梶裕貴 子育てに通じる部分が「たまごっち」にある!?「同時に何人も育てている感覚があります(笑)」
TOKYO FMでは、11月23日(木・祝)に特別ラジオ番組『TOKYO FMホリデースペシャル「Tamagotchi Uni presents COUNTDOWN UNIVERSE TOP50!」』をオンエア(パーソナリティ:ジョージ・ウィリアムズ、安田レイ)。歴代のたまごっちヒストリーとともに、たまごっちが誕生した1996年~2023年の世界中の音楽から、ユニバースなヒットチャートをお届けしました。

ゲストに、今年6月にX(旧Twitter)で「たまごっちユニ」について投稿し、話題になった声優・梶裕貴さんをお迎え。また、たまごっちのイメージキャラクター「TAMA FAMILY」あのちゃんからのスペシャルコメントもオンエアしました。

ここでは、梶裕貴さんがゲスト出演したパートの模様をお届け。主人公・エレン・イェーガー役をつとめたテレビアニメ「進撃の巨人」への思いや、たまごっちの思い出などについて語っていただきました。


梶裕貴さん



◆子ども時代のたまごっちは“手が届かない存在”!?

ーー7月15日、たまごっち史上初のWi-Fi機能を内蔵したモデル「Tamagotchi Uni(たまごっちユニ)」が発売されました。6月7日の製品発表の際には、梶さんがX(旧:Twitter)にて「たまごっちユニ、ほしいな。。」と反応し、話題になりました。

たまごっちユニ、ほしいな。。

— 梶裕貴 Yuki Kaji (@KAJI__OFFICIAL) June 7, 2023

梶:たまごっちの新しい機種が発売されるというニュースで見て、発売当時の記憶が蘇りましたね!初代たまごっちの発売は1996年なので、27年ぐらい経ちますか……。僕は当時小学生で、欲しくても買えなかったという悔しい思い出があるんですよ。

安田:ああ~!

梶:当時、僕は埼玉県の田舎のほうに住んでいたのですが、その頃のたまごっちって、いわゆる渋谷のセンター街にいる"コギャル"たちが持っているような、どこか都会のイメージがある文化だったんですよね。

安田:たしかに! ギャルたち、みんなたまごっちを持っていましたよね。

梶:そうなんですよ!小学生時代の友だちはみんな、お兄ちゃんやお姉ちゃんに頼んで何とか現物を入手していたので、もちろん話は聞いていたし、触らせてもらったりもしていたのですが……いやぁ、羨ましかったです(笑)。でも、子どもからしたら、まあまあいいお値段ですし、そもそも人気過ぎてどこにも売ってなかったんですよ。

安田:並んでも手に入らないような感じでしたよね。

梶:当時はスケルトンや白が人気でした。とはいえ、僕は入手さえできれば、もはや何色でも良かったのですが(笑)、それでも手に入らなくて……。「いいないいな」と指をくわえて、友達のたまごっちを見せてもらっていましたね。それが……まさか時を越えてアラフォーになった今、手に入れられるチャンスが訪れるとは!。テンション上がりましたね。そして、今まさに手元に愛用の「Tamagotchi Uni」があります。

安田:念願の!

梶:じっくりと育てております(笑)。僕には1歳になったばかりの子どもがいるので、リアルとゲーム、並行して子育てをしている感覚というか……。

安田:子育てに通ずる部分がありますよね!

梶:はい!同時に何人も育てている感覚があります(笑)。

◆新しいなかにも“アナログ感”もある「Tamagotchi Uni」に夢中!

ーー「Tamagotchi Uni」シリーズから11月23日(木・祝)に新色のブルー「Tamagotchi Uni Blue」が発売されました。梶さんは商品の魅力について語ります。

梶:たまごっちたちって、少しでも目を離すと、お腹がペコペコになっていたり、トイレ掃除が必要になっていたりしますよね。でも、お腹を満たすだけではダメで、“ハッピー度”も大切なんです。

安田:そうなんですよね。

梶:なので、あまり好きじゃない食事やおやつをあげると、お腹は満たされても、ハッピー度は下がってしまうんですよね。そんなときは、遊び道具なんかを与えてご機嫌をとらないといけなくて。

安田:本当に赤ちゃんと一緒ですよね。

梶:まさに!その大変さがリアルだし、より愛情が湧きますよね。だからこそ、ちょっとでもご機嫌ななめだったり、寂しい顔をしていたりすると「ひとりにしてごめんね〜!」という気持ちになります(笑)。

安田:梶さんはどのカラーを手に入れましたか?

梶:僕はパープル(Tamagotchi Uni Purple)です。

安田:かわいいですよね。(Tamagotchi Uniは)うしろがスケルトンになっているところにキュンとします!

梶:そう!やっぱりここはワクワクするポイントですよね。

安田:懐かしさがすごく詰まっていますよね。

梶:子ども時代って、特にスケルトンへの憧れがすごかったんですよ。

安田:わかります(笑)。

梶:スケルトンは、中のギミックが見えるのがいいんですよね。あと、ボタンを物理的に押す感じも好きです。Tamagotchi Uni はWi-Fi機能があり、令和の時代に則している面もあるなかでの、あえての“アナログ感”が、子ども心をくすぐってくるというか。すごくちょうどいいバランスで作られているアイテムだなと感じています。

ーー番組では他にも、梶さんが主人公・エレン・イェーガー役をつとめたテレビアニメ「進撃の巨人」への思いを語る場面もありました。

----------------------------------------------------

<番組概要>
番組名:Tamagotchi Uni presents COUNTDOWN UNIVERSE TOP50!
放送日時:2023年11月23日(木・祝)11:30~14:55
パーソナリティ:ジョージ・ウィリアムズ、安田レイ
番組Webサイト:https://www.tfm.co.jp/universe/