トム・ブラウン、コロナ禍での「3密」回避で“叫びつっこみ”がピンチに…!?
山崎怜奈(れなち)がパーソナリティをつとめるTOKYO FMのラジオ番組「山崎怜奈の誰かに話したかったこと。(ダレハナ)」(毎週月曜~木曜13:00~14:55)。1月24日(火)の放送では、お笑いコンビ、トム・ブラウンの布川ひろきさんと、みちおさんが登場。生でネタを披露し、ハプニングが起こる場面もありました。

(左から)布川ひろきさん、パーソナリティの山崎怜奈、みちおさん

「M-1グランプリ2018」のファイナリスト、トム・ブラウンといえば、布川さんが叫びながらみちおさんの頭を叩くのが芸のひとつ。「3密」の回避が推奨されたコロナ禍では、少なからず苦労もあったと言います。

そこで考えたのは、2メートルの長い手を作って頭を叩く、ゴム手袋をみちおさんの頭目掛けて投げる、あるいは棒にみちおさんを模した頭を取り付けて差し出すなど、数々の工夫でした。

れなちが「涙ぐましい努力。そんなドキュメンタリーが……」とつぶやくと、布川さんが「(泣かないで)笑ってください」とツッコミを入れる場面も。

トム・ブラウンでもうひとつ有名なのが、想像で「人物同士を合体させるとどうなるのか」というネタ。みちおさんは「ドラクエでスライムが合体するとか、ロボットアニメで5つのロボットがひとつになるものがもともと好き。過去に生放送で漫才をして、和田アキ子さんに『わかんない』と言われたのが、(合体漫才を)始めたきっかけ」とルーツを話しました。

では、どんなふうに組み合わせるのかというと、あくまで感覚を重視。みちおさんがいくつかの設定を提案して、布川さんがジャッジをするそう。ネタとして採用するかどうかは、「ワクワクするかどうかが決め手」と布川さん。「ネタ中の『見てみたい』という発言は本心。見たいって思わないと、本当にあんまり受けないんですよ」と明かします。

そしてこの日は、トム・ブラウンがスタジオでネタ披露も。実はTOKYO FMは、何度か局を訪れる2人のために「頭を叩く音を拾うためだけのマイク」を置いており、もちろん、今回もスタンバイ。ところが、布川さんが頭を叩いた瞬間、みちおさんのヘッドホンが飛んでいってしまう珍事が起こり、れなちは思わず声を上げて笑います。

その後も、新成人の女子に俳優・舘ひろしさんを混ぜて合体させるネタなどを披露すると、れなちは拍手。「面白い! 何ができあがるのか期待しちゃいますね(笑)」と絶賛していました。

<番組概要>

番組名:山崎怜奈の誰かに話したかったこと。

放送日時:毎週月~木曜 13:00~14:55

パーソナリティ:山崎怜奈

番組Webサイト:https://www.tfm.co.jp/darehana/