冬のSALEが終了したころから見かける爽やかな色のニット。ウール素材ではなく、コットン素材で織られた春を意識した「スプリングニット」と呼ばれるアイテムです。爽やかな色合いが多いからこそ、一枚着るだけで明るい印象に見えます。

まだ肌寒い日は続きますが、コートに合わせれば、今の時期から重宝します。ですが、「組み合わせ方」「着こなし」を間違えれば、とても残念な印象です。40男がやりがちなスプリングニットのNGについて、『38歳からのビジネスコーデ図鑑(日本実業出版社)』の著者がお伝えします。

  • 40男には危険なスプリングニット(写真:マイナビニュース)

    40男には危険なスプリングニット

ネルシャツに重ねない!

ニットの着こなしと言えば、襟が付いたシャツに重ね着するイメージが強いです。実際、細い糸で織られたハイゲージニットは、1枚で着るには乳首が透けやすい上に貧相に見えます。

とはいえ、季節的に合わせられないシャツ生地があります。起毛したネルシャツは秋冬を連想しますし、麻のリネンシャツは夏を連想するからです。爽やかな春らしさを強調するために、オックスフォードやブロードといった季節を問わないカジュアル生地に合わせましょう。

このとき、留意すべきは「腕のねじれ」です。これは秋冬ウールニットの回でもお話ししましたが、着るときにニット生地が内側にねじれます。シャツを下に着ているときは尚更です。ねじれに気付いたら、ニットを外側にねじり直し整えましょう。

  • 腕のねじれに注意

    腕のねじれに注意

シャツに重ねない場合は「ローゲージ」を選ぶ

シャツに重ねず着こなしたい場合は、ザックリした生地感のローゲージニットを選びます。このとき、地厚な白Tシャツを重ねることで、メリハリが利き清潔感が生まれます。また、シャツの代わりに地厚な白Tが汗を吸収してくれます。

ただし首回りに注意が必要です。Vネックの場合、ニットとTシャツのラインが合わず、Tシャツの一部が首元に見えるとみっともないので、クルーネック(丸首)ニットで合わせます。

スプリングニットを一枚で着ているよう見せたいときは、ベージュ色の薄手のTシャツを仕込みましょう。素肌にニットでは脇汗がビショビショになってしまうからです。

サイズ感に気を付けよう

スプリングニットは、着こなしによってサイズ感が変わります。シャツと合わせるハイゲージの場合、ある程度ジャストシルエットが求められるでしょう。ニットの上にジャケットを着ることもあるからです。

一方、ローゲージニットの場合、ジャケットは重ねず、直接コートを羽織ります。このとき、鳩胸の人に限っては、ローゲージであったとしても、あまりにピタッとしているニットは乳首透けのリスクがあります。着こなし次第で、サイズ感を変えてみましょう!

著者プロフィール: 森井良行(もりい・よしゆき)

エレガントカジュアル 代表取締役
20代後半から40代の男性のファッションを「エレガントカジュアル」でワンランクアップさせる「服のコンサルタント」。 街のセレクトショップを歩き、顧客に試着を繰り返してもらいながら、その人に最も似合う服を探していく独自の「買い物同行」は9割以上の高い満足度を誇る。ツイッター「@elegant_casual」

著書『38歳からのビジネスコーデ図鑑』 (日本実業出版社)