大正製薬のキトサン青汁は美味しい?実際に飲んでみた私の体験談!

この記事では、大正製薬のキトサン青汁を実際に試した私の体験談を紹介します。

アラフォーの私は、健康診断でコレステロール値が高めなことを指摘され「バランスの良い食事と、毎日の運動を心がけてください」と言われてしまいました。

野菜多めの食事とウォーキングを始めましたが、生活スタイルを大きく変えるのはなかなか難しいもの。忙しい日はついついサボってしまいがちです。「手軽にできて続けやすいコレステロール対策があればいいのに!」と思っていたときに出会ったのが、大正製薬のキトサン青汁でした。

青汁でコレステロール対策ができるのは嬉しいですが、果たして味はどうなのでしょうか。飲み方や感想はもちろん、販売店やお得な購入方法まで紹介しているのでぜひ参考にしてくださいね。

  1. 口コミで大人気!大正製薬のキトサン青汁とは?
  2. 大正製薬のキトサン青汁の特徴
    1. コレステロール対策に! コレステロールの吸収を抑えるキトサン配合
    2. 栄養たっぷり!九州産有機大麦若葉を使用
    3. おいしくて飲みやすい
    4. 「超微粉砕製法」で栄養を余すところなく青汁に
  3. 青汁を実際に飲んでみた!
    1. 商品が到着!
    2. 水に溶かして飲んでみる
    3. 味は抹茶風味でスッキリ!
  4. 大正製薬のキトサン青汁を飲んでみた感想
    1. 感想1.冷水にもサッと溶けて手間いらず。溶け残りもなし!
    2. 感想2.さっぱりした味わいで飲みやすく、食事に合わせやすい
    3. 感想3.持ち運びできるので、いつでもどこでも飲める
  5. 大正製薬のキトサン青汁、おすすめの飲み方とは
    1. 水に溶かして飲む
    2. お湯に溶かして飲む
  6. 大正製薬のキトサン青汁の購入方法
    1. Amazon
    2. 楽天市場
    3. 公式サイト
      1. 特典1.定期お届け商品は送料無料
      2. 特典2.定期お届け商品は定価の10パーセントオフで購入可能
      3. 特典3.「定期お届け品以外の商品」も10パーセントオフで購入可能
      4. 特典4.「ランクアップクーポン」が受け取れる
  7. 大正製薬のキトサン青汁に関するQ&A
    1. 大正製薬の乳酸菌青汁との違いは何?
    2. 大正製薬のキトサン青汁の無料お試しはある?
    3. 大正製薬のキトサン青汁を飲むときの注意事項はある?
  8. コレステロールが気になる人は大正製薬のキトサン青汁を飲んでみよう!

口コミで大人気!大正製薬のキトサン青汁とは?

出典:大正製薬公式サイト

大正製薬のキトサン青汁とは、コレステロールの吸収を抑える成分「キトサン」を配合した、トクホの青汁です。食物繊維・ビタミン・ミネラルといった野菜の持つ栄養とキトサンを同時に摂取できるため、「栄養のバランスが気になる」「コレステロール対策をしたい」という人から人気を集めています。

トクホとは「特定保健用食品」のこと。科学的根拠にもとづいて「特定の保健の目的が期待できる」ことを表示した食品です。効果や安全性について国による審査が行われ、商品ごとに消費者庁長官の許可を受けています。

なお、大正製薬のキトサン青汁の許可表示は以下のとおりです。

本品は、コレステロールの吸収を抑え、血清コレステロール、特にLDL(悪玉)コレステロールを低下させる働きのあるキトサンを配合しておりますので、LDL(悪玉)コレステロールが気になる方の食生活の改善に役立ちます。

引用:大正製薬ダイレクト「ヘルスマネージ 大麦若葉青汁<キトサン>

大正製薬キトサン青汁の詳細を見る

大正製薬のキトサン青汁の特徴

大正製薬のキトサン青汁の特徴は主に4つあります。人気の秘密をチェックしてみましょう。

コレステロール対策に! コレステロールの吸収を抑えるキトサン配合

大正製薬キトサン青汁は、手軽にコレステロール対策を始められるのが特徴です。年齢を重ねるにつれて、コレステロールが気になってくる人は多いもの。コレステロールと聞くと悪いイメージがあるかもしれませんが、実は細胞膜や各種のホルモン、胆汁酸などの材料となる、人間の体には欠かせない物質です。通常、コレステロールの2~3割が食事から取り入れられ、7~8割は体内で合成されます。

