コスプレイヤーグラビアアイドルの伊織もえが、1月24日発売の写真週刊誌『FLASH』(光文社刊)の表紙と巻頭グラビアページに登場している。

伊織もえ(C)光文社/週刊FLASH 写真◎小塚毅之

トップコスプレイヤーの伊織もえが、"フェティッシュ"をテーマに、白の変形ワンピース水着を着用しながらベランダで微笑み、室内では背中や脇がざっくり開