いよいよ明日の6月12日、アメリカのトランプ大統領と北朝鮮の金正恩委員長の首脳会談が開催されます。会談が行われるシンガポールには、世界遺産がひとつだけあります。シンガポールといえば、何といってもマーライオン。海に向かって豪快に水を吐きだすマーライオンが世界遺産でしょう! と思いきや、違うんです。

  • マーライオンは、パリのエッフェル塔、ニューヨークの自由の女神像と同じくらいインパクトがあります

    マーライオンは、パリのエッフェル塔、ニューヨークの自由の女神像と同じくらいインパクトがあります

世界遺産だけど入場無料

シンガポールに世界遺産が誕生したのは2015年のこと。世界遺産条約が採択されてから40年以上経って、満を持して登録されたのは、国のシンボルとも言えるマーライオンではなく、植物園でした。シンガポールに行った事のある人なら「シンガポールの植物園? あー知ってる知ってる! マリーナ・ベイ・サンズから見えるきらびやかな植物園でしょ!」って思うはずです。でも、これまた違うんです。

  • 幻想的に照らし出されるガーデンズ・バイザ・ベイと、奥に見えるマリーナ・ベイ・サンズ。これまたすごいインパクト

    幻想的に照らし出されるガーデンズ・バイザ・ベイと、奥に見えるマリーナ・ベイ・サンズ。これまたすごいインパクト

世界遺産に登録されているのは、豪華ホテルの「マリーナ・ベイ・サンズ」から見える国立公園「ガーデンズ・バイ・ザ・ベイ」ではなく、内陸にある静かな「シンガポール植物園」の方です。英国植民地時代につくられた植物園で、敷地はなんと東京ドーム約13個分もあります。

  • シンガポール唯一の世界遺産「シンガポール植物園」。静かな美しさがあります

    シンガポール唯一の世界遺産「シンガポール植物園」。静かな美しさがあります

今も世界最高レベルの研究機関であるこの植物園は、「国立洋ラン園」以外は入場無料! これはシンガポールに行ったら訪れるしかないでしょう。トランプ大統領と金委員長も、植物園を散歩しながら話をしたら、穏やかな気持ちで良い成果がでそうな気がしますが、どうでしょう?

世界遺産データ

『シンガポール植物園』文化遺産、2015年登録、シンガポール共和国

地図



筆者プロフィール: 宮澤光

世界遺産検定を主催する世界遺産アカデミーの主任研究員。イタリアの小説や映画、音楽、サッカーに惹かれながらも留学はなぜかフランスへ。ヨーロッパから世界各地の文化へと思いを馳せる毎日。世界遺産を「学ぶ」楽しさを伝えようと、世界遺産アカデミーHPにて「研究員ブログ」を連載中。

世界遺産検定とは?

世界遺産の背景にある歴史、文化、自然等の理解を深め、学んだことを社会に還元していくことを目指した検定。有名な観光地のほとんどは世界遺産になっているため、旅の知識としても役立つと幅広い世代に人気。
主催: 世界遺産アカデミー
開催月: 3月・7月・9月・12月(年4回)
開催地: 全国主要都市
受検料: 4級3,000円、3級4,500円、2級5,500円、1級9,700円、マイスター1万9,000円、3・4級併願7,300円、2・3級併願9,500円
解答形式: マークシート(マイスターのみ論述)
申込方法: インターネット又は郵便局での申込
その他詳細は世界遺産検定公式HPサイトにて。
世界遺産検定公式Twitter
世界遺産検定公式Facebook