アクシーズハウスの評判は?利用者のリアルな口コミと施工例も紹介

不動産購入

札幌市近郊での家づくりを検討するなかで、アクシーズハウスの評判が気になったという人も多いでしょう。「よい評判を見たけど本当?」「実際のコスパはどう?」などお悩みではありませんか?

アクシーズハウスは、札幌市やその近郊の家づくりに特化したハウスメーカーです。建設はもちろん、土地探しからサポートしてもらえるため、理想的な住まいを実現することができます。

本記事では、アクシーズハウスのリアルな口コミを紹介し、特徴やおすすめの人を分析しました。実際の施工例や、後悔しないハウスメーカーの選び方についても紹介します。特徴を把握した上で、アクシーズハウスで理想の暮らしを手に入れましょう。

アクシーズハウスはこんなハウスメーカー・・・
  • アクシーズハウスは収納スペースや生活動線にこだわった規格住宅メーカー!
  • アクシーズハウスは維持費を含むトータルコストが安く、好立地も目指せる!
  • アクシーズハウスは性能やアフターフォローが充実していて安心!
\札幌で新築一戸建てを建てるなら/
アクシーズハウスの公式サイトへ

※本記事は株式会社ジョンソンホームズのPR記事です。

アクシーズハウスのリアルな口コミ・評判を見てみよう

※画像出典:アクシーズハウス公式ホームページ

「アクシーズハウス」利用者のリアルな口コミ

・『はじめは中古住宅が第一候補でしたが、無理のない範囲で新築のマイホームを持てることが嬉しいです。規格住宅でも、生活するために必要なものがほとんど標準で付いているところや、コレモ(注1)がついている。収納が多いところも決め手でした。』(40代)

・『最初のうちは土地がなかなか見つからず、無理なのかも…と諦めかけましたが、営業担当の方が良い土地を紹介してくれて、すぐに決めました。アクシーズハウスの「共働きのご夫婦向け」というのが、自分たちにぴったりだなと感じました。』(30代)

・『希望や予算によって色々間取りが選べるのと、シンプルだけど収納が多く整理しやすそうなところが気に入りました。優柔不断なので、仕様がある程度決まっているのも良かったです。土地の提案や子供の学区、性能についても営業さんが詳しく相談にのってくれたことが一番の決め手です。』(30代)

・『コレモのメンテナンスが、どの程度必要になるのかがわからないので心配です。』(30代)

・『すぐにレスポンスをいただけるのですが、打ち合わせでの伝え忘れが少しあるように感じました。』(20代)

・『何十年後かに、外壁の塗り直しが必要になるのかな?と少し心配です。』(30代)
\札幌で新築一戸建てを建てるなら/
アクシーズハウスの公式サイトへ

1)アクシーズハウスが導入する、自宅の暖房などガスを利用して自家発電する北ガスの発電システム

口コミからわかった「アクシーズハウス」とは?

  • 土地探しから家づくりまでトータルで任せられる
  • 共働き世帯にもうれしい収納量や動線にこだわった規格住宅を提供
  • 予算や希望に合わせた提案やアドバイスで安心
アクシーズハウスは、1987年創業の地域に根付いたハウスメーカー「ジョンソンホームズ」が展開する住宅ブランドです。そのノウハウを活かした土地の提案、間取り・性能選びなどトータルサポートサービスが高く評価されています。アクシーズハウスで土地探しからサポートしてもらうことで、より効率のよい家づくりを目指すことができるでしょう。

また、アクシーズハウスは施主が一から決める注文住宅ではなく、ある程度決まった間取りや設備から選ぶ規格住宅を提供しています。収納量や生活動線にこだわった間取りは、共働き世帯など忙しい生活を送る家庭からも評価が高いです。

さらに、コスト面では希望や予算にあった提案をしてくれるのも心強いです。プランや間取りの種類が豊富であるため、無理せず新築マイホームを持つことができます。

一方で、メンテナンス面を不安視する意見も見られました。アクシーズハウスに限らず、戸建物件には数年ごとのメンテナンスが必要です。アクシーズハウスでは、入居後の永年サポートとして点検・補修のサポートも提供しています。住宅設備の補償などもあるため、不安な人は事前に確認しておくとよいでしょう。

\札幌で新築一戸建てを建てるなら/
アクシーズハウスの公式サイトへ

アクシーズハウスとは?おすすめの人と5つの特徴

※画像出典:アクシーズハウス公式ホームページ

・会社名:株式会社ジョンソンホームズ
・所在地:北海道札幌市西区八軒4条東5丁目1番1号
・設立:1987年6月12日
資本金:5,000万円
保証期間:10年
対応地域:札幌市及びその近郊
業務内容:住宅の設計・施工、リフォーム工事の設計・施工、不動産の売買および斡旋、インテリア商品の販売など
TEL:0117378888
公式HP:https://www.axyzhouse.jp/
アクシーズハウスは、こんな人におすすめのハウスメーカーです。
  • 札幌の都市部や駅近に家を建てたい2人暮らしの人
  • コストパフォーマンスを重視している人
  • 価格設定がわかりやすいメーカーを探している人
  • コストだけでなく性能や設備も譲れない人
  • 保証が整ったハウスメーカーに依頼したい人
\札幌で新築一戸建てを建てるなら/
アクシーズハウスの公式サイトへ

2人暮らし向きのコンパクトな間取りが豊富

アクシーズハウスは、販売実績4,500棟以上のジョンソンホームズのノウハウを持っています。そのノウハウは、暮らしやすさを追求した間取りに活かされています。

特に子どもがいない夫婦、子どもが独立した老後の夫婦、親子など、2人暮らし向けのコンパクトな間取りが豊富です。広い家は魅力的ですが、使わないスペースができてしまったり、掃除の手が回りにくかったりといったデメリットがあります。アクシーズハウスは大きく豪華な家にこだわらず、暮らしにぴったりのサイズ感・暮らし心地を考えた設計が特徴的です。

また、土地の広さに応じてさまざまなプランや間取りを選ぶことができます。コンパクトでありながら過ごしやすい動線や収納設計で、ゆとりある暮らしを送ることができるでしょう。共働きの夫婦や荷物の多い2人暮らしにもぴったりです。

トータルコストが安い

アクシーズハウスは、そのコストパフォーマンスの高さも魅力的です。アクシーズハウスの建物はその性能の高さに比べてリーズナブルに購入できます。さらに、暮らし始めてからのランニングコストが安くなるような家づくりを目指しています。

上記は、アクシーズハウスが導入する「コレモという発電システムのランニングコストシミュレーションを示すイラストです。コレモとは、北ガスが提供する自家発電システムのことをいいます。暖房使用時のガスを使って発電するため、オール電化などの住宅よりもランニングコストを節約できます。灯油を使用するセントラルヒーティングと比べると、最大年間9万円もの節約になるそうです。

\コレモのメリット/
  • 太陽光とは違い、天候不良や降雪などの影響を受けずに発電ができる!
  • コレモ発電中に停電が起きても、電源は落ちずに暖房を使える!
  • 使わなかった発電分は、売電できるので家計をサポート!

家づくりは建ててからが本番ともいわれます。建築費用が安かったとしても、維持費や光熱費、メンテナンス費用が高ければその後の生活が圧迫されかねません。ランニングコストを抑えることで、日々の生活にゆとりが生まれたり、メンテナンス費用を無理なく工面できたりといったメリットがあります。

立地のよい土地に家を建てることができる

札幌の都心エリアに住みたい人にもアクシーズハウスがおすすめです。

アクシーズハウスでは、地域に根付いた提案力で土地探しをサポートしてもらえます。実際に、アクシーズハウスで家づくりをする人の90%以上が土地探しからサポートを受けています。

自身で一から土地探しをするのは大変です。理想的な土地が見つからず、家づくりの前に疲弊してしまう例も珍しくありません。アクシーズハウスには長年の経験で培った独自の不動産システムがあるため、未公開物件の情報を手に入れることもできます。地盤と住宅の配置方法、周辺環境についての知識など、総合的なアドバイスを受けられるため、初めての土地探しでも安心です。

さらに、先の章で述べたように、ランニングコストが抑えられることも好立地の土地を選択できることにつながっています。コレモの導入などで将来削減できる光熱費分を土地の購入費にあてることで、より条件のよい土地の選択が可能になるでしょう。

コミコミ価格でわかりやすい

価格設定がわかりやすく、後から追加で請求される心配がない点もおすすめのポイントです。

アクシーズハウスの価格設定は、建物価格に住宅設備や収納、照明といったすべてが含まれるコミコミ価格です。たとえば、23坪税込み1,600万円の建物には次の設備が標準設備として含まれています。

  • 住宅設備
  • キッチン背面収納
  • 全居室の照明
  • 全居室のカーテン
  • 自家発電コレモ
  • 付帯工事
  • 5万円の家具・雑貨

厳選された間取りやプランのなかから組み合わせて選ぶことで、コストダウンが可能です。

インテリアプランは、プロのコーディネーターが厳選したものが用意されています。一からあれこれ選ぶ手間も少なく、自身がこだわりたいポイントはオプションを選ぶこともできるので、工夫して組み合わせることで理想的な家づくりを目指せるでしょう。

性能と保証もしっかりしていて安心

アクシーズハウスは、コストパフォーマンスだけでなく性能や保証も整っているため安心です。

性能の例としては、北海道の家にはかかせない暖かい家づくりや、耐震性能の高さが挙げられます。アクシーズハウスが採用しているのが、家じゅうがしっかり暖かくなるウレタン断熱です。ウレタンは断熱性能が高いだけでなく、自己密着性・気密性が高いため、保温や保冷にも優れています。北海道の断熱性能基準0.46以下をしっかりクリアしており、安心です。

耐震では、軸で支える在来工法の柔軟性と、面で支える2×4工法の頑丈さを兼ね備えたハイブリッドファーム工法を採用しています。震度7の地震にも耐えられるよう設計されているため、自然災害にも備えることが可能です。

さらに、入居後のサポートのも充実しています。主なサポートは次の通りです。

  • ジョンソンレディの訪問
  • 点検・補修
  • 20年間の地盤保証
  • 10年間の瑕疵保証
  • 最長10年の住設あんしんサポート

このように、住んだ後のアフターフォローも充実しているため、建てた後も長く安心して住むことができるでしょう。

\興味がわいた方はこちら/
アクシーズハウスの公式サイトへ

札幌のおすすめ注文住宅メーカーを紹介したこちらの記事もおすすめです!

【2022年最新】札幌のおすすめ注文住宅メーカー10選!特徴から選び方まで紹介
「札幌市に家を建てたいけれど、どこに頼んだらいい?」とお悩みではありませんか?札幌市近郊で家づくりを考えているなら、札幌近郊の家づくりの実績が豊富なハウスメーカーを選びましょう。周辺環境の知識や、気候に適した家づくりノウハウを持っているメー...

アクシーズハウスの施工例

続いて、アクシーズハウスの施工事例をご紹介します。

アクシーズは規格住宅のハウスメーカーですが、豊富な間取りやプランを組み合わせて自由な家づくりを行うことができます。今回は、収納・動線にこだわった家と、多機能スペースを叶えた家の2つの事例を見てみましょう。

家事が楽になる|充実収納と回遊動線にこだわった家

家の中に行き止まりを作らない回遊動線を意識したこちらの家は、日々の家事の負担を軽減し、収納スペースを多くとることですっきりとしたインテリアを楽しめる工夫が感じられます。建物価格は1.890万円で、こちらも基準設備を含めたコミコミ価格です。

施工例の写真を見てみよう

シューズクローゼット&コート掛け

12.5畳の広々としたリビング

パントリーにつながる使いやすいおしゃれなキッチン

大容量のパントリー兼家族やペットの気配を感じられるワークスペース

光が入って開放的な玄関スペース

ダイニングスぺースと階段下のデッドスペースを利用した収納庫

ダークブラウンで揃えられたデザインで統一感があるため、実際の畳数よりも広さを感じられます。大容量のパントリーや階段下の収納庫など、日用品のストックや季節外用品も無理なく収納することができるでしょう。

趣味やペット専用の部屋を確保|多機能スペースも叶えた家

続いて紹介するのは、建物価格2,020万円のこちらの施工例です。趣味や将来の子ども部屋として使えるフリールームを3つも用意しながら、必要な収納やワークスペースは欠かさない工夫が施された間取りが印象的です。

施工例の写真を見てみよう

ナチュラルな雰囲気で統一されたリビングダイニング

15.25畳の開放感のあるリビング

キッチンと横並びで使いやすいダイニング

ダイニングの背面に大容量収納

日用品や食料がストックしておけるパントリースペース

大容量のシューズクローゼットと動線が意識されたコート掛け

趣味や仕事に集中できるワークスペース

ナチュラルウッドの統一感があり、落ち着いていながらも明るい印象を受ける家です。1階にリビングや水回りといった団らんスペースを集中させることで、2階に広いフリールームを3つも配置できています。ペットが元気に遊びまわれる部屋や、趣味のスペース、将来の子ども部屋など、住む人や時期によってさまざまな使い方ができる多機能な家です。

\興味がわいた方はこちら/
アクシーズハウスの公式サイトへ

失敗しないハウスメーカーの選び方

理想的な家づくりを実現するためにはハウスメーカー選びが重要です。ハウスメーカー選びに失敗してしまうと、予算を大きくオーバーしてしまったり、期待したような仕上がりにならなかったりと取り返しのつかないことになりかねません。

では、どういったハウスメーカーを選ぶべきなのでしょうか?本章ではハウスメーカー選びのポイントとして次の4つを解説します。

  • 担当者やハウスメーカーが信頼できるか
  • アフターフォローや保証内容をチェック
  • 住宅性能をきちんと把握しておく
  • 予算内での相談に乗ってくれるか

担当者やハウスメーカーが信頼できるか

ハウスメーカーや工務店に依頼するなら、信頼のおける担当者や会社であるかどうかで判断することも大切です。

とはいえ、単に大きな会社であれば信頼できるというわけではありません。例えば、家を建てようとしている地域での施工実績が豊富土地探しから総合的にサポートしてもらえるなど、自身の家づくりに適した会社を選びましょう。

また、ハウスメーカーが信頼できる会社であったとしても、直接やり取りをする担当者との相性が悪ければ不満の残る家づくりになってしまいます。質問や不安な点に対して親身に対応してくれる、レスポンスが迅速他社のマイナス点をセールスポイントにしない自社都合の悪い話をしないなど、評価のポイントはさまざまです。ハウスメーカーの担当者とは長い付き合いになります。気持ちよくやり取りできる担当者がいるハウスメーカーを選びましょう。

アフターフォローや保証内容をチェック

家づくりで大切なのは、建築自体ではなく住んでからの生活です。建築後に受けられるアフターサービスや保証内容を事前に確認しておきましょう。

自分で住んでいるだけでは、家の不調や不具合に気が付くことは難しいです。設備などは早めに修理に出せば保証期間内で無償になることも多いため、定期的な点検やメンテナンスが必要です。アフターサービスの内容に定期的な点検が含まれているハウスメーカーなら、安心して暮らすことができます。

住宅の保証期間の義務は10年間ですが、ハウスメーカーによってはそれ以上の期間を保証している場合もあります。また、10年間の保証に限られるものの保証内容が手厚い会社など、メーカーによって保証内容はさまざまです。担当者に質問するなど、期間や内容についても詳しく確認しておきましょう。

住宅性能をきちんと把握しておく

建てる家の性能はメーカーによって異なります。導入したい設備や重視したい性能があるなら、住宅性能についてもよく確認することをおすすめします。

札幌は、本州などほかの地域と比べると冬の寒さが厳しいため、断熱性や気密性には特に注意する必要があるでしょう。発電システムや暖房だけでなく、住み始めてからの生活を考えて省エネ性能なども確認すると安心です。

また、工法もハウスメーカーによって異なります。自然災害に備えて耐震性に優れた工法を採用しているメーカーを選ぶのもおすすめです。

予算内での相談に乗ってくれるか

予算内で家が建てられるよう相談に乗ってくれるメーカーを選びましょう。

いくら理想の住まいを実現させたいからといっても、予算を超えてしまってはその後の支払いが厳しく、生活の負担が大きくなってしまいます。メーカーの利益ばかりを考えて、予算の増額を進めてくるようなメーカーは、施主の気持ちを考えてくれるよい会社とはいえません。

信頼できるメーカー・担当者であれば、施主の希望を聞いて予算に合うような提案をしてくれます。無理のある提案をせず、親身になってくれるメーカーを選ぶとよいでしょう。

また、メーカーの言いなりにならないためにも、地域の新築物件の相場を把握しておくことも大切です。

\札幌で新築一戸建てを建てるなら/
アクシーズハウスの公式サイトへ

家を建てる際の注意点

最後に、家を建てる際に注意しておきたい4つのポイントを解説します。

  • 借り入れる金額は無理のない範囲で
  • 生活動線を考えて間取りを決める
  • 家族で理想のイメージを決めておく
  • 耐震や断熱といった家の性能も考慮

それぞれ詳しく見てみましょう。

借り入れる金額は無理のない範囲で

家を建てる場合、多くの人がローンを組むでしょう。住宅ローンは毎月何十年も返済を続けていくことになるため、借入は無理のない範囲で行うことを意識する必要があります。無理のない範囲の基準としては、年収の5~7倍程度が目安とされています。

毎月の返済額をシミュレーションするなどして、月の収入とのバランスを見ることも大切です。つまり、借入額だけでなくその後の生活コストについても考えなくてはなりません。今住んでいる家よりも広い家に移り住むなら、光熱費が上がることも考慮しましょう。

しかし裏を返せば、省エネ効率の高い家に住み替えることで月々の負担が減る場合もあります。借入額だけでなく、家を建てた後のランニングコストを含め、トータルコストをイメージして予算を組みましょう。

賃貸と持ち家の比率やメリットデメリットについて詳しく解説したこちらの記事もおすすめです。

賃貸と持ち家の比率はどちらが多い?それぞれのメリデメも徹底解説
持ち家を手に入れることは、人生の中でも大きな目標の一つです。しかし大金が必要なため、簡単に購入を決断することはできません。購入するためには住宅ローンを利用するのが一般的で、契約すると返済は何十年も続きます。 持ち家は欲しいものの後悔し...

家を購入するのに必要な年収について詳しく解説したこちらの記事も参考にしてください。

家を買うには年収がいくら必要?年収別で見る購入価格の目安を解説!
マイホームで悠々自適な暮らしすることを、人生の目標のひとつとして掲げる方は多いはずです。しかし、家を購入するならどれぐらいの予算を想定すればよいのか、より具体的な金額も気になってくるでしょう。 そこで、今回は家を買うことを検討している...

生活動線を考えて間取りを決める

家づくりに関する後悔のなかでも、住んでみたら生活動線が悪かったという事例は多いです。間取りを決める時点では実際に住んだときのイメージが付かず、デザインを重視してしまいがちです。デザインだけでなく動線を考慮して間取りを決めることで、住みよい家づくりを実現できます。

使いやすい収納量や生活動線は人によって異なるものです。間取りを決めるにあたって人の話を聞いたり、SNSなどを参考にしたりすることもありますが、鵜呑みにすることはおすすめしません。例えば、大家族向けの間取りの家に2人で暮らしても持て余してしまったり、必要以上のランニングコストがかかったりすることがあります。

担当者と相談しながら、自身の生活スタイルや今後のライフプランに合わせた間取りを決めるようにしましょう。

注文住宅の間取りの決め方について解説したこちらの記事も参考にしてください。

注文住宅の間取りの決め方は?検討するときのポイントや注意点を解説
注文住宅は間取りを自由に決められるのが最大の魅力です。しかし選択肢が多いと、どのような間取りにすればよいのか迷ってしまいます。また選択ミスをしたり安直に決めてしまうと使い勝手の悪い住宅になってしまい、後悔することになりかねません。 そ...

家族で理想のイメージを決めておく

建てる家に住む人で話し合い、理想のイメージをつかんでおくことも大切です。

予算や土地の制限がある以上、家づくりですべての希望を叶えることはできません。計画を進めていくなかで、あきらめなければならないこともあるでしょう。

そこで、住む人それぞれの希望条件を上げていき、事前に優先順位を決めておくことをおすすめします。優先順位が決まっていれば、低い順に諦めていくことでコストカットを実現し、家族の希望や理想のイメージに合う暮らしを実現できるでしょう。

また、具体的な希望や譲れないポイントを決めておくと、メーカーに希望が伝わりやすいというメリットがあります。担当者との話し合いの際に、「こういったイメージ」「この設備は譲れない」と具体的に伝えることができれば、それを踏まえたアドバイスが受けられるため効率的です。

耐震や断熱といった家の性能も考慮

家を建てるなら、住宅性能も考慮しましょう。なかでも、日本は地震が多い国であるため、大きな地震に耐えられる設計にしておくことは大切です。地震のあとにも住み続けられる耐震性能を持つようハウスメーカーと相談しましょう。

また、札幌は本州に比べて寒さが厳しい地域であるため、断熱性能や気密性能も重要です。これらの性能が悪いと、結露がひどくカビが生えたり、光熱費が高くなったりと住み心地が悪くなる可能性があります。結果的にリフォームやメンテナンスに費用がかさんで、ランニングコストが高くなることにもなりかねません。

こういった住宅性能は目には見えにくく、初めて家を建てる人には判断が難しいポイントです。また、予算とのバランスをとるのも大変です。建てた家に長い間住み続けたいなら、ハウスメーカーと相談しながら住宅性能にもこだわることをおすすめします。

\札幌で新築一戸建てを建てるなら/
アクシーズハウスの公式サイトへ

まとめ

家を建てるなら、信頼のおける担当者がいるハウスメーカーを選ぶ必要があります。家族で話し合った希望条件や予算がかなえられるよう、親身に相談に乗ってくれるようなハウスメーカーであれば安心です。

アクシーズハウスなら、札幌近郊の都市部など、立地条件のよい土地でマイホームを持つことも夢ではありません。さらに、収納や生活動線にこだわった間取りで、コンパクトで豊かな暮らしを送ることができるでしょう。住み始めたあとのランニングコストを含め、トータルコストが安い家づくりを目指すならアクシーズハウスがおすすめです。

本記事を参考に、アクシーズハウスを活用して理想の家づくりを目指しましょう。

\札幌で新築一戸建てを建てるなら/
アクシーズハウスの公式サイトへ

 

タイトルとURLをコピーしました