クレジットカードお役立ち情報
PayPay(ペイペイ)ボーナス運用でポイント投資!資産を増やそう

キャッシュレス決済を利用する人が増え、その便利さからユーザーも多いPayPay。毎月のように行われているキャンペーンも魅力的ですね。

そのPayPayから、PayPayボーナスを運用するサービスが開始されました。なんと、1円から投資を疑似体験できるサービスで、誰でも気軽に投資体験を楽しめます。

PayPayボーナス運用がどのくらい簡単なものなのか、その仕組みや手続き方法などを詳しくご紹介しましょう。

PayPayを利用している人で、PayPayボーナスが残高に1円でもある人は、すぐにでもチャレンジできますよ!

PayPayボーナスでポイント運用サービス開始!

PayPayボーナス運用画面

2020年4月15日より、PayPayボーナス運用が始まりました。PayPayアプリとPayPayボーナスさえあれば、すぐにでも始められる、投資の疑似体験です。

疑似体験とはいっても、ポイントが実際の株価に連動して動き、運用した結果、資産を増やすことも可能!投資初心者でも、簡単にチャレンジできます。

独自ポイントを運用

PayPayボーナスは現金と同じようにして使えるものですから、残高をそのまま運用するわけではありません。

「One Tap BUY」が提供する運用サービスに、PayPayボーナスを使うというもので、PayPayボーナスを独自のポイントに交換した上で、運用をします。実際の株価に連動した形で、ポイントが上下します。

ですから、実際に金融商品を購入するとは違い、面倒な手続きなしで、投資の疑似体験ができるというわけです。

PayPayボーナス運用画面

とはいえ、運用して増えたポイントは、PayPay残高に再び戻すこともできるので、実質的に現金を増やすこともできる、画期的なサービスです。

PayPayボーナスとは?

PayPay残高には、4つの種類があります。

  • PayPayマネー
  • PayPayマネーライト
  • PayPayボーナス
  • PayPayボーナスライト

このうち、今回ご紹介する運用サービスで利用できるのは、「PayPayボーナス」のみです。PayPayボーナスとは、PayPayで支払った時に、キャンペーン等でボーナス分として還元されたものです。

PayPayで支払いをした後、取引履歴を確認すると「PayPay残高付与の処理中」となっているのがボーナス分。処理が終わると、PayPay残高に組み込まれます。

このPayPayボーナスを使って運用をするのが、PayPayボーナス運用です。

実際に、株式や投資信託を購入するわけじゃないから、気軽に始められるよ。PayPayボーナスの使い道に困っていたという方も、ぜひチャレンジしてみよう!

PayPayボーナス運用とは?運用方法やメリットを詳しく解説!

最近では、少額から投資ができるサービスも続々誕生していますが、それでも証券口座を開設するなど、多少の手間がかかります。

ところが、PayPayボーナスはとにかく簡単!PayPayユーザーなら、すぐに始められるのが最大のメリットです。

面倒な手続きは一切不要

PayPayボーナス運用の最大のメリットは、口座の開設がいらないことです。

通常、1円から運用できるサービスであっても、現金を「投資する」以上は、本人確認書類を送る、証券用の口座を開設するなどの作業が必要です。

しかし、PayPayボーナス運用は、その面倒な手続きがいらないので、今すぐにでも始められます。

また、独自のポイントを利用するという説明をしましたが、PayPay残高をポイントに交換して、それを運用するというような手続きも必要ありません。

残高をそのまま「追加」するだけで、直ぐに運用が始められます。

1円から運用できる

PayPayボーナスは、お買い物をした金額に対するキャッシュバックですから、1回にもらえる金額はそれほど大きくないですよね。

10円、20円ということもあると思います。でも大丈夫、PayPayボーナス運用は、1円から運用が可能です。

1円でも残高にあれば、すぐにでも運用ができます。少ない金額で使い道に困っていた人は、ぜひ運用に回してみてはいかがでしょうか?

