不動産査定は無料で依頼できる?費用のかからない査定依頼方法をご紹介

不動産売却

所有している不動産を手放すなら、まずは不動産査定を依頼することから始めましょう。この際に、費用がかかるのであれば気軽に依頼することはできませんが、不動産査定は基本的に無料で依頼することができます。

しかし、査定依頼の方法にはいくつか種類があり、中には有料の査定もあります。そのため実際に依頼を行う前に、どのような方法があるのかを理解しておき、自分に合った査定方法を選択することが大切です。

本記事では、費用のかからない不動産査定を依頼する方法を詳しく解説します。費用をかけずに査定を依頼して、納得のいく不動産売却を目指しましょう。

不動産の査定方法

不動産の査定方法は大きく2種類に分けられます。不動産の情報だけを見て査定をする「机上査定」と、実際に足を運んで査定する「訪問査定」です。それぞれのメリットとデメリットを見てみましょう。

机上査定

机上査定とは不動産の種類や立地や広さ、築年数などの情報をもとに査定価格を算出する方法で「簡易査定」とも呼ばれています。戸建物件であれば立地や土地の大きさ、マンションの場合は階数や方角、部屋の位置などの情報も含めて査定されます。

簡易査定と呼ばれるだけあって、実際にその不動産に足を運んで査定するわけではないため、査定の精度が低いことがデメリットです。そのため、価格によって売却するかどうかを知りたいときや、だいたいの相場を知りたいときなど、大まかな価格を知りたいときに適しています。

一方で、電話やインターネットによる依頼で簡易的に査定をすることができ、最短数時間程度と査定金額が出るまでの時間が短いのがメリットです。また、家に査定員を呼ばないので予定を空けたり家を掃除したりする必要がなく、気軽に査定依頼ができる点もメリットといえます。

訪問査定

訪問査定は、机上査定のときに見るような不動産の情報に加え、不動産業者の査定員が実際に現地調査をして査定価格を算出します。つまり物件の状態だけでなく、周辺環境も査定基準に含まれるというわけです。不動産会社の仲介で売却する場合は机上査定だけでなく、媒介契約を結ぶ前に必ず訪問査定を行います。

訪問査定の場合は、査定価格が算出されるまでに1週間程度の時間が必要なので、最短数時間で査定価格が分かる机上査定に比べるとデメリットといえるでしょう。また、不動産業者の査定員を家に招く必要があるため、予定を空けておいたり、ある程度掃除しておかなくてはならないなどの手間もかかります。

しかし、机上査定に比べて査定の精度はかなり高いです。手間や時間がかかりますが、不動産を売却することが決まっているなら非常に有効な査定方法といえるでしょう。

不動産査定を無料で依頼する方法

基本的に不動産業者は、売却活動の成功報酬である仲介手数料で収入を得ています。不動産査定はその営業活動の一環として扱われるため、無料で行われることがほとんどです。一方で、有料の不動産査定は不動産業者によるものではなく、不動産鑑定士が行います。以下でそれぞれの場合の依頼方法を解説します。

一括査定サイトを利用する

不動産業者に1社ずつ査定を依頼しようとすると、毎回不動産の情報を入力したり話したりしなくてはならないため、大変手間がかかります。そこで不動産一括査定サイトを利用することで、一度情報を入力するだけで、そのサイトに登録されている複数社に査定を依頼することができます。

一度の入力で済むため、不動産会社を探す手間がかからないことが一括査定サイトを利用する最大のメリットといえます。また、一括査定サイトと提携している不動産業者は、信頼がおける業者に限定されていることが多いです。さらに、何か問題があってもサイト側に対処してもらうことができるため、安心して利用することができます。

基本的には、机上査定の依頼を代行しているサイトが多いですが、中には机上査定と訪問査定のどちらを依頼するかを、選択することができるサービスもあります。必要に応じて上手に使い分けて利用しましょう。

初めての方におすすめの一括査定サイトは「すまいステップ」

■すまいステップはこんな人におすすめ
  • 初めてで不安だから実績のあるエース級の担当者に出会いたい
  • 厳選された優良不動産会社のみに査定を依頼したい
  • 悪徳業者が徹底的に排除された査定サイトを使いたい

\ 厳選した優良会社に査定依頼 /
すまいステップで一括査定する

その他の一括査定サイトや選び方について詳しく知りたい方は、こちらの記事もおすすめです。

不動産一括査定サイトランキングおすすめ22選!選び方や利用者の声も紹介!【宅建士監修】
不動産売却でどこに査定依頼すればよいかお悩みの方必見!不動産一括査定サイトのおすすめ22サービスを紹介します。条件に合うサービスを1分で絞り込める診断チャートやサイトの選び方、利用者の口コミなど取り上げた査定サイト選びのための保存版です!

不動産会社に直接査定を依頼する

もちろん、不動産会社に直接査定を依頼することもできます。その場合は近所の不動産会社や、今の不動産を購入する際に利用した不動産会社を利用することが一般的です。

また、一括査定サイトを利用するなどして机上査定額を提示してもらい、直接連絡を取って訪問査定を依頼することもできます。メールや電話で依頼することが一般的ですが、不動産会社によってはホームページに査定依頼のフォームを用意しているところもあります。

直接依頼する場合でも査定の費用はかからないため、安心して利用できるでしょう。しかし、一括査定サイトでの査定依頼が一般的になっているなかで、わざわざ直接依頼をするということは、契約の可能性が高いと判断されて営業が積極的になることもあります。そのため検討段階であれば、ほかにも査定を出していることを事前に伝えておくとよいでしょう。

無料査定と有料査定の違いは?

ほとんどの場合は、不動産の有料査定を利用することはないと思ってよいです。有料査定であれば精度が高くなるということではなく、無料査定と有料査定とではその目的が異なります。

査定する人 査定の目的 査定の方法 査定額
無料査定 不動産業者の査定員 売却価格の目安を知る 過去の取引実績と現況を見て評価 売却価格よりもやや高めに算出
有料査定 不動産鑑定士 鑑定評価書を取得する 不動産鑑定評価基準にもとづいて評価 売却価格よりもやや低めに算出

売却目的の査定であればまずは不動産業者による無料査定を行うことが適しています。

特殊なケースの場合は有料の不動産査定を選ぶ

有料の不動産査定が必要なケースとは、どのような場面でしょうか?鑑定士による査定が必要になるのは、鑑定評価書を取得したい場合に限られます。鑑定評価書は、不動産鑑定士によって評価されたその不動産の適正価格を示すものです。

関係会社間の不動産取引をするときや遺産相続をしたとき、賃料や立退料でトラブルがあったときなどに鑑定評価書を取得する必要があります。関係会社間で不動産取引をする場合には、わざと安く売りつけて税を安くするなどの不正ができるため、価格をしっかりと評価してもらうことが大切です。

遺産相続では、その価値を明らかにすることで分割相続を可能にしたり、適当な分配を明らかにしたりすることができます。賃料や立退料でトラブルがあった場合には、鑑定評価書を取得して裁判資料として利用するケースも少なくありません。

このように不動産鑑定士による査定は、裁判所や税務署などに提出する証拠資料が必要なときに利用されます。不動産会社による査定は営業的側面が強いため無料で行われますが、不動産鑑定士にはその査定の報酬を支払わなければなりません。価格は不動産の種類や鑑定士によって異なりますが、20万円以上かかることがほとんどです。

査定価格の算出方法は?

