冬の定番「チェスターコート」。そのルーツは、「フォーマルで着用されてきた」ということもあって、エレガントな私服姿に仕上がります。年齢を問わず、着ているだけで女性に好かれる冬コートの一つです。

また、開襟デザインだからこそ、ジャケット同様、年齢・人を選びません。つまり、誰でも似合いやすい冬のアウターなのです。

ところが、そんなチェスターコートには、幾つかの盲点があります。今回は40男がやりがちな「チェスターコートのNG」について、『38歳からのビジネスコーデ図鑑(日本実業出版社)』の著者がお伝えします。

→これまでのお話はこちら

  • チェスターコートの盲点3つ(写真:マイナビニュース)

    チェスターコートの盲点3つ

仕事中のサラリーマンに見える

フォーマルをルーツにするコートだからこそ、オン・オフ兼用で羽織る方をよく見かけます。もちろん、その汎用性も魅力なのですが、ビジネス利用を意識するあまり、仕事着感が強い着こなしになっています。

例えば、真っ黒のチェスターコートを選ぶ時は、何かしらワンポイントやデザイン・表情があった方が良いです。なぜなら、休日なのに、仕事帰りに見えかねません。

チェスターコートは色や表情で、華やかさを出すことでおしゃれな印象に仕上がります。暗い色が増える季節だからこそ、キャメル・ミルクティー・ココアといったエスプレッソ系の色で、40男も女性ウケが良くなります。

また、グレーを選ぶならば明るめを選んでみることも一つの方法ですし、グレー・紺・黒など毛足が長い表情が出るタイプも良いでしょう。

  • 毛足が長いチェスターコートで、生地の表情に華やかさを加えます

    毛足が長いチェスターコートで、生地の表情に華やかさを加えます

インナーがカジュアル過ぎる男性

フォーマルをルーツとしたコートだからこそ、ワークテイストのアイテムと合わせづらいことは意外と知られていません。

Gジャンやネルシャツをチェスターコートに合わせることは難しく、40男ではファッションというより「無頓着なオジサン」に見えるリスクがあります。

そこで、シャツとニットの重ね着や、タートルネックなど地厚なセーター、また、カジュアルジャケットでコーディネートしましょう。こうすることで、チェスターコートのドレス感を損なわずになじみます。

見ている方が寒くなる着こなし

とはいえ、インナーの雰囲気が合っていても油断はできません。チェスターコート最大の特徴は、「ボタンを上まで留められない形状」だということです。つまり、マフラー必須のコートなのです。ところが、どんなに寒い日であっても、ノーマフラーの方を見かけます。

もちろん、本人にとっては我慢できる寒さだということでしょうが、これでは周囲から寒々しい印象を与えるリスクが高い。そこで、巻かずとも垂らすようにすれば、エレガントな休日スタイルが完成します。

  • ミルクティーカラーのチェスターコートにマフラーを垂らした休日スタイル

    ミルクティーカラーのチェスターコートにマフラーを垂らした休日スタイル

著者プロフィール: 森井良行(もりい・よしゆき)

エレガントカジュアル 代表取締役
20代後半から40代の男性のファッションを「エレガントカジュアル」でワンランクアップさせる「服のコンサルタント」。 街のセレクトショップを歩き、顧客に試着を繰り返してもらいながら、その人に最も似合う服を探していく独自の「買い物同行」は9割以上の高い満足度を誇る。

著書『38歳からのビジネスコーデ図鑑』 (日本実業出版社)