造成とは何のこと?工事の内容から費用・節約法まで詳しく解説

土地活用

土地に建物を建てるとき、とりわけ高い土地造成費用に驚いたという人は少なくありません。造成は、土地に建物を建設する際によく行われる工事の一つですが、具体的にはどういった意味があり、どのような工事が行われるのでしょうか?

この記事では、造成の意味から工事の内容、費用についてまでをわかりやすく解説し、なぜこの工事が必要になるのかを紐解いていきます。記事内容に最後まで目を通し、造成についての知識を深めていきましょう。

土地の活用方法に迷っているなら『HOME4U土地活用』に相談するのがおすすめ!

  • 土地活用の専門企業に、土地活用プランを無料で請求できる
  • 最大7社まで同時に依頼でき、費用や収益プランを比較検討できる
  • プラン請求できるのは厳選された実績のある優良企業のみ
  • 依頼した企業以外から連絡が来ることはないので安心

初めての方でも、プロのアドバイスを参考に安心して土地の活用をスタートできます。

公式サイトはこちら

造成とは

そもそも造成とはどういった工事を指すのでしょうか?はじめに、造成の内容、工事の詳細を解説します。

造成の意味

造成という言葉には、手つかずの土地を使用目的に合わせて整備するという意味があります。広範囲の意味として捉えると、自然のままだった土地に手を加えることは、すべてこの造成に当たると言えるでしょう。

土地を用途に合わせて地盤から設計する造成は、安心して土地を使用するうえで欠かせません。土地は、各地域の地形や質によって地盤の強さが違います。中には、そのままでは建物を建てられない土地も存在します。そういった土地は、造成を行って地盤を強化する必要があるのです。

造成工事は地盤を改良するものになるため、重機を使った作業になります。また、安全性を確保するために杭を打ち込んだり、許可を申請するための手間がかかったりするために費用も高額になりがちです。

造成の種類

土地に手を加えるという広い意味合いを持つ造成には、さまざまな種類があります。通常、造成と聞いてイメージされるのは、雑木林だったところを開墾したり、高低差のある斜面を崩れないように擁壁を設置したりする工事などが多いでしょう。しかし、以下のような水辺での工事も造成に当たります。

  • 水底を掘削する
  • 田んぼや湿地帯に土を入れて埋める
  • 海の一部に防波堤を取り付けて、陸とひと続きにする

また、すでに開墾された状態の土地に上下水道設備を取り付けることも、造成工事の一環として行われます。

宅地造成と整地・更地との違い

造成と似たような言葉に整地と更地があります。よく混同されやすいこれら2つの言葉ですが、それぞれどのような意味があるのでしょうか?詳しく見ていきましょう。

整地との違い

整地とは、土地に建っている建物を取り壊し、平たいきれいな状態に戻すことを指します。宅地として使用されていたという性質上、すでに造成がなされている土地がほとんどです。造成との大きな違いはこの点にあると言えます。

整地は造成工事を終えた状態になされるもののため、工事内容が大規模になることはありません。建物を壊して地ならしをしたり、砂利や舗装資材を用いるという程度にとどまります。整地の方法や費用の目安について詳しく知りたいときには、以下の記事を読むのもおすすめです。

整地で土地の有効活用を!4つの整地方法や費用相場を徹底解説!
利用していない土地を活用するための手段のひとつである整地作業。作業工程や費用相場を知り、自身の土地の状況に合わせて活用するのはいかがでしょうか?この記事では4つの整地方法とそれにかかる費用相場、また気になる整地後の4つの活用法まで解説しています。

更地との違い

更地とは、土地に生えている樹木や建物を取り除き、まっさらな状態にしたことを言います。整地と混同されがちですが、大きな違いはきれいに地ならしが行われているかという点です。

更地は整地ほどきれいにされた土地ではありません。土地上にある不要なものを取り除くのみで工事を終えるケースがほとんどです。また、更地として売りに出されている土地の中には、造成がなされていないものもあるため注意が必要です。

以下の記事では、土地を更地にするための解体費用について扱っています。建物を取り壊して更地にすることを検討している場合には、あらかじめ読んでおくと助けになるでしょう。

空き家は更地にして売るのがベスト?更地で売る手順や問題点を解説
利用していない空き家をそのまま売るか更地にして売るかお悩みではありませんか?本記事では、更地にする際の問題点や手順、更地で売却するのがおすすめな人など解説します。更地売却以外の活用法も紹介しますので、ご自身に合う土地活用を見つけてください。

よく行われる造成工事4つの手法

造成工事には、大きく分けて4つの仕上げ方法があります。続く部分では各仕上げ方を具体的に解説し、どのような素材が使われるのかをご紹介します。ぜひ参考にし、自身が造成工事を依頼するときにはどの方法が最適かを見極めましょう。

粗仕上げ

粗仕上げは土地造成の方法で、もっとも手間やお金がかからない仕上げ方です。土地にある建物を取り壊した後、がれきや庭の装飾といったものを取り除きます。このとき、細かな木くずやガラス片も取り除き、土をならし固めやすいようにします。その後は、重機を使って土地を均一にし、押し固める作業まで行われるのが一般的です。

ただ、もっとも簡単な仕上げ方のため、業者によっては細かな不要物を取り除くのみで終えることもあります。どの程度まで土地をきれいに仕上げるかは、工事に取り掛かる前に業者と話し合っておくと良いでしょう。

砂利造成・盛り土

この方法は、先で解説した粗仕上げを行った後、さらに細かく不要物を取り除き、砂利を敷き詰めたり、土地の凸凹を無くすための盛り土を施す仕上げ方です。

砂利や砕石を敷き詰めるときには、タイヤローラーやロードローラーといった機械を使って転圧も行われます。この工程を施すことによって、砂利がバラバラになってしまうことを避けられるのです。

また、盛り土は全ての土地で行われるのではなく、土地の条件を考慮し、必要だと判断されたときに行われるものです。しかし、地盤改良目的で行われる土地造成の際には、往々にして取り入れられることが多くなっています。以下の記事では、盛り土の工事費用についても詳しく扱っているため、合わせて読んでおくのもおすすめです。

盛り土の工事費用とは?節約できる3つのポイントをご紹介
盛り土の費用は土地の状況で変わり、中間マージンによって高くなる可能性もあります。この記事では、盛り土の工事費用について詳しく紹介します。費用を節約するコツや6種の土地造成費用、盛り土をした土地のメリットなども取り上げます。

防草仕上げ

防草仕上げとは、雑草が生えてこないよう防草シートを敷き詰める仕上げ方法のことです。一度造成工事を行ったとしても、すぐに土地を活用しない場合は、すぐに雑草が生え出てしまいます。工事後の状態を保つためには、きちんと除草をする、もしくは除草シートを敷くといった対策が欠かせません。

この仕上げ方法は、よく砂利造成を行う前に合わせて用いられます。そうすることで、砂利の合間から雑草が生えてより管理しづらい土地になることを避けられます。

コンクリートやアスファルト仕上げ

コンクリートやアスファルトでの仕上げは、主に駐車場として利用したり、何件か家が立ち並ぶ間に私有道路を設けたりする際に用いられます。

コンクリートやアスファルトを敷く際には、できるだけ高低差を無くす必要があります。そのため、盛り土と合わせて行われることがほとんどです。また、場合によってはコンクリートの表面にアスファルトを薄く塗って仕上げるという手法も用いられます。アスファルトはコンクリートに比べて強度がありませんが、下地をコンクリートにすることによって補強することができ、さらに安価なアスファルトで上部を舗装するため、全体のコストも抑えられます。

土地を造成する5つの手順

fudousan26234542

土地を造成するときには、以下の手順を踏んで行われます。

  1. 土地を管轄する行政へ申請を出す
  2. 土地の測量と地盤の造りを調査
  3. 造成工事スタート
  4. 必要であれば地盤改良の工事も合わせて行う
  5. 地主指定の方法で整地を行う

土地の造成は地主の一存で行えるものではありません。地盤を構成する要素に手を加えることで、近隣地域の地盤沈下といった弊害が起こる可能性もあるためです。造成工事をすぐに業者へ依頼するのではなく、まずは行政からの許可をもらいましょう。

