世界遺産データ

『タリンの歴史地区』(文化遺産)。エストニア。1997年登録。

展望台から見下ろした『タリンの歴史地区』は絵本から抜け出したようです(撮影: 本田陽子)

世界遺産を紹介する仕事をしていてつらいのが、「どの世界遺産が一番好きですか? 」という質問です。好きなところがたくさんあるので、とてもひとつに絞りきれません。ですから、「自然遺産では○○、遺跡であれば○○」とジャンル別にご紹介するようにしています。ただ、強いて好きな世界遺産を3つあげるとするならば、ひとつにはこの『タリンの歴史地区』を挙げたいと思います。

のっぽの塔は「キーク・イン・デ・キョク」。兵士の見張り台でした(撮影: 本田陽子)

なんといっても、中世から続く街並みがそのまま残っているのですから! この街を訪れた時には、大切にしたい宝箱を発見したような気になりました。てくてくとお散歩をするのに最適の大きさですし、ちょっと脇道にそれるとかわいらしいカフェや雑貨屋に出合えます。フィンランドの首都ヘルシンキからは日帰りの船旅も可能です。ぜひタリンにも足をのばしてみてください。

タリン名物の中世風レストラン。どちらがパネルでどちらが売り子? (撮影: 本田陽子)

どこにでもありそうな、でもここにしかない空気をまとったカフェ(撮影: 本田陽子)

ヨーロッパ最古ともいわれる市議会薬局。現役です! (撮影: 本田陽子)

夜は石畳が輝いてしっとりとした空気をまといます(撮影: 本田陽子)

『タリンの歴史地区』へのアクセス

筆者プロフィール: 本田 陽子(ほんだ ようこ)

「世界遺産検定」を主催する世界遺産アカデミーの研究員。大学卒業後、大手広告代理店、情報通信社の大連(中国)事務所等を経て現職。全国各地の大学や企業、生涯学習センターなどで世界遺産の講義を行っている。

世界遺産検定とは?

世界遺産の背景にある歴史、文化、自然等の理解を深め、学んだことを社会に還元していくことを目指した検定。有名な観光地のほとんどは世界遺産になっているため、旅の知識としても役立つと幅広い世代に人気。
主催:世界遺産アカデミー
開催月:3月・7月・9月・12月(年4回)
開催地:全国主要都市
受検料:4級2,670円、3級3,900円、2級5,040円、1級9,250円、マイスター1万8,510円、3・4級併願6,060円、2・3級併願8,220円
解答形式:マークシート(マイスターのみ論述)
申し込み方法:インターネット又は郵便局での申し込み
その他詳細は世界遺産検定公式WEBサイトにて