世界各国に変わった動物を追い求める珍獣ハンター。今回、彼が赴いたのはスペインの大都会・バルセロナ。こんなところに珍獣が!?

  • 世界遺産『アントニ・ガウディの作品群』の構成資産であるサグラダ・ファミリア贖罪聖堂

    世界遺産『アントニ・ガウディの作品群』の構成資産であるサグラダ・ファミリア贖罪聖堂

珍獣ハンターも驚いた!

「俺は珍獣ハンターの安藤楓。世界中の希少な動物たちを見てきた俺に、バルセロナに変わった動物がいる、というタレコミが入ったため大急ぎでやってきたのだ。しかし、こんな大都会に果たして珍獣などいるのだろうか……。

やや、あの奇抜な尖塔はサグラダ・ファミリア! 桜田ファミリーの家、ではなくて聖家族教会という意味だ。まだ建築の最中だからかもしれないが、生々しく生命感のある建物だな。特にこの東側の入り口の彫刻は日本人が手掛けたということで、個人的にも誇らしい。

しかし珍獣にはお目にかかれないな。ちょっと町の人に聞いてみよう。なに? スペイン語を話せるのかって?? 珍獣ハンターなら当然だ。すいませーん……ってちょっと通じにくいな。スペイン語に似た違う言葉が話されているようだ。ふむふむ。ありがとう。

話ではこの辺りに珍獣がお出ましになるはずなんだが……。!! なんと、建物のバルコニーにカメがいる! こんなカメは見たことがないぞ!! 家の土壁で眠る魚はアフリカで見たことがあったが、建物自体とはね。こいつはとんだ珍獣だったぜ。すばらしい」。

珍獣ハンターは違いを楽しむ人でした。以下、用語解説です。


サグラダ・ファミリア
バルセロナのシンボルにしてアントニ・ガウディの代表作である聖堂。正式にはサグラダ・ファミリア贖罪聖堂という。世界遺産『アントニ・ガウディの作品群』の構成資産だが、厳密には完成している「誕生のファサード」と「地下聖堂」だけが登録範囲となる。

  • バルセロナの町を見下ろすように建つサグラダ・ファミリア

    バルセロナの町を見下ろすように建つサグラダ・ファミリア

建築の最中
サグラダ・ファミリアが着工したのは1882年。今も建造の最中にあり、最新の完成予定年は2026年になる予定だという。以前は完成まで300年かかると見積もられていたが、どうやら今世紀中には仕上がることになりそうだ。

東側の入り口の彫刻は日本人が手掛けた
「誕生のファサード」と呼ばれる東側の門の彫刻を手掛けたのは日本人彫刻家の外尾悦郎氏。

  • 誕生のファサード(部分)

    誕生のファサード(部分)

スペイン語に似た違う言葉
バルセロナを州都とするカタルーニャ自治州は2017年にスペイン王国からの独立を宣言し、住民投票でも過半数が賛成した。この地域ではスペイン語に似るカタルーニャ語が公用語として用いられている。

建物のバルコニーにカメ
バルセロナの街中、グラシア大通り沿いに建つ「カサ・バトリョ」もガウディによる建築で、世界遺産の登録資産に含まれている。曲線を用いたガウディらしい外観のバルコニーを下から見上げると、カメの顔が浮かび上がる。ちなみに、入館料を払ってスマホのヴィジュアルガイドを借りると、実際に窓からウミガメが泳ぎ始めるエフェクトを見ることができる。ぜひお試しを。

  • バルコニーを下から見上げるとカメの顔に見えるカサ・バトリョ

    バルコニーを下から見上げるとカメの顔に見えるカサ・バトリョ

家の土壁で眠る魚
アフリカにいる肺魚は、乾季に水の干上がった川の泥の中で休眠する性質をもつが、その泥を建材として住民が家を建てるので、やがて雨季がやってくると土が溶けて壁から魚が飛び出すらしい。肺魚はその名の通り肺呼吸ができるので、そのまま雨に濡れた道を渡って川へ帰るらしい……。珍獣である。

  • 肺呼吸することから肺魚という名前がついた珍魚

    肺呼吸することから肺魚という名前がついた珍魚

世界遺産データ

『アントニ・ガウディの作品群』。文化遺産。1984年登録、2005年範囲拡大。スペイン。

地図



筆者プロフィール: 小俣 雄風太(おまたゆうた)

「世界遺産検定」事務局の編集広報部員。自転車ロードレースに魅せられ本場フランスに一年留学。その後イギリスのサイクリングアパレルブランドで広報を務め、世界各地で自転車に乗るうちに世界遺産を強く意識するようになる。検定を通じて世界遺産の魅力と意義を広めたいと奮闘中。

世界遺産検定とは?

世界遺産の背景にある歴史、文化、自然等の理解を深め、学んだことを社会に還元していくことを目指した検定。有名な観光地のほとんどは世界遺産になっているため、旅の知識としても役立つと幅広い世代に人気。
主催: 世界遺産アカデミー
開催月: 3月・7月・9月・12月(年4回)
開催地: 全国主要都市
受検料: 4級3,000円、3級4,500円、2級5,500円、1級9,700円、マイスター1万9,000円、3・4級併願7,300円、2・3級併願9,500円
解答形式: マークシート(マイスターのみ論述)
申し込み方法: インターネット又は郵便局での申し込み
その他詳細は世界遺産検定公式WEBサイトにて。
世界遺産検定公式Twitter
世界遺産検定公式Facebook