[PR]

浴室のリフォームにかかる費用の相場は?おすすめメーカーも紹介

リフォーム・リノベーション
本ページはプロモーションが含まれています。

日々の疲れを温かいお湯で流してくれるお風呂は、自宅のなかでも重要な設備のひとつです。ほぼ毎日利用する浴室が古くなってしまった場合は、より快適なものにリフォームしたいものですが、気になるのは費用です。浴室は大掛かりな設備のため、多額の費用がかかるのではないかと心配している人も多いのではないでしょうか。

本記事では、浴室のリフォームにかかる費用の相場について解説します。

費用を抑えるコツやおすすめのバスメーカー、業界専門家におこなったインタビューコーナーなど紹介していきますので、浴室のリフォームを考えている人はぜひご覧ください。

優良なリフォーム会社をお探しなら『リショップナビ』の一括見積もりがおすすめ!

  • 厳しい基準をクリアした優良メーカーのみを厳選
  • 専任コンシェルジュがリフォームをサポート
  • 万が一工事ミスが起きた際にも安心の損害補償付き

保証もしっかりしているので、リフォームが初めての人におすすめです!

無料一括見積もりはこちら

★本記事のインタビューご協力者

1級建築施工管理技士、宅地建物取引士、マンション管理士、JSHI公認ホームインスペクター
亀田 融さん


東証一部上場企業グループの住宅会社に現場監督及び住宅リフォーム事業の責任者として約33年間勤務。その後2015年10月よりホームインスペクション(住宅診断)の専門会社を立ち上げて運営すると共に、現在は小規模リフォーム会社の顧問としても活動中。

編集部
編集部

本記事では、信頼性の高い声をお届けするために、業界に詳しい専門家に直接オンライン取材を実施しました。ぜひ参考にしてください。

インタビューを先に見る>>

浴室のリフォームにかかる費用の相場

浴室リフォームの相場の目安は50万円から150万円ほどと、大きく幅のあるものとなっています。理由はリフォームの内容によって、かかる費用が大きく変動してしまうからです。

まずは、浴室リフォーム費用の相場についての詳細を解説していきます。どのような浴室にリフォームしたいかを考える時には、ここで紹介する費用についても併せて意識しておくと良いでしょう。

目安は50~150万円

浴室リフォームにかかる費用は、部品代と工事費をあわせて50~150万円程度が目安になるとされています。この相場に幅があるのは、リフォーム前の状態やリフォーム内容によって金額が変動してしまうためです。

浴室やその周囲の形状、および劣化の度合いによっては工事の難易度も上がってしまうため、配管や補修によって費用は増大してしまいます。また、リフォームに使用する製品やプランの質が良いものほど値段も高くなってしまうため注意が必要です。

“参考:LIXIL浴室リフォームの費用相場」”

費用の相場はリフォームの内容で変わってくる

リフォームの内容は、以下のように大きく3つに分けられ、それによって費用も大きく変わります。

  • ユニットバスを新しいユニットバスにリフォーム
  • 在来浴室をユニットバスにリフォーム
  • 在来浴室のままリフォーム

これらの費用の違いについて、表で比較すると以下のようになります。

浴室リフォーム内容 費用相場
ユニットバス全体交換 50~150万円
在来浴室からユニットバス 65~150万円
在来浴室から在来浴室 50~200万円

“引用:リショップナビお風呂・浴室・ユニットバスのリフォーム費用相場&施工例21選!おすすめ業者の口コミも公開」”

全体的に、在来浴室が絡むリフォームが高価になる傾向が見て取れます。ユニットバスと在来浴室の内容や値段の違いについても見ていきましょう。

ユニットバスとは

天井・壁・床が一体化している箱型浴室のことをユニットバスと言います。

工事期間の短縮や簡略化が可能であることに加え、継ぎ目のない構造が水漏れを防げるなどのメリットがあることから、ホテルやマンションのような多数の部屋を擁する建築物から戸建ての住宅まで幅広く普及しています。

工場で作られたパーツを工事現場で組み立てて、家に浴室を設置するため、部品の大量生産が可能で、費用は在来浴室よりも費用が安くなるのが一般的です。

浴室のリフォームとしてユニットバスを選ぶ際には、浴室のサイズに合った製品を選択することが重要です。サイズだけでなく、浴室の構造によってはユニットバスを入れることができない可能性もあるため、事前に確認をしておくようにしましょう。

在来浴室とは

在来浴室は、ユニットバス以前の工法で作られた浴室で、築年数が古い家に多いとされています。通常の部屋を浴室に加工する手順を踏んで行うため、工数もユニットバスより多く、必然的にオーダーメイドとなるため、費用も高くなる傾向があります。

一方で、家のサイズや構造に合わせて浴室をリフォームでき、ユニットバスの設置が難しい箇所でも快適な浴室を作り上げられる点がメリットです。広さや浴室に使用する素材などもオーダーできます。自分のニーズをより綿密に実現したい場合には、在来浴室でのリフォームを検討すると良いでしょう。

浴室のリフォームにかかる費用に影響するもの

ユニットバスと在来浴室の関係性によって値段が大きく変わることについて紹介しました。しかし在来浴室の方が費用の最大値で目立つものの、いずれのケースによっても値段に大きな幅があることに気になった人も少なくはないのではないでしょうか。

この章では、その幅の中身である浴室のリフォームにかかる費用へ影響するものについて解説していきます。個々の住宅の事情に合わせて変化するものが大きいため、これらの要素についてもリフォーム内容と同じように注意して把握していきましょう。

注目すべき要素は、以下の5つとなります。

  • 住宅の種類(マンションまたは戸建て)
  • ユニットバスのグレード
  • ユニットバスのサイズ
  • 浴槽タイプ
  • 浴槽の素材

住宅の種類(マンションまたは戸建て)

戸建てやマンション等、住宅の種類はリフォーム費用に少なくない影響を及ぼします。おおよその差額は20万円ほどとされており、その原因は浴室スペースの広さにあります。

マンションは、戸建てに比べて浴室スペースが狭いことが多く、一般的にリフォーム費用は安くなるのが一般的です。一方で、戸建ての住宅では、浴室スペースの広さを活かした浴槽の設置や多機能化により、費用が若干高くなる傾向があります。

ユニットバスのグレード

ユニットバスを設置する場合は、製品のグレードが大きくリフォーム費用に影響することを意識しておきましょう。多くのメーカーでは使い勝手やデザインが違うユニットバスを複数販売しており、グレードが良いものほど高額なものとなります。

グレードごとの比較は以下のようなものとなっています。

グレード 主な特徴 費用相場
ローグレード
  • 浴槽に断熱材なし
  • プラ製でシンプルなデザイン
50~60万円台
ミドルグレード
  • 浴槽に断熱材あり
  • 金属製でおしゃれなデザイン
70~90万円台
ハイグレード
  • 肩湯やジェットバスのオプション
  • タイル調、高級感のあるデザイン
150~230万円台

“参考:みやこリフォームグレードによって何が違う?リクシルのユニットバスで具体的に解説」”

グレードが上がれば上がるほど多機能な浴室になりますが、費用の増加も相当なものとなります。予算とニーズのバランスを考えて選ぶようにしましょう。

ユニットバスのサイズ

ユニットバスのサイズは0.75~1.5坪の商品が用意されており、ニーズに合わせて選べられます。金額はサイズが0.25坪広くなるごとに、約10万円高くなるとされています。

しかし、「狭くても良いから安いものを」といって狭いユニットバスを選んでしまうと、家族での入浴の際や身体が不自由な人が不便を感じてしまうこともあるかもしれないため、注意してください。

浴槽タイプ

浴槽には埋め込みタイプ据え置きタイプの2種類があり、それによってリフォーム費用が異なります。2つの違いは「埋める」か「置く」かにありますが、埋め込みタイプは床の解体も行う必要があるため、工事費が高くなります。

浴槽タイプ 費用相場
タイルに埋め込むタイプ 23~49万円
タイル上に据置くタイプ 12~14万円

“引用:リフォームガイド相場が分かる!浴槽交換リフォームの費用をスッキリ解説」”

