毎日働くビジネスパーソンにとってうれしい、安価で絶品な料理を紹介する連載「ビジネスマンが喜ぶB級グルメ」。今回は、浅草・雷門からほど近いハンバーグの名店です。

  • これが「モンブラン」の「オランダ風ハンバーグ」です(写真:マイナビニュース)

    これが「モンブラン」の「オランダ風ハンバーグ」です

豊富なハンバーグソースから好みの味を

こんにちは。グルメ大好きほねつきかるべです。東京屈指の下町グルメエリア・浅草界隈を歩いておりますと、最近は着物を着て散策を楽しんでいる若者や外国人の方も多く見かけますね。最近はレンタル着物なるサービスも流行っているみたいなので、その影響もあるかもしれません。

さて今回ご紹介するのは、浅草雷門沿いにある鉄板焼ハンバーグのお店「モンブラン」さん。お店の前にはいつも行列ができており、この日も14時過ぎの訪問でしたが数名の方が並んでおりました。ボードに名前を書き待ちながらメニューをチェック!

  • レトロな雰囲気で入りやすいお店の前には、いつも行列が

ランチメニュー(11時~15時 ※日祝日除く)は「ハンバーグランチ」(1,000円)、「カレーセット」(1,300円)、「日替わりランチ」(1,000円)、「ステーキランチ」(1,780円)、「カキフライランチ」(1,180円 ※10月頃~3月頃)などのラインナップとなっております。

  • 目移りしそうなランチメニュー。どれもおいしいのは間違いないです

ハンバーグは「フランス風(デミグラスソース)」「オランダ風(濃厚チーズソース)」「イタリア風(トマトチーズ)」「ロシア風(甘口デミグラス)」「メキシコ風(ピリ辛トマトソース)」「和風(特製醤油)」の全6種類から選択することができます。

この日は「オランダ風」をお願いしました。ハンバーグにはライスとみそ汁、小鉢がついてきます。スープではなくおみそ汁なのも印象的ですね。ハンバーグに使用するのは国産牛肩ロース100%。フライパンで焼き上げた後にオーブンで旨味を閉じ込めるのも、おいしさの秘密のようです。

  • 断面からは肉汁があふれ出てきます

濃厚なチーズをまとったまんまるオランダ風ハンバーグ。やわらかさも特徴的でサッと切れます。早速温かいうちにいただいてみるとじゅわっとあふれる肉汁、火の入り加減も最高! ライスとの相性もばっちりです(笑)

濃厚なチーズは付け合わせの幅広麺と一緒にいただいても◎。あっという間に完食でございます! 夜は食べ放題コース(平日3,608円/土日祝4,378円)もあるそうなので、仲間同士がっつりお肉を食べたいときにも最高なお店ですね!!

※価格はすべて税込