信頼できるプロに相談しながら、将来に備えて資産の運用を始めましょう。

FJネクストの詳細はこちら

※1 不動産経済研究所調べ(2019・2020年)

不動産投資で脱サラするために必要な家賃収入の目安

不動産投資で脱サラするためには、最低500万円以上の家賃収入が必要です。また、年収1,000万円かつ貯金があれば不動産投資を有利に進められます。ここでは、不動産投資で脱サラするために必要な家賃収入の目安を紹介します。

最低500万円以上がベースライン

不動産投資で脱サラするためには、平均給与以上稼ぐ必要があります。平均給与よりも少ない場合は、生活を維持できない可能性があるためです。

国税庁によると、2019年(令和元年)の日本人の平均給与は436万円なので、それ以上の家賃収入を得る必要があります。さらに物件の買い替えや空き室リスクなどを考慮して、将来の経営費として500万円の資金を確保しておけば、脱サラは十分可能です。家賃収入500万円+貯蓄500万円以上をベースラインにして、不動産投資の計画を立てるようにしましょう。

“参考:国税庁令和元年分 民間給与実態統計調査

年収1,000万円以上あれば余裕

年収1,000万円以上あり、さらに貯金があれば、脱サラすることは難しくありません。高年収であることや貯金があることは、融資を受ける際の好条件になり、高利回りの物件を入手できる可能性があります。

また不動産投資に失敗したとしても、総資産からローンの返済額を引いた金額である純資産が1億円あれば、10年間は余裕を持って暮らしていけるでしょう。高年収や高額な純資産を持っている場合は、安心して脱サラできます。

脱サラして不動産投資を行うメリット

脱サラして不動産投資を行うメリットは、以下の通りです。

  • 働かなくても収入を得ることができる
  • 大家として時間にとらわれずに活動できる
  • 競合と差をつけることができる
  • ストレスがなくなる

ここでは、各メリットについての詳細を見ていきましょう。

働かなくても収入を得ることができる

脱サラして不動産投資を行うメリットは、会社に行って働かなくても収入を得られることです。不動産投資がうまくいっている状態で脱サラしてしまえば、当然それなりの収入があるため、会社に行って仕事をする必要がなくなります。

また不動産の管理を自分自身で行うのではなく、委託することで不労所得として働かなくても稼ぐことができるでしょう。

大家として時間にとらわれずに活動できる

大家として時間にとらわれずに活動できることも、脱サラして不動産投資を行うメリットです。会社員のときに、本業に支障が出ないように大家としての仕事をセーブしていた人は、脱サラ後は自由に不動産経営に関われるようになるでしょう。

また会社員ではなくなるため、平日に動くことができるようになり、より不動産投資に注力できる時間を作れます。

競合と差をつけることができる

競合との差別化を図れることも、脱サラして不動産投資を行うメリットです。会社員の場合は仕事でパソコンを活用している人が多く、そのスキルをフル活用できるため、アナログ世代の多い競合の大家に差をつけて、アピールすることができます。

また柔軟な発想により、売却予定物件をモデルルームのように演出し、購入希望者に好印象を与えるホームステージングやその他オプションなど、オリジナルのアイデアが出せることもメリットとしてあげられます。

ホームステージングについて詳しく解説しているのは、以下の記事です。

ホームステージングで高額売却は可能?メリット・デメリットを徹底解説
ホームステージングは、売却予定物件をモデルルームのように演出する今話題の手法です。このページでは、ホームステージングのメリット・デメリットや費用、具体的なやり方を紹介します。また、自分でホームステージングするポイントや注意点も解説します。

ストレスがなくなる

会社員時代のストレスフルな生活から脱却できることも、脱サラのメリットです。満員電車や毎月のノルマ、上司や部下とのコミュニケーションなど、会社員の業務から解放されるため、精神的・肉体的なストレスからも解放されるでしょう。

またストレスがなくなることで、より不動産投資に向き合えるので良い結果を出せるかもしれません。

脱サラして不動産投資を行うデメリット

脱サラして不動産投資を行うデメリットも、以下のようにいくつかあります。

  • 金融機関から融資を受ける難易度が上がる
  • 社会的信用を失うことになる
  • 退職金の金額が減る
  • 社会保険料を負担しなければならない

ここでは、各デメリットを詳しく紹介します。

金融機関から融資を受ける難易度が上がる

脱サラして不動産投資を行うデメリットは、金融機関から融資を受ける難易度が上がってしまうことです。会社を辞めることで給与収入がなくなり、金融機関からの融資を受けづらくなってしまいます。