不動産鑑定士は不動産鑑定評価基準にもとづいて評価しますが、不動産業者による無料の不動産査定には取引事例比較法、原価法、収益還元法の3つの査定方法があります。

一般的に行われるのが取引事例比較法を利用した査定ですが、マンションや土地の査定金額の算出に使われる方法です。査定する不動産と似た条件の物件が、過去どのような価格で取引されているかにもとづいて、実際の物件の状態や景況などを見て算出します。

原価法は、主に戸建ての建物の査定に利用される方法です。査定する物件を、再度建築した場合にかかるコストにもとづいて査定額を算出します。建築した際のコストを計算し、そこから経年劣化の状況を見て価格を引くことで算定します。

取引事例比較法や原価法は居住用住宅の査定額の算出に用いますが、収益還元法は投資用の不動産の価値を算出する場合に用いられます。なお収益還元法にも種類があり、年間の収益で求める「直接還元法」と、将来得ることができるであろう収益を予想して算出する「DCF法」の2つです。

無料の不動産査定を依頼するときの流れ

fudousan62323

次は、実際に無料査定を依頼する場合の流れについて見ていきましょう。事前に流れを理解しておくことで、スムーズな取引が実現できます。

一括査定サイトで机上査定を依頼する場合

まず、一度の入力で複数の不動産会社に査定を依頼することができる「一括査定サイト」での依頼の流れを見ていきましょう。

  1. 物件情報を入力する
  2. 個人情報を入力する
  3. 不動産会社を選択し、査定を申し込む
  4. 不動産会社から査定結果を報告してもらう

ここでは、一括査定サイトで一般的な机上査定の流れを見ましたが、サイトによっては机上査定か訪問査定かを選択できる場合もあります。訪問査定を選択した場合には、下記の手順を参考にしてください。

物件情報や個人情報の入力は、簡単なフォーマットに従っていくだけなので、比較的容易に済ませることができます。築年数や広さ(㎡・坪)などが正確に分からない場合には、だいたいの数値でもかまいません。ただし、精度の高い査定額を期待するなら、正確な数字を入力する必要があります。査定依頼をする前に、購入した際の契約書を確認するなどして把握しておくとスムーズです。

不動産会社に訪問査定を依頼する場合

頼みたい不動産業者が決まっている場合や、机上査定の結果を見たあとで不動産会社に直接査定依頼を行う場合には、以下のようなステップを踏みます。

  1. 不動産会社に電話やメールで連絡を取る
  2. 訪問日時を決める
  3. 売主立ち合いのもとで現地調査をする
  4. 売却に必要な書類を確認する
  5. 不動産会社から査定結果を報告してもらう

訪問査定の場合は、訪問予約をしたあとで実際に現地調査をして、その後書類を確認するなど必要なステップが多く、それぞれに時間を要するため机上査定に比べて時間がかかります。ただし、実際に不動産業者と媒介契約を結んで売却するなら、一度は訪問査定を行う必要があるため、時間がかかることを含めてスケジュールを組んでおきましょう。

無料の不動産査定を依頼するときのポイント

不動産業者に査定依頼をする際に、おさえておきたいポイントを解説します。コツをおさえて後悔のない取引を目指しましょう。

査定に必要な書類を準備しておく

査定を行う際には、事前に必要書類を用意しておくとスムーズです。

  • 本人確認書類
  • 登記簿謄本(登記事項証明書)
  • 公図
  • 壁芯面積(専有面積)がわかる資料
  • 登記済み権利証、登記識別情報
  • 測量図

これらは不動産業者が用意する場合もありますし、業者や売却する不動産の種類によっては必要のないものもあります。よって査定に出す際に、不動産業者に必要な書類を聞いておくとよいでしょう。

自分でも相場を確認しておく

不動産業者に査定金額を出してもらっても、基準になる価格がなければ、その査定額が適正であるかどうかを判断することができません。信頼のおける不動産業者を選ぶためには、査定に出す前に自分でも不動産の相場を確認しておくことが大切です。

自分で相場を確認するなら、同じエリアにある似た物件の過去の取引価格を確認しておくと、一番分かりやすいでしょう。「レインズマーケットインフォメーション」や「土地総合情報システム」などのサイトを利用するか、不動産会社で売り出されている物件の価格を確認するのがおすすめです。