さて、コレステロールにはLDL(悪玉)とHDL(善玉)の2つがあります。この2つのバランスが崩れると血液中のコレステロールが過剰になり、健康に影響が出る場合があるのです。コレステロールのバランスが崩れる原因として、食生活の偏りや運動不足、女性の場合は閉経などが考えられます。

特にLDL(悪玉)コレステロールが高くなる原因として挙げられるのが「飽和脂肪酸」の摂りすぎです。飽和脂肪酸は、肉の脂身やバター、生クリーム、インスタントラーメンを始めとする加工食品などに多く含まれています。LDL(悪玉)コレステロールを下げるためには、このような飽和脂肪酸を含む食品を控える必要があります。

でも、食生活を大きく変えるのはなかなか難しいですよね。そんなときに栄養バランスのサポート役として頼りになるのが、大正製薬のキトサン青汁です。

大正製薬のキトサン青汁に含まれるトクホの成分「キトサン」には、コレステロールの吸収を抑え、LDL(悪玉)コレステロールを低下させる働きがあります。キトサンとは、カニ・エビの殻に含まれる「キチン」を加工して作られる不溶性の食物繊維。普段の食事からは摂りにくい成分ですが、大正製薬のキトサン青汁なら毎日無理なく手軽にキトサンを摂取できます。

参考:

大正製薬ダイレクト 健康お役立ち情報「トクホの青汁 ヘルスマネージ 大麦若葉青汁 <キトサン> とは?」、厚生労働省e-ヘルスネット「コレステロール」、厚生労働省e-ヘルスネット「脂質異常症

栄養たっぷり!九州産有機大麦若葉を使用

青汁の原料には、鉄分や葉酸、ビタミンB2、食物繊維などを多く含む大麦若葉を採用。産地は九州地区に限定し、中でも火山灰を含みミネラルが豊富な土壌を持つ阿蘇地方のものを主に使用しています。

さらに、「有機JAS」規格を満たした大麦若葉だけを使っているのも特徴の一つです。有機JASとは、農林水産大臣が定めた品質基準。有機JAS認定されるためには、種まき・植え付けの2年以上前から農薬や化学肥料を使用しない畑で育てるなど、厳しい基準をクリアする必要があります。

また、大麦若葉は収穫時期や鮮度にまでこだわっています。穂が出る前の最適なタイミングで収穫し、新鮮なうちに加工しているのです。

おいしくて飲みやすい

いくら体のためとはいえ、味がイマイチでは毎日飲み続けるのが難しいですよね。大正製薬のキトサン青汁は抹茶を絶妙なバランスで配合することで、飲みやすい味を実現しています。苦みがなくスッキリした味わいで、ゴクゴク飲めるのが特徴です。

さらに1杯分ずつ個別包装になっているので持ち運びも簡単。職場に常備しておいたり、外食が続く旅行や出張に持って行ったりできて便利です。水に溶かして飲むだけという手軽さなので、いつでもどこでも飲めて、毎日続けやすいのが良いですね。

「超微粉砕製法」で栄養を余すところなく青汁に

大正製薬のキトサン青汁は特許製法の「超微粉砕製法」で製造しているため、有機大麦若葉の栄養を無駄なく摂ることができます。一般的な圧搾方法では、食物繊維などの搾りきれない栄養素は捨てなければなりません。しかし、超微粉砕製法は原料を搾らずにまるごと粉砕するため、食物繊維を含む栄養素をすべて青汁にできるのです。

さらに、溶けやすく飲みやすいよう加工されているため口当たりもなめらか。栄養たっぷりなのに、飲みやすいのが嬉しいところです。

大正製薬キトサン青汁の詳細を見る

青汁を実際に飲んでみた!

手軽にコレステロール対策できるのは魅力ですが、おいしくなければ続けるのは難しいですよね。そこで、大正製薬のキトサン青汁を実際に飲んでみました。商品到着から飲むまでをリポートします。

商品が到着!

