不動産売却の窓口の評判を徹底解説!メリットやデメリットも紹介

不動産売却

不動産売却を検討している方は、多くの一括査定サービスを調べる中で「不動産売却の窓口」というサイトが気になった方も多いのではないでしょうか。不動産売却の窓口は、不動産メディアで実績のあるリビンマッチの運営会社「リビン・テクノロジーズ株式会社」が立ち上げた不動産売却に特化した一括査定サービスです。

実績を積んで信頼を得ているからこそ、大手から地域密着型まで豊富な加盟店を取りそろえ、さまざまな不動産売却案件に適切な業者をマッチングしてくれます。本記事では、不動産売却の窓口の不動産一括査定のサービスの概要について、メリット・デメリットも含めてご紹介します。

不動産売却の窓口はこんなサイト…

  • 不動産売却の窓口は、不動産売却に特化した不動産査定サービスを提供!
  • 不動産売却の窓口は、さまざまな物件種別に対応した査定が可能!
  • 不動産売却の窓口は、実績とプライバシーマークがあるから安心して使える!
また、この他にも不動産一括査定サービスは数多く存在するため、利用者からの評判やサイトごとの特性を理解し、自分に合ったサイトを見つけることが大切です。

以下では、実際のサービス利用者へのアンケート結果とマイナビ不動産査定編集部の知見をもとに、「おすすめの不動産一括査定サービスTOP3」をピックアップしています。ぜひこちらも参考にしてください。

一括査定サービス利用者が選んだおすすめサービスTOP3

※クラウドワークス、クロスマーケティング調べ(2021/4/9~2021/4/13実施 回答数380人)

次の記事ではより多くのサービスを含めたランキングや「査定結果の満足度TOP3」「親族・友達におすすめしたいTOP3」などカテゴリ別のランキングを紹介しています。さらに詳しく知りたい方は読んでみてください。

人気の不動産一括査定サイトおすすめ比較ランキング20選【2022年】利用者の口コミ・評判や専門家に聞いた選び方も紹介
ネットで不動産売却について調べているとよく目にする「不動産一括査定サイト」。 不動産一括査定サイトとは、複数の不動産会社に対して一括で、さらに無料で査定依頼できるメリットがあり、不動産売却のまず第一歩として活用したい、非常に便利なツー...

不動産売却の窓口とは?おすすめの人と4つの特徴

・提携会社数:700社以上
・同時依頼数:複数社
・対象エリア:全国(戸建て・土地は東京都のみ)
・対応不動産の種類:マンション、戸建て、土地
・コラム記事:無
・匿名査定:利用不可
・URL:https://madoguti.jp/

不動産売却の窓口は、次のような方におすすめの査定サイトです。

  • 大手から地域密着型までさまざまな不動産会社を比較したい方
  • 実績のある運営会社の不動産一括査定サービスを使いたい方
  • 不動産売却に特化した一括査定サービスを受けたい方

\今なら契約すると3000円分のギフト券もらえる/
一括査定を受ける

不動産会社が大手から地元密着まで比較できる

不動産売却の窓口は「大手から地元密着まで、比べて、選べる」をコンセプトにしており、利用者が不動産会社同士の査定額をじっくり比較できることが特徴です。

また、特に不動産売却に特化した不動産一括査定サイトでもあるため、利用者は売却を見据えて査定額とプランをしっかりと比較し、希望する会社と契約を進めることができます。

加盟企業数900社突破

不動産売却の窓口は、2020年9月時点で累計加盟企業が900社を突破しており、多くの企業が加盟している点も魅力です。実績を積んできたからこそ、数多くの不動産会社からも信頼を集め加盟数を伸ばしています。

利用者にとっても多くの加盟店から査定が可能ということは、売却先の選択肢が増えることになるため利点が大きいといえるでしょう。

運営会社が不動産比較サービスの有名な企業

不動産売却の窓口を運営する「リビン・テクノロジーズ株式会社」は、不動産売却・土地活用・賃貸管理・注文住宅など、複数の不動産サービスを提供する会社です。不動産の総合比較サイトとして「リビンマッチ」という不動産ポータルサイトを運営しており、多くの利用者を集めています。