埋め込みタイプはより高額ではあるものの、選べる浴槽の種類が多いためユーザーのニーズをより反映しやすいと言えるでしょう。

浴槽の素材

浴槽の素材をどのようなものにするかもリフォーム費用に影響します。素材によって機能性やデザイン性が異なるため、これまで紹介した他の要素と同じように、予算とニーズのバランスをみながら決めましょう。

素材の価格相場を比較すると以下の通りになります。

浴槽の素材 本体の価格相場
FRP 約30万円
ヒノキなどの木製 約30万円
人工(人造)大理石 約80万円
ホーロー 40万円
ステンレス 約20万円

“引用:ヌリカエお風呂・浴室のリフォーム費用相場|事例や安くする方法、おすすめメーカーの情報も紹介」”

浴室のリフォームにかかる費用を抑える方法

これまで見てきた通り、浴室のリフォームには相当な費用がかかります。快適なお風呂を楽しみたいものの、やはり費用は抑えられるものは抑えたいものです。

この章では、浴室のリフォームにかかる費用を抑える方法について紹介していきます。以下の6つのテクニックを活かして、より少ない費用でのより良いお風呂を実現できるようにしましょう。

  • 複数の業者に見積もり依頼して比較
  • 商品のグレードを下げる
  • 費用の内訳をチェック
  • リフォームは洗面所など他の水回りと一緒に
  • 手すり設置やシャワーヘッド交換は自分で行う
  • 介護保険を活用

複数の業者に見積もり依頼して比較

浴室のリフォームの際には、複数の業者に見積もりを依頼し、内容を比較することが重要です。同じ内容の工事であっても、リフォーム会社によって、各メーカーのユニットバスや各種部品、設備などの仕入れ価格や工事費用は異なります

ずさんな工事を行う業者を弾く上でも複数見積もりは有効です。工事費が異様に安い会社などは人件費の削減により、雑な工事を行う可能性が比較的高いとされています。安全で安心なリフォームにする為にも、複数見積もりは欠かさないようにしましょう。

商品のグレードを高くし過ぎない

前項で述べた通り、商品のグレードによって浴室のリフォーム費用は大きく変動します。適切なグレードを選ぶことにより費用削減に繋がります。希望事項に優先順位をつけ、場合によってはグレードを下げることも視野に入れておきましょう。

費用の内訳をチェック

本体の価格と工事費の内訳を確認し、内容を細かくチェックすることも削減に繋がります。細かくチェックをすることによって、セットになっている工事の一部を断ることができるのです。例えば、浴槽の交換を依頼した場合、セットになっている浴槽塗装を断るなどで安くできるケースがあります。

ただし、必要性の高い工事を断ってしまうと、後からより割高な出費をするリスクもあるため、業者と相談し確認を取ることが重要です。

リフォームは洗面所など他の水回りと一緒に

ユニットバスを取り換える場合は、洗面所側の壁を壊すケースが多いとされています。このような傾向を活かし、洗面所と浴室のリフォームを一緒に行うことで、結果的に費用を抑えられます。

また、同時の工事という事で値引き交渉もしやすくなるので、水回りのまとまったリフォームを検討してみるのも良いでしょう。

手すり設置やシャワーヘッド交換は自分で行う

手すりの設置やシャワーヘッドの交換など、専門的な知識や経験がなくてもできそうな部分に関しては、自分でリフォームを行うことで、部品代のみの負担で、工事費はまるごと削減することができます

ただし、自分での工事に失敗して建物などを傷めてしまったりした場合には、補修工事等で余計な費用を発生させてしまう可能性もあります。DIYでのリフォームは、自信のある範囲に留めておくことが賢明です。

介護保険を活用

在宅での介護にはバリアフリー化などの改善が欠かせません。浴室はその代表的な施設の1つとも言えるものです。こうした状況を支援する為に、介護保険制度が整えられています。

介護保険の要支援1~2、もしくは要介護1~5の認定を受けている家族がいる場合には、介護保険から住宅改修費が支給されるため、市区町村役場の窓口に申請をしましょう。ただし、上限額は20万円であることに留意しておいてください。

最安のリフォーム会社をお探しなら『リショップナビ』の一括見積もりがおすすめ!

