西野七瀬が主演を務める新ドラマ『ポケットに冒険をつめこんで』(略して『ポケつめ』/テレビ東京系、毎週木曜24:30~)の第8話が、12月7日に放送される。

本作は、1996年にゲームソフトとして登場以降、アニメやカードゲームなど幅広くメディアミックスを展開し、⼦供から⼤⼈まで根強い⼈気を誇る「ポケットモンスター』を原案にした初のオリジナルドラマ。誰もが⼀度は聞いたり、⽇常的に触れたりしたことがある『ポケモン』。ドラマでは、幼少期に「ポケットモンスター 赤」を兄妹で遊び育ってきた主⼈公・⾚城まどか(西野)が、⼤⼈になって久しぶりに⼿にしたポケモンのゲームをきっかけに、⽣活に起きる⼩さな変化が描かれる。

第7話では、唐沢空(渡邉斗翔)はまどかにデートと偽り、一緒に亡き父・空也の「やり残しリスト」をこなしていく。最後にたどりついた場所は……。

<第8話あらすじ>

とある日、仕事の合間に息抜きでお茶にきた赤城まどか(西野)と桧山景明(笠松将)は、彼氏・榊と一緒にいる目黒洋子(平野綾)の姿を発見。

社内では結婚秒読みかと目黒の話題で盛り上がっていると、宿谷浩一(塚地武雅)が深刻そうな面持ちでやってくる。そして、目黒がデザインを担当した商品に盗作疑惑がかけられたと聞かされる。

何者かによって目黒のデザインが盗まれたのだと考え、原因を調べるADventureの仲間たち。そんな中、目黒は、とある人物に対し盗作の疑惑を持ち始める……。