不動産比較のノウハウに長けたリビン・テクノロジーズが、2017年に立ち上げたのがこの不動産売却の窓口です。特に不動産オンライン一括査定に特化したサイトとして、不動産売却を前提とした利用者に向けて展開されていることが特徴です。不動産査定サイトの基礎知識について、詳しく知りたい方はこちらの記事もおすすめです。

不動産査定サイトって何!?選ぶときのポイントや注意点を徹底解説
不動産売却をする際にまず知りたくなるのが、売却予定の不動産がどれほどの値段で売れるのかということです。 そんなときにおすすめなのが不動産査定サイトですが、利用するとどんなよいことがあるのか、どのサイトを選べばよいのかなど不透明で不安な...

10年以上の実績がある高い信頼性

不動産売却の窓口を運営する「リビン・テクノロジーズ株式会社」は、10年以上の不動産メディア運営実績があるため、高い信頼を寄せられることがメリットです。不動産売却の窓口は、その実績を元に2017年6月から展開しています。

信頼できるメディアが運営するサイトとして、売却を見据えたオンライン不動産一括査定をメインに運営しています。経験を積んだ運営だからこそ、サービスに高い信頼を置いて利用できる点は、利用者にとって大きなメリットといえるでしょう。

【不動産売却の窓口の利用者アンケート!】リアルな口コミを見てみよう

マイナビニュース不動産査定では、実際に不動産売却の窓口で査定サービスを利用した人に直接アンケートを行いました。この章では、不動産売却の窓口を使ってみてどうだったのかを擬似体験できるように、良い口コミ&悪い口コミの両方をご紹介します!

「使ってよかった!」〜良い口コミ〜

マンション あらゆるタイプの不動産に対応できる柔軟性と対応力、サービスの安全性も高くて安心して使えました。

マンション すぐに回答が得られた。

「ここが残念…」〜悪い口コミ〜

マンション こちらでは祝い金がもらえるのですが、もらうためには手続きが必要であることがちょっとわかりづらかった。

では次に、これらの口コミも参考にしながら、不動産売却の窓口を利用するメリット・デメリットを次の章で考えていきましょう。

不動産売却の窓口の3つのメリット

不動産売却の窓口のサービスで評価されるメリットは以下の3つです。

  • さまざまなタイプの不動産に対応
  • プライバシーマークを取得していて安心
  • 祝い金がもらえる

実績がある運営会社だからこそ高い信頼性があり、さまざまな不動産タイプに対応するキャパシティがあるという点が、不動産売却の窓口のメリットとして挙げられます。同時に、利用者一人一人が安心できるサイト作りについても評価できる点です。ここからは、それぞれのメリットを詳しく解説していきましょう。

さまざまなタイプの不動産に対応

不動産売却の窓口は、以下のようにさまざまなタイプの不動産に対応しています。

  • 一戸建て
  • 分譲マンション
  • 土地
  • 一棟アパート・一棟マンション
  • 一棟ビル
  • 投資マンション(1R・1K)
  • 店舗・工場・倉庫
  • 農地
  • その他

上記の通り多くの不動産に対応しているため、専門性が高い査定でも簡単に依頼することが可能です。例えば、不動産を相続する場合はアパートなどの住宅が一般的ですが、店舗や農地などの場合は不動産会社の得意分野によって左右されます。そのため、さまざまな物件種別に対応している不動産一括査定であることは、利用者のメリットといえるでしょう。

プライバシーマークを取得していて安心

不動産売却の窓口はプライバシーマーク取得企業であるため、個人情報の取り扱いに一定の信頼を置いて利用できることもメリットです。プライバシーマークとは、一般財団法人日本情報経済社会推進協会が作った、適切な個人情報の取り扱いについての基準です。その基準をクリアし、条件が満たされた企業・団体にのみプライバシーマークの提示を許しています。

不動産売却の窓口もプライバシーマークがある企業なため、国内の基準において個人情報の保護にも尽力している会社といえるでしょう。そのため情報を第三者に開示する影響が心配な利用者も、安心して利用できます。

祝い金がもらえる

不動産売却の窓口は、大切な不動産の売却が成功した喜びを共にお祝いしたいという考え方から、利用者に祝い金を配布していることも特徴です。具体的には、不動産売却の窓口から査定を依頼した不動産会社の中で、媒介契約を結んだ場合に3,000円相当の商品券をもらえます。