「リショップナビ」はここがおすすめ!
  • 基準をクリアした優良メーカーのみを厳選
  • 専任コンシェルジュがリフォームをサポート
  • 万が一工事ミスが起きた際にも安心の損害補償付き

無料一括見積もりはこちら

浴室のリフォームにおすすめのユニットバスメーカー5選

この項目では、現在広く普及しているユニットバスの中から、広く知られたメーカーの製品を紹介していきます。紹介するものは以下の表の通りとなります。

メーカー 特徴 主要商品
TOTO
  • ユニットバスのパイオニア
  • 機能性重視
シンラ
LIXIL
  • 使いやすい浴室
  • 清掃が簡単
スパージュ
パナソニック
  • 家電で培った技術
  • 健康維持に役立つ
エルクラス
タカラスタンダード
  • 間口、奥行きのサイズを自由にオーダー
  • 鋳物ホーロー素材の浴槽
プレデンシア
クリナップ
  • ファミリー向けなデザイン
  • 高い保温性
アクリアバス

これらのメーカーと商品は様々なサイトで高評価を得ているものであり、ランキングの中での位置付けも非常に高いものとなっています。詳細な内容について、順に見ていきましょう。

TOTO

※画像出典元:TOTO公式HP

TOTOの浴室はこんな人におすすめ!

  • 老舗の信頼性を重視したい人
  • 機能性の高い浴室が良い人

TOTOの特徴

トイレメーカーとして有名なTOTOは、ユニットバスの分野においても強い存在感を持っています。TOTOのユニットバスの開発は、1964年の東京五輪に際し多数の高層ホテルが求められたことがきっかけですが、そこでユニットバスの工法を確立したのがTOTOです。高断熱の浴槽や暖かい浴室の床、ボタンひとつで清掃ができるシステムなど機能性に富んでいいます。

老舗の信頼性や機能性を重視する人には、TOTOのユニットバスがおすすめです。

価格は、シンラ(戸建て用)が122万円~、サザナ(戸建て用)が81万円~、シンラ(マンションリモデル向け)を140万円~となっています(いずれも税込)。

・本社所在地:福岡県北九州市
・設立年:1917年
・資本金:355億7,900万円
・URL:https://jp.toto.com/

公式HPはこちら

LIXIL

※画像出典元:LIXIL公式HP

LIXILの浴室はこんな人におすすめ!

  • 掃除のしやすさにこだわる人
  • 使いやすいお風呂が欲しい人

LIXILの特徴

建築材料や住宅設備機器業界の最大手であるLIXILのユニットバスは、清掃のしやすさ使いやすさに重きを置いており、水回りはもちろんのこと、ほこりの溜まりにくいドアや汚れや曇りのつきにくい鏡など、浴室全体に対する清潔的な意識が行き届いています。

シャワーや浴槽の構造の工夫による節水・節電や、部屋全体の断熱性能の高さから、使いやすさとランニングコストの面からも非常に優れたものとなっています。シャワーは最大48%の節水を実現し、浴槽はベンチ部分によって全身浴と半身浴を両方可能でありながら、35Lの節水が可能です。

掃除のしやすさやエコを重視したい人には、LIXILのユニットバスがおすすめです。

価格は、スパージュ(戸建て・マンション用)が107~297万円、アライズ(戸建て用)が66~133万円、リノビオV(マンション用)は95~204万円となっています(いずれも税込)。

・本社所在地:東京都江東区
・設立年:1949年
・資本金: 68,418百万円
・URL:https://www.lixil.co.jp/

公式HPはこちら

Panasonic

Panasonicの浴室はこんな人におすすめ!

  • 健康や美容に気をつけたい人
  • 照明などのデザインにもこだわりたい人

Panasonicの特徴

家電メーカーとしても有名なPanasonicのユニットバスは、健康や美容へのアプローチが特徴的なものとなっています。酸素美泡湯と呼ばれている浴槽のシステムは、酸素を多く含んだ細かい泡で、肌をしっとりとさせる効果があります。また、低温でもしっかりと温まれるため、半身浴にもおすすめです。備え付けのLED証明は色を変えることができ、その日の気分によって浴室の雰囲気を変えることが可能です。

健康や美容、浴室の美観にこだわる人は、Panasonicのユニットバスをおすすめします。

Panasonicは1坪当たりで価格を定めています。Lクラスは169万円/坪~、リフォムスは140万円/坪~、オフローラは107万円/坪~です(いずれも税込)。

・本社所在地:大阪府門真市
・設立年:1935年
・資本金: 2,590億円
・URL:https://panasonic.jp/

公式HPはこちら

タカラスタンダード

※画像出典元:タカラスタンダード公式HP

タカラスタンダードの浴室はこんな人におすすめ!

