[PR]

【2024年】東京都の解体工事業者おすすめ10選!選び方や節約術も

造成・解体工事
本ページはプロモーションが含まれています。

自宅の老朽化が進み解体工事を検討しているものの「どこに依頼したらよいのかわからない」「東京都でおすすめの業者はあるのか」と悩んでいる人も多いのではないでしょうか。

そこでこの記事では、東京都でおすすめの解体工事業者10社や業者の選び方をわかりやすく解説します。

また、業者に解体を依頼する際には費用がかかるため、相場を事前に把握しておくことも大切です。記事後半では費用相場工事の流れも解説するので、解体工事を検討している人はぜひ読み進めてみてください。

解体工事をご検討の方へ
  • AIによる自動見積もりによって、その場で価格がわかる!解体の窓口」がおすすめ
  • 厳しい基準を満たした厳選業者1,100社が加盟
  • ユーザー満足度95%!解体費用見積もりサイト「満足度」・「価格」で2冠達成

東京都のおすすめ解体工事業者10選を一覧比較

最初に、東京都のおすすめ解体工事業者10社を紹介します。

社名 sunrise 榮建設 Ripro 東央建設 MATOI 日本エコジニア レクト ウエストバレー 東京解体工事工業所 マツダジャパン
所在地 神奈川県横浜市都筑区
中川3-22-4
足立区西新井本町2-7-9-1F 練馬区上石神井4-16-17 府中市浅間町3-5-23 練馬区南大泉6-21-1 埼玉県川越市広栄町24-3 大田区多摩川1-11-3
大裕工業ビル2F
八王子市上川町1966-1 台東区寿三丁目5番10号 練馬区三原台3-25-15
イマジン三原台ベース2F
設立 2008年1月11日 2015年7月10日 2001年12月創業 2000年11月21日 2019年6月1日 2009年9月 2016年6月 2004年12月 1953年7月3日 1999年12月
資本金 300万円 300万円 3,000万円 600万円 500万円 5,000万円 500万円 1,000万円 3,300万円 1,000万円
解体の対象物件 ・木造
・鉄骨造
・コンクリート造
・木造
・鉄筋造
・鉄骨造
・RC造
・木造
・鉄骨造
・RC造
・木造
・鉄骨造
・RC造 など
・木造
・鉄骨造
・RC造 など
・木造
・鉄骨造
・RC造 など
・木造
・鉄骨造
・RC造 など
・木造
・鉄骨造
・RC造 など
・木造
・鉄骨造
・RC造 など
・木造
・鉄骨造
・RC造 など
営業時間 9:00~17:00 9:00~18:00 9:00〜18:00 9:00〜18:00 9:00~18:00 電話受付24時間対応 9:00~18:00 9:00~17:00 要問い合わせ 9:00~18:00
取得許可 ・建設業許可
解体工事業8般‐19第81885号
・収集運搬許可
神奈川県・東京都
・建設業許可
解体工事業東京都知事
(登-27)第2773号
・建設業許可
解体工事業神奈川県知事
(登-29)第1851号
・建設業許可
解体工事業千葉県知事
(登-29)第1466号
・建設業許可
解体工事業埼玉県知事
(登-29)第1951号
・産業廃棄物収集運搬業
許可番号第193545号
東京都・神奈川県・千葉県・埼玉県
・建設業許可
解体工事業埼玉県
(般-29)第62252号
・特別管理産業廃棄物収集運搬
東京都 第13-50-084207号
・産業廃棄物収集運搬
東京都・埼玉県・千葉県・神奈川県
・新座市一般廃棄物処理業
(収集運搬・中間処理)
第30-40号
・古物商許可
・一般貨物運送業
・とび、土工工事業
(般-28)第126968号
・解体工事業
(般-31)第126968号
・産業廃棄物収集運搬業務許可
東京都・埼玉県・神奈川県・千葉県
第166735号
・建設業許可
解体工事業東京都知事
(登−1)第3804号
・建設業許可
解体工事業埼玉県知事
(登−1)第2302号
・建設業許可
解体工事業神奈川県知事
(登−1)第2099号
・建設業許可
解体工事業千葉県知事
(登−1)第1712号
・産業廃棄物収集運搬業許可
東京都 第13-00-211683号
・産業廃棄物収集運搬業許可
埼玉県 第01100211683号
・産業廃棄物収集運搬業許可
神奈川県 第01400211683号
・産業廃棄物収集運搬業許可
千葉県 第01200211683号
・建設業許可
解体工事業埼玉県知事 許可
(特一4)第68412号
・宅地建物取引業免許番号
埼玉県知事(1)第24065号
・古物商許可
第431080054615号
・建設業許可
解体工事業東京都知事
(般-30)第148912号
・産業廃棄物収集運搬業許可
東京都 第1300190799号
・産業廃棄物収集運搬業許可
神奈川県 第01400190799号
・産業廃棄物収集運搬業許可
埼玉県 第01100190799号
・産業廃棄物収集運搬業許可
千葉県 第01200190799号
・とび、土工建設許可番号
東京都知事(般-1)第142793号
・一般建設業解体工事許可
東京都知事(般-1)第142793号
・産業廃棄物収集運搬業許可
東京都知事:第13-00-144188号
・産業廃棄物収集運搬業許可
神奈川県知事:01402144188号
・産業廃棄物収集運搬業許可
埼玉県知事:01102144188号
・産業廃棄物収集運搬業許可
千葉県知事:01200144188号
・産業廃棄物収集運搬業許可
静岡県知事:02201144188号
・産業廃棄物収集運搬業許可
山梨県知事:01900144188号
・建設業許可
解体工事業(特-3)第667号
・建設業許可
解体工事業(特-3)第667号
・建設業許可
解体工事業(般-3)第667号
・産業廃棄物収集運搬業許可
東京都 第13-00-019257号
・産業廃棄物収集運搬業許可
埼玉県 第01101019257号
・産業廃棄物収集運搬業許可
神奈川県 第01402019257号
・産業廃棄物収集運搬業許可
千葉県 第01200019257号
・産業廃棄物収集運搬業許可
茨城県 第0081019257号
・産業廃棄物収集運搬業許可
群馬県 第0100001925号
・産業廃棄物収集運搬業許可
栃木県 第00900019257号
・産業廃棄物収集運搬業許可
東京都・埼玉県・千葉県・
神奈川県・茨城県・栃木県・
群馬県・山梨県・福島県・
宮城県・山形県
おすすめポイント 年間300件以上の実績 創業16年5,000件以上の実績 500件以上の実績 環境に配慮したリサイクル解体 施工前〜施行後まで全面サポート 独自の解体工事専門サービス 解体以外のさまざまな作業も対応 自社のダンプや重機を使用
してコストダウンを実現
1953年設立の老舗業者 完全自社施工
リンク

※2023年2月調査

業者によって会社の規模や解体の対象物件などは異なるため、複数社を比較して自分に合うところを見つけましょう。

東京都の解体工事業者おすすめ10選

ここからは、東京都でおすすめの解体工事業者を1社ずつ詳しく紹介します。

sunrise

※画像引用元:sunrise公式HP

・運営会社:株式会社サンライズ
・主要対応エリア:世田谷区・渋谷区・大田区を中心に東京都、神奈川県全域
・解体の対象物件:木造・鉄骨造・コンクリート造

sunriseは、神奈川県横浜市に本社を置く解体工事業者です。戸建やアパートの解体を中心に、年間300件以上の工事実績があります。建物の解体のほか、残置物の撤去から整地までワンストップで依頼可能。

通常、解体工事を実施する際は騒音や振動、粉塵などが発生するのが一般的です。しかしsunriseでは近隣住民への挨拶回りを徹底しており、クレームゼロを実現しています。

sunriseはこんな人におすすめ!

  • 実績が豊富な業者に依頼したい人
  • 近隣住民とのトラブルが気になる人
  • 現場管理を徹底した業者に依頼したい人

公式HPはこちら

榮建設

※画像引用元:榮建設公式HP

・運営会社:株式会社榮建設
・主要対応エリア:東京都・神奈川県・埼玉県・千葉県
・解体の対象物件:木造・鉄筋造・鉄骨造・RC造

榮建設は東京都足立区にある解体工事業者で、2015年の創業から現在までに5,000件の解体実績があります。経験豊富なスタッフが数多く在籍しており、現場には技能講習や特別教育を受講した責任者が常駐しています。

自社施工で中間マージンが発生しないため、費用を抑えることが可能。さらに助成制度を利用する際の手続きなどもサポートしてくれるため、初めて助成金を申請する人でも安心です。

榮建設はこんな人におすすめ!

  • 実績が豊富な業者に依頼したい人
  • 自社施工の業者を選びたい人
  • 助成金のサポートを受けたい人

公式HPはこちら

Ripro

※画像引用元:Ripro公式HP

・運営会社:株式会社リプロ
・主要対応エリア:東京都・埼玉県・神奈川県の一部・千葉県の一部
・解体の対象物件:
木造・鉄骨造・RC造

Riproは、東京都練馬区に本社を置く解体工事業者です。ブロック塀やカーポートなどの小規模なものから、工場や倉庫などの大規模なものまで幅広く対応しています。

また、マンションリノベーション業者であるエフステージと業務提携しているため、解体後のリフォームやリノベーションもワンストップで依頼可能です。

Riproはこんな人におすすめ!

  • 家周りの工作物を撤去してほしい人
  • 解体後にリフォームやリノベーションも検討している人
  • 大規模な解体工事を検討している人

公式HPはこちら

東央建設

※画像引用元:東央建設公式HP

・運営会社:有限会社東央建設
・主要対応エリア:東京都・埼玉県・神奈川県
・解体の対象物件:木造・鉄骨造・RC造など多数

東央建設は、東京都・埼玉県・神奈川県を中心に建物の解体事業を展開している解体工事業者です。2000年の創業以来、年間700件以上、累計10,000件以上の実績があります。

また「人と環境にやさしく」をモットーに、環境に配慮したリサイクル解体を実施しています。防音対策や挨拶回りなどの近隣住民への気配りを心がけているため、周囲に迷惑をかけないか不安な人も安心です。

東央建設はこんな人におすすめ!

  • 運営実績の長い業者に依頼したしい人
  • リサイクルもできるエコな工事を望む人
  • 防音対策をしっかりとしてほしい人

公式HPはこちら

MATOI

※画像引用元:MATOI公式HP

・運営会社:株式会社マトイ
・主要対応エリア:東京都・埼玉県・神奈川県・千葉県
・解体の対象物件:木造・鉄骨造・RC造など多数

MATOIは東京都練馬区に本社を置き、西東京市の果樹園に事務所を構える解体工事業者です。顧客を第一に考えており、施工前から施行後までを全面的にサポートしてくれます。

別途料金が必要ですが、建物の思い出を残すために、プロカメラマンによる撮影やアルバム制作などの依頼が可能です。ほかにもMATOIでは、カーポートやブロック塀などの外構工事にも対応しています。

MATOIはこんな人におすすめ!

  • アフターフォローが充実した業者に依頼したい人
  • 解体前の建物を思い出に残したい人
  • 建物の外構工事を検討している人

公式HPはこちら

日本エコジニア

※画像引用元:日本エコジニア公式HP

・運営会社:株式会社日本エコジニア
・主要対応エリア:関東全域・東北の一部・甲信越の一部、東海の一部、関西全域
・解体の対象物件:木造・鉄骨造・RC造など

日本エコジニアは、埼玉県川越市にある解体工事業者です。年間着工件数は5,000件以上の実績があり、コンプライアンスを重視した施工を心がけています。相談窓口は24時間対応なので、思い立ったときにいつでも連絡できるため安心です。

中間マージンを徹底的に排除し、リーズナブルな料金設定を実現しているのも特徴。また社会貢献活動にも積極的に取り組んでおり、2021年7月31日から埼玉県のSDGsパートナーに登録されています。

日本エコジニアはこんな人におすすめ!

  • 実績が豊富な業者に依頼したい人
  • 困ったときにいつでも連絡を取りたい人
  • 自社施工の業者に依頼したい人

公式HPはこちら

レクト

※画像引用元:レクト公式HP

・運営会社:株式会社レクト
・主要対応エリア:東京都・神奈川県・千葉県・埼玉県
・解体の対象物件:
木造・鉄骨造・RC造など

レクトは、東京都大田区にある解体工事業者です。建物の解体工事のほかにも、車庫解体工事やカーポートの撤去、不用品回収などのさまざまなサービスを提供しています。2022年12月31日時点での工事実績は844件に昇る人気業者です。

自社施工なので中間マージンが発生せず、下請け業者に丸投げすることもありません。また、常に即日または翌日対応できる体制を維持しているため、解体工事を早く依頼したい人にもおすすめです。

レクトはこんな人におすすめ!

  • 解体工事の際に不用品を回収してほしい人
  • 自社施工の業者に依頼したい人
  • 解体工事を急いでいる人

公式HPはこちら

ウエストバレー

※画像引用元:ウエストバレー公式HP

・運営会社:有限会社ウエストバレー
・主要対応エリア:東京都・神奈川県・埼玉県
・解体の対象物件:
木造・鉄骨造・RC造など

ウエストバレーは東京都八王子市に本社を置き、東京都全域と神奈川県・埼玉県の一部エリアで事業を展開する解体工事業者です。自社のダンプや重機を使用してコストダウンに努めているため、リーズナブルな料金を実現しています。

安心・安全・安価を信条に取り組んでいることが認められ、社団法人あんしん解体業者認定協会からの取材も受けるほどの実力者です。建物の解体工事のほかに、樹木の伐採や不用品回収など幅広い作業の依頼もできます

ウエストバレーはこんな人におすすめ!

  • 工事費用を抑えたい人
  • 敷地内の樹木を撤去したい人
  • 不用品の回収を依頼したい人

公式HPはこちら

東京解体工事工業所

※画像引用元:東京解体工事工業所公式HP

・運営会社:株式会社東京解体工事工業所
・主要対応エリア:東京都・埼玉県
・解体の対象物件:木造・鉄骨造・RC造など

東京解体工事工業所は、1953年に設立された老舗の解体工事業者です。熟練の解体工が多く、長い事業運営のなかで培ってきたノウハウを活かし、クオリティの高い施工を実現しています。

作業の際に発生する騒音や振動などにも配慮し、万全に対策したうえで工事を実施しているため、安心して工事を任せることが可能です。また建設リサイクル法を順守し、環境への負荷を最小限にとどめるよう努力しています。

東京解体工事工業所はこんな人におすすめ!

  • 実績豊富な老舗業者に工事を任せたい人
  • 騒音や振動に配慮したい人
  • 解体のエキスパートを探している人

公式HPはこちら

マツダジャパン

※画像引用元:マツダジャパン公式HP

・運営会社:マツダジャパン株式会社
・主要対応エリア:東京都・埼玉県・千葉県・神奈川県
・解体の対象物件:
木造・鉄骨造・RC造など

マツダジャパンは、東京都練馬区にある解体工事業者です。完全自社施工なのでマージンが発生せず、リーズナブルな料金を実現しています。人間力と技術力を習得した社員が作業を実施するため、安心して任せることが可能。

マツダジャパンにはリース部もあり、新車や中古車の販売にも携わっています。過去には新車・中古車の販売に貢献したとして、東日本キャタピラー三菱建機販売株式会社から感謝状が送られるなど、解体工事以外でも実績があります。

マツダジャパンはこんな人におすすめ!

  • 自社施工の業者に依頼したい人
  • 顧客に対してきめ細かい対応を求める人
  • 技術力が高い社員がいる業者に依頼したい人

公式HPはこちら

東京都で依頼する解体工事業者の選び方

解体工事業者を選ぶ際に重視したい条件は実績、自社施工かどうか、対応の良さの3点です。ここからは3つの基準をもとに、解体工事業者を選ぶポイントやおすすめの解体工事業者を紹介します。

解体工事の実績で選ぶ

業者を選ぶ際は、公式サイトや折り込みチラシなどで実績を確認することが大切です。実績がある業者ほど、解体工事に関するノウハウが蓄積されているため安心して任せられます。

また写真付きで事例などを紹介している業者であれば、どのようなノウハウをもつ企業なのか具体的にイメージできるので参考にしましょう。

解体工事の実績を重視したい人におすすめの業者3選

社名 強み 公式サイト
sunrise 年間300件以上の実績 https://sunrise2008.jp/
東央建設 年間700件以上、累計10,000件以上の実績 https://touoh-kensetu.com/
東京解体工事工業所 明治20年創業の信頼と実績 https://www.tokyokaitai.co.jp/

自社施工をしているかで選ぶ

完全自社施工の業者に絞って選ぶのもおすすめです。下請け業者に丸投げせずに自社ですべて責任をもって作業をおこなうため、安心して解体工事を任せられるでしょう。

また外部業者に委託すれば、中間マージンなどが発生して工事費用が高くなる傾向にあります。自社施工業者を選ぶことは、工事費用を節約したい人にとって良い選択肢といえます。

自社施工を重視したい人におすすめの業者3選

社名 強み 公式サイト
榮建設 自社施工に加えて保有重機も多く、ベテランと若手の融合で人件費が抑えられている https://kaitai-sakae.com/
レクト 分離発注で中間マージンを削減できるため、20~30%のコストダウンを実現 https://lect.co.jp/
ウエストバレー 自社のダンプや重機を使用してリーズナブルな料金を設定 https://www.west-valley.co.jp/

対応の良さで選ぶ

解体工事業者に依頼する際は、見積もりや工事の内容をわかりやすく説明してくれるかも注目しましょう。担当者の姿勢に違和感がある場合は、万が一トラブルが発生したときに、納得のいく対応をしてもらえない可能性があるので注意が必要です。

また解体工事を実施する際は騒音や振動、粉塵などが発生するため、近隣住民への配慮を怠らないかなどもあわせてチェックしましょう。

対応の良さを重視したい人におすすめの解体工事業者3選

社名 強み 公式サイト
Ripro 近隣住民との関係に最大限配慮 https://ripro1.com/
MATOI 近隣住民とは工事前だけでなく、工事後も良好な関係を保てるように配慮 https://matoi0101.com/
日本エコジニア 24時間体制の電話対応 https://ecogineer.jp/

東京都での解体工事の基礎知識

解体工事には100万円以上の大きな費用がかかるケースも多いため、後悔しないためにも正しい基礎知識を身につけ、賢く工事を進めることがポイントです。工事の流れも把握して、スムーズな手続きを目指しましょう。

解体工事費用の相場

解体工事にかかる費用の相場は建物の構造や坪数、エリアによって異なります。次の表で、都内の一部エリアの解体費用目安をまとめたので参考にしてください。

構造 エリア 費用の相場
木造2階建て 世田谷区 33坪:108万円程度
杉並区 25坪:111万円程度
足立区 28坪:80万円程度
鉄筋コンクリート造4階建て 武蔵野市 47坪:422万円程度
立川市 108坪:1,220万円程度
鉄骨造2階建て 台東区 37坪:173万円程度
江東区 90坪:635万円程度
小金井市 48坪:163万円程度

”参考: 解体の達人東京都内の解体費用相場や解体関連の補助金制度をご紹介!」”

なお上記の金額は建物の解体のみにかかる費用で、解体工事の際は必要に応じて次の追加費用が発生します。

  • 仮設養生
  • 手壊し費用
  • 土間コンクリート撤去費用
  • 樹木の撤去費用
  • 重機回送費

このほかにも、残置物を撤去する場合や着工前にお祓いをする場合などは、別途費用がかかります。

解体工事の流れ

基本的な解体工事の流れは、次のとおりです。

  1. 見積もりを依頼・契約
  2. 申請書類の提出
  3. 解体工事の準備
  4. 解体工事の着工
  5. 解体工事の完了
  6. 引き渡し
  7. 滅失登記申請

まずは、解体工事業者に見積もりを依頼し、見積もり内容に納得できたら解体工事業者と契約を結びます。着工前に、ライフラインの停止や不用品の処分などを済ませておきましょう。

解体工事後は物件が引き渡され、最後に滅失登記申請をしてすべての工程が完了します。

解体工事のルール・必要な届出

解体工事をする際は騒音が発生するため、騒音規制法で作業できる時間帯や作業日数などが定められています。騒音規制法では、用途によって第1号区域と第2号区域に区分されており、住宅地は第1号区域のため次のルールが適用されます。

時間帯 午前7時~午後7時
1日の作業時間 10時間以内
作業日数 連続6日まで

また解体工事では、状況に応じてリサイクル法の届出歩道占有届出などの手続きも必要です。場合によって、各種手続きは解体工事業者側が代行してくれます。

東京都で解体工事費用を節約する方法

東京都で解体工事を依頼する場合は、坪数やエリアによって費用が高額になる可能性があります。工事費用を抑えるためには次の方法を検討しましょう。

依頼する業者は複数を比較

解体工事の費用相場は、あくまでも目安に過ぎません。同じ工事内容でも実際の費用は業者によって異なるため、節約したい場合は複数の業者に見積もりを依頼するのがおすすめです。

複数社に見積もりを依頼すると金額を比較でき、より安い見積もり額を出してくれる業者を見つけやすくなります。ただし、安さだけを優先してしまうのは危険です。見積もりを比較する際は金額だけでなく、すべての項目を隅々までチェックしましょう。

自治体の補助金を申請

解体工事の費用を節約したい場合は、自治体の補助金を活用するのも手段の一つです。

自治体のなかには、老朽化が進んでいる住宅や木造家屋などの解体を条件に、補助金制度を設けているケースがあります。お住まいの自治体ホームページなどをチェックしてみましょう。

不用品はリサイクル

リサイクル解体工事業者のなかには、有料で不用品を回収してくれるところもあります。

リサイクルに出せば廃棄費用を抑えられるだけでなく、売却して現金化できれば解体費用に充てることも可能です。売却できない場合は、友人や知人に引き取ってもらう方法も検討しましょう。

東京都での解体工事に関するよくある質問

最後に、東京都での解体工事に関するよくある質問を紹介します。

解体工事業者は怖い?よくあるトラブルと対策を教えて

解体工事業者との間で起きやすいトラブル事例は次のとおりです。

  • 近隣住民からのクレーム
  • 工事遅延
  • 見積り額と請求額の相違
  • 工事品質が悪い

上記のようなトラブルは、実績があり評判の良い優良業者を選ぶことで避けられます

解体工事を実施する際は騒音や振動、粉塵などの発生が原因でトラブルに発展するケースも少なくありません。事前に、挨拶周りをしたり防音対策を徹底したりするなど、近隣への配慮を怠らない信頼できる業者を見極めることが大切です。

解体とそのまま売却はどちらがいい?

建物がある土地に比べると、更地のほうが活用方法が豊富です。築年数が古い住宅は、買い手が見つかりにくい傾向です。そのため建物の築年数が古い場合は、解体して更地にしたほうが売却しやすくなるかもしれません

また建物がある状態で買い手が見つかっても、中古物件は売却後に買い手とトラブルになるリスクもあります。買い手とのトラブルを減らしたい場合は、建物を解体したほうがよいでしょう。

ただし解体して更地にすれば固定資産税が高くなるため、すでに買主候補があり解体後すぐに売却できる状況でなければ、古家付き土地として安く売り出したほうがよいケースもあります。立地条件や物件状態を加味し、不動産会社とよく相談して判断しましょう。

まとめ

今回は、東京都でおすすめの解体工事業者を10社紹介しました。それぞれ特徴が異なるため、複数社を比較して自分に合う業者を選ぶことが大切です。

また、坪数やエリアによっては費用が高額になる可能性があります。補助金が活用できれば費用を抑えられるため、お住まいの自治体の公式サイトをチェックしてみましょう。

※「マイナビニュース不動産査定」は以下に記載されたリンク先からの情報をもとに、制作・編集しております。
https://www.land.mlit.go.jp/webland/
https://www.rosenka.nta.go.jp/
https://www.retpc.jp/chosa/reins/
https://www.land.mlit.go.jp/webland/servlet/MainServlet
https://www.zentaku.or.jp/cms/wp-content/uploads/2022/02/2021-fudousan-anke-to.pdf


◆記事で紹介した商品・サービスを購入・申込すると、売上の一部がマイナビニュース・マイナビウーマンに還元されることがあります。◆特定商品・サービスの広告を行う場合には、商品・サービス情報に「PR」表記を記載します。◆紹介している情報は、必ずしも個々の商品・サービスの安全性・有効性を示しているわけではありません。商品・サービスを選ぶときの参考情報としてご利用ください。◆商品・サービススペックは、メーカーやサービス事業者のホームページの情報を参考にしています。◆記事内容は記事作成時のもので、その後、商品・サービスのリニューアルによって仕様やサービス内容が変更されていたり、販売・提供が中止されている場合があります。
タイトルとURLをコピーしました