不動産査定サービスSmoolaの評判は?メリットデメリットも紹介

不動産売却

不動産の売却を検討するなら、まずは不動産一括査定サイトを使用して複数の業者に査定依頼するのが一般的です。そして、数ある不動産一括査定サイトの中でも、Smoolaは利用者が多いことでも知られているサイトですが、実際にどのような機能が利用できるのか、利用することによりリスクや注意点はないのだろうかと不安を感じている方も多くいらっしゃるのではないでしょうか。

この記事では、Smoolaが持っている特徴や提供しているサービスの具体的な内容、利用する流れなどを紹介します。利用者の口コミや評判から見えてきたメリットやデメリットも詳しく解説していきますので、ぜひSmoolaを利用する際の参考にしてスムーズな不動産売却にお役立てください。

Smoolaはこんなサイト・・・

  • Smoolaは、土地、戸建て、マンションに特化した不動産査定サイト!
  • Smoolaは、業界実務者が集うマンションリサーチ株式会社が運営するサイト!
  • Smoolaは、売却と賃貸の査定を同時に最大9社まで依頼できる!

Smoolaとは?おすすめの人と3つの特徴

・利用者数:360万人以上
・提携会社数:900社以上
・同時依頼数:9社(売買6社+賃貸3社)
・対象エリア:全国
・対応不動産の種類:土地、戸建て、マンション
・コラム記事:無
・匿名査定:利用不可
・URL:https://smoola.jp/

Smoolaは、次のような方におすすめの不動産査定サイトです。

  • マンションの売却を検討している人
  • 実績・ノウハウともに信頼できるサイトを利用したい人
  • 売却するべきか賃貸にするべきか検討中の人

一括査定を受ける

不動産業界の実務者が運営する一括査定サイト

Smoolaのサイトを運営しているのは、不動産業界で実務に携わってきたメンバーが約半数在籍しているマンションリサーチ株式会社というIT会社です。Smoola以外にも「マンション.navi」「リサイクル不動産」などの不動産情報サイトを運営しています。業界経験者ならではのノウハウを反映した、信頼できるサイトと言えるでしょう。

対応エリアは日本全国で提携業者は900社以上。店舗数においては2500店舗に及びます。マンション査定に特化した姉妹サイトのマンションnaviに比べ、査定可能な不動産種類も多く、現在まで多くのユーザーに利用されている知名度の高いサイトです。

同時査定依頼は業界最大級の9社

Smoolaのもう一つの強みとして、不動産一括査定サイトでは珍しい、最大9社まで同時査定依頼が可能という点です。入力フォームも簡単に進める仕様となっており、約20項目を入力して最短45秒程で入力が完了します。

さらに便利なのが、要望や不動産情報に見合う不動産会社を自動的にピックアップしてくれるところです。提案された複数社の中から、売却査定で6社まで、賃貸査定で3社まで、依頼者側で選んで査定依頼ができるという仕組みになっています。

売却と併せて賃貸運営も検討できる

所有している不動産を売却すべきか賃貸にすべきかで悩む人も少なくないようですが、Smoolaはそのような人にもおすすめできます。上述したように同時に査定依頼できる9社すべてが売却向けの査定ではなく、6社が売買、3社が賃貸の査定で合計9社という内訳になっているからです。

同時依頼できることによって、売却すべきか賃貸にすべきかを比較検討しやすくなります。別々に依頼すると手間も時間もかかってしまいますが、同時に依頼できればそのような心配もありません。必ずしも売却するのが得になるとは限らないため、賃貸も同時に査定できるのは大きな利点です。

Smoolaの口コミからわかる6つのメリット

Smoolaのメリットとして挙げられる点を口コミ・評判から調べてみました。調べてわかった以下9つのメリットについて、詳しく解説していきます。

  • いっぺんに査定できる会社が多い
  • 詳細な相場額がわかる
  • 賃貸の査定もできる
  • マンションの査定が得意
  • 短時間で査定可能
  • お断り代行サービスがある