祝い金をもらうための流れは以下の通りです。

  1. 不動産売却の窓口から一括査定をする
  2. 査定依頼した不動産会社のいずれかと媒介契約を結ぶ
  3. 不動産売却の窓口の祝い金フォームから申請

このように、媒介契約後に不動産売却の窓口のフォームから申請することで、祝い金をもらえます。申請後に担当者が、該当する不動産会社か利用者から事実確認が取れれば完了し、祝い金を指定住所にて郵送で受け取ることができます。媒介契約まで進んでいれば誰でも受け取ることが可能なため、ちょっとしたお得感を得ることができるでしょう。

不動産売却の窓口の2つのデメリット

メリットに対し、不動産売却の窓口のデメリットとして挙げられるのは以下の2つです。

  • 査定依頼できる不動産会社が少なめ
  • 匿名依頼はできない

不動産売却の窓口は、競合他社と比べると加盟店が少なく匿名依頼ができない点など、若干融通が利かないというところがデメリットです。詳しく見てみましょう。

査定依頼できる不動産会社が少なめ

不動産売却の窓口は他の不動産一括査定サイトに比べると、査定依頼できる不動産会社が少なめであることがデメリットといえます。例えば、同じ運営会社のリビンマッチは加盟店2600社と、不動産売却の窓口と比べて倍以上です。

とはいえ、不動産売却の窓口も加盟店は900社以上と、普通に査定する分には十分なバリエーションを感じられる数を満たしています。そのため、まずは不動産売却の窓口で一括査定をしてみて物足りなさを感じたら、他の不動産一括査定サービスをも併用するといいでしょう。

その他査定サイトも併用したい場合は、こちらの記事を参考にしてみてください。

人気の不動産一括査定サイトおすすめ比較ランキング20選【2022年】利用者の口コミ・評判や専門家に聞いた選び方も紹介
ネットで不動産売却について調べているとよく目にする「不動産一括査定サイト」。 不動産一括査定サイトとは、複数の不動産会社に対して一括で、さらに無料で査定依頼できるメリットがあり、不動産売却のまず第一歩として活用したい、非常に便利なツー...

匿名依頼はできない

不動産売却の窓口は、本格的に売却を検討している方に向けたサイトなため、不動産査定の匿名依頼ができないこともデメリットです。不動産売却に真剣に取り組んでいるからこそ、本格的に売りたいと考えている利用者のみが前提になっていることはネックになりうるでしょう。

もし匿名依頼をしたい場合は他の不動産一括査定サイトを併用し、その結果を加味して不動産売却の窓口でも一括査定をしてみるなど、段階的に使い分けるとよいでしょう。

不動産査定を匿名で受ける手順や注意点について、詳しく知りたい人はこちらの記事もおすすめです。

不動産査定は匿名で依頼できる!注意点やおすすめのサービスを紹介
不動産の査定を受けるための個人情報の入力に、不安を抱いたことはありませんか?匿名の査定サイトならば、営業の電話がかかってくることはありません。利用する手順やおすすめのサイトを紹介しますので、ぜひ参考にして最新の不動産の価値を把握しましょう。

不動産売却の窓口で査定依頼する流れや必要書類

ここからは、不動産売却の窓口で査定依頼をする場合の実際の流れをご紹介します。

  1. 不動産の資料を用意する
  2. 不動産情報・個人情報を入力
  3. 査定結果が届く

以上のように事前に資料を用意したら、サイトの誘導に従って一括査定を進めることになります。流れを工程に沿って詳しく見ていきましょう。

不動産の資料を用意する

不動産売却の窓口でできる一括査定は、いわゆる簡易査定です。そのため、不動産のおおよその情報さえ把握できていれば、不動産について記されたさまざまな資料を用意する必要はありません。しかし、資料を用意しておけばより詳しい状況を踏まえて査定ができるため、査定結果の精度が上がります

