家の購入を失敗しないためには?失敗例から学ぶ注意点や対処法を紹介

不動産購入

人生で一番大きな買い物とも言えるマイホームの購入は、誰もが失敗したくないと思います。

でも、実際に購入後の失敗談を聞いたり、どうすれば失敗しないのか学ぶ機会は意外と少ないのではないでしょうか?

そこで、この記事では実際の失敗例を参考にし、そこから失敗しないためのポイントや注意点、もし失敗してしまった場合の対処法をご紹介していきます。ぜひこの記事を参考にしていただき、後悔しないマイホームの購入を実現してください。

注文住宅の建築会社を効率よく探すなら『HOME'S 住まいの窓口』がおすすめ!
  • 営業は一切なし。アドバイザーが中立な立場で建築会社を紹介
  • 住宅ローンや諸費用に関することまで相談可能
  • ご利用満足度99.5%の実績(※)
理想の住まいづくりを、専門家に相談しながら進めていきましょう。
※LIFULL HOME'S 住まいの窓口来場者(390組)を対象とした調査(集計期間:2019年4月~2020年3月)より

公式サイトはこちら

家購入の際の失敗例

家を購入した際の実際の失敗例として多かった例を以下にまとめました。ひとつずつ詳しく見ていきましょう。

  • 資金計画で失敗
  • 家の間取りで失敗
  • 家の立地、場所で失敗
  • ライフスタイルの変化で失敗

資金計画で失敗

家の購入には建物や土地以外にも様々な費用がかかり、住宅ローンを利用した場合は購入したあとも長期間に渡って返済をしていく必要があります。そのため、購入の前から資金面での計画性も大変重要となってきます。

住宅ローンの返済が思ったよりも大変だった

住宅ローンを利用して家を購入すると、最大で35年間という長期間に渡って返済していく可能性もあり、その間に収入の減少や予期せぬ出費の発生などで、返済が難しくなることも十分考えられます。

例えば、家を購入した時は夫婦で収入があったが、出産や育児などで片方が退職し収入が減ってしまい、住宅ローンの負担が大きくなったり、住宅ローンと教育費や進学費用が重なり家計が苦しくなってしまったなどの失敗例があります。賃貸の場合は家賃の低いところに引っ越すなどの対策も取れますが、持ち家の場合はそうはいかないので、住宅ローンを組む際には将来的なリスクも含めて計画することをおすすめします。

購入時にかかる諸費用を計算に入れなかった

家を購入するのにかかる費用は、建物と土地以外にも以下の諸経費がかかります。

  • 不動産所得税
  • 司法書士費用
  • 登録免許税
  • 印紙税
  • 仲介手数料
  • 住宅ローン事務手数料
  • 登記費用
  • 外構工事費用、など

注文住宅の場合は初めから建物の金額が決まっている訳ではなく、どのくらいの大きさでどんな素材を使用するかでも金額は大きく変わってきますので、こだわりすぎて予算よりオーバーしてしまうとその後の支払いが大変になってしまいます。

諸経費の目安としては、新築マンションの場合は物件価格の3〜5%で、建売や中古住宅の場合は物件価格の6〜8%。注文住宅の場合は土地と建物を合わせた総額の10〜12%と言われています。

購入後にかかる費用を計算に入れなかった

家を購入したらそれで終わりという訳ではなく、購入後も支払わなければいけないのが、「固定資産税」です。固定資産税は、新築や中古、戸建やマンションなど建物の種類に関わらず、土地と建物を所有している人は毎年納める必要がある税金です。

固定資産税の算出方法については、下記の計算式で算出できます。

固定資産評価額(課税標準額)×税率(標準税率1,4%)=固定資産税額

固定資産評価額は、建物や土地の価値を自治体の基準によって評価された金額です。3年に1度見直されるもので、家の購入費用がそのまま固定資産評価額となるわけではないので、計算される際には注意してください。

