マンション価格のAI査定とは?利用のメリットと注意点を詳しく解説

マンション売却

従来のマンション価格の査定では、個人情報が不動産業者に伝わってしまうため、しつこく営業をかけられてしまうケースが少なくありませんでした。また、すぐに査定額を知りたくてもサービスによっては数日かかってしまうことも珍しくありません。

そこで、おすすめなのがAI(人工知能)を活用したマンション価格の査定サービスです。物件の基本情報を入力するだけで数分程度で査定が完了し、さらに利用者の個人情報が業者に漏れる心配もありません。

本記事では、便利なマンションのAI査定サービスの概要と利用するメリット、そしてAIによるマンション査定の注意点を解説します。誰でも無料で利用できるので、本記事を参考にぜひ利用してみましょう。

AI査定の仕組み

AIによる不動産査定とは、簡単にいえば人間に代わってAIがマンションや戸建てなどの不動産価格を、素早く自動算出してくれるシステムです。

これは、インターネット上にある類似物件の公示情報や過去の取引事例(売却データ)をもとにして、AIが当該不動産の推定成約価格を導き出す仕組みになっています。主に参考データとして活用されるのが類似物件の売買履歴で、マンションの場合は過去の取引データに加えて立地や階数、方角などを考慮しながら適正価格をAIが推定します。

従来のオンライン不動産査定でも、公示価格や周辺不動産の取引事例などを参照しながら、推定価格を出していました。そのスピードと正確性が、AIを活用することで大幅に改善されているわけです。必要事項を入力すると素早く査定金額を把握できるので、手っ取り早くマンションの査定額を知りたい場合に便利です。

AIによるマンション査定のメリット

fudousan089262

AI査定の概要を把握したところで、マンションの査定にAIの自動査定を利用する具体的なメリットについて挙げてみます。

査定価格を簡単に知ることができる

簡単なフォーマットにしたがって基本情報を入力するだけで、誰でも簡単に素早くマンションの査定額を把握できるのは、AI査定の大きなメリットです。下記のように、従来の一括査定では依頼した日に査定が終わらないケースは珍しくありませんでしたが、AI査定は早ければ数分、場合によっては数秒で相場価格を知ることができます

  • オンラインの不動産一括査定:当日~1日程度
  • 不動産会社や不動産鑑定士による訪問査定:数日~1週間程度
  • AIによる自動査定:数分(状況により数秒~数十秒で終わることもある)

もともとAIは、人間よりデータをもとに答えを素早く導き出すのが得意です。査定したいマンションの基本情報を入力するだけで、すぐに類似物件の取引データを参照して査定額を計算できます。それに加えて、人間の主観が入らない客観的な査定額を算出してくれるのもAI査定の特徴です。

従来の不動産一括査定サービスも便利ですが、査定が出るまでに1日以上かかる場合があることや、査定額に業者の手心が加えられる可能性があります。

そもそも不動産会社がマンションの査定に応じるのは、その後の契約を見込んでのものです。利用者一人ひとりに対して親身なって査定してくれる業者もいる一方で、他社に専任契約をとられないために、本来よりも高値の査定額を出して受注につなげようと考える業者もいます。

表向きは客観的に査定額を算出しているように見せていても、実は他社との駆け引きのうえで、本来の査定額とは違った金額を提示してくる不動産業者もいるわけです。

しかし、AIはマンションのデータベースから類似した物件情報を素早く探し出し、それをもとに正確に査定額を算出してくれるので業者の主観や意図が入り込む余地がありません。常に客観的な査定額を提示できるのもAIの強みといえるでしょう。

不動産会社との電話でのやりとりが不要

AI査定はネット上ですべての手続きが完了するため、電話やメールでのやりとりが不要です。不動産業者にマンションの査定を依頼する場合は、物件に関する情報を伝えるために電話でやりとりする必要があります。

手軽に査定額を知りたいのに、わざわざ電話でやり取りすることを面倒だと感じる人も多いでしょう。何より、不動産会社に個人情報を渡してしまうと、あとから営業電話がかかってくる可能性が高いです。