  • 間口、奥行きのサイズを自由にオーダーしたい人
  • 鋳物ホーローの浴槽が欲しい人

タカラスタンダードの特徴

タカラスタンダードのユニットバスの最大の特徴は、サイズに関して自由なオーダーを受け入れているところにあります。他の会社ではサイズや規格、その他の事情で設置が難しい場合でも、タカラスタンダードであれば可能となるケースが多いです。また、鋳物ホーローの浴槽は、肌触り、耐久性、保温性の全てで高評価を受けており、世界中の高級ホテルで採用されるほど高品質を誇っています。

オーダーメイドの間取りでユニットバスを設置したい人、鋳物ホーローの高品質な浴槽が欲しい人は、タカラスタンダードのユニットバスがおすすめです。

価格は、戸建て用としてプレデンシアが115万円~、レラージュが76万円~、エメロードが57万円~、ミーナが42万円~、マンションや戸建て2階用として伸びの美浴室が45万円~、広ろ美ろ浴室が54万円~となっています(いずれも税込)。

・本社所在地:大阪府大阪市城東区
・設立年:1912年
・資本金:263億56百万円
・URL:https://www.takara-standard.co.jp/

公式HPはこちら

クリナップ

クリナップの浴室はこんな人におすすめ!

  • ファミリー向けの浴室が欲しい人
  • 保温性の高い浴室が欲しい人

クリナップの特徴

クリナップのバスルームは、幅広い世代が使いやすいように設計されていることが特徴です。滑りにくい床や手すり、椅子に座った状態で使いやすいカウンターなど、子どもから高齢者まであらゆる人に向けた心配りがなされたデザインのバスルームとなっています。浴槽も5種類から選べます。

保温性の高さも注目すべき点と言えます。浴室全体を覆う断熱材に加え、4時間経っても、お湯の温度低下が2.5度程度に抑えられるなどエコ性能も高いです。暖かいお湯を床面に放出して、床や部屋の温度を上げる仕組みが搭載されたモデルもあり、暖かい浴室を実現できます。

ファミリー向けで、かつ保温性の高い浴室が欲しい人は、クリナップのユニットバスがおすすめです。

価格は、アクリアバスが110万円~、ユアシスは84万円~です(いずれも税込)。

・本社所在地:東京都荒川区
・創業年:1949年(会社設立年:1954年)
・資本金:132億6,734万円
・URL:https://cleanup.jp/

専門家に聞いた!浴室のリフォームについてインタビュー

★本記事のインタビューご協力者

1級建築施工管理技士、宅地建物取引士、マンション管理士、JSHI公認ホームインスペクター
亀田 融さん


東証一部上場企業グループの住宅会社に現場監督及び住宅リフォーム事業の責任者として約33年間勤務。その後2015年10月よりホームインスペクション(住宅診断)の専門会社を立ち上げて運営すると共に、現在は小規模リフォーム会社の顧問としても活動中。

編集部では、リフォーム業界のスペシャリストとして日々活躍する亀田融さんに直接オンラインインタビューをおこない、浴室のリフォームについて詳しくうかがいました。

浴室のリフォームにかかる費用相場は?

亀田さん

浴室リフォームでは、だいたい80万〜150万円が相場という印象です。

 

単純にユニットバスの交換だけならば、配管工事も含めて50万〜100万円程度で済む場合が多いのですが、給湯器の交換や内装工事も含めるとそのくらいになるという目安です。

亀田さん

浴室と洗面所が隣り合っている場合、洗面所の壁も一部壊す必要があるので内装工事として5万〜6万円かかります。

 

給湯器も新しいものを導入する場合は25万〜30万円くらいかかるので、最低でも100万円弱にはなってきます。

浴室リフォームの注意点は?

