ととのうみすとは黒ずみに効果あり?実際に使ってみた私の体験談

毛穴の開きや黒ずみに悩む女性は多く、資生堂が行なった「資生堂、毛穴の皮膚特性を科学的に解明~不飽和遊離脂肪酸が「毛穴の目立ち」に関与していることを発見~」の調査では、20代から30代の女性の半分以上が「毛穴が大きく目立つ」「毛穴が黒くつまっている」など、毛穴に関する悩みを持っていることが分かりました。

現在30代半ばの筆者も数年前から額のベタつきや毛穴の黒ずみが気になっている一人。色々な対策を試している中で、「ととのうみすと」に出会いました。

この記事では、実際に使ってみた感想だけでなく、商品の特徴や成分、ととのうみすとをお得に購入する方法についてもお伝えします。

あくまで私個人の感想になりますが、ととのうみすとの使い心地や効果が気になっている方、購入を検討している方の参考になれば嬉しいです!

ととのうみすととは?

出典:ファンファレ公式サイト

ととのうみすとは、普段のお手入れでは中々取りきれない皮脂や汚れを落として肌を整えるスプレータイプのミスト状洗顔料です。毛穴に溜まった皮脂や黒ずみへの効果が期待されています。

ととのうみすとは一般的な洗顔料とは異なり、ミストを顔に吹きかけて使用します。泡立ても、汚れと洗顔料を手で馴染ませる手間も必要ありません。

その手軽さと効果が話題を呼び、ブランド累計売上個数は420万個を突破しています。

詳細を見る

ととのうみすとの特徴

ととのうみすとの最大の特徴は、ミストを噴射するだけで毛穴汚れや黒ずみにアプローチできる手軽さです。

毛穴や黒ずみ対策のスキンケア商品といえば、泡の洗顔料やジェル、スクラブ、パックなど、普段のお手入れにプラス一手間をかけるタイプが主流で、実際に私もそれらのスキンケア商品を使って毛穴対策を行なっていました。

では、なぜ吹きかけるだけで不要な皮脂や汚れを洗浄できるのでしょうか?

ここでは、ととのうみすとの効果を支える配合成分についてご紹介します。

①超純水と高アルカリイオン水

超純水とは、不純物を極限まで除去した水のことです。

一見透明で何も入っていない水にも塩類や微粒子、微生物の残骸など、たくさんの不純物が含まれています。それらの不純物をほとんど含まない純度の高い水が純水、その純水をさらに精製した極めて純度の高い水が超純水です。

超純水は他の物質を取り込みやすい性質を持っていて、別名「ハングリーウォーター」と呼ばれています。目に見えない汚れや有機物を最大限まで取り除くことができるため、精密機器や医療機器の洗浄に使用されています。

この超純水の水としての質の高さと効果がスキンケア分野でも注目されており、ととのうみすとにはこの「超純水」に加えて「高アルカリイオン水」が配合されています。

高アルカリイオン水は純水を電気分解することでできる、マイナスイオンを持つ水のことです。たんぱく質や皮脂を分解する特徴を持っています。

参考:MIURA「水処理の基本 純水・超純水って何が違う?」、M−hub「今いちど見直したい、純水や超純水による実験器具の洗浄」、くらしスタイル研究所「電解水とは?メリットデメリット、家庭用と業務用の違いまで分かりやすく徹底解説

②アーチチョーク葉エキス

アーチチョークはフランス料理等にも使用される西洋の高級野菜です。その葉から抽出したアーチチョーク葉エキスには、肌の弾力性を維持して保水能力の低下を防ぐ働きがあることが分かっています。

ととのうみすとにはこのアーチチョーク葉エキスが配合されており、毛穴目立ちを防いでくれます。

参考:坪井誠「天然成分を利用した機能性活性成分の開発

③65種類の植物酵素

ととのうみすとには65種類の植物酵素を含んだ発酵エキスが配合されています。

肌の善玉菌の中でも代表的なのが「表皮ブドウ球菌」で、皮膚に潤いを与えて乾燥を防ぎ、外部刺激から肌を守る働きをしてくれます。

美肌を育むために大切なこの表皮ブドウ球菌は角質層に存在しているため、摩擦刺激によってその数が減少してしまいます。過剰な皮脂を落とすために肌を擦ってしまうと、角質層とともに表皮ブドウ球菌が削り取られてしまうため、スクラブやパックを使って行なう毛穴対策は注意が必要です。

ととのうみすとのスプレータイプは肌に摩擦刺激を与える心配が無いため、健やかな肌状態が維持しやすい商品設計といえます。

参考:美肌を育む「育菌スキンケア」とは?今日から出来る育菌スキンケア法」、株式会社バイオバンク「表皮及び黄色ブドウ球菌に対する抗菌性試験

詳細を見る

ととのうみすとを実際に使ってみた!