アピールできるポイントを確認する

訪問査定を受ける場合には、査定員が見ただけでは分からないようなアピールポイントを整理して伝えることで、高額査定につながることがあります。

例えば「安いスーパーがある」「地域の雰囲気がよい」といったことも有効なアピールポイントになりえます。また、過去のリフォーム歴やマンションの場合は設備増幅なども、高く評価されやすい評価基準です。査定時に伝え忘れてしまわないように、事前にどんなポイントを伝えるべきか整理しておくとよいでしょう。

不動産が売れやすい時期に査定を依頼する

売却時期も査定額を大きく左右する要因になります。なぜなら需要が高ければ高いほど、高額で売り出すことができるためです。

一般的に、4月の新生活に向けて不動産市場が活発になる3月頃は、最も高く売れるタイミングだといわれています。逆に閑散期の5~8月には安く取引される傾向があるため、売却を急がないなら避けたほうが無難です。

3月に市場に並ぶように逆算して、1月頃に査定を依頼すると高く売却できる可能性が高くなります。査定時期を調節することで、賢く高額売却を目指しましょう。

不動産査定は複数の業者に依頼する

不動産の相場は自分でも調べることができますが、相場は情勢や景気によって日々変化しています。複数の不動産会社に査定を依頼することで、より正確な不動産価格の相場を理解することが可能です。

また、不動産の査定価格は不動産会社によっても異なりますが、なぜなら不動産会社によって得意とする不動産の種類がさまざまなためです。得意としている種類なら売却に自信があるため、金額を高く提示しやすくなるでしょう。

複数の不動産会社に査定を依頼することで、売却する不動産を得意としている不動産会社を見極めることができます。大手1社に絞って査定するのではなく、複数社に依頼することで相場を理解でき、それをもとに信頼できる業者を選択することができます

初めての方におすすめの一括査定サイトは「すまいステップ」

■すまいステップはこんな人におすすめ
  • 初めてで不安だから実績のあるエース級の担当者に出会いたい
  • 厳選された優良不動産会社のみに査定を依頼したい
  • 悪徳業者が徹底的に排除された査定サイトを使いたい

\ 厳選した優良会社に査定依頼 /
すまいステップで一括査定する

無料の不動産査定を依頼するときの注意点

査定依頼をする際に、気を付けておきたいポイントを解説します。注意点をおさえておくことで、トラブルを避けて売却することができます。

査定額は売却金額ではない

まず注意しておきたいのは、「査定額=売却額」ではないということです。査定額は、不動産業者が提示するどのくらいの価値があるかという価格であるのに対して、売却額は実際に買い手が現れるであろう金額です。つまり、査定額は不動産業者が契約を取るための営業的側面が強い価格であり、その価格での売却を保証するものではありません。

契約を結ぶために相場よりも高い金額を提示して、媒介契約を締結したあとにさまざまな理由をつけて、価格を大幅に下げてくるような悪徳業者も存在しているため注意が必要です。

査定額が高すぎる場合は根拠を確認する

悪徳な不動産業者に査定を依頼してしまうと、契約を結ぶためだけに高い査定額を提示してくる恐れがあります。査定額に疑問を感じたら、なぜその価格になったのかその根拠を確認するようにしましょう。

その際は、契約獲得のために高い査定額を出しているような業者であれば、納得のいく説明がされない場合が多いです。一方、そこで明確な根拠の説明ができる不動産業者は信頼性が高いといえます。信頼できる不動産業者を見極めるためにも、この点は念頭に入れておきましょう。

営業電話がかかってくる可能性がある

不動産業者は、契約を結ぶことを目的に無料で査定を行っているため、査定額の提示が済んだあとでも営業目的で電話がかかってくる可能性があります。それは、一括査定サイトを利用したインターネットの査定でも同様です。

査定結果の通知がメールの場合でも、電話番号の入力が必要なサイトがほとんどです。そのため、査定に出した不動産が魅力あるものであった場合には、しつこく営業の電話がかかってくる恐れがあります。

あまりにしつこい場合には「ほかの不動産業者と契約した」と伝えたり、利用した一括査定サイトの問い合わせフォームに、しつこい営業電話で困っている旨を連絡したりすることで、対処することが可能です。

無料の不動産査定に関するQ&A

不動産業者による無料の不動産査定において、よくある疑問とその答えをまとめました。

よい不動産会社の見極め方は?