また購入後にかかる費用として、マンションならば毎月修繕積立金管理費がかかってきますし、中古住宅の場合は購入後に補修・修繕費用がかかる場合もあり、補修費用が契約時に保証されていないこともありますので、事前に確認することをおすすめします。さらに引っ越し費用も時期によっては高額になる恐れがあるので、余裕を持って見積もりをしておくと安心です。

一戸建ての固定資産税について詳しく知りたい人はこちらの記事もおすすめ

一戸建ての固定資産税っていくら?節税と維持費の節約方法も徹底解説
一戸建ての購入後、毎年、固定資産税が発生するほか、住宅を維持するための費用がかかります。ここでは固定資産税について知って購入に備えたい人向けに、基礎知識や大まかな税額の求め方、固定資産税の軽減措置、維持費の節約方法を解説します。

ボーナス払いを多くしたら支払いがきつくなった

住宅ローンを組む際にボーナス時の支払いを多く設定していたが、ボーナスが大幅にカットされてしまい住宅ローンの支払いがきつくなったという失敗談もあります。対策法として、ボーナスがカットされたとしても支払える金額で住宅ローンを組んでおくと、仮にボーナスがなくなったとしても安心です。

また、限度額ギリギリで予算を組むと、不測の事態があった時に対処できない場合があるので、なるべく余裕を持って予算を組みましょう。

住宅ローン控除が適用されなかった

マイホームを購入すると利用できる給付金や控除、減税制度は色々あります。賢く活用してお得に家を購入したいところですが、それぞれの制度には対象となる条件がありますので、購入しようとしている住居が住宅ローン控除などの対象となるのか事前に確認しておきましょう。住宅ローン控除が適用されると思って予算を組み購入したが、適用の対象外で支払いがきつくなったといった失敗例も多くあります。

住宅ローン控除とは、住宅ローンを利用して家を購入した場合に使える控除で、年末時点の住宅ローンの残高の1%が所得税から戻ってくるというお得な制度です。住宅ローン控除が適用される条件は、自分が居住するための住居であることや引き渡しから6ヶ月以内に入居すること、床面積の合計が50㎡以上あることなど、その他にも年収や住宅ローンの返済期間なども決められています。

家の間取りで失敗

一戸建ては賃貸と違い、長く住むことを前提に家を購入する場合がほとんどです。そのため、家の間取りや設備に不備があると修理やリフォームをする費用がかかったり、ストレスを抱えながら住み続けることになってしまいます。次は、家の間取りや設備の失敗例を見ていきましょう。

収納スペースが狭かった・少なかった

中古住宅は前の住人が住んでいる場合もあり、住人立ち会いの元で内覧することもあります。そんな状況で遠慮してしまい隅々までチェックしないで購入してしまうと、住んでから収納スペースが足りなかったり、自分の家具や冷蔵庫が入らなかったといった失敗も起こってしまいます。

また、モデルハウスのみでイメージを膨らましてしまうと、いざ家具を置いたらスペースが狭くなったというケースもあるので、実際に住んだ時を想像しながら細かいところもチェックしましょう。

空調効率がよくなかった

空調設備の失敗例は注文住宅の場合に多い傾向にあります。家づくりを開始するとついデザインなどに集中してしまい設備的なところを忘れがちですが、快適に生活する上で家の機能性はとても重要になってきます。開放感を出すために広く吹き抜けにしたり、部屋を大きく作りすぎたりしてエアコンが部屋中に行き渡らなかったり、空調設備を設置する場所を非効率的なところにしてしまったりといった失敗例もありますので、空調設備の場所や数にも気をつけて家づくりを行いましょう。

注文住宅のメリット、デメリットについて詳しく知りたい人はこちらの記事もおすすめ

注文住宅のメリット・デメリットは?依頼先や流れも徹底解説します
理想の家づくりにぴったりな注文住宅は、自由度が高い一方で、予算オーバーや入居まで時間がかかるといったデメリットもあります。注文住宅のメリット・デメリット、依頼先や流れなど、注文住宅を建てるためにやらなければいけないことを解説します。