オンラインの査定サービスも、利用者と不動産業者との間に査定サービスの提供会社が仲介に入る形式です。しかし仲介業者は最終的に、利用者と契約を結んだ不動産業者から紹介料をもらうシステムになっています。利用した時点で仲介業者から不動産業者に個人情報が流れてしまうため、結局は営業電話がかかってきてしまうケースが多いのです。

一方、ほとんどのAI査定はメールアドレスの登録のみで利用できるため、氏名や住所、電話番号などの個人情報を入力する必要がありません。物件に関する情報はオンラインで入力すればよいので、電話が苦手な人や個人情報を守りたい人におすすめできます。

資産形成に役立てることができる

すぐにマンションを売る予定がない場合でも気軽に査定できるので、将来の資産形成のためにマンション価格を知っておくという使い方もできます。不動産の価格は日々変動するものなので、うまく活用すれば相場の勉強にもなるでしょう。

また、子供ができて家族が増えたり転勤が決まったりして、急遽マンションを売りたくなるケースも考えられます。生活状況の変化に備えて、前もってAI査定を使って大体の査定額を知っておくことは重要です。

予期せぬ出来事によって、急にマンションを手放さなければならないことになっても、AI査定ならばすぐに査定が終わるので対応しやすいというメリットもあります。ライフステージの変化に合わせて定期的にマンションの査定をしておけば、資産形成の参考になるでしょう。

なお、不動産の価格査定だけでなく、将来の不動産価値の変動予測や投資のシミュレーションもできるサービスもあるので、不動産投資に興味のある方は利用してみましょう。

不動産会社の選定に役立てることができる

AIによる自動査定は、信頼できる不動産会社を見極める基準として使うことも可能です。マンションを売却する場合は、不動産会社の査定を受ける必要がありますが、AIによる査定額と大きな乖離がある業者を避けることで、大事なマンションを不当な価格で売ってしまうリスクを減らせます。

あまりに相場価格と乖離している査定額を提示してくる業者は、物件を安く買い叩こうとしているかもしれません。あるいは逆に、利用者と契約を結ぶために意図的に高い査定を出している可能性もあります。

少しでも査定額に違和感を感じたら、不動産会社に査定額の根拠を聞いてみましょう。その回答によって信頼性を判断することもできます。また、AI査定を使って相場価格を把握したうえで、従来型の一括査定を利用する方法もおすすめです。事前に相場価格を知っていれば、査定の時点で信頼できない不動産会社をふるいにかけることもできます。

AIによるマンション査定の注意点

fudousan55672

次に、AIによるマンション査定の注意点についてみていきましょう。素早く査定額を導き出してくれるAI査定ですが、利用にあたっては以下の点に留意する必要があります。

価格を左右する物理的な側面を推測できない

AI査定は過去の類似物件の取引データや立地条件、物件の間取りといった客観的なデータにもとづく査定です。そのため、物件のリフォーム歴や維持管理状況、改修工事の有無など、価格を左右する物理的な側面の推測ができないため査定に反映できません

特にリフォーム歴の有無は実際の価格に大きく影響するので、AIによる査定額と実際の売却可能額に大きな乖離が出てしまうケースもあるでしょう。あくまでも相場価格を把握するのがAI査定であり、より正確な査定と売却を含めた相談は、信頼できる不動産会社や不動産鑑定士などの専門家に任せる必要があります。

ただし、最近では物件ごとの注意点を教えてくれるようなAIも登場しはじめているので、物件情報の不足による査定額の乖離は徐々に改善されつつあるようです。

価格を左右する人的な側面を推測できない

価格を左右する人的な側面の推測もAIにはできません。たとえば、マンション所有者の状況や価値観によって売り出し価格は変わってきますが、AIにはそういった不動産売買に関わる個人の事情を、査定額に反映することは不可能です。

また当然ながら、買主側の個人的なニーズや価値観も把握できません。マンションの買主は価格以外に購入の決め手になる独自の基準をもっている可能性が高く、多くの場合はその基準を満たしているかどうかが、購入判断で大きなウェイトを占めることになります。

たとえば、駅や大型スーパーまでの距離や車での移動のしやすさなどを重視している買主は、立地がよければ相場より少し高めの価格でも、マンションを購入したいと思うかもしれません。また、周辺の治安や景色なども重要な判断基準と考える人は多いはずです。