融資は勤務先や勤続年数、収入状況などをチェックされ、上場企業などの安定した会社に勤めていたほうが有利です。また公務員や医師といった職業も、融資において有利とされています。

もっと詳しく金融機関からの融資について知りたい方は、以下の記事をご覧ください。

不動産投資は銀行からの融資が重要!申請方法や審査について徹底解説
不動産投資は銀行からの融資が大変重要です。銀行によっては提供しているローンも異なり、審査の基準や融資額も様々です。ここでは、投資ローンを提供している銀行の特徴と、申請の方法や融資のコツ、選び方や融資に対する注意点について解説していきます。

社会的信用を失うことになる

社会的な信用がなくなってしまうことも、脱サラして不動産投資を行うデメリットです。社会的信用を失ってしまうと、クレジットカードなどの審査が通りにくくなったり、賃貸契約がやりにくくなったりする可能性があります。

一方、会社員のままであれば安定した収入が得られるため、社会的な信用度が高く各種審査も通りやすくなるでしょう。

退職金の金額が減る

退職金がもらえなくなることも、脱サラして不動産投資を行うデメリットです。定年まで働いていた場合にもらえるはずだった退職金の額が、脱サラによって減ってしまいます。また退職金を利用して、融資額を減らすこともできません。

定年まで勤めた場合の退職金と脱サラする時点の退職金を比べて、どれぐらい減ってしまうのかを確認しておきましょう。

社会保険料を負担しなければならない

社会保険料の負担が大きくなってしまうことも、デメリットに挙げられます。会社員の場合は、会社が社会保険料や厚生年金保険料を半分負担してくれますが、脱サラすると国民健康保険や国民年金に加入し、すべて自分1人で負担しなければなりません。

また国民年金は、会社員が加入できる厚生年金よりも受給額は低いです。こうした社会保険料の負担が増えてしまうリスクがあることも認識しておきましょう。

不動産投資による脱サラで成功するためのポイント

脱サラしても不動産投資を成功させるコツは、以下のようにたくさんあります。

  • しっかりとした収支計画を立てる
  • 中古物件の経営をメインにする
  • 信頼できる担当者を見つける
  • 法人化する
  • 他の投資商品にも投資する
  • キャピタルゲインで資産を増やす

不動産投資による脱サラで成功するためのポイントを把握して、失敗を防ぎましょう。

しっかりとした収支計画を立てる

不動産投資で、どれくらいの家賃収入があれば暮らしていけるのかを考えることは、不動産投資を成功させるためのポイントです。リスクを考慮しても、会社員の手取り月収より30%以上多くの収入が必要になり、しっかりとした収支計画を立てておかなければ、赤字経営につながる可能性があります。

またアパート・マンション投資は、高いリターンがあるものの多額の初期投資が必要になったり、ワンルーム投資は借入金の負担が軽いものの空き室リスクがあったりするなど、投資の方法によってメリット・デメリットが異なります。各不動産投資の特徴を把握して、自分に合った無理のない投資計画を立てるようにしましょう。

不動産投資の種類ごとのメリット・デメリットや、自身に向いた不動産投資方法を選ぶポイントなどを知りたい方は、以下の記事をご覧ください。

おすすめの不動産投資は?物件の種類ごとのメリットデメリットをご紹介!
不動産投資の種類として代表的なのが「アパート投資」「ワンルーム投資」「戸建投資」です。この記事ではそれぞれの特徴とメリット、デメリットを解説します。また、土地だけを活用した不動産投資や不動産投資の知識を身につける方法についても紹介します。

マンション投資を始めようかと考えているなら、「FJネクスト」の無料セミナー・相談会がおすすめ

不動産投資を検討しているなら、専門家による相談会・セミナーに参加することがおすすめです。中立的な立場から、物件を選ぶポイントや実際のおすすめ不動産を教えてくれます。

特に、編集部のおすすめはFJネクストです。FJネクストがおすすめな理由を以下にまとめています。

  • 創業41年東証一部上場企業の不動産投資プロフェッショナルだから安心して相談できる
  • 参加者限定で非公開物件を紹介
  • 「入居率99%」×「管理戸数17,000戸超」の資産価値が高いマンションを提供
  • 首都圏投資用マンション供給ランキング2年連続第1位(※1)

※1 不動産経済研究所調べ(2019・2020年)

