日産は11月28日、自動車アセスメント(JNCAP)で「衝突安全性能」と「予防安全性能」等を統合して評価する総合評価「自動車安全性能2023」において、「エクストレイル」が最高評価「ファイブスター賞」を獲得したと発表した。




日産 エクストレイル 自動車安全性能2023 ファイブスター賞 画像

 エクストレイルは、第2世代「e-POWER」と可変圧縮比エンジン「VCターボ」、電動駆動4輪制御技術「e-4ORCE」を搭載した本格SUV。



 今回「自動車安全性能2023」において、高強度材を採用した強度の高いフレーム設計による強度安全ボディ(ゾーンボディ)および、万が一歩行者との衝突時に頭部や脚部への衝撃を緩和する歩行者傷害軽減ボディと、6つのエアバッグによる衝突安全性能で、最高のAランクを獲得。



 これに加え、自転車に乗っている人や、夜間の歩行者を検知する「インテリジェント エマージェンシーブレーキ」をはじめとする先進運転支援技術「360°セーフティアシスト(全方位運転支援システム)」の採用により予防安全性能でも最高のAランクを獲得し、最高評価となる「ファイブスター賞」を獲得した。



 なお、2020年度から開始された「自動車安全性能」において日産は、軽自動車の「デイズ」「ルークス」「サクラ」をはじめ、コンパクトカーの「ノート」「ノート オーラ」、ミニバンの「セレナ」、SUVの「キックス」「エクストレイル」と、合計8車種で「ファイブスター賞」を獲得している。



日産 公式HP: