家を建てる期間ってどのくらい?各段階での期間や短縮するコツなど解説

不動産購入

これから家を建てる予定だけど、入居できるまでに平均でどのくらいの期間がかかるのか知りたいって人いませんか?

平均では、8~15ヶ月ほどかかると言われていますが、段取りが不十分だったり、理想を追い求め決断ができないとなかなか家は建ちません。そうなると、予定通りに引っ越しができず余計な費用がかかったり、仕事や学校などの日常生活にも支障が出てしまう場合があります。

そこでこの記事では、家を建てる流れに沿って、段階ごとにどのくらいの期間がかかるのか、期間を短縮する方法などについても紹介します。また期間が延びてしまう原因も紹介しますので、家を建てる計画をする際にぜひ参考にしてください。

希望に合う物件を効率よく探すなら、『タウンライフ不動産売買』がおすすめ!
  • 住みたい街を入力するだけで複数の不動産会社から物件情報が届く
  • ネットに未公開の物件情報が豊富
  • 不動産売買部門のアンケートで利用満足度No.1(※)
  • プライバシーマークを取得しているので安心して利用することができる
忙しくて不動産屋に行く時間がない人でも、自宅で簡単に物件を探すことができます。

※株式会社リンクアンドパートナーズによる調査。アンケートモニター提供元:GMOリサーチ株式会社

公式サイトはこちら

家を建てる前に必要な準備とその期間

家を建てる前に決めておくことは沢山あります。家を建てる土地や間取りをどうするか、どこのハウスメーカーに頼むのかなど、どれも慎重に決めたいことですが、いつまでも迷っていると入居までの期間が伸び続けてしまうので、スムーズに準備を進めるために、まずは家を建てるまでの流れや、決めておくべきことのポイントを紹介します。

家を建てる段取りを把握

家を建てる流れは、大きく分けて以下のようになっています。

  1. どんな家にしたいかの情報収集
  2. 家を建ててもらうハウスメーカーを選ぶ
  3. 家を建てる土地を探す
  4. 建てる家の図面を作成する
  5. 建築確認の手続き
  6. 工事を開始
  7. 完成した家へ入居

全体の流れを把握しておけば次の工程に迷わず進めて、準備段階なら平行して検討することができます。建築確認の手続きまで進んでしまえば、自身が悩むことは少なく、ある程度かかる期間は決まってくるので入居の段取りを立てやすいです。

家を建てるまでの流れについて、さらに詳しく知りたい方は下記の記事を合わせて読んでみてください。

マイナビニュース「意外と知らない注文住宅建築から入居までの流れ

「理想の家」の条件を明確にする

新築の建売と違い注文住宅で家を建てる場合は、家の場所から間取りまで自由に決められます。しかし自由度の高さは、決めるまでに期間がかかる原因になってしまいます。

理想の家にするために押さえておくべきポイントは、以下の5つです。

  • どの地域に家を建てたいか
  • どんな周辺環境で生活をしたいか(買い物や交通の便の良さなど)
  • 予算はいくらまで許容できるか
  • 建てる家の広さ(将来の家族構成を考慮する)
  • 建てる家の構造(木造や鉄筋、何階建てにするかなど)

まずは家族でポイントごとに、理想を話し合うとイメージがつきやすいです。家族全員の理想を実現させるのはなかなか難しいと思うので、どうしても譲れない条件をピックアップして、優先順位を決めておくと妥協点が見つかり決断しやすくなります。

もし、家族だけで意見がまとまらないなら専門家に相談するのも一つの手です。注文住宅を建てる前に相談した人について、さらに詳しく知りたい方は下記の記事を合わせて読んでみてください。

マイナビニュース「【住宅購入体験談】一戸建ての購入に必要な段取り、まずは誰に相談した?

ハウスメーカーの絞り込みを行う

建てたい理想の家がイメージできるようになったら、ハウスメーカーを選びましょう。ハウスメーカーといっても沢山あるので、以下の5つのポイントを参考に検討してみてください。

  • 予算内で家を建てられるか
  • どんな構造の家を建てられるか(木造や鉄骨造など)
  • 好みのデザインで建てられそうか
  • 保証や定期点検などのアフターサービスの充実度
  • 信頼できる担当者がいるか