造成工事の施工時に家屋の取り壊しがあった場合には、工事終了のタイミングで滅失登記を行います。この登記は法務局で手続きを行うものです。登記の仕方が分からない時には、各地域を管轄している法務局に問い合わせることができます。

造成でかかる費用

それでは、造成にかかる費用はいくら程度なのでしょうか。ここでは具体的なコストについて解説していきます。

費用の費用は土地の状態や業者によって異なる

造成の工事費用は、造成工事を受ける土地の状態によって異なります。地盤改良が必要かどうかや、道路との高低差があるかどうか、伐採が必要な樹木があるかどうか、傾斜の大きさなどによって費用は増減します。

また、同じ土地であっても、業者によって造成のやり方は変わるため、どの業者に発注するかもコストを左右します。そのため、できるだけ複数の業者に見積もりを取り、信頼できると思える業者を選びましょう。

さらに、以下2つの記事では、気になる造成工事費用について詳しく解説しています。ぜひ合わせて参考にしてみましょう。

造成工事とはどんな工事?見積もりの取り方や安くする方法を解説
土地を取得してから建物を建てるにあたって、造成工事という土地の整備が必要な場合があります。この記事では、造成工事について知らないという人のために、造成工事の概要や見積もりの方法、費用、コストの抑え方などを解説していきます。
土地の造成費用とは?費用を抑える5つの方法や注意点まで解説
造成工事には費用がどのくらいかかるのか、また相場はあるのかご存知でしょうか。本記事では、土地の造成にかかる費用についてや、その費用をできるだけ抑える方法などを解説していきます。土地の購入を成功に導くために、是非お役立てください。

知っておくべき造成に関する法律

先でも触れたように、土地を造成するには申請を行って、法律に沿った活用方法ができるかを確認する必要があります。土地を造成する際に関係する法律は以下の2つです。

  • 都市計画法
  • 宅地造成規制法

それぞれの法律を詳しく知り、知識を深めておくと、スムーズな造成につながります。

都市計画法

都市計画法とは、計画的に都市づくりをおこなうために定められている法律です。都市部は居住区画やオフィス街、商業施設の多い地域などがあります。これらが区分けされずに入り乱れてしまうと、生活に不便さが出るだけでなく、一部のみ地盤が変わってしまうことにより弊害が発生してしまう可能性もあるでしょう。そのため、土地を活用するときには、割り当てられた区画に合った方法で用いなければならないのです。

しかし、この区画に合っていない方法だからといって別の使い道を実行できないということではありません。行政が指定する方法に沿って都道府県へ許可をとるのであれば、問題なく希望する方法で造成を行い、土地を用いることができます。まずは自身の造成を行いたい土地がどの区画として割り当てられているか、また、許可に必要な要件はどういったものがあるのかを確認しましょう。

宅地造成規制法

宅地造成規制法とは、住環境の安全性を守るために取り決められた法律です。造成工事では盛り土や斜面を削るといった内容が含まれますが、場合によってはそのように手を加えられた部分が大きくなってしまい、建物建設後に土砂崩れが起きてしまうといった事が想定されます。

そのような事態を避けるため、国土交通省は、造成をするときのルールを以下のように定めています。

2.許可の対象となる行為等
宅地造成工事規制区域内の土地で、次のいずれかに該当する宅地造成に関する工事を行う場合には、都道府県知事等の許可が必要です。

  • 切土で、高さが2mを超える崖(30度以上の斜面)を生ずる工事
  • 盛土で、高さが1mを超える崖を生ずる工事
  • 切土と盛土を同時に行う時、盛土は1m以下でも切土と合わせて高さが2mを超える崖を生ずる工事
  • 切土、盛土で生じる崖の高さに関係なく、宅地造成面積が500㎡を超える工事

“引用:国土交通省宅地造成等規制法の概要」(2021年1月時点)”

上に挙げた資料にあるように、上記に該当する造成工事を行うときには各都道府県から許可を得る必要があります。計画している造成工事はどれほどの規模になりそうかを確認し、許可の取り忘れが起こらないように注意しましょう。