また、もし本格的な訪問査定に進む場合は、詳しい情報や証明書類などが必要になるため、資料集めは早めにしておいて損はありません。

必要になる資料や証明書は以下の通りです。

  • 身分証明書
  • 印鑑証明書
  • 公図
  • 登記簿謄本
  • 土地の測量図(もしくは建物の図面)
  • 登記済権利書(登記識別情報)

不動産査定の基礎知識や事前準備について、詳しく知りたい方はこちらの記事もおすすめです。

不動産査定とは?基礎情報から査定額の決め方・必要な事前準備を解説
所有している不動産を売却しようか検討している場合、多くの方にとって特に気になる点は不動産の売買価格です。住み慣れた家やマンションを売却するのであれば、できるだけ高い価格で売却したいと思うことでしょう。 しかしながら、一般的に不動産を売...

不動産情報・個人情報を入力

資料をそろえたら、いよいよ不動産情報と個人情報の入力に移ります。入力する項目は以下の通りです。

  • 物件種別
  • 不動産の住所
  • 専有面積
  • 間取り
  • 物件の状況
  • 物件の関係と名義
  • 個人情報等

必要事項を入力し、住所は間違いのないように確認しましょう。また有面積や土地面積、間取り、築年数について大体しか分からない場合には、おおよその情報でも問題ありません。しかし、正確な情報を入力することで査定結果の精度が上がるため、可能であれば事前に調べておくことをおすすめします。

査定結果が届く

査定結果の到着は数日から数週間かかりますが、案件によって異なります。結果到着後は、比較してじっくりと違いを見極めていきましょう。比較する際は査定額だけでなく、不動産会社の実績や得意分野なども客観的に見比べて絞り込む必要があります。

また、もし不動産売却の窓口で査定した中から媒介契約まで進みそうなら、祝い金がもらえることも忘れないようにしましょう。簡単な申請で3,000円相当の商品券をもらえるので、あわせて利用することをおすすめします。

不動産売却においてかかる期間について解説したこちらの記事もおすすめです。

不動産の売却にはどのくらいの期間がかかる?平均的な期間を徹底解説!
不動産を時間をかけず売却することは難しいです。不動産の売却はトラブルがないようさまざまなステップを踏んで慎重に進めていく必要があるからです。本記事では不動産売却にかかる期間について、その平均や売却期間を短くするポイントを含めて解説します。

不動産会社を選ぶポイント

ここからは不動産一括査定を依頼して、その中から不動産会社を選ぶポイントについてご紹介します。不動産会社を選ぶ際には以下の4つがポイントになります。

  • 査定額が高いという理由だけで選ばない
  • 不動産会社の規模で選ばない
  • 所有する不動産の売却に強い不動産会社を選ぶ
  • 担当者の対応も重要

それぞれのポイントごとに見ていきましょう。

査定額が高いという理由だけで選ばない

最初に挙げられるのは、不動産会社を選ぶ際に「査定額が高い」という理由だけで選ばないということです。査定額は売却価格を保証するものではなく、あくまでも目安の価格です。不動産会社は「この価格で売り出したいです」と提示しますが、営業後に必ずその価格で売却できるとは限りません。

実際に売却価格を決めるのは売主と買主で、査定額に対して売主が販売価格を決めることができます。そして、最終的に買主と交渉し合って売却価格を決め、双方の合意があれば売却となるのです。このことから「査定額=売却価格の保証ではない」ということがわかります。

また不動産会社の中には、契約数目当てで査定額を吊り上げている場合もあり、理由が伴わない高額な査定額には注意が必要です。とはいえ査定額は、不動産会社が売り出したい価格=価値を評価してる証拠でもあります。そのため、価値を実際に評価して額を提示しているのか、担当者の意見などをじっくりと聞いてから判断することをおすすめします。

不動産の売り出し価格を決める方法について、詳しく知りたい方はこちらの記事もおすすめです。

不動産の売り出し価格を決める決定版!気になる値引き対策も紹介
不動産売却を検討している方は、早く買主を見つけて少しでも高い価格で売却したいと誰もが考えると思いますが、売却価格の決め方や、相場の調べ方、高く売るためのコツなどが分からず悩む方も多いと思います。不動産の売り出し価格はその価値にあった妥当な価...

