今年5月に新メンバー加入!アンジュルム伊勢鈴蘭「“若々しさ”がさらに増した」
山崎怜奈(れなち)がパーソナリティをつとめるTOKYO FMのラジオ番組「山崎怜奈の誰かに話したかったこと。(ダレハナ)」(毎週月曜~木曜13:00~14:55)。12月5日(火)の放送では、ラジオフレンズWEEKということでラジオ番組「アンジュルムステーション1422」(ラジオ日本)のパーソナリティを担当するアイドルグループ・アンジュルムの伊勢鈴蘭(いせ・れいら)さんと松本わかな(まつもと・わかな)さんが登場。アイドルになるきっかけや新メンバーの印象などを話しました。

(左から)パーソナリティの山崎怜奈、松本わかなさん、伊勢鈴蘭さん

◆アイドルになったきっかけ

お2人を見て、開口一番「かわいい!」と声をあげるれなち。そんなお2人に、まずは、ハロー!プロジェクト(以下:ハロプロ)に入るきっかけについて伺うと、伊勢さんが「そもそも、アイドルになりたかったわけではなかったんですよ」と告白します。

というのも、「宝塚(歌劇団)にずっと憧れて、小さな頃からクラシックバレエや声楽を習ったりしていました。だから、アイドルの世界を見てきたことがなかったんですよ」と明かします。そんな伊勢さんが、なぜハロプロに入ることになったのかというと、「ハロプロ好きの姉が、急に『写真を撮らせて』と言われて撮ったら、勝手にオーディションにエントリーされていました(笑)」とのこと。そして、改めて今の自分の立場に驚きながらも、「アンジュルムは青春を感じられるグループなので、楽しいです!」と話します。

一方、松本さんは、伊勢さんとは正反対。母の影響もあり、幼い頃からハロプロの音楽を聴いて育ったそうで「小学生のときにはハロプロの曲しか知らなかった」と言います。また当時、松本さんが憧れていた1人が、アンジュルムのリーダー・上國料萌衣(かみこくりょう・もえ)さんだそうで、現在はともにステージに立つ仲間ですが、「裏表がないので、ファンとして見ていた頃と特に変わらない。当時の気持ちのまま、今もずっと大好きです!」と打ち明けます。

◆新メンバー加入! 和気あいあいの楽屋

アンジュルムは、今年の5月に17歳の下井谷幸穂(しもいたに・ゆきほ)さんと15歳の後藤花(ごとう・はな)さんを新メンバーに迎えて11人編成に。伊勢さんは、2人の加入でグループの雰囲気が大きく変わったと言い、「“若々しさ”がさらに増したといいますか。幸穂ちゃんはギャルっぽさがあるし、花ちゃんは“太陽”みたいな、みんなの妹的存在」と語ります。

さらに、松本さんは「アンジュルムは、楽屋でもみんなでガヤガヤとしゃべっていて、差し入れがあったら、幸穂ちゃんも花ちゃんも、先輩に遠慮しないで『私はこれが食べたいです!』って言える空気感があります」と話していました。

そんなアンジュルムは、年末年始も大忙し。12月30日(土)、31(日)には「Hello! Project Year-End Party 2023 ~GOOD BYE & HELLO ! ~」を東京と大阪で開催(東京のみ両日、大阪は31日のみ)。そして、翌年1月3日(水)からもライブ「Hello! Project 2024 Winter ~THREE OF US~」の出演が控えています。そんな現状にも、松本さんは「(正月休みは)ほぼないですね」と笑顔を見せていました。

----------------------------------------------------

<番組概要>

番組名:山崎怜奈の誰かに話したかったこと。

放送日時:毎週月~木曜 13:00~14:55

パーソナリティ:山崎怜奈

番組Webサイト:https://www.tfm.co.jp/darehana/