ととのうみすとの使い心地と効果を確かめるために、ととのうみすとを1週間実際に使ってみました。

使用前に気になっていたことは2つ。

一つは、私は額や小鼻はベタつき、目元口元は乾燥しやすい混合肌のため、ミストを全体にかけてしまって問題無いのか、ということ。もう一つは、泡の洗顔に比べてミストは密着度が低そうなので、汚れやくすみがきっちり除去できるか不安、ということです。

この2点も含めて商品容器の使いやすさから使用感、使用前との比較などをレポートします。後ほど紹介する感想と合わせてご確認ください!

ととのうみすと到着!容器のサイズ感と工夫をチェック

ととのうみすとが到着しました!高さ19センチほどの小振りな容器で、シンプルで上品な印象のパッケージデザインです。


持ちやすいサイズ感で、平均より手の小さい私でもストレス無く使用できます。細身で握りやすいフォルムがとても好印象でした。


洗面所の棚にも収まりのいいサイズです。主張しすぎないデザインなので場所を選ばずに置けそうです。


こちらのつまみでミストの噴射口の開閉ができます。旅行などの持ち運び時に便利ですね。

つまみが外れない仕様になっているので失くす心配もありません。

全成分とミストの粒子を確認

商品背面の全成分表示です。

容器と内容物が透明で見えづらいですが、特徴でご紹介した3つの成分の水、アーチチョーク葉エキス、植物発酵エキス以外には、アルギニン、フィチン酸、酸化銀、BGが配合されています。

ミストの粒子は霧状とまではいきませんが均一で、目立ったバラつきもありません。

噴射口につながるチューブの長さも商品底面まであるので、内容物が少なくなってきても問題なく噴射できそうです。


手の甲にととのうみすとを吹きかけてみました。1回の噴射で手の甲全体にミストが行き渡りました。

顔全体に吹きかけて洗い流す

ヘアバンドで髪を固定して、朝は5プッシュ、夜は10プッシュを顔全体に吹きかけて洗い流しました。額も乾燥気味の頬もヒリつきなどの違和感を覚えることなく使用できました。

ベタつく額と乾燥する頬の違いを見るために、ととのうみすとの部分使用も試してみました!ととのうみすとを噴射して濡らしたコットンを、ベタつきが気になる額と乾燥が気になる頬にのせてみたところ、ベタつきが気になる額に吹きかけたととのうみすとはうっすら白濁し、よく見ると油膜のようなものが浮いていました!

乾燥が気になる頬にかけたととのうみすとは、ほとんど透明なままでした。箇所によって皮脂の取れ方に差がでました。

詳細を見る

ととのうみすとを使ってみた感想

ととのうみすとを使用して1週間、率直な感想をお伝えします。

とにかく手軽!だけど、使用方法を守ることが大切

ととのうみすとは、とても手軽に洗顔と毛穴ケアができます。バシャバシャ吹きかけて少し置いて洗い流すだけ、お手入れに手間をかけなくていいところが魅力的だと感じました。

ミストを顔全体にかけた時の肌当たりも優しく、バシャバシャと吹きかけてもストレス無く使用できました。

水を噴射したのと変わらない感覚で、噴射後の放置時間中もヒリつきなどは気になりませんでした。ただ、手の甲に吹きかけた写真を撮影する際に放置時間が長くなり、かつ撮影後に洗い流さず拭き取りだけですませていたら、手の甲にヒリつきを感じました。

ヒリヒリ感はすぐに治まりましたが、皮脂量の少ない箇所に使用する場合は特に使用方法を守って洗い流すことが必要ですね。

アルギニンが配合されているため保存方法によっては匂いが発生することがあるそうですが、私は全く気になりませんでした。置き場所の湿度や温度によって匂いが発生しやすくなるそうなので、お風呂場での保管は避けた方がよさそうです。

凹凸の目立たないサラサラの触り心地に

ととのうみすとを初めて使用した時、洗浄後の額のサラサラ感に驚きました!