不動産会社の規模で選ばない

不動産会社の規模だけで、契約する会社を選ぶことも避けたほうがよいでしょう。不動産は会社が大きければ高く売れるという訳ではありません。不動産業界では「レインズ」という不動産流通標準情報システムが利用されているため、それぞれの不動産会社が確認して提示する不動産情報には差がないのです。

そのため不動産会社の規模で選ぶというよりは、どのような提案やサービスを行っているかで選ぶほうが賢明です。例えばどんな販売戦略で営業をしていくのか、高く売るためにはどうするかなど具体的な提案を聞きましょう。

また、可能なら売却できなかった場合の保証についても確認することをおすすめします。

所有する不動産の売却に強い不動産会社を選ぶ

売却したい不動産のタイプに強い会社を選ぶことも、不動産会社選びのポイントです。そもそも不動産会社はそれぞれ得意分野が異なるため、売却する不動産を得意とする会社でなければ、よい取引は望めない可能性があります。

例えば、大手の不動産が得意とするのは広範囲なマーケティング力や迅速な対応、中小企業が得意とするのは独自の販売ルートや地域に詳しいことです。その他にも住宅地や戸建てが得意な会社もあれば、店舗や都会のテナントが得意な会社もあります。

さらに地方の地域密着型の業者もあり、地元の若者や企業の需要を把握している不動産会社もあるのです。このように比べると、不動産会社は強みがまったく異なることがわかるはすです。だからこそ、不動産会社を選ぶ際は業者ごとの強みを見て選ぶことがポイントといえます。

不動産会社選びのコツはこちらの記事で詳しく取り上げていますので、併せてチェックしてみてください。

不動産売却業者選びの秘訣!仲介業者を探す時におすすめの方法3選【宅建士監修】
不動産はとても大切な資産であり、売却するのであればできる限り高額で売りたいはずです。しかし、不動産会社の都合で取引されてしまったり、安く買いたたかれてしまうことが心配な方も多いのではないでしょうか? そこで重要なのは信頼できる不動産会...

担当者の対応も重要

不動産会社自身の選定も重要ですが、担当者の対応も確認すべきポイントです。具体的には以下の対応を確認しましょう。

  • 説明が明解で正直であるか
  • 売主の意見に耳を傾けているか
  • 明確な売却プランが提示できるのか

担当者の説明が分かりやすくて信頼できる対応であり、さらに利用者の意見をしっかりと聞いてくれるかは重要です。重大な取引である不動産売買で、不明な点があることは避けなければなりません。担当者が専門家として利用者に対して真摯であり、説明責任を果たしているかどうかをチェックするようにしましょう。

また、売却プランについてもあやふやではなく、見通しが明確であるかも確認が必要です。マーケティングの考えを聞くことで実際に可能であるのか、営業に熱意があるのかなどを見極めることができます。担当者との相性を判断するためにも、上記のポイントを目安に担当者の対応はしっかりと見ておきましょう。

まとめ

不動産売却の窓口は不動産売却に特化したサイト作りで、さまざまな物件種別ごとに売却を見据えて一括査定ができるサイトです。さらに不動産メディアの実績もあり、利用者のためのプライバシー管理もしっかりとしているため安心して利用できます。特に不動産売却を本格的に考えている方におすすめな、オンライン不動産一括査定サービスといえるでしょう。

もし不動産売却を前提にしているなら、ぜひ本記事を参考に不動産売却の窓口の利用を検討してみてください。

不動産一括査定をするなら不動産売却の窓口がおすすめ

提携会社数:700社以上
・同時依頼数:複数社
・対象エリア:全国(戸建て・土地は東京都のみ)
・対応不動産の種類:マンション、戸建て、土地
・コラム記事:無
・匿名査定:利用不可
・URL:https://madoguti.jp/

不動産売却の窓口は、次のような方におすすめの査定サイトです。

  • 大手から地域密着型までさまざまな不動産会社を比較したい方
  • 実績のある運営会社の不動産一括査定サービスを使いたい方
  • 不動産売却に特化した一括査定サービスを受けたい方

\今なら契約すると3000円分のギフト券もらえる/
一括査定を受ける

※本記事は編集部にて多数の不動産査定サイトを調査・比較し、インターネット上の情報を参考に執筆しています。

タイトルとURLをコピーしました