家の立地・場所で失敗

家を購入した際の失敗例は、家自体やお金の例だけではありません。長く生活をする上で、周辺環境や立地条件も重要なポイントとなってきます。次は、家の土地や環境についての失敗例を見ていきましょう。

利便施設が遠かった

希望通りの土地と家を購入しても、生活する上で重要となるのはそれだけではありません。駅やバス停まで遠くて通勤や通学に苦労したり、スーパーや病院などが周辺になくて生活に支障が出てしまうケースもあるので、家や土地を決める際には周辺の施設や駅などのアクセスもチェックして、不便のない生活をイメージしてから決めるようにしましょう。

隣地の空地に建物が建った

家を建てた時には隣地が空き地だったが、その後マンションや住宅が建って日当たりが悪くなった例や、自分の家とあまりに近く建築されてしまい窓を開けられないなどといった失敗例もあります。空き地の隣の家や土地を購入する際には、隣地に建築予定があるのかなども不動産業者に聞いておくと良いでしょう。その時点では分からない場合もあると思いますが、そこで対策できれば家を建てた後に対処したり後悔するリスクも減らせます。

周辺の道路状況がよくなかった

お子さんがいる方は特に家の周りの道路状況は確認しておきたいところです。家の近くの道路の交通量が多いと交通事故などの危険は増すほか、夜に街灯が少なく暗いと女性や子供の一人歩きは心配になります。そのため、家の周りの環境をチェックする際には通勤時間帯に交通量や踏切周辺などを確認したり、夜の道路状況もチェックしておくといいでしょう。

ライフスタイルの変化で失敗

多くの人が結婚や出産など、生活の変化と同時に住まいの環境の変化を考えるのではないでしょうか?家を購入した後に、住まいに不満を抱えることのないよう、購入前からライフプランの変化も考慮しておきましょう。

家族が増えた

多くの人が結婚や出産を機にマイホームの購入を検討します。その時に、ぜひご夫婦で話し合って欲しいのが将来の家族計画です。将来的に何人子供が欲しいのかなど事前に話し合っておくことで、どのくらいの部屋数でどのくらいの大きさの家が理想なのかが決まってきます。

土地に余裕がある場合の戸建ならば増築ということも可能ですが、マンションだとそうもいきません。また、駐車場のスペースに合わせて車の大きさや自転車などを置くスペースも考えておきたいところです。

転勤になった

理想のマイホームを建てたけど、転勤になってしまい手放すことになったという例も少なくありません。仕方のないことかもしれませんが、転勤の可能性がある場合はそれも考慮した上で家を購入するようにしましょう。例えば、将来的に転勤する可能性が高いのなら、賃貸として貸し出せて家賃収入が見込める物件を選んだり、売却を見込んで物件価値が高い家を購入するなど、手放した時の損をなるべく抑えるのが重要です。

子供の進学で通いづらい場所だった

子供の保育園や学校の場所は、家を購入する際に重要となるポイントの一つです。保育園などは毎日送り迎えが必要になりますし、学校に進学すると子供は一人で通うことになります。あまりにも遠い場所だったり、道が危険だと通うのが大変になり、進学する予定の学校の治安なども気にしたいところです。

実際に、近くの学校の治安が悪く、遠くの私立に通わせることになってしまった、などの例もあります。家を決める際には、保育園や学校の場所だけでなく、どのような学校なのかも調べておくと安心です。

業者選びで失敗

新築や中古マンション、または戸建を購入する場合は購入後のトラブルを避けるためにも不動産業者を慎重に選ぶ必要があります。注文住宅の場合はハウスメーカーや工務店に依頼しますが、業者によって得意とする施工技術があったり、特徴が違います。