各社の基本的なことは、HPや展示場のモデルハウスなど確認できます。特に展示場やモデルハウスは、サイズ感や素材の感触まで確認できるので、理想とのズレをなくせます。

あとは実際に担当者と話してみて、誠実な対応で信頼できるのかを判断しましょう。一生の買い物になるので、予算だけで選んで後悔しないようにしましょう。

土地探しに時間をかける

条件は決まっていても、理想の土地はなかなか見つからないものです。ある程度はインターネット上で探せますが、ネットのみの情報では限界があるのでハウスメーカーにも協力してもらいましょう。独自の情報網で早期に条件に合った土地が見つかるかもしれません。

土地を決める際は利便性の他にも、近隣の環境やハザードマップ上で安全性の確認をしておくことも大切です。理想に近い土地が見つかった場合は、なるべく早く決断されることをおすすめします。なぜなら土地は一点物で、条件がよい土地はすぐに売れてしまうからです。

ハウスメーカーとの明確なプランや予算の作成

土地探しと平行して間取りなどの図面作成を進めていきます。担当に理想を伝えればプランはいくつか提案してもらえるでしょう。図面作成では、間取りだけでなく内装や外壁、導入する設備などを予算内で決めます。家を建てる最初の段階で理想を固めておけば、すんなり決まっていきますが、迷っているとこの段階で数ヶ月かかることもあります。

この段階までにかかる期間は、家を建てる人の決断や依頼するハウスメーカーによって変わってきますが、準備段階で3~6ヶ月程度はかかるのが一般的です。

決めたプランで家を建てるのにかかる期間とは

家を建てるプランが決まったら、今度はそのプランを実現していきます。照明や壁紙などを決めるのに迷われることもあるかもしれませんが、一番時間がかかる段階は完了しているので、入居までの具体的な予定を立てられます。残りの工程について、それぞれどのくらいの期間がかかるのか紹介していきます。

自治体に建築確認の手続きでかかる期間

家を建てるには、建築確認申請という手続きが必要です。作成したプランが法律や条令に違反していないかを自治体が判断します。手続きは建築主がすることになっていますが、図面など提出しなければならない書類が沢山あります。一般的にはハウスメーカーが代理でしてくれます。

何も問題がなければ、手続きは最短で1週間程度です。最長でも35日で結果がわかります。もし構造などで問題があれば専門家によるチェックが入り、追加で最長35日かかります。建築確認申請の再提出にならない限りは、遅くても70日で工事を開始できるでしょう。

家を建てる業者別の工期

家を建てる工期は、ハウスメーカーや工務店、設計事務所によって差が出ます。それぞれの業者の特徴や工期について解説していきます。引っ越しをする時期をどうしても変更できないなら、業者も厳選して期間を調整しましょう。

ハウスメーカーに依頼して家を建てる場合

大手のハウスメーカーでは、それぞれ独自の工法で家を建てます。実際に作業をするのは、ハウスメーカーから依頼を受けた地元の工務店です。使われる建材や工法で工期に差が出ますが、平均で3~4ヶ月で完成します。

もし依頼したのがローコストのハウスメーカーなら、人件費を抑えるため建材を工場で用意するため、工期は2~3ヶ月程度です。工期は短くても、ハウスメーカーは規格化された建材を使うので、品質は均一になります。ハウスメーカーは全国に支店がある大手が多いので、安心感と信頼感が高いのが特徴です。

工務店に依頼して家を建てる場合

地元の工務店に直接依頼をする場合は、工期は平均で4~5ヶ月程度かかります。大手のハウスメーカーのように建材を抱えず、現場で加工するため、ハウスメーカーよりも時間がかかる傾向にあります。ハウスメーカーより時間はかかっても、変更の相談が気軽にできたり、こだわりや理想を実現してくれやすく、自由度が高いのが特徴です。

設計事務所に依頼して家を建てる場合

設計事務所に依頼した場合は、独自のカスタマイズを取り入れる可能性があり、工期は5~6ヶ月が目安となります。独自要素を入れるほど工期は延びやすく、完成までに1年以上かかることもあります。一切妥協をせず一から家を設計したいのなら、設計事務所に依頼されることをおすすめします。注意点として、設計の段階で時間がかかると建材の単価が変動してしまいます。途中で概算見積を出しておけば予算調整はしやすいです。

完成した家に入居するまでの期間

家が完成したからといって、すぐに入居するのは難しいです。入居までの最低限の手続きとして、施工会社の担当者や工事管理者等と一緒に家のチェックを行い、特定行政庁または第三者機関による「完了調査」をしたりします。さらに自身の都合に合わせて引っ越しの準備も必要です。完成から入居まで1ヶ月程度は余裕をみて入居する準備をしましょう。

引っ越しの際には、電気や電話等のライフラインの切り替えや、建てた家の火災保険への加入、勤め先に登録している住所変更なども必要となってきます。子供がいるなら転園や転校の手続きも必要なので、1つずつこなしていきましょう。

家づくりと外構工事は別

家を建てる時、間取りや構造などが注目されますが、庭やフェンスなどの外構工事も重要です。地面がむき出しだと雨のたびにぬかるみ、乾いた泥は砂ぼこりとなります。外構工事によって家の見た目も大きく変わるため、しっかりと予算を組んでおく必要があります。

家の引き渡し後に工事が始まり、1~2週間程度で完成します。土間コンクリートなどを使った玄関アプローチや駐車場の作成は、乾燥が必要なため季節によっては工事の期間が長くなるでしょう。工事期間中は、駐車スペースがなかったり作業音がうるさかったりして、日常生活に支障が出るかもしれません。入居のタイミングに余裕があるのなら、外構工事が終わるまで待つというのも検討しておきましょう。

家を建てる期間を短くするポイント

家を建てる期間は8~15ヶ月が目安ですが、土地が見つからず建築プランも決まらなければ、いつまで経っても家は建ちません。賃貸に住んでいるなら家賃の支払いは続きますし、引っ越しの時期が決まらないとライフプランも立てにくくなります。

余裕を持って計画的に家を建てるため、ここでは具体的に期間を短くする方法を紹介します。

タイムリミットを決める

人は1つのことを決めるのに時間をかけすぎると、熱量が失われ疲弊してしまう傾向があり、また出産や子供の入学などのライフイベントによって、家を建てるタイミングを逃す可能性もあります。

家族で相談する際は、ハウスメーカー選び、土地探しなどは、決断するタイムリミットを決めておくことをおすすめします。ハウスメーカーや工務店によっては宿泊体験を開催していますので、キッチンや設備の使い勝手、睡眠の快適さなどを実感できてイメージがつきやすく、決断する手助けになるでしょう。

妥協点をはっきりさせておく

家族全員の理想を満たして短期間で家を建てるのは、困難を極めます。妥協点を見つけないと建築確認の手続きにまで辿り着けません。そこでプランを立てるときは、理想の条件と妥協点を前もって決めておきましょう。どの条件を妥協するかは優先順位を決めておくと、予定の時期までにプランがまとまりやすいです。

家族だけで相談をしていて妥協点や優先順位が決められないなら、専門家や家を建てた方に相談をしてみるのもいいと思います。自分たちでは浮かばなかった解決策が見つかるかもしれません。

土地探しは他の作業と並行して進める

土地探しは家を建てるときに、期間がかかりやすい工程です。理想に近くても費用が高ければ建築費用は不足し、費用や立地に問題がなくても理想の家を建てられない土地の場合があります。

そこで、初めから土地探しは時間がかかるものとして、他の作業と並行して進めるようにしましょう。見つけた土地によっては、建築費用や間取りなどの条件も変わってきます。家族で理想を相談する段階から土地探しを始め、ハウスメーカーにも協力をしてもらいましょう。家を建てるまでのトータルの期間を短くすることができます。

短期間で建てられる工法を選ぶ

家は建てる工法によって1~2ヶ月程度の差が出ます。よくある家を建てる工法と工事期間の目安は以下のようになっています。

工法の種類 特徴 工事期間の目安
RC造 鉄筋コンクリートで作られ、遮音性や耐火性に優れている 5~6ヶ月
軽量鉄骨造 工場で作った建材を使うので、品質が安定している 3~5ヶ月
鉄骨ユニット工法 ユニットを組み立てるだけなので、工事期間が短い 2~3ヶ月
木造ツーバイフォー工法 使用する角材のサイズが決まっている工法で、台風や地震に強い 3~4ヶ月
木造軸組工法 日本古来の木造住宅の立て方で、間取りの自由度が高い 4~6ヶ月

できるだけ短期間で建てるなら鉄骨ユニット工法になりますが、家のデザインやコストなどがネックになる可能性もあります。また期間を短くすることだけに注力していると、家の構造を軽視することになりかねません。急ぐあまり欠陥工事などがあると、将来的に修繕費用がかかるので注意が必要です。

知識がある担当と組んで家づくりに挑む

家を建てるのに、ハウスメーカーの担当の協力は欠かせません。しかし担当に知識がないと、別の部署への確認などで余計な手間がかかってしまいます。家が建つまでには、直接の担当以外にも設計士やプランナー、現場監督など色々な部署の人が関わります。スムーズに家を建てるには各部門の連携も大切です。

ハウスメーカーの担当を判断するときは、以下のポイントをチェックしてみてください。

  • 親身になってこちらの要望に対応してくれるか
  • 専門知識があり臨機応変に対応できるか
  • 理想に沿った間取りを提案してくれるか
  • 予算内に収められるか
  • 関係各所と連携が取れているか

1社だけでは判断に迷うと思うので、複数社の担当に会ってから契約されることをおすすめします。決めるまでに多少時間がかかっても、知識のある担当と出会えれば全体で見ると期間の短縮につながります。

担当の選び方について、さらに詳しく知りたい方は下記の記事を合わせて読んでみてください。

マイナビニュース「失敗しない家づくり5つのチェックポイント(3) 営業マン選びのポイント

知っておきたい工事の期間が延びる原因

家を建てる工事は、工法によってある程度期間が決まっていますが、スケジュール通りに進むことはなかなかありません。もし期間が延びるようなら、引っ越しの手続きなど状況に合わせて対応が必要になります。また、工事が始まったからと安心しないで、工程表と照らし合わせて問題がないかをチェックしましょう。期間が延びる原因がハウスメーカー側にあり、追加で出費が発生する場合は補償の請求ができる場合があります。

工事の期間中に悪天候が続く場合

工事の期間の設定は、基本的に地域の雨や雪の降りやすさが考慮されています。雨が降ると塗装などの作業はできず、雪が積もると作業のため雪かきの手間が増えます。特に東北や北海道など雪の多い地域では、作業ができないので休止期間が設けられているほどです。

しかし、想定以上の悪天候が続くと工事の期間は延びてしまいます。悪天候が続くようなら、予定通り完成できるのか確認をとりましょう。無理に工事を急がせてしまうと、欠陥住宅になってしまう恐れがあります。やむを得ない事情なので、スケジュールの調整に注力してください。

人手不足が起きている場合

家が建てられる時期は、新生活に合わせたり冬期を避けるため集中する傾向にあり、ハウスメーカーなどの段取りの悪さで、人手不足が起き工事の期間が延びてしまう可能性もあります。もし、当初のスケジュールより基礎工事から遅れているようなら、一度ハウスメーカーに確認してください。基礎工事は乾燥などに時間がかかり、仮に職人の数を増やしてもスピードアップが難しいからです。

着工してから変更を加える場合

家を建てる工事が始まってから現場を見に行っていると、もっとこうした方がよかったと思うことがあります。しかし変更をすると工事は止まり、打ち合わせや資材の発注、作業の追加などで工事の期間は延びます。なので、できるだけ後から変更を加えないよう、図面の作成段階で十分な打ち合わせをしてください。

ハウスメーカーから提案があった場合でも、設計の変更は施主自身が最終判断をします。理想の家を目指すのはよいことですが、遅れがライフプランなどに影響しないかを考えてから変更を決断しましょう。

ヒューマンエラーによる延期

家を建てる工事は多くの人が関わるので、あらゆる所にヒューマンエラーのリスクが隠れています。図面の間違いや単純な施工ミス、資材不足、説明不足の修正などがあると、施工の期間がどんどん延びていきます。確実になくすことは難しいですが、対策として現場監督の行動をチェックしましょう。いつも工事現場に現場監督がいなかったり、連絡してもなかなか返答がなかったりするなら、危険信号です。多忙なため十分な現場のチェックができていない恐れがあります。

また、何か重要な変更を加える場合は、書面などで証拠を残すようにしましょう。口頭で伝えるだけでは実際に作業をする人に伝わらず、変更前の形で家が完成してしまうかもしれません。ハウスメーカー側の明らかなミスによる遅れなら、遅れの原因を書面に残し、損害金の請求をすることもできます。

まとめ

家を建てる期間は工事が始まれば、よほど問題が起きない限りほぼ予定通りに完成します。しかし理想の家を建てるための図面作成や土地探しは、どこかで決断ができないといつまでも終わりません。家を建てるまでの全体の流れを把握し、余裕をもったスケジュールで家を建てる計画を立てましょう。迷う時はタイムリミットを決めたり、妥協案を考えたりして、余裕をもって理想の家を建てられるようにしましょう。

タイトルとURLをコピーしました