亀田さん

機能や性能にこだわるほど高額な費用がかかるので、不要なオプションは付けないなど事前に必要な機能や設備を明確にしておくことが大切です。

 

ただし、配管の交換や、既存が在来浴室で土台や柱に腐蝕が生じている際には、それらの補修は怠らないことが大切です。

亀田さん

また、浴室リフォームでは単にユニットバスを交換するだけでは済まない場合があるので、依頼する業者の施工実績がどの程度あるのかを必ず確認するとともに、担当者の対応やアフターサービスの有無についても事前に確認しておく必要があります。

浴室リフォームでよくある失敗例は?

亀田さん

お風呂を広くしたいという目的で浴室スペースを広げたり、窓を大きくしすぎたりなどで冬場寒く感じるようになったケースが多いですね。

浴室については広ければ良いというわけではない点に注意しましょう。

 

あとは、ミストサウナやジェットバスといったオプションを付けて、結局あまり使わないので要らなかったという声も聞きます。

過剰な設備も本当に必要かどうかよく考えて導入することをおすすめします。

★編集部コメント

浴室リフォームの費用相場としては、内装や給湯器の交換費用など含めると80万〜150万円。主にユニットバスの設備代が占めることになります。

 

水回りの工事では配管工事が必須で、場合によっては高額な費用がかかるので、予算に合った設備を導入しましょう。

 

また、広さや贅沢オプションに費用をかけても結果的に後悔につながってしまう事例も見られます。

 

ぜひ本インタビューを参考に、家庭に合った浴室リフォームを検討してみてください。

 

まとめ

浴室のリフォーム費用において重要な点は、リフォームの内容ごとの相場です。ユニットバスや在来浴室といった種類や住宅の状態、メーカーごとの商品のグレードといった要素が重なってリフォームの費用を形成しています。これらの費用は決して安いものであるとは言えませんが、ここで紹介した複数社への見積依頼などの方法を参考にすれば、値下げも不可能ではありません。

ユニットバスを選ぶ際には、メーカーごとの商品の特徴も把握しておくことが重要です。値段や機能性に加え、家族構成に見合ったサイズの浴室や浴槽かどうかも気を付けておきましょう。

本記事を参考にしていただき、予算とニーズに合ったリフォームプランや商品を選び、快適な浴室を実現させてください。

初めてのリフォームなら『 リショップナビ』の一括見積もりがおすすめ!

リショップナビは複数のリフォーム会社からまとめて見積りを取り比較ができるサービスです。最大の特長は厳しい審査をクリアした優良業者のみと提携している点。

また、無料登録することで気になっているリフォーム業者の口コミや事例を見ることもできます。

さらに、万が一の工事ミスが起きた際には、損害を補償する「安心リフォーム保証制度」も用意しているため、安心して利用できます。

「リショップナビ」はここがおすすめ!
  • 基準をクリアした優良メーカーのみを厳選
  • 専任コンシェルジュがリフォームをサポート
  • 万が一工事ミスが起きた際にも安心の損害補償付き

無料一括見積もりはこちら

※「マイナビニュース不動産査定」は以下に記載されたリンク先からの情報をもとに、制作・編集しております。
https://www.land.mlit.go.jp/webland/
https://www.rosenka.nta.go.jp/
https://www.retpc.jp/chosa/reins/
https://www.land.mlit.go.jp/webland/servlet/MainServlet
https://www.zentaku.or.jp/cms/wp-content/uploads/2022/02/2021-fudousan-anke-to.pdf


◆記事で紹介した商品・サービスを購入・申込すると、売上の一部がマイナビニュース・マイナビウーマンに還元されることがあります。◆特定商品・サービスの広告を行う場合には、商品・サービス情報に「PR」表記を記載します。◆紹介している情報は、必ずしも個々の商品・サービスの安全性・有効性を示しているわけではありません。商品・サービスを選ぶときの参考情報としてご利用ください。◆商品・サービススペックは、メーカーやサービス事業者のホームページの情報を参考にしています。◆記事内容は記事作成時のもので、その後、商品・サービスのリニューアルによって仕様やサービス内容が変更されていたり、販売・提供が中止されている場合があります。
タイトルとURLをコピーしました