安く家を建てられたけど結露がひどくてカビが発生するといった例や、オーダーメイド住宅と言っていたのに全然希望が通らなかったなどの例もありますので、業者選びは一箇所で決めず、ネットでその会社を調べたり複数箇所に相談し、比較して決めるようにしましょう。

家購入を失敗しないためのポイント

さて、前半では実際の失敗例を紹介してきましたが、ここからは失敗しないために抑えておきたいポイントについて紹介していきます。以下のような点に着目して解説します。

  • 情報収集をする
  • シミュレーションをする
  • 実際に見に行く

情報収集する

前述で紹介してきた失敗例の原因として、事前の情報収集が足りていないというケースも多いです。ここでは情報収集する際のポイントについてまとめてみました。

  • ネットや情報誌など複数の情報源から収集する
  • 希望の家、暮らしを具体的にイメージして情報を集める
  • 家だけでなく周辺環境の情報も集める
  • 取り扱っている不動産業者やハウスメーカーの情報も見ておく

注文住宅なら、建築会社を効率よく探せるHOME’Sの「住まいの窓口」がおすすめ

注文住宅で希望に合う建築会社を効率よく探すなら、建築会社の紹介サービスが便利です。中立的な立場から、あなたの状況に合うおすすめの建築会社を紹介し、契約までサポートしてくれます。

とくに、編集部がおすすめしたいサービスがHOME’S 住まいの窓口です。HOME’S 住まいの窓口がおすすめな理由を以下にまとめています。

  • 営業は一切なし。アドバイザーが中立な立場で建築会社を紹介
  • 住宅ローンや費用に関する専門的なことも相談可能
  • WEBには載っていない各社の特徴や工事プランまで把握
  • 建築会社とのスケジュール調整や断りの連絡を代行
  • ご利用満足度99.5%の実績(※)
※LIFULL HOME'S 住まいの窓口来場者(390組)を対象とした調査(集計期間:2019年4月~2020年3月)より

シミュレーションする

家を購入するということは、そこで長い人生を過ごすということなので、どこまでリアルに将来の生活をシミュレーションできるかが重要になります。

例えば、家の間取りや部屋数、大きさなどは将来的に家族が何人になるかで変わってきますし、家を建てる場所も生活をシミュレーションすることで不便にならないかが見えてきます。また、資金面でのシミュレーションも大切です。住宅ローンを長期間返済していくことになりますし、子供の成長と共にかかる費用も変わってきますので、5年後、10年後を見据えた返済計画を立てる必要があります。

マンションの購入予算のシミュレーションについて詳しく知りたい人はこちらの記事もおすすめ

マンション購入予算を決める決定版!シミュレーション法まで徹底解説
マンションの購入予算の決め方がわからないと悩んでいませんか?本記事では、マンションの予算を決めるためのポイントと、具体的なシミュレーション方法を解説します。予算が足りない場合の対策についても紹介しているのでぜひ参考にしてください。

実際に見に行く

ネット上の情報や図面のみで家の購入を決めてしまうのは危険です。写真や図面だけでは分からないところも多いですし、契約を結んでから想像と違ったということがないように、実際に見にいくことは大切です。その際に、どこをチェックすればいいのかをリストにして確認漏れがないようにしましょう。また、見に行くときはメジャーを持参し、持っていきたい家具などが入るのか、駐車場のスペースは十分かなど確認できるといいです。

内覧時にチェックすべき項目を下記にまとめました。

  • 日当たりは十分か、隣地に建築予定などはないか(将来的な日当たり状況の確認)
  • 家具や家電、車などを置けるスペースはあるか
  • 気になる匂いや設備的な不備はないか
  • 遮音性や断熱性に問題はないか
  • 部屋が傾いていたり壁や柱にひび割れなどないか
  • 周辺の環境(騒音、ゴミ、アクセス、道路状況など)