商品はポスト投函で届きます。こちらが手元に届いた大正製薬のキトサン青汁です。

紙の箱を開けると、フタ部分に「お召し上がりチェックシート」がありました。飲み忘れないように、このシートを活用していこうと思います。

 

中には1杯分(3グラム)ずつ個別包装された青汁が30袋入っていました。摂取目安量は「1日3袋(9グラム)」です。

別包装はお弁当用のふりかけくらいのサイズなので、持ち歩くのにも便利そう。ちなみに箱に記載されていた栄養成分表示によれば、1杯あたりの熱量は9.7キロカロリーです。

水に溶かして飲んでみる

大正製薬のキトサン青汁は、1袋あたり100ミリリットルの冷水またはお湯に溶かして飲みます。まずは水に溶いて飲んでみることにしました。個別包装の封を切ると、ふんわりと抹茶の良い香りがします。

グラスに大正製薬のキトサン青汁を入れ、水を注ぎます。水を注いだだけでは溶けませんが、スプーンでかき混ぜるとサーッと溶けていきます。ダマになることもなく、わずか20秒ほどで青汁が完成しました。

味は抹茶風味でスッキリ!

実際に飲んでみると、抹茶の風味でスッキリした味わいです。粉っぽさは多少ありますが、個人的には飲みにくいほどではありません。

また、原材料名に「還元麦芽糖(国内製造)」とあるので甘みのある味を想像していましたが、甘さはほんのり感じる程度。ジュースや砂糖入り紅茶のようなはっきりした甘さではなく、あくまで自然な甘みです。苦みや青臭さは特に感じませんでした。

大正製薬キトサン青汁の詳細を見る

大正製薬のキトサン青汁を飲んでみた感想

ここからは、大正製薬のキトサン青汁を飲んだ私の正直な感想をお伝えします。

感想1.冷水にもサッと溶けて手間いらず。溶け残りもなし!

大正製薬のキトサン青汁は、大麦若葉を搾るのではなく、まるごと粉砕する「超微粉砕製法」で作られています。そのため、飲む前は「溶けにくいのではないか」と心配していました。

しかし、実際に作ってみると、スプーンでかき混ぜるだけで簡単に水に溶けます。毎日飲むものだからこそ、作るのに時間がかからないのは嬉しいポイントですよね。これなら忙しい人でも無理なく続けられそうです。スプーンでよく混ぜても20秒ほどで完成しますが、「もっと時間を短縮したい」という場合はシェーカーボトルを使うのがいいかもしれません。

さらに、どの程度溶け残るかを確認するため白いカップで作り、すぐにほかの容器に移し替えてみました。スプーンで混ぜた回数は20回ほどです。カップの底にはほぼ何も残りませんでした。

なお、大正製薬のキトサン青汁はお湯で溶かしてもおいしく飲めます。お湯の場合は水よりもさらに溶けやすいと感じました。

ただ、溶けやすいとはいえ、やはり時間が経過すると青汁の粉末が沈殿してしまいます。作ったあとはなるべく早めに飲んだ方が、最後までおいしく味わえるでしょう。

感想2.さっぱりした味わいで飲みやすく、食事に合わせやすい

飲んでみて実感したのは、飲みやすさです。自然な甘みを感じる抹茶風味で、さっぱりしているのでゴクゴク飲めます。お茶感覚で飲めるので、これなら毎日おいしく続けられそう! 苦みや渋み、青臭さは気になりませんでした。抹茶風味の飲料が苦手でなければ、飲みやすい味だと思います。甘みもほんのりとしていて自然なので、ベタベタ感やしつこさは感じません。

クセがなくスッキリしているため、どんな料理にも合わせやすそうです。大正製薬のキトサン青汁の摂取目安量は「1日3袋(9グラム)」なので、朝・昼・晩の食事と一緒に飲むのも良いですね。食事と一緒に飲むのを習慣にすれば、飲み忘れも防げそうです。

ただ、大正製薬のキトサン青汁は有機大麦若葉をまるごと粉砕して作られているため、やはり多少の粉っぽさがあります。とはいえ、粉っぽさや舌に残るザラザラ感は一般的な青汁とそれほど変わらないように思います。個人差はあるでしょうが、私は飲みにくさは感じませんでした。粉っぽさが苦手な人は、シェーカーボトルを使うのが良いかもしれません。スプーンで混ぜたときに比べて粉っぽさが抑えられ、まろやかに感じられました。