いっぺんに査定できる会社が多い

一度に査定依頼できる会社は最大9社で、他のサイトと比べても多めです。複数の業者に査定を依頼してその査定額を比較することができるため、適正な査定額が分かりやすいという利点があります。

一括査定には様々な利点がありますが、その中でも個別に連絡する手間が省けるのは大きいです。自分で個別に連絡しようとすると大きな手間と時間がかかります。

それに加えて、先方とのやり取りで精神的に負担がかかってしまうこともあります。その必要がなくなるのは嬉しいポイントです。高齢者の方でも一括査定であれば比較的容易に査定依頼することができます。Smoola経由で査定依頼することによって、多くの業者とスムーズに取引できるのは大きなメリットです。

詳細な相場額がわかる

条件を指定して相場をチェックする機能があります。同じ物件でも方角など細かく条件を設定して絞り込みを行えるため、より精度が高くて正確な相場額を知ることが可能です。また、指定した条件に近い過去の売却事例を閲覧することもできます。売却を検討している物件の相場を調べたいときには、大いに参考になるでしょう。

賃貸の査定もできる

物件を賃貸にした場合の賃料を査定してもらうことも可能です。賃貸の査定依頼は同時に最大3社までとなっています。賃貸経営を検討している方は積極的に利用するとよいでしょう。

実際、賃貸の相談ができるところは多くありません。なぜなら、業者の立場としては、賃貸よりも売却のほうが仲介手数料が大きくなるため、売買の方向に持っていきたい意向があるからです。それを踏まえたうえでも、Smoolaは利用者視点の誠実なサイトと言えるでしょう。

マンションを賃貸にする際のメリットについて詳しく知りたい人は、こちらの記事もおすすめです。

マンション売却より賃貸にメリットあり?将来を見据えてどちらか選択
所有しているマンションを売却したほうがいいのか、それとも賃貸に出したほうがいいのか迷っていませんか。そこでこの記事では、マンション売却と賃貸それぞれのメリットとデメリットや、売却・賃貸いずれかを選ぶポイントなどを取り上げましょう。

マンションの査定が得意

Smoolaでは、マンション、一戸建て、土地の3種類の不動産を査定ができますが、その中でも特にマンション査定が得意です。全国にある13万棟のマンションデータや、約6,000万件に及ぶ過去事例をもとに、マンションの価格相場や推移データを無料で公開しています。尚、Smoolaの公式サイトはリニューアルが行われたため、土地や一戸建てに関しても、随時公開される予定となっています。

さらに、条件を指定しての絞り込み、近隣物件や競合物件を調べることが可能です。東京23区内であれば、面積や階数、規模などで分けた種類別に相場を調べることもできます。

短時間で査定可能

パソコンやスマホから物件情報を入力するだけで、簡単に査定依頼ができます。入力に要する時間は個人差がありますが、おおよそ45秒程度と短い時間で完了します。売却希望金額や業者への要望なども任意で入力可能で、詳細に入力することで、より希望に合う不動産会社を自動的にマッチングしてくれるため、依頼する不動産会社選びにも手間がかかりません。

お断り代行サービスがある

査定後のお断りを代行してもらえたという声もありました。自分で複数の会社に査定依頼をしたら、お断りする際にも、それぞれの会社に個別にお断りの連絡をしなければなりません。手間と時間がかかるだけではなく、気まずい思いをしたり断りづらかったりすることもあるでしょう。

Smoola経由で査定依頼をしておけば、自分で個別にお断り連絡する手間が省けます。断るのが苦手な方も安心です。自分で業者に直接連絡しなくてもよいのは、Smoolaを利用する大きなメリットといえるでしょう。ただし、こちらのサービスもリニューアルに伴い変動する可能性があります。最新情報については公式サイトをご確認ください。

