粗品「ピアノは2歳から習っていて…」「ギターはモテたくて…」お笑いを目指す前の音楽遍歴とは?
ラジオの中の学校、TOKYO FMの番組「SCHOOL OF LOCK!」(月曜~木曜 22:00~23:55/金曜 22:00~22:55)。12月7日(木)の放送は、お笑いコンビ・霜降り明星の粗品さんがアーティストとしてゲスト出演。バンドプロジェクトを始動し、自身が作詞・作曲した楽曲「宙ぶらりん」を11月22日に配信リリースした粗品さんに、パーソナリティのCOCO教頭(CRAZY COCO)が、音楽との出会いについて伺いました。

COCO教頭、粗品さん



今回は、芸人ではなくアーティストとして登場した粗品さん。芸人として活動するかたわら、2020年にボカロ曲を発表し、2021年には自身のレーベル「soshina」を設立。同年3月に、第1弾楽曲「乱数調整のリバースシンデレラfeat.彩宮すう(CV: 竹達彩奈)」をリリースしました。

2023年4月にリリースした楽曲「夕さりのカノン feat. 『ユイカ』」は、アニメ「青のオーケストラ」(NHK Eテレ)のエンディング曲に抜擢。11月22日に、作詞作曲、ボーカルとギターを担当した楽曲「宙ぶらりん」をデジタルリリースしました。


アーティストとしても活躍の場を広げ続けている粗品さんですが、高校生のころには、当番組が主催する10代のアーティストのみによる音楽フェス「閃光ライオット」に応募したこともあるとのことです。

粗品さん



――COCO教頭と初対面!

COCO教頭:粗品先生、はじめまして! 吉本学園2年目のCRAZY COCOと申します……!

粗品:いやいやいや! 教頭ですよね!? 今日は、新任の講師として越さしていただきましたので後輩ですから!

COCO教頭:いやいや……! 今日は2時間よろしくお願いいたします!

粗品:お願いします!

――音楽は2歳から!

COCO教頭:音楽はいつごろから始められたのですか?

粗品:学生のときですかね。でもピアノは2歳から習っていて、中学生でギター、高校からはパソコンで作曲(DTM/デスクトップミュージック)とか、そういう感じでやっていました。

COCO教頭:2歳からピアノを習うって、自分の意思では……?

粗品:もちろん母親の教育でしたね。

COCO教頭:ギターは自分から興味を持ったんですか?

粗品:あれは自分がモテたくて……ですかね、そのときは。

COCO教頭:モテたんですか?

粗品:モテない。やっぱ……顔が大事かな~(笑)。モテなかったけど、やりました。

COCO教頭:DTMに目覚めというお話もありましたけど、参考にしたアーティストさんはいらっしゃったんですか?

粗品:参考というか、ヒャダインさんとかが打ち込みの音楽ですごくはねていた時期に、僕も憧れていたことはあります。



番組では他にも、お笑いの道に進んだきっかけを語る場面もありました。

また、この日は「なんでも相談室」をテーマに放送。「やらないといけないことがあるのに、好きなこと優先してしまう」という15歳のリスナーと、「自分に自信が持てない」という15歳のリスナーに電話をつなぎ、背中を押す言葉を届けました。

<番組概要>
番組名:SCHOOL OF LOCK!
パーソナリティ:こもり校長(小森隼・GENERATIONS from EXILE TRIBE)、COCO教頭(CRAZY COCO)
放送日時:月曜~木曜 22:00~23:55/金曜 22:00~22:55
番組Webサイト:https://www.tfm.co.jp/lock/