ととのうみすとを使用する前は、泡やジェルタイプの洗顔料に比べ肌への密着度が低そうなので本当に汚れが落ちるのか心配でした。実際に使ってみると、洗い上がりの肌の明るさでくすみが除去されているのが実感できました。

特に驚いたのが額で、いつもは洗顔直後でもベタつきが残っていた額がサラサラの肌触りに!毛穴づまりで目立っていた凹凸も少し滑らかになったようです。吹きかけて流すだけでも、きっちり不要な角質が洗い流されていると感じることができました。

また、ベタつく額だけではなく、乾燥気味の頬もつっぱることなく洗えたのが嬉しかったです。部分使用後のミストが、額は白濁し頬は白濁しなかったことからも、必要な皮脂まで過剰に取りすぎてしまうことはなさそうです。

摩擦レスな商品設計がいい!

肌のターンオーバーを健やかに保つためには摩擦刺激を与えないことがとても大切です。しかし、スクラブやパックなどの多くの毛穴対策商品は、毛穴の汚れを物理的に取り去る使用方法のため、摩擦刺激を避ける事が難しい商品設計になっています。

ととのうみすとはミストを吹きかけて洗い流すだけなので、肌に摩擦を加えるタイミング自体がほぼありません。洗い流し時に不必要に肌を擦る、洗顔後水分を拭き取る際にタオルで擦ることだけ気をつければ、摩擦刺激を与えずにお手入れを完了することができます。

肌表面を傷つけることなく不要な角質やくすみを除去できるので、安心して毎日使用できそうです!

ととのうみすとの効果的な使い方

ここでは、ととのうみすとの効果的な使い方をお伝えします。

ミストを顔に吹きかけて30秒置いて洗い流すだけ、ととのうみすとの使い方は非常にシンプルですが、ポイントを抑えて使用するとより効果を実感しやすくなるそうです。

基本の使用方法と抑えるべきポイントについてご紹介します。

①朝はぬるま湯、夜はクレンジングでメイクと汚れを落とす

まず始めに、ととのうみすとを使う前にお肌の汚れやメイクを流しましょう。朝の洗顔時はぬるま湯で肌を洗い流してからととのうみすとを使います。

この時のポイントは30℃から32℃の人肌でぬるいと感じる水温にすること。そうすることで毛穴が開いて汚れを落としやすくなります。お湯の温度が高いと肌の乾燥につながりますので注意してください。

夜はととのうみすとを使う前にメイクをしっかり落としておきましょう。

ととのうみすとはクレンジング料ではないため、メイクを落とす効果はありません。クレンジング剤が肌に残ったままだと、ととのうみすとの洗顔効果が十分に発揮できず、肌に残ったクレンジング剤がニキビなどの肌トラブルの原因になってしまいます。

ミストを吹きかける前にクレンジングはしっかり行なうようにしましょう。

ととのうみすとを顔全体に吹きかける

クレンジング後に水分が拭き取れたら、ととのうみすとを顔全体に吹きかけます。吹きかける目安は、朝は約5から10プッシュ・夜は約10から15プッシュです。

ポイントは乾いた顔に使用すること。

顔に水滴が残っている状態ではととのうみすとの効果が薄れるため、きちんと顔についた水分を落としてください。タオルで顔を抑えるようにポンポンと優しく拭き取ると摩擦刺激を避けて水分を除去することができます。

額はベタつきや黒ずみが気になるけど頬は乾燥している、という混合肌の方はコットンを使った部分ケアがおすすめです!

ととのうみすとを浸したコットンを毛穴が気になる箇所に置くとポイント使いできます。この時、コットンを擦ると皮脂の取れすぎや摩擦刺激の恐れがあるため、コットンは置くだけに留めてください。