Smoolaの口コミからわかる5つのデメリット

口コミの評判から、デメリットと思われる点も調べてみました。口コミから見えてきた以下5つのデメリットについて詳しく見ていきましょう。

  • 査定できる物件の種類が少ない
  • 匿名査定ができない
  • 最大手の査定が受けられない
  • 詳しいことを知るなら会員登録が必要
  • サイトリニューアルしたてで情報が少ない

査定できる物件の種類が少ない

査定できる不動産は土地、戸建て、マンションのみです。店舗、工場、倉庫、農地、山林は取扱対象外となっています。これら対象外の不動産を売却したいのであれば、他社の一括査定サイトを検討する余地も出てきます。

居住用の一戸建てと事業用の店舗を相続して、それについて査定依頼したい場合も、Smoolaだけでは対応できません。査定依頼をしたい不動産が対象になってれば、大変役に立つサイトといえるでしょう。

匿名査定ができない

Smoolaはほとんどのサービスを会員登録せずに利用できますが、他の一括査定サイトでは利用できる場合が多い匿名査定サービスはありません。査定依頼をするためには氏名、電話番号などの入力が必要です。まだ本格的な検討段階になく、価格だけ匿名で調べてみたいという人には向いていません。

しかし、売却の意向が強かったりスケジュール的に急いでいたりする場合は、最初から氏名を入力したうえで査定依頼したほうが、スムーズに話が進みます。

売却する意思が強いのであれば、匿名で査定依頼できないのはそこまでデメリットといえないかもしれません。それでもまずは匿名で査定依頼をしたい、匿名で不動産査定をする方法について詳しく知りたい場合はこちらの記事もおすすめです。

不動産査定は匿名で依頼できる!注意点やおすすめのサービスを紹介
不動産の査定を受けるための個人情報の入力に、不安を抱いたことはありませんか?匿名の査定サイトならば、営業の電話がかかってくることはありません。利用する手順やおすすめのサイトを紹介しますので、ぜひ参考にして最新の不動産の価値を把握しましょう。

最大手の査定が受けられない

業界最大手である三菱不動産リアルティ、住友不動産、東急リバブルとは提携していないため、これらの会社の査定は受けられません。ただ、大和ハウス不動産、三井のリハウス、ハウスドゥー、野村不動産、みずほ不動産販売、ピタットハウスといった中堅から大手の会社とは提携しており、査定依頼可能です。

Smoolaが提携している会社は900社以上、店舗数では2,500店舗を超えます。最大手の査定は受けられませんが、多くの主要な会社とは提携していますので査定サイトとしては申し分ない機能を持っていると言えますが、Smoolaでは提携していない不動産会社にも査定を依頼したい場合は、他の査定サイトを併用するのも一つの方法です。

こちらの記事では、おすすめの査定サイトを複数ピックアップして紹介していますので併せて参考にしてみてください。

不動産一括査定サイトランキングおすすめ21選!選び方や利用者の声も紹介!
不動産を売却するなら不動産一括査定サイトが便利です!手間なく複数社へ査定依頼して比較することができます。本記事では不動産一括査定サイトの基礎知識や注意点を取り上げ、おすすめ21サイトや選び方まで徹底解説します。査定サイトを探すなら必見です!

詳しいことを知るなら会員登録が必要

詳細な条件を利用して相場チェックをするためには、会員登録をする必要があります。会員登録では年収や氏名、電話番号などの入力が必要です。FacebookやGoogleのアカウント情報を用いて会員登録すると、メールアドレスなどを入力する手間が省けます。

会員登録をしておけば、サイト内の機能をフル活用できます。会員登録は無料で年会費などもありません。不動産売却を真剣に検討するのであれば、ぜひ会員登録してみてはいかがでしょうか。

