[PR]

平屋の価格相場を坪数別に解説!小さいと安い?予算を抑えるコツを紹介

不動産購入
本ページはプロモーションが含まれています。

平屋は1階建ての建物のことで、リビング・寝室・キッチン・浴室などの居住機能のすべてを、I字やL字、コの字の形状のワンフロアに収めた住まいです。基本的に上下がなく動線を短くしやすいことから、バリアフリーへの配慮が必要な老後の生活や、コンパクトな暮らしを望む夫婦二人暮らしなど、さまざまなニーズに応えています。

しかし、平屋の価格は、構造や設備、間取りによっては、2階建て・3階建てよりも高くなるケースがあります。同じ部屋数でも、数百万円の差が出る場合も少なくありません。

そこで本記事は、坪数別の平屋の相場を解説し、価格の決まり方や内訳について詳しく説明します。さらに、コストダウンするコツも紹介するので、平屋建築を検討している人はぜひ参考にしてください。

編集部
編集部

ここでは、「家づくりをしている」、「家づくりを考えている」方に利用して欲しいサービスをご紹介します!どちらのサービスも家づくりに間違いなく役立つサービスなので積極的に利用しましょう!

すぐわかる!この記事3つのポイント!
  • 平屋はローコスト住宅でも20坪なら500万円〜1,500万円、40坪なら1,500万円〜3,500万円が相場です。
  • 平屋は広さや採用する設備、建材のグレード、使用するオプションや選ぶプランなどによって価格が異なります。また建築費用以外に土地代金や固定資産税などの費用もかかります。
  • 限られた予算内で建てるには、デザインのシンプル化、優先順位付け、ZEH住宅の選択、日当たりと風通しへの配慮、複数のハウスメーカーを比較などを行うといいです。

【坪数別】新築平屋の価格の相場

平屋は建築を依頼する工務店や企業、プランによってグレードが変わり、価格が異なります。20坪、30坪、40坪のケースに分け、それぞれの価格相場を紹介します。

二人暮らし向き|20坪平屋の価格相場

20坪の平屋の価格は、ローコスト住宅なら500万〜1,500万円、ハイグレード住宅なら1,000万〜2,000万円が相場です。

だいたい36畳を確保できるため、居住者が大人2名程度であれば十分な広さがあります。1〜2LDK程度の間取りで設計するならちょうど良いサイズです。しかし大人2名に加えて子どもが2名など、合計4名以上が居住する場合、手狭に感じる可能性があります。

将来的に合計4名で暮らす予定がある人は、25坪以上の余裕がある広さの平屋を検討しましょう。

3人~4人家族向き|30坪平屋の価格相場

30坪の平屋の価格は、ローコスト住宅なら1,500万〜3,000万円、ハイグレード住宅なら2,500万〜3,500万円が相場です。

30坪の広さがあれば、3LDKの間取りを設計して家族3名で広々と利用できます。また間取りを4LDKに設計し、家族4名でも十分に快適な生活が可能です。

しかし、家族5名以上で生活する場合は手狭に感じるでしょう。またライフスタイルによっては、3〜4名でも部屋数が4LDKを超える部屋数が必要な場合も考えられます。4LDKを超える部屋数が必要な場合、各部屋に十分な広さを確保できない可能性が高いためより広く坪数を確保しましょう。

4人以上家族向き|40坪平屋の価格相場

40坪の平屋の価格は、ローコスト住宅なら1,500万〜3,500万円、ハイグレード住宅なら3,000万円以上が相場です。

40坪あれば、5LDKの間取りでも各部屋に十分な広さを確保できます。家族5名でも快適に生活できるでしょう。また広さに余裕があるため、間取りの自由度を高めることも可能です。部屋数を減らしてリビングを広くとるなど、理想のライフスタイルにあわせた間取りも設計できます。

ただし40坪の平屋を建てるためには、十分な広さの土地が必要です。例えば建ぺい率が50%の土地なら、80坪以上の広い土地が必要となる計算になります。広い土地を取得するにはコストも高くなるため注意しましょう。

平屋は安い?メリット・デメリット

平屋には、バリアフリー性が高いことや災害に強いことなどメリットがある一方、建てるためには広い敷地が必要になるなどデメリットもあります。平屋のメリットとデメリットをまとめました。

平屋のメリット

平屋には、以下のメリットがあります。

  • バリアフリー性が高い
  • 開放感がある
  • 災害に強い

平屋は上下階への移動が不要なため、バリアフリー性が高いです。階段の昇り降りを辛く感じる高齢者がワンフロアの動線で生活ができ、子どもの転落事故を防げます。

また平屋なら上階がなく天井を高くできるため、開放感のある住宅を設計可能です。縦に広がる空間を活用したロフトや大きいサイズの照明器具などを設置すれば、さらに開放感を高められます。

さらに、災害に強いことも平屋の強みです。住宅は高くなるほど地震や台風の影響を受けやすく、揺れてしまいます。平屋なら高さを抑えて建てられるので、揺れを抑えて倒壊する危険性を低減させることが可能です。

平屋のデメリット

平屋にはメリットがある一方、以下のデメリットもあります。

  • 広い敷地が必要
  • プライバシーや防犯に注意が必要

同じ床面積で住宅を建てる場合、平屋は2階建てよりも広い敷地が必要です。用途地域や土地条件によっては建ぺい率が決まっており、敷地をすべて建物にできません。

例えば、建ぺい率が50%と決まっている土地では面積の半分しか住宅を建てられないため、建築したい面積の倍以上は敷地の確保が必要になります。

また、平屋は周囲の道路などから見られやすい構造であり、プライバシーや防犯に注意が必要です。外から視線が届かないよう庭を切開したり、人感センサー付きライトを設置したりなどの対策をしましょう。

平屋の価格はどう決まる?価格内訳や諸費用

平屋の価格は、建築費用や土地取得費用によって決まります。ここでは、価格の決まり方や平屋の価格の内訳を解説していきます。

平屋の価格の決まり方

平屋の価格は、広さや採用する設備、建材のグレードなどで変化します。一般的に、延床面積の広さと価格は比例するため、延床面積を抑えれば価格も抑えることが可能です。しかしグレードの高い設備や建材を使用する場合など、追加でコストが発生します。

またハウスメーカーによっては、プランが用意されていることも多いです。使用する建材や基本の価格、グレードの設定、オプションの有無などは各社で異なり、選ぶプランによって価格が違います。

限られた予算で満足できる平屋を建てるなら、こだわる箇所には費用をかけ、それ以外は安価な選択肢を選ぶことも有効です。

平屋が2階建てより費用が高いとされる理由

平屋は2階建て・3階建てよりも価格が高くなることが多くあります。2階建ての2階部分を取れば、平屋になるため平屋の方が安いと思われがちですが、実際には屋根や基礎は同じ面積が必要です。そのため、必要なコストは変わりません。

2階部分を取っても単純に建築費が半分になるわけではないため、坪単価は高くなるケースが多いのです。

また2階建てと同じ床面積の平屋を建てる場合、屋根・基礎は2階建てより平屋のほうが広い面積が必要です。屋根・基礎の施工面積が広がる分、平屋のほうがコストも高くなります。

ただし階段と廊下を減らせるため床面積を減らすことも可能です。床面積を減らせばコストカットできる可能性があるため、一概に平屋のほうが高いとはいえません。

平屋の価格の内訳

平屋の価格の内訳は、以下のとおりです。

価格の内訳 内容
建築費用 本体工事費用、付帯工事費用、登記費用など
土地取得費 土地代金、不動産会社の仲介手数料、登記手数料、印紙代、不動産取得税など
その他の諸費用 固定資産税、都市計画税、印紙代など

本体工事費用や付帯工事費用などの建築費用、土地代金や不動産会社の仲介手数料などの土地取得費、不動産取得税や固定資産税などのその他諸費用をあわせた金額で決まります。価格の割合は、平均的には建築費用が7割、土地購入費用が3割程度を占めるのが一般的です。