中古物件の経営をメインにする

新築ではなく中古物件を経営することも、不動産投資による脱サラで成功するためのポイントです。なぜなら中古物件は、投資金額に対して得られた利益を1年あたりの平均にした割合である「利回り」が高くなりやすく、新築より購入金額も安く済むケースが多いからです。

アパート経営であれば、仮に1~2部屋が空室になっても利回りが高いため、他の部屋の家賃収入で収益をカバーできる傾向にあるでしょう。また周囲にコンビニや駅、病院などがある生活利便性の高い立地であれば、中古物件であっても需要が見込めます。さらに部屋の向きや日当たりの良さも需要に影響します。

新築と中古の利回りの差や理想の利回りを詳しく解説しているのは、こちらの記事です。

不動産投資の利回りって何?その種類や計算方法、平均的な相場を解説
 不動産投資において、重要視されるのが「利回り」です。利回りが高い物件が必ずしも良い物件とは限らず、注意が必要です。この記事では利回りの種類やその概要、計算方法を解説します。正しい知識を身につけて、より高い利回りの不動産投資を成功させましょ

信頼できる担当者を見つける

不動産経営について気兼ねなく相談できる、不動産会社の担当者を見つけておくことも重要です。不動産投資は資金調達や物件の買い増し、物件管理などさまざまな分野が関わってくるため、すべてを1人で行うことは非常に大変です。

信頼できる担当者を見つけておくことで、不動産投資におけるサポートを依頼したり、自分に合ったプランニングを提案してもらったりすることで、不動産投資の成功につながります。また、長い期間担当者と付き合うことになるため、自分との相性についても確認しておく必要があります。信頼できる担当者を見つけて、不動産投資を成功させましょう。

法人化する

個人事業主ではなく法人を設立することも、不動産投資を成功させるためのポイントです。個人事業主の場合は、事業規模を拡大することが難しく、融資を受けづらいデメリットがあります。会社を立ち上げて法人化すれば融資の上限額がなくなり、事業規模を拡大しやすくなります

法人化には合同会社株式会社があり、それぞれのメリット・デメリットは以下の通りです。

法人化の種類 メリット デメリット
合同会社 設立費用や維持費用が安い 会社を売却できない
株式会社 会社ごと売却できる 設立費用が高め

将来的に会社を売却することも検討しているのであれば、株式会社がおすすめです。

他の投資商品にも投資する

不動産投資以外の投資に手を出すことも、脱サラしても不動産投資を成功させるコツです。不動産投資がうまくいかなくなったときのために、他の投資商品にも分散投資しておけば、収入を確保できるからです。

ただし不動産投資だけではなく、どんな投資商品にもメリットとデメリットがあるため、投資に関してはリスクヘッジが必須だといえるでしょう。長期に渡って積立・分散投資を行えるつみたてNISAや私的年金のiDeCo(イデコ)など、着実に資産形成できる制度を活用することもおすすめです。

キャピタルゲインで資産を増やす

キャピタルゲインによって資産を増やす方法もおすすめです。キャピタルゲインとは、高く売れそうなタイミングを見計らって収益物件を売却するメソッドです。またキャピタルゲインによって資産を増やすことができれば、より収益性の高い物件を購入できるメリットもあります。

家賃などのインカムゲインは安定収入を見込めるものの、キャピタルゲインよりは多くの収益が見込めません。また、売却で損失が発生してしまうキャピタルロスを防止するためには、条件や立地の良い不動産を購入する必要があります。

インカムゲインやキャピタルゲインなど、不動産投資の仕組みについて詳しく知りたい方は、以下の記事をご覧ください。

不動産投資はどんな仕組みで稼げる?メリットやリスクを徹底解説!
不動産投資の仕組みをよく知らないまま始めてしまうと、失敗してリスクを抱える可能性があります。この記事では、不動産投資の種類一覧や仕組み、メリットやリスク、成功させるためのポイントについて、初心者にもわかりやすく解説しています。

不動産投資で脱サラするときの注意点

不動産投資を失敗しないために、以下の注意点もおさえておきましょう。

  • 住宅ローンは完済しておく
  • リスクの管理を怠らない
  • 会社員のときよりも実際の手取りは減る

ここでは、不動産投資で脱サラするときの注意点を紹介します。

住宅ローンは完済しておく

自宅の住宅ローンが残っている場合は、完済しておくことをおすすめします。なぜなら、自宅の住宅ローンを抱えたまま脱サラしてしまうと、投資用不動産のローンとともに返済することになり、負担が大きくなってしまうからです。