サイトリニューアルしたてで情報が少ない

Smoolaはマンション、一戸建て、土地に特化した査定サイトとして有名で、特にマンションの売却や賃貸査定の提案にも長けています。過去には、売却成立で最大10万円の商品券プレゼントや、査定依頼をすると不動産売却体験談ヒントBOOKがもらえるなどのキャンペーンを行っていたり、「スモラボ」という不動産情報コラムも掲載していたりと、さまざまなサービスを展開していましたが、サイトリニューアルのため現在新たなサービスの詳細は明らかになっていません。

公式サイトでは、情報は随時公開予定としていますので最新情報については都度公式サイトをチェックするようにしましょう。

Smoolaを利用する流れ

Smoolaを利用する流れは非常にシンプルでわかりやすくなっています。必要事項を入力して査定の申し込みを行うと業者からすぐ連絡がきます。ここではその流れと内容について詳しく解説していきます。

必要事項を入力

まず必要事項を入力します。入力の大まかな流れは以下の通りです。精度の高い査定をしてもらうためには、正確な情報が必要です。必要事項が多くて入力が大変ではないかと思うかもしれませんが、選択方式になっている項目も多く、大抵の方が45秒程度で入力できているようです。

  1. 物件の種類を選択
  2. 地域を選択
  3. 物件の所在地を入力
  4. 物件情報を入力
  5. 物件状況を入力
  6. 査定依頼する理由と売却希望時期を入力

物件種類はマンション、一戸建て、土地の3種類から選べます。地域は全国47都道府県を選択可能です。物件情報では、築年数や面積、建物の構造などを入力します。物件状況には現在居住しているのか、空き家になっているのか等を入力します。査定依頼する理由と売却希望時期も重要な情報です。任意で売却希望額と業者への要望も入力できます。

査定の申し込み

必要事項の入力を済ませると、査定依頼可能な業者が表示されます。そのなかから査定依頼する会社を選択して申し込み完了です。申し込みが完了したら、業者からの連絡を待ちましょう。

査定額だけをみて一番高い業者に決めてしまうのではなく、営業担当者との相性や信頼できるのかなども考慮して慎重に選びましょう。

不動産の査定方法について詳しく知りたい人は、こちらの記事もおすすめです。

不動産の査定方法を知りたい!査定額を出す3つの方法や査定前の準備を解説
不動産を売却する際、売却を決めたり、仲介を依頼する不動産会社をを決めたりと、重要になるのが査定額です。また売却が決まった後も、査定額を元に売り出し価格を決定します。ここでは不動産の査定方法や査定前の準備、注意点を解説します。

まとめ

Smoolaは、不動産業界において実務経験のあるスペシャリストが集うマンションリサーチという会社が運営しており、実績・ノウハウともに申し分ない査定サイトです。同時査定依頼数は業界最大級の9社まで可能で、日本全国47都道府県を対象としています。提携社数も900社以上に上り、現在まで360万人以上もの利用者実績があり、知名度の高いサイトです。

また、売却だけでなく賃貸査定も併せて依頼することができるため、売却と賃貸どちらがよいか思案している人に大変おすすめです。

本記事では、Smoolaについて口コミの評判からメリットだけではなくデメリットも紹介しました。特徴をよく理解したうえで、上手に活用して自分に最適な業者を見つけましょう。

不動産一括査定をするならSmoolaがおすすめ

・利用者数:360万人
・提携会社数:900社以上
・同時依頼数:9社(売買6社+賃貸3社)
・対象エリア:全国
・対応不動産の種類:土地、戸建て、マンション
・匿名査定:利用不可
・URL:https://smoola.jp/

Smoolaは次のような方におすすめの査定サイトです。

  • マンションの売却を検討している人
  • 実績・ノウハウともに信頼できるサイトを利用したい人
  • 売却するべきか賃貸にするべきか検討中の人

一括査定を受ける

※編集部にて不動産査定サイト利用ユーザーを対象に行ったアンケート結果とインターネット上の情報を参考に執筆

タイトルとURLをコピーしました