建築費用

平屋の建築費用には、本体工事費用と付帯工事費用、登記費用などの諸費用がかかります。各費用の主な項目は以下のとおりです。

建築費用の種類 主な費用項目
本体工事費用
  • 仮設工事の費用
  • 基礎工事や木工事の費用
  • 内装・外壁工事の費用
  • 防水工事の費用
  • 電気工事の費用 など
付帯工事費用
  • 水道やガスの引き込み工事費用
  • 照明器具やカーテンなどの取り付け工事費用
  • 冷暖房工事の費用
  • 外構工事の費用
  • 地盤改良や古い建築物解体工事の費用 など
諸費用
  • 登記費用
  • 火災保険料
  • 印紙代
  • 建築確認申請手数料
  • 金融機関融資手数料 など

価格の占める割合は古い建築物解体工事があるかなどの条件によっても異なりますが、一般的には本体工事費用が7割、付帯工事費用が2割、諸費用が1割程度を占めます。

土地取得費

土地を所有していない場合、土地の取得費用も必要です。主に以下の項目で費用が発生します。

  • 土地代金
  • 不動産会社の仲介手数料
  • 登記手数料
  • 印紙代
  • 不動産取得税 など

土地を取得する際は土地代金だけでなく、不動産会社への仲介手数料や登記手数料などの手数料も必要です。また土地の売買契約書などに使用する印紙の代金、不動産取得に対して発生する不動産取得税などの費用も念頭に置いておきましょう。

その他の諸費用

建築費用や土地取得費以外に、以下の費用も必要です。

  • 固定資産税
  • 都市計画税
  • 印紙代
  • 火災保険料
  • 引越し費用 など

家を建てたあと、土地の所有にあたって固定資産税や都市計画税などの税金が発生します。また各種契約書に必要な印紙の代金や、手続きを司法書士に依頼する場合は司法書士への報酬なども必要です。

その他、火災保険や地震保険などの保険料や引越し費用、家具・家電などを買い替える際は購入費用なども用意する必要があります。さまざまな出費に対応するために、諸費用分は余裕を持って予算を組むのがおすすめです。

地域による価格の違い

土地の価格は、地域によって異なります

例えば東京都港区の土地の価格は、2022〜2023年の調査結果で1平方メートルあたり587,000〜27,300,000円と幅はありますが、どの地域も高額です。また長野県松本市では同年の調査結果で最安地域が2,020円、最高地域で223万円と、同県内であっても大差があることがわかります。

各エリアの相場は国交省の標準地・基準地検索システムで確認可能なため、自分が住みたいエリアの土地がどの程度の価格で購入できるか確認しておきましょう。

参考:国土交通省標準地・基準地検索システム

編集部
編集部

ここでは、「家づくりをしている」、「家づくりを考えている」方に利用して欲しいサービスをご紹介します!どちらのサービスも家づくりに間違いなく役立つサービスなので積極的に利用しましょう!

平屋の価格を抑えるコツと注意点

平屋を建てる際は、デザインをシンプルにし、平屋が得意な業者を選ぶとコストを抑えられます。また、要望に優先順位をつけることや、複数のハウスメーカーを比較して選ぶことも重要です。

デザインをシンプルにする

屋根の形や建物の間取りをシンプルなデザインにすると、平屋の価格は抑えられます

建物のコストは、基礎部分と屋根部分が占める割合が大きく、一般的に2階建てよりも屋根の面積が広い平屋の価格は高くなります。建築コストを抑えて平屋を建てるには、屋根の形状をできるだけシンプルなデザインにしましょう。特に、一枚板で仕上げる片流れ屋根は、材料費も人件費も抑えられるのでおすすめです。

また、正方形やI字型のようなシンプルな形の間取りを選択すると、コストを抑えられます。L字やコの字のような複雑な形状よりも工期が短いため、人件費を抑えて建築費用を安くできるのがポイントです。