しかしAI査定では、そういった買主のニーズを読み取ることはできません。立地に関しては考慮できるAIも登場しはじめていますが、人間の個人的な価値観を把握することは極めて困難です。よって、本格的にマンションの売却を考えている方はAIによる査定に加えて、立地や周辺環境も考慮して慎重に売り出し価格を決定する必要があります。

査定精度が低い

AIはマンション価格に影響を及ぼす物理的な側面や、人的側面の推測ができないため、訪問査定と比べると査定精度が低くなります。さらに、現状ではレインズの情報を反映できない点も、AI査定の精度が低い要因になっています。(「レインズ」とは、国土交通省が指定する不動産流通機構が運営する物件情報データベースです。Real Estate Information Network System)

不動産会社をはじめとした不動産関連業者以外には非公開のシステムで、売り出し中の不動産物件のほかに、成約済みの物件情報も閲覧できるのが特徴です。実際に売買契約が決まった不動産価格を把握できるため、レインズの情報を参考にすることで、不動産業者はより正確な査定が可能になります。

したがって、たとえ時間が掛かってもレインズの情報を参考にできる不動産業者に依頼するほうが、適正な査定額を得られる可能性が高いです

現時点でマンションを売る気がなく、大まかな査定金額だけを知りたいという場合は、AI査定のほうが客観的な査定額をスピーディーに算出してくれる分、利用しやすいと考えることもできるでしょう。

地方の物件の査定は苦手

AI査定は、類似の取引データが多い都市部では査定の精度が上がる一方で、取引事例が少ない地方の物件査定は苦手な傾向にあります

実際、似たようなマンションの取引事例が多い首都圏では、十分な参考データが得られるためかなり正確な査定が出やすいです。しかし、取引データが少ない地方の場合は参考にできるデータが不足しているため、都市部と比べると査定の精度が下がってしまいます。

しかし、地方でも類似物件の取引データが充実していれば、場所を選ばずに客観的な査定額の提示ができると考えることもできます。特に売りたいマンションの近くに、信頼できる不動産業者がない場合には役立ちます。そこで、まずはAIに大まかな査定をしてもらい、それに近い査定額を提示した不動産業者を信頼するという使い方も有効です。

特にマンションの場合は全国的に類似物件が多く存在し、一戸建てに比べて周辺の取引事例が存在するケースが多いです。そのため、地域差こそあるものの、概ね信頼できる査定額が出ると考えて問題ありません

AIによるマンション査定の使い方

ここで実際のAIによるマンション査定の手順を紹介します。どのサービスも簡単に査定額が導き出せるので、まずは使ってみることをおすすめします。

1. Web上で査定を始める

まずはネットで「マンション 査定 ai」といったキーワードで検索してください。すると、AIによる自動査定ができるサイトがいくつか表示されます。スマホから利用できるサイトもあるので、パソコン操作が苦手という人はそちらを選ぶとよいでしょう。

なお、利用前に間取りや建築年数、建物面積など、査定したいマンションについての基本情報をまとめておくとスムーズです。

多くのAI査定サイトでは、はじめに査定する家の種類を選ぶところからスタートします。マンションを査定する場合は「マンション」あるいは「分譲マンション」を選択してください。

2. 必要な情報を入力する

査定したいマンションについての情報入力画面が表示されるので、マンション名や住所、建物面積、築年数、利用状況(居住中か空家か)など必要事項を入力してください。

ちなみに、建物面積とは建物の床面積の合計のことです。不明な場合は管理会社などに確認しておきましょう。どれも基本的な情報なので、調べればすぐにわかるはずです。

3. 査定額が表示される

必要事項を入力したら査定を開始すると、すぐに査定額が表示されます。利用にあたって登録を求められるAI査定サイトも多いですが、メールアドレスを登録すればすぐに査定額が確認できます

ただし、メールアドレスの入力をミスしてしまい、せっかくの回答が得られない人もいるようです。基本的なところですが、必要事項の入力ミスには気をつけましょう。

査定結果の画面で駐車場の有無といった追加情報を入力することで、より精度の高い査定価格を出してくれるAI査定サイトもあります。

AIによるマンション査定サービスの紹介

fudousan8363534

最後に、本記事おすすめのAIによるマンション査定サービスをいくつか紹介します。気になったサービスがあれば、ぜひ試しに利用してみてください。どのサービスも無料で利用できるのでおすすめです。