感想3.持ち運びできるので、いつでもどこでも飲める

大正製薬のキトサン青汁は個別包装になっているので、持ち運びしやすいのも嬉しいです。例えば職場に常備しておけば、休憩中にもサッと飲めます。小さなパックなのでお弁当の包みに入れておき、昼食時に水に溶かして飲むのも良いと思いました。

また、外食が続きがちなときに、食事のサポート役として取り入れるのも良さそうです。荷物にならないのでカバンに忍ばせておき、気づいたときにペットボトルの水に溶かして飲めば、どこでも手軽に栄養を補えますね。旅行中や出張中は栄養バランスが偏りがちなので、キトサン青汁が強い味方になりそうです。

大正製薬キトサン青汁の詳細を見る

大正製薬のキトサン青汁、おすすめの飲み方とは

公式サイトでは、大正製薬のキトサン青汁は冷水またはお湯に溶かして飲むことが推奨されています。牛乳やジュース、その他の飲料に溶かしたり、料理に混ぜたりすると渋みを感じることがあるため控えた方が良いようです。ここでは、水に溶かした場合とお湯に溶かした場合、それぞれの感想を紹介します。

水に溶かして飲む

水に溶かすと、さっぱり感が際立ちます。特におすすめなのが、キリリと冷やした水に溶かす方法。常温の水だとキトサン青汁の甘さを感じますが、冷水だと甘みはそれほど感じずスッキリした印象です。

好みによると思いますが、私は冷たく冷やした水に溶かして飲むのが一番飲みやすかったです。氷を浮かべれば、見た目も涼しげ! 抹茶のさわやかな風味と冷たい喉越しを楽しみながら、ゴクゴク飲めました。運動後の水分補給にもぴったりですね。

お湯に溶かして飲む

お湯に溶かすと、キトサン青汁のほのかな甘みが引き立ちます。とはいえ、味自体はさっぱりしているので甘すぎることはありません。水に溶かすよりもまろやかな印象で、ホッとするようなおいしさです。

食事と一緒に飲むのはもちろん、おやつに合わせても良さそう! 寒い季節はぜひ、お湯に溶かして味わいたいと思いました。

大正製薬キトサン青汁の詳細を見る

大正製薬のキトサン青汁の購入方法

大正製薬のキトサン青汁は通販限定品のため、残念ながらドラッグストアやスーパーなどでは購入できません。手に入れたい場合は通販サイトを利用する必要があります。ここでは通販サイト大手のAmazonと楽天市場、そして大正製薬の公式サイトでの購入方法を紹介します。

購入方法 価格
Amazon 4,104円(税込)
楽天市場 4,104円(税込)
公式サイト 980円(税込)
※定期便
※初回限定

Amazon

Amazonでは、「〔公式〕大正製薬ダイレクト」から購入できます。1箱30袋入りで、価格は4,104円(税込)です(2021年10月時点)。

楽天市場

楽天市場でも「大正製薬ダイレクト 公式オンラインショップ楽天市場店」から購入可能です。こちらも1箱30袋入りで、価格は4,104円(税込)です(2021年10月時点)。

公式サイト

もっともお得に手に入れるなら、公式サイトからの購入がおすすめです。というのも、公式サイトの「定期お届けコース」を利用して大正製薬のキトサン青汁を初めて購入する場合、980円(税込)で手に入れられるから。通常価格である4,104円(税込)から76パーセントオフのお得な価格です。

もちろん、内容量はAmazonや楽天市場で販売しているものと同じ「3グラム×30袋入り」。送料は無料です。ただし、980円(税込)の特別価格は初回購入に限り、一人1回のみなので注意してください。

定期お届けコースは初回が特別価格になるだけではなく、「4つの特典」があるため2回目以降もずっとお得なのがポイント。特典とは以下のとおりです。

特典1.定期お届け商品は送料無料

定期お届けコース契約中の商品は、全国どこでも毎回送料無料です。

特典2.定期お届け商品は定価の10パーセントオフで購入可能

定期お届け商品は、毎回定価の10パーセントオフで購入できます。しかも、商品の配送を2カ月ごと、3カ月ごとにまとめたり、2つ以上の商品を定期購入したりすると、割引額がさらにアップ!

特典3.「定期お届け品以外の商品」も10パーセントオフで購入可能

定期お届けコース契約中は、定期お届け品以外の商品も10パーセントオフで購入できます。サプリメントや栄養ドリンクなどを「ついで買い」するときにもお得ですね。

特典4.「ランクアップクーポン」が受け取れる

契約中の定期お届け商品の受け取り回数に応じて、お得な「ランクアップクーポン」がプレゼントされます。クーポンは定期お届け商品だけでなく、大正製薬ダイレクトの商品すべてに使えます。

なお、大正製薬ダイレクトの定期お届けコースは、「○回購入しないと解約できない」といった回数の縛りはありません。一時休止もできるので、青汁を初めて飲む人や、続けられるかどうか不安な人でもトライしやすいですよね。

購入はWeb申し込みで、支払方法はクレジットカード、代金引換(代引き手数料は税込220円)、後払い(郵便振替/銀行振込/コンビニ振込)から選べます。

大正製薬キトサン青汁の詳細を見る

大正製薬のキトサン青汁に関するQ&A

最後に、大正製薬のキトサン青汁に関するよくある質問と、その答えを紹介します。購入を検討中の人は参考にしてくださいね。

大正製薬の乳酸菌青汁との違いは何?

大正製薬のキトサン青汁と乳酸菌青汁は、どちらも「超微粉砕製法」で製造した青汁です。ただし、青汁に配合されている成分は違います。

キトサン青汁はコレステロールの吸収を抑える成分「キトサン」を配合しています。トクホ(特定保健用食品)であることも特徴の一つです。

それに対して大正製薬の乳酸菌青汁とは、1袋あたり200億個の乳酸菌を配合しているのが特徴。さらに、善玉菌のエサとなる食物繊維もバランス良く配合しています。なお、乳酸菌青汁はトクホ(特定保健用食品)ではありません。

大正製薬のキトサン青汁の無料お試しはある?

無料お試しはありません。お得に始めたい場合は、公式サイトの「定期お届けコース」を利用して、初回限定価格の980円(税込)で購入するのがおすすめです。

大正製薬のキトサン青汁を飲むときの注意事項はある?

大正製薬のキトサン青汁は、摂りすぎや体調・体質によって一時的な膨満感を覚えることがあります。また、キトサンの原材料は「カニ」由来です。食物アレルギーがある人は原材料をよく確認し、該当成分がある場合は摂取を避けてください。そのほか、薬を服用中の人や通院中の人などは、飲む前に医師に相談することをおすすめします。

飲み方の注意としては、牛乳やジュース・その他飲料に溶かしたり、料理に混ぜたりすると渋みが出ることがあるので注意しましょう。推奨されているのは、冷水またはお湯に溶かす方法です。水やお湯に溶かすとキトサンが白く浮いたり、沈殿したりすることがありますが、品質には問題ありません。

なお、大正製薬のキトサン青汁は健康食品なので、たくさん摂取することで疾病が治癒したり健康がより増進したりすることはありません。

参考:大正製薬ダイレクト「ヘルスマネージ 大麦若葉青汁<キトサン>」

大正製薬キトサン青汁の詳細を見る

コレステロールが気になる人は大正製薬のキトサン青汁を飲んでみよう!

大正製薬のキトサン青汁は、コレステロールの吸収を抑え、血清コレステロールの中でも特にLDL(悪玉)コレステロールを低下させるキトサンを配合した青汁です。ほのかな甘みがあり、スッキリして飲みやすいのも特徴の一つ。水やお湯に溶かして飲むだけなので、手軽にコレステロール対策を始めたい人におすすめです。

大正製薬のキトサン青汁をお得に購入したい場合は、公式サイトの「定期お届けコース」をぜひチェックしてみてください。初回は980円(税込)の限定価格で購入が可能です。毎日の食事や運動習慣を見直すことにプラスして、おいしいトクホの青汁でコレステロール対策を始めてみませんか?

※本記事は公開時点の情報であり、最新のものとは異なる場合があります。あらかじめご了承ください

コメント

タイトルとURLをコピーしました