最悪の場合は返済が滞ってしまい、自己破産に追い込まれてしまう可能性があります。そのため、脱サラする前に自宅の住宅ローンは完済しておくことがベストです。

住宅ローンが支払えないときのリスクについて、詳しく解説しているのはこちらの記事です。

住宅ローンが払えないとどうなる?手遅れになる前に正しく対処しよう
景気の影響などで住宅ローンの支払いが難しくなるケースも珍しくありません。ローンを滞納し、払えなくなった場合家や残債はどうなるのでしょう。本記事では住宅ローンが支払えなくなってしまったらどうなるのか、その流れから対処法までご紹介します。

リスクの管理を怠らない

リスク対策することは、不動産投資で脱サラするときの注意ポイントです。リスク対策をしていなければ、予想外の出費増加などに対応できず、収入が大幅に減少する可能性があります。

主なリスク対策として脱サラ前に保険に加入したり、修繕などのために資金を貯金したりすることをおすすめします。不動産投資で成果を出すためには長い期間かかるからこそ、リスクの管理を怠らないようにしましょう。

会社員のときよりも実際の手取りは減る

会社員のときより、手取り収入が減ってしまうことも注意点です。個人事業主の場合は、会社員よりも社会保険料の負担が増えるため、同じ年収でも手取りが減ってしまいます。また会社員の場合は、会社からの諸手当や福利厚生、有給休暇などの手厚い待遇が整っていますが、脱サラした場合はすべてなくなります。

さらに税金の手続きも、会社員の場合は源泉徴収や年末調整などを会社が行ってくれますが、個人事業主になると毎年確定申告を自分でやらなければなりません

いずれにしても、会社員のときよりも実際の手取りは減り、さらに自ら手続きをしなければならなくなるため、社会保険や税金関連の知識を蓄えておきましょう。

まとめ

不動産投資で脱サラするために必要な家賃収入は、最低500万円以上がベースラインで年収1,000万円以上あれば余裕です。高年収や高額な純資産を持っている場合は、安心して不動産投資を始められるでしょう。

脱サラして不動産投資を行うメリットは、働かなくても収入を得ることができ、大家として時間にとらわれずに活動できることです。一方、金融機関から融資を受ける難易度が上がり、社会的信用を失うデメリットもあります。

不動産投資による脱サラで成功するためのポイントは、しっかりとした収支計画を立てながら信頼できる担当者を見つけ、リスクヘッジのために他の投資商品にも投資するようにしましょう。リスク管理することは、不動産投資において欠かせないことです。不動産投資で脱サラするための計画を立て、高収入を目指しませんか。

会社員の不動産投資については次の記事でも取り上げています。ぜひご覧ください。

マンション経営はサラリーマンでもできる!失敗をしないコツとは
サラリーマンであっても、将来の資産を増やすためにマンション経営を始められますが、成功させるためにはそのコツを知っておく必要があります。この記事では、主に一棟マンションを購入して運営するときのメリットや失敗しないためのコツなど取り上げます。
不動産経営は副業に向いている?投資するメリットとデメリットを解説
コロナ禍や不景気などにより、本業だけだと収入に不安を覚える方も多くいるのではないでしょうか。その影響もあってか本業以外でも収入を得るために、副業を行うサラリーマンが増えています。その中でも、不動産投資は、サラリーマンの副業に向いているといえ

不動産投資は高利回りで少額から始められる『COZUCHI』がおすすめ!

COZUCHIは、1口1万円・最短2カ月から気軽に不動産投資が始められるサービスです。1999年創業のLAETOLI株式会社が厳選した、想定利回りが10%以上の物件を多く扱っているのが特徴です。

また、優先劣後方式という、元本や配当金に損失が生じた際は、運営会社のLAETOLI社がまず請け負う仕組みが採用されている点も利点です。元本保証がされているわけではないため注意が必要ですが、比較的資金が守られやすいサービスと言えるでしょう。

さらに、不動産クラウドファンディングサービスでは珍しく、途中解約ができ、手数料を払えば投資期間中でも換金できることもメリットの一つです。

■「COZUCHI」はこんな人におすすめ
  • 不動産投資が初めての人
  • 高利回りが期待できる物件に投資したい人
  • 好きな時に現金化したい人

公式サイトはこちら

タイトルとURLをコピーしました