納得できる不動産売却を目指すなら、よい不動産会社と契約を結ぶことが一番の近道です。信頼のおける不動産会社を見極めるポイントをおさえましょう。

  • 担当者の知識は豊富か?
    実際に売却活動を行うのは不動産業者です。担当者が売却する不動産に対する知識をきちんと持っていなければ、よりよい売却活動は望めません。
  • 素人にも分かりやすい説明か?
    不動産業者はいくつもの不動産売却を経験しているため、どうしても専門用語などを使いがちです。しかし、売主は初めての不動産売却であることがほとんどで、不動産に関する専門用語で説明を受けても理解できない可能性があります。素人にも分かりやすく説明ができる担当者のほうが、売却が完了するまで安心して任せることができます。
  • 連絡はマメか?
    連絡がしっかりできる不動産業者でないと、不安な取引になってしまいます。こちらから連絡したときのレスポンスが迅速であることはもちろん、何かあった際に向こうから先回りして連絡してくれるかどうかも重要なポイントです。
  • 人当たりがよいか?
    きちんとしている不動産業者で高額売却を目指すことができそうでも、担当者と相性が悪ければ何かしらのトラブルに発展する恐れが付きまといます。不動産売却は担当者と相談しながら進めていくので、人当たりがよくてなるべく相性が合う担当者を選ぶようにしましょう。

匿名で依頼することはできるのか?

個人情報などを入力せずに、匿名で査定を依頼できる匿名査定サービスサイトがあります。物件情報を入力することでAIが査定し、その場で査定金額が出るAI査定サイトや、メールアドレスと物件情報のみを入力することで、査定結果がメールで送られてくるサービスなどがあります。

個人情報が不動産会社に渡されることがないため安心して利用でき、営業電話がかかってこないこともメリットといえるでしょう。しかし、そこで提示される価格はあくまで概算であり、不動産会社とやり取りすることができないため、査定の精度が低いというデメリットがあります。

そのため今売るならどのくらいになるのかなど、大まかな価格が知りたいようなときに匿名査定サービスを利用するのがよいでしょう。

しつこい勧誘はないのか?

基本的に、査定を依頼する際には電話番号を入力する必要があるため、不動産会社から営業目的で電話がかかってくるなど、ある程度のアプローチを受けることは一般的です。不動産業者によっては、過度に電話を繰り返すなど、しつこい勧誘をする場合もあります。

しかし、そのような過度な営業は刑罰の対象になるため、毅然とした態度で対応してかまいません。はっきりと拒否の意思を伝えても収まらない場合には、利用した不動産一括査定サイトに報告して対処してもらいましょう。

サイトを運営する側から見ても、そういった迷惑行為を行う不動産会社と提携することは好ましくありません。運営側から不動産会社に連絡を取って対応してくれるので、売主と不動産会社の直接のやり取りにはならないため安心です。

ただし営業目的以外にも査定する不動産について、入力された情報だけでは分からないことを確認する目的で、電話がかかってくることもあります。その場合は営業だからと出ないでいると、正しい査定額が提示されないかもしれません。電話に出たくない場合には査定依頼をする際の備考欄に、メールでやり取りしたい旨を伝えておくとよいでしょう。

まとめ

fudousan83254

納得のいく不動産売却を実現するためには、自分に合った信頼できる不動産会社と契約を結ぶことがなにより大切です。不動産売却に関わる査定は費用をかけずに行うことができ、売りたい不動産の価値を知るだけでなく、信頼のおける不動産会社を選ぶための大きな基準にもなります。

一括査定サイトなどを利用して複数の不動産会社に査定を依頼し、複数社を比較することでよりよい不動産会社を選択できます。無料の不動産査定を利用して、信頼のおける不動産会社をしっかりと見極めましょう。

タイトルとURLをコピーしました