30秒から1分待つ

ととのうみすとを吹きかけたら少しだけ放置します。

この時、放置時間は1分以内にしてください。敏感肌の方は放置時間を30秒以内に留めておくことをおすすめします。コットンでポイント使いする場合も同様です。

洗面台と顔が並行になるようにして下を向いて待つと、放置時間中に首や服がぬれるのを防ぐことができます。

目に入らないように目はつむったままの状態で待ちましょう。

洗い流す

最後にととのうみすとをよく洗い流して完了です。ダブル洗顔は不要です。洗い残しのないよう、しっかりすすぎましょう。

ととのうみすとは酸性である皮脂汚れを落とすために、アルカリ性に傾いた商品設計となっているため、長時間肌に残っていると乾燥を招く可能性があります。

つっぱり感やヒリつきが感じられる場合は、放置時間が長い・洗い残しがある可能性があるため、放置時間は使用感に応じて調整し、いずれの場合もしっかりすすいでください。

また、ととのうみすとを洗い流した後はいつも通りの保湿ケアを行ないましょう。

参考:mybest「ととのうみすとの悪い口コミや評判を実際に使って検証レビュー

詳細を見る

ととのうみすとの購入方法

次に、ととのうみすとの購入方法をご紹介します。

ととのうみすとの定価は150mlの本品1本で税込4,692円です。

通販サイトもしくは公式サイトで購入できますが、最近は同じ商品でも販売サイトによって価格が違うことがあるので、少しでもお得に購入するためにAmazon・楽天市場・公式サイトの3つの価格や特典を比較してみました。

購入方法 価格
Amazon 5,078円(税込)
楽天市場 5,078円(税込)
公式サイト 1,980円(税込)
※定期便、初回限定

ととのうみすとの購入を検討している方はぜひご一読ください。

Amazon

Amazonでは、ととのうみすとを購入できます。5,078円で販売されており、2セット、3セット、ボトル詰め替えセットなどが出品されています。(21年9月現在)

ととのうみすとは株式会社ファンファレが販売している洗顔ミストです。類似品が出品されている場合もありますのでご注意ください。

楽天市場

楽天市場にはととのうみすとの公式出品があり、送料を含む本品5,078円で販売されていました。公式出品以外では出品者によって価格が異なっており、本品が4,980円から6,490円で出品されています。(21年9月現在)

通常より高額で買ってしまうことのないように公式出品の価格を必ず確認しましょう。また、公式より安い場合は商品に不備がある場合もありますので十分注意してください。

楽天のポイントが利用できる場合などは楽天市場でもお得に購入することができそうです。

公式サイト

ととのうみすとは公式サイトからの購入が一番お得です。

公式サイトでは、ととのうみすと本品が定価の57%オフの1,980円で購入することができます。また、食べるコラーゲン30,000mgの特典もついてくるそうです。

初回の1本のみで定期退会が可能!

公式サイトでは定期購入を前提として57%割引をしていますが、この定期便には継続購入に関するしばりはありません。初回の1本のみで定期退会も可能なので、継続使用するかどうかは試してみてから決めたい、という方にとっても定期便での購入がお得です。

肌に合わなければ1ヶ月後の商品到着日の10日前までに連絡しておけば定期を解約できますし、継続使用したい場合も定価の33%オフの3,104円(プラス送料275円)で購入できます。

返金保証も付けてもらえる!

さらに、公式サイトで購入すれば30日間の返金保証を付けてくれるため、ととのうみすとが肌に合わない場合も初回購入から30日以内であれば返金対応をしてくれます。

ととのうみすとを購入する際は、試しやすい価格と特典・保証が付いた公式サイトからの注文がおすすめです!

詳細を見る

ととのうみすとに関するQ&A

最後に、ととのうみすとに関するQ&Aをご紹介します。

1本で何日間使える?

ととのうみすとは朝5プッシュ・夜10プッシュを目安に、約30日使用できます。

何歳から使える?

ととのうみすとは合成界面活性剤や合成着色料、アルコール、パラベンなどを避けた低刺激の商品設計のため、年齢を問わず使用できます。

しかし、皮脂分泌量の変動が多く、ミスト噴射に合わせて目をつぶることができない乳幼児の使用は避けた方がいいでしょう。

定期購入した場合、初回でも解約できる?

ととのうみすとの定期便は初回でも解約可能です。次回の商品到着日の10日前までに連絡すれば、いつでも変更・休止ができます。

詳細を見る

手軽に黒ずみケアがしたい人はととのうみすとを試してみよう!

色々な毛穴対策をしてみたけど効果がよくわからない、黒ずみが気になるけど手をかける時間が作れない方には、ととのうみすとがおすすめです。吹きかけて洗い流すだけ、1分以内の手軽さで、ベタつきや汚れ・古い角質を洗い流して毛穴をケアすることができます!

ととのうみすとを使用して、毛穴目立ちや黒ずみの無い健やかな肌をキープしましょう!

※本記事は公開時点の情報であり、最新のものとは異なる場合があります。あらかじめご了承ください

コメント

タイトルとURLをコピーしました