家購入に失敗した時の対処法

失敗しないように家を購入するのがベストですが、もし、家を購入した後に失敗してしまったという場合は、どのような対処法があるのかを下記では紹介していきます。

家を売却する

新らしい家に住み替えしたい場合は、家を売却することを検討してみましょう。まず、家を売却してから新たに家を購入して住み替えると、売却資金を住宅ローンの返済や住み替え費用に充てることができ、金銭的な負担を抑えられる可能性があります。少しでも高く売却をするため、一括査定サイトを利用すると、最新の相場を簡単に把握できます。

ただ、その場合は新居を購入するタイミングによって仮住まいが必要となり引っ越しが2回となる可能性もあります。住み替え時にも様々な税金が発生しますが、「3,000万円特別控除」や「買い替え特例」など節税できる制度もあるので、賢く使って家を売却しましょう。また、住宅ローンが残っているけど住み替えたいという人向けに「住み替えローン」というサービスもあります。

買ったばかりの家の売却についてや、買い替え特例について詳しく知りたい人はこちらの記事もおすすめです。

買ったばかりの家を売ると損?その理由と後悔しないための7つの対策
買ったばかりの家は、賢く売却しないと、損をする可能性があります。そこでこのページでは、買ったばかりの家を売ると損をしやすい理由や買ったばかりの家を売って後悔しない7つの対策、長く住み続ける家の探し方などを解説していきます。
買い替え特例で節税対策になる?基礎からわかりやすく解説します!
家を売って新しい家を購入するような場合、買い換え特例という制度を利用できます。本記事では、買い換え特例についてわかりやすく基礎から丁寧に解説します。メリットやデメリットを正しく理解して、他の制度とも比較しながら利用を検討しましょう。

初めての方におすすめの一括査定サイトは「すまいステップ」

■すまいステップはこんな人におすすめ
  • 初めてで不安だから実績のあるエース級の担当者に出会いたい
  • 厳選された優良不動産会社のみに査定を依頼したい
  • 悪徳業者が徹底的に排除された査定サイトを使いたい

その他の一括査定サイトや選び方について記載したこちらの記事も併せてご参考ください。

不動産一括査定サイトランキングおすすめ21選!選び方や利用者の声も紹介!
不動産一括査定サイトのおすすめ21サービスをランキング形式で紹介します。不動産売却でどこに査定依頼すればよいかお悩みならばぜひご覧ください。査定サイトの選び方や注意点、利用者の口コミなど取り上げた査定サイト選びのための保存版です!

家を賃貸に出す

家を資産として残しておきたい場合や、売却で住宅ローンの返済が厳しい場合などは、家を賃貸にして家賃収入を得るという方法もあります。

しかし、必ずしも入居者が見つかるわけではありませんし、人に貸すということは家に傷がついたり修復が必要となる場合もあります。また、賃貸にしても所得税、住民税、固定資産税などの税金と、家の修繕費や損害保険料、不動産会社への業務委託料、住宅ローンの利息などは支払わなければいけません。

家を賃貸物件にする場合は将来的にその家に戻りたいと考える人におすすめします。

空き家の活用方法について詳しく知りたい人はこちらの記事もおすすめ

空き家の上手な活用大全!経営の初期費用や補助金制度なども紹介!
本記事では、空き家の有効活用について取り上げてみました。空き家の活用方法には選択肢が沢山あることや、経営を始める際に気になる初期費用についての情報なども詳しく解説していきますので、ぜひ今後の資産運用にお役立てください!!

まとめ

マイホームを購入した後の失敗例を紹介してきましたが、住宅ローンの返済計画が上手くできていなかったり、家自体の設備や間取りで失敗してしまったり、家を建てる土地の環境で不便な生活になってしまったりと、資金運用・利便性で問題を抱えるケースが多いようです。

また、家を購入する際にはライフプランのシミュレーションに加え複数の不動産会社を比較し、様々な角度からしっかり調べることが大切だということが分かります。

家は家族で長く暮らすことになる大きな買い物ですので、後に後悔することがないよう失敗例から学んで賢く計画的にマイホームを購入しましょう。

タイトルとURLをコピーしました