造成する前に知っておきたい5つのこと

造成を行う前に知っておきたいことは法律だけにとどまりません。続く部分では、造成をする前に知っておきたい5つのことを取り上げます。

造成工事は業者選びが大事

造成工事を行うときは、信頼できる業者を選ぶことが大切です。多額な費用がかかる工事であるだけでなく、大切な不動産が絡むことであればなおさらです。業者選びの際には、以下の視点で考えてみましょう。

  • 実績は豊富か
  • アフターフォローがあるか
  • 価格は妥当か
  • 造成に関わる法律の専門知識を持っているか

これらの点が揃っていると、法律違反や工事の手抜きを心配せずに任せることができます。また、効率よく良い業者に出会うためには、複数社に見積もりをとることも大切です。相見積もりをとり、時間を無駄にせずによい業者を見極めましょう。

地盤の安全性を確かめよう

地盤の安全性は最重要項目といっても過言ではありません。業者がプロの目で確認したからと、自身で確認することなく工事を進めてしまうと悲惨な結果となってしまう可能性もあります。

地盤の安全性を自分で確認するには、どのような方法がとれるでしょうか?以下3つの方法を試してみましょう。

  • ハザードマップで土地の履歴を確認
  • 不動産会社へどのような地盤対策ができるか尋ねる
  • 土木業者へ地盤調査を依頼する

きちんと地盤の安全性を確認しておくと、その後生活していくうえでの不安要素を払拭することもできるため、ぜひ事前にチェックしておきましょう。

工事規模によって工事期間は変わる

土地が開墾を行う大規模な地盤改良が必要な場合、造成工事の期間は長くなります。2か月程度かかることもしばしばです。一方、家を解体して整地するといった小規模な造成工事は、最長で1週間程度かかります。

どれほどの期間がかかるかは、あなたの所有する土地がどのような造成工事を行うかによって左右されるでしょう。地盤調査の結果をもとに、工事がどれほどの規模になるかを想定し、概算することもできます。工事期間を割り出しておくと、その後その土地に再建築する期間を割り出すことにも役立つため、ぜひ土地の状態を早めに把握して、期間を割り出しておきましょう。

土地造成費用は節約できる

土地造成費用には相場があるという点を先にご紹介しましたが、費用を安くすることができないわけではありません。もちろん、工事自体の費用を値切ることはできませんが、中間手数料を抑えることで節約することは可能です。

ハウスメーカーに解体工事から整地までを依頼する場合、ハウスメーカーは造成業者に工事を発注します。このとき、ハウスメーカーから造成業者に斡旋するための手数料が発生してしまうため、その分工事費用も高くなってしまうのです。費用節約のために、自身で造成工事を請け負ってくれる業者に直接依頼し、少しでも安い価格で造成をしてもらうように手配できます。

以下の記事では、土地造成の費用を節約する方法をさらに詳しく扱っています。ぜひ読んでみましょう。

土地の造成の流れを分かりやすく解説!造成費用の節約ポイントも紹介
土地の造成の流れを知りたい人向けに、工事の概要、具体的な流れ、コスト節約のための4つのポイントについて解説します。初めての造成をする方は、ぜひ参考にしてください。

造成工事前には近隣住民へ説明をする

造成工事には騒音がつきものです。近隣住民に迷惑がかかることを踏まえて、事前にあいさつや説明を済ませておくことは親切を示すことになります。

また、造成工事後の活用方法でも住民に迷惑がかかる可能性があるならば、その点も含めて説明しておきましょう。事前に誠意をもって接しておくことで、不要なトラブルを回避できます。

まとめ

土地の地盤に手を加える造成工事は、どれほどの規模で行うかによって工事内容や費用が変わります。まずは土地のある区画がどのような規制を敷いているか、造成をするうえで法律を遵守できるかという点を考慮しましょう。

信頼のおける業者を見つけることはとても重要です。複数社に見積もりを依頼し、安さだけを見るのではなく、信頼性があるかを確認しましょう。さらに、中間手数料がかからないように直接業者へ依頼することは、費用節約につながります。土地の調査や業者の信頼性をきちんと調べて、安心してスムーズに造成を行いましょう。

タイトルとURLをコピーしました