コースは2つから選ぶ

PayPayボーナスを運用できるコースは2つ。アメリカを代表する、複数企業の株価に連動するのですが、リターンが大きいコースと小さいコースの2つが用意されています。

チャレンジコース

短期の運用で大きなリターンを期待する人向け。3倍の上下となるので、10%の利益があれば受け取りは30%に。ただし、下がる時も大きいので注意。

スタンダードコース

値動きは小さいですが、安定して運用したい人向け。長期の運用に向いています。とりあえず、小さな額を両方のコースに入れてみて、運用の感じを掴むというのが良さそうです。

1回の手続きで指定できるのは1つのみですが、改めて別のコースを選択して、PayPayボーナスを追加することも可能です。

実際に投資をするとなると、どんな銘柄がいいのか、わからなくて迷ってしまうと思います。しかし、PayPayボーナス運用なら、コースが2つのみなので、選ぶのも簡単です。

手数料も一切なし

そして何より嬉しいのは、ボーナスを運用するにあたって、手数料などが一切かからないことです。

どんなに金額が小さくても、証券会社で投資商品を購入すれば、口座の維持のためのお金や、取引に関わる手数料がかかります。

また、ポイントを投資できるサービスを提供しているところも増えてきましたが、やはり取引ごとに手数料がかかるところが多いです。

手数料分以上の儲けが出なければ、少額とはいえ、お金が目減りしてしまうわけですが、手数料なしなら、安心して取引ができますね。

投資をしてみたいと思っていたんだけど、実際に見てみると、銘柄があまりに多くて、素人だとどれを選んだらいいのかわからない!それで諦めていたけど、これなら簡単ね!
そうなんだ、リターンが大きい分リスクもあるコースと、リターンは小さめだけどリスクも小さいコース、2つしかないから簡単だね。2つのコースで運用することも可能だよ。

PayPayボーナス運用の始め方!口座開設の必要なし

それでは、早速PayPayボーナス運用を始めてみましょう!手順について、説明します。手続き自体は、PayPayアプリの中で行いますが、運用画面等は「One Tap BUY」が提供するものです。

びっくりするくらい簡単なので、投資をしてみたいという人は、ぜひチャレンジして欲しいです。

ボーナス運用を始め方手順

PayPayボーナス運用手順

・まず、PayPayアプリ内の「ボーナス運用」というところをタップします。
・「ユーザー情報の連携」という画面が出てくるので、「続ける」をタップします。
・利用規約に同意します。
・「ボーナス運用をはじめる」という画面になるので、タップします。

なお、「ボーナス運用をはじめる」のところで、運用コースを診断してくれます。質問に答えることで、おすすめの運用コースがわかりますよ。

例えば、「くじを引くなら?」という質問に、「A.毎回100円当たるくじ」か「10回に1回、10,000円当たるくじ」という答えが用意されていて、選ぶ答えによって2つあるコースのどちらが良いかを判定してくれます。

ただし、この診断は、しなくてもコース選択に進むことは可能です。

運用コースを選ぶ

運用コースは2つありますので、どちらか1つを選択します。上にチャレンジコース、下にスタンダードコースが出てきますので、その中の「ボーナスを追加する」ボタンをタップすることで、コース選択ができます。

1ヶ月、3ヶ月、6ヶ月、1年と、運用していたならばどのくらいになっているか、というグラフが表示されていますので、コースを選ぶ参考にしてください。

運用額を設定する

コースを選んだら、次は運用額を決めます。

  • 全額追加
  • 半額追加
  • 金額を指定する

この3種類ありますので、好きな額を追加しましょう。「追加内容を確認してください」というメッセージが出ますので、それでよければ「追加する」をタップします。

両方のコースに投資してみたい人は、まずどちらか一方にボーナス追加を行い、完了したら、再度「「ボーナス運用」の項目に進み、「運用する」というところから、もう片方のコースを選択し、金額を指定すればOKです。

運用状況を確認しながら追加・引き出し

あとは、「ボーナス運用」の項目から、日々の運用状況を確認するだけです。実際の株価と連動していますので、刻々と運用額が変わります。

「運用中の残高」には、運用している総額が、画面の下の方にはそれぞれのコースの運用額が載っています。プラス、マイナスが幾らかが一目でわかるようになっています。

もし、もっと運用に回したいと思えば、追加したいコースでさらにボーナス額を指定するだけでOKです。

ボーナスを戻したいと思ったら、「運用状況」の画面からコースを選択し、「ボーナスを引き出す(交換)」というところをタップして、引き出したい額を指定すればOK。もちろん、全額引き出すことも可能です。

PayPay残高さえあれば、すぐに運用を開始できるのがいいね。ID登録や口座開設などの面倒な手続きが一切いらないから、ほんの数分で運用を始められるよ!

PayPayボーナス運用、ここに注意!

PayPayボーナス運用は、簡単で誰でもすぐに始められるのが大きなメリットですが、いくつか注意して欲しい点もあります。

投資にはリスクがある!

擬似運用とはいえ、もともとPayPayボーナスは、おまけでもらったポイントで、現金と同じ感覚で使えるものです。

そのまま使えば、100円のお買い物ができたところ、運用したおかげで80円相当に減ってしまうこともあります。

おまけでもらったボーナスだから、減るリスクも大丈夫!と思う方なら良いのですが、せっかくもらったものを減らしたくないという方は、値下がりするリスクも考えて、慎重に運用してください。

PayPayボーナス以外は運用できない

最初に、PayPay残高には種類があることをお伝えしました。この4種類のうち、運用できるのは、PayPayボーナスだけです。

ですから、PayPay残高を見て、「今ある残高を、全部運用してみよう!」と思ったとしても、それが種類の違う残高ですと、運用できません。

また、運用中のコースに「もっと追加したいな」と思っても、ボーナス分がなければ、現金を新たに追加して運用する、ということもできません。

PayPayステップの対象外

PayPayでは、毎月残高での支払額等に応じて、ボーナスが付与される「PayPayステップ」がスタートしました。

例えば、3月1ヶ月のお買い物で使った、

  • PayPay残高
  • PayPayあと払い(一括のみ)
  • ヤフーカード

の支払い金額に対して、0.5%?ボーナスが付与されます。

PayPayボーナス運用は、PayPay残高を利用しますが、PayPayステップの対象外となっていますので、支払い回数や金額には反映されません。

PayPayボーナスで擬似運用!気軽に投資体験をしてみませんか?

PayPayボーナス運用は、余っているボーナスを1円から運用できるサービスです。面倒な手続きは一切なく、口座の開設も必要ありません。

1分もあれば、すぐに運用を開始できるので、試しにチャレンジしてみてはいかがでしょうか?

ただし、実際の株価と連動していますから、疑似体験とはいえ、投資です。増えることもあれば、減ることもある、リスクがあるサービスであるということをお忘れなく。

どのクレジットカードを選べばよいかお悩みのあなたへ

クレジットカードにはレストランやレジャー施設を割引価格で楽しめる優待が利用できるのをご存知ですか?
ポイント還元だけでなく、様々な優待で日常をお得に楽しめるのがクレジットカードなのです
起業してる方のビジネスサポートもしてくれます
ただし、クレジットカードを所有するには審査に通過する必要があります
あなたの状況から所有しやすいクレジットカードを最短2問・最高4問で提案
クレジットカードの種類が多すぎて、どのカードを選べばよいか分からないあなたにもおすすめ
1,000種類以上のクレジットカードの中から、あなたの目的に合った最強のクレジットカードが数十秒で見つかる

自分にあったクレジットカードを見つける自分にあったクレジットカードを見つける

クレジットカードを診断するクレジットカードを診断する

こちらの記事もおすすめです

人気記事ランキング

コメントはこちらから

コメント

表情を選ぶ

表情A
表情B
表情C
表情D

ハンドルネーム

PAGE TOP
クレジットカード診断 閉じる