全国の世帯数の95%に対応HowMa

100万件を超える査定実績を誇る無料の不動産AI査定サイトです。全国の戸建て・マンションに対応しており、世帯数の約95%をカバーしています。最新の相場データをAIが常に機械学習しており、最新の相場価格を反映できるのが特徴。スマホからも簡単に利用できるので、思い立ったときに気軽に査定ができて便利です。

また、全国の戸建てやマンションの相場価格が地図上で確認できる「不動産相場マップ」や、不動産の購入を検討している人のための「中古物件チェッカー」といったサービスも充実しています。

AI査定後に「HowMaオンライン売却」を利用すれば、そのまま売り出し価格を決めて複数の不動産会社に売却を依頼できるようになっています。不動産会社の訪問調査にもHowMaが同行してくれるので、不動産業者からの営業にさらされるリスクもないようです。

売りたい物件の住所や建物面積、築年数といった基本情報を入力するだけで、登録したメールアドレスにすぐ査定結果が届くシステムになっているので、まずは気軽に利用してみましょう。

HowMaの利用はこちら

誤差が少ない査定結果マンションAIレポート

ソニーのAI技術とSRE不動産が、長年培ってきた不動産査定のノウハウを活用して開発されたAI査定システムです。賃料推定エンジンをもとにして、13県のマンションの推定価格帯や都道府県・市区町村・駅・沿線ごとにマンションの売却価格を算出し、推定高額売却ランキングなどをサイト内で紹介しています。

また、マンション価格の築年数による変動も推移グラフで確認可能。AIの査定精度が高いのが特徴で、東京都23区内の1980年以降築のマンションを対象に行ったAIの査定額と実際の相場との誤差(MER)は、20208月の時点で5.77%程度だったそうです(※SRE不動産調べ)。詳細かつ正確な相場情報をもとに、不動産売買の意思決定をしたい人に有用なサービスです。

マンションの売却を検討しているはもちろん、賃貸物件として運用している人や、将来マンションの賃貸経営をはじめようと考えている人におすすめできます。ただし、現時点での対応地域は東京都・千葉県・神奈川県・埼玉県のみとなっているので、それ以外の地域の人は他のサービスを利用してください。

マンションAIレポートの利用はこちら

リアルタイムの価格査定IESHIL

マンションをはじめとした不動産の売買を検討している人のためのサポートサイトで、スタートから5年ほどですが、すでに100万人以上の利用者がいます。

9,000万件の賃貸物件情報や売買履歴から、AIが素早く物件の価値を査定してくれるのが特徴。中立なレイティングに定評があり、物件の資産としての価値や利便性、周囲の治安や土地の状況などの項目をもとに、物件を多角的かつ客観的に定量評価してくれます。

さらに、物件エリアの災害リスクも確認できるなど、物件周辺の安全性も配慮して評価できるのは画期的なシステムといえるでしょう。マンションを適正価格で売りたい人はもちろん、子供のために安全・安心な不動産を購入したいと考えている人にもおすすめできます。

また、120組限定でおすすめの不動産会社に優先的に売却相談ができる特典もあるので、本格的にマンションの売却を検討している人は利用してみてはいかがでしょうか。

IESHILの利用はこちら

マンション価格のAI査定を上手に活用しよう

AIを使ったマンション査定は、利用者が基本情報を入力すればすぐに結果が出るため、手っ取り早く査定額を知るのに適しています。さらに従来の不動産一括査定に比べて、個人情報が不動産業者に流出することもありません。業者からの執拗な営業攻勢を避けられるため、気軽にマンションを査定したい人にとって心強いツールといえるでしょう。

本記事で紹介したように、AIによる査定を利用して優良な不動産会社を見つける方法がおすすめですが、精度の面で気になる方は、信頼のおけるプロの不動産業者に訪問査定を依頼しましょう。また、査定結果を鵜呑みにするのではなく、自分なりに情報収集する姿勢も重要です。

マンション売却は一生のうちでも稀な機会なので、AI査定をうまく活用しつつ、納得できる取引を実現してください。

タイトルとURLをコピーしました