要望に優先順位をつける

こだわりや要望に優先順位をつけると、コストを抑えながら希望に沿った家を建てやすくなります

予算が限られる家づくりでは、デザインや設備、間取りなどへのさまざまなこだわりや要望を、すべて叶えることはできません。そのため、要望のうち特に重視したいものを事前に決めておくと、妥協できる部分が明確になるため、コストを抑えやすくなります。

さらに、ハウスメーカーから低価格な代替え案を提供される場合もあるので、できるだけ具体的に要望をピックアップして優先順位を決め、担当者に相談すると良いでしょう。

省エネ性能の高いZEH住宅を選ぶ

省エネ設備を充実させたZEH住宅を選ぶと、補助金の受け取りや入居後のランニングコストの削減が可能なため、住宅に関わる費用を抑えられます。

ZEHはゼロエネルギーハウスの略で、高性能な断熱材や太陽光発電などを導入した省エネルギー住宅のことです。ZEH基準を満たす新築住宅は、1戸あたり100万円が受け取れるこどもエコすまい支援事業や、最高140万円が受け取れる地域型住宅グリーン化事業などへ申請ができます。

また、ZEH住宅の高性能な断熱材や空調設備で消費エネルギーを削減し、太陽光発電で使用分を上回るエネルギーを創出できれば、光熱費がかかりません。新築時の初期費用は一般的な平屋よりも高くなりますが、長く住み続けるほど光熱費ゼロ効果は大きくなり、ZEH対応のために上乗せした費用を回収できるでしょう。

日当たりと風通しに注意する

平屋は、日当たりや風通しに配慮すると、冷暖房のランニングコストを抑えられます

2階建て・3階建てのような高さがない平屋は、周辺環境によっては日当たりや風通しが悪くなる可能性があります。特に、中心部に位置する部屋は冬は寒く、夏は湿気が気になり、光熱費に悩まされる場合も少なくありません。

そのため、天窓や高窓などを設置して太陽の光を取り入れ、コの字やL字、ロの字などの間取りで中心部でも十分な日当たりが確保できるように配慮すると良いでしょう。

さらに、屋根の一部を立ち上げて換気機能や採光性を上げる越屋根(こしやね)や、立体的な空気の流れを作る吹き抜けなどを採用すると、光熱費を抑えながら快適に過ごしやすくなります。

平屋の設計・建築が得意な業者を選ぶ

平屋が得意なハウスメーカーや工務店を選ぶと、建築コストを抑えられることもあります。

ハウスメーカーや工務店は、それぞれ異なる得意分野を持っています。建築実績が豊富で、平屋住宅に強い業者は、コストを抑えるアイデアやノウハウを抱えているため、価格を抑えた平屋住宅が実現できる可能性があります。

気になるハウスメーカーの公式サイトやモデルハウスなどをチェックし、平屋プランの提供実績が豊富な業者を選択すると良いでしょう。

例えば、大手ハウスメーカーのセキスイハイムには、Basic Modelシリーズに平屋のプランがあります。過去に建てた建築事例を公式サイトで数多く公開しているので、ぜひ参考にしてください。

セキスイハイムの口コミや評判について、詳しく知りたい人は下記の記事もあわせてお読みください。

セキスイハイムの評判はやばい?口コミやメリット・デメリットも解説
他のハウスメーカーの評価や評判が気になる人は、おすすめハウスメーカー・工務店ランキング30社を紹介した記事でまとめて比較できます。ぜひご覧ください。 セキスイハイムってどんな会社? 項目 評価 特徴 価...
セキスイハイムの坪単価は平均76万円|他社比較ランキングや評判、注意点も紹介
セキスイハイムの注文住宅に魅力を感じつつ、価格帯が気になっている人は多いのではないでしょうか。ハウスメーカーの価格を見るときは、坪単価をチェックすることで予算に見合うかどうか判断しやすくなります。 マイナビ編集部では、実際に注文住宅を...

複数のハウスメーカーを比較する

平屋の価格を抑えるためには、複数のハウスメーカーに見積もりを依頼し、比較・検討しましょう。

ハウスメーカーには、ローコストな住宅を扱う会社から、ハイコストな住宅を扱う会社までさまざまなメーカーがあります。それぞれのプラン内容や設備グレードが異なるため、同じ間取りで見積もりを依頼しても、まったく異なる価格が提示されます。中には、数百万円の差が出るケースも少なくありません

そのため、複数のハウスメーカーの見積もりを入手して比較し、要望に合うプランを見つけることが重要です。

ハウスメーカー選びで後悔しない方法

「どんな家が欲しいのか?」が明確になっていないうちに、何社かに絞って比較していませんか?

ハウスメーカー選びの失敗で多いのが、最初から絞りすぎて、後から「こんなハウスメーカーもあったのか…」と後悔するパターンです。

編集部
編集部

後悔しないためには、まずはカタログやWEBサイトで情報収集することから始めるのがおすすめです。

各社のカタログを見ていると自分が住みたい家のイメージも付きやすいので、自分たちに合ったハウスメーカーが効率的に探せます。

最初から住宅展示場に行く人も多いのですが、見学できるのは1日2〜3件程度です。

カタログであれば展示会に行かずとも家でゆっくり比較できるため、自分たちのペースで家づくりが進められます。

カタログを見るなら、無料で各社の資料を取り寄せできるLIFULLカタログ一括請求が便利です。

2分程度で申し込めるので、まずは各社のカタログを請求して比較してみましょう。

\無料+2分で完了/
【公式】
LIFULLでカタログを
一括請求する

「そもそも、どんな家が欲しいのかイメージがわいていない」という人でも安心してください!

LIFULLでは、ローコスト住宅などのテーマ別でも選べるので自分に合いそうなテーマを見れば、ハウスメーカーの候補が決められるでしょう。

カタログ請求まではカンタン3step

Flow of collective request for catalogs 【無料】LIFULLでカタログ請求する>>>

資料請求した人に家づくりノートをプレゼント!

LIFULLでカタログ請求すると、家づくりの資金や、土地探しの手順、スケジュール、見学会など知っておきたいことをまとめた「家づくりノート」がもらえます!

A-notebook-explaining-how-to-build-a-house

\無料+2分で完了/
【公式】
LIFULLでカタログを
一括請求する

まとめ

平屋の価格は建築する際に発生する費用や、土地を取得する際に必要な費用などを合計して決まります。

2階建てや3階建てと比べて坪単価が上がりやすい傾向にありますが、屋根の形や建物の間取りにシンプルなデザインを採用するなど、工夫次第でコストを抑えることも可能です。

平屋の価格相場や価格を抑えるコツを理解して、マイホームを建てましょう。

※「マイナビニュース不動産査定」は以下に記載されたリンク先からの情報をもとに、制作・編集しております。
https://www.land.mlit.go.jp/webland/
https://www.rosenka.nta.go.jp/
https://www.retpc.jp/chosa/reins/
https://www.land.mlit.go.jp/webland/servlet/MainServlet
https://www.zentaku.or.jp/cms/wp-content/uploads/2022/02/2021-fudousan-anke-to.pdf


◆記事で紹介した商品・サービスを購入・申込すると、売上の一部がマイナビニュース・マイナビウーマンに還元されることがあります。◆特定商品・サービスの広告を行う場合には、商品・サービス情報に「PR」表記を記載します。◆紹介している情報は、必ずしも個々の商品・サービスの安全性・有効性を示しているわけではありません。商品・サービスを選ぶときの参考情報としてご利用ください。◆商品・サービススペックは、メーカーやサービス事業者のホームページの情報を参考にしています。◆記事内容は記事作成時のもので、その後、商品・サービスのリニューアルによって仕様やサービス内容が変更されていたり、販売・提供が中止されている場合があります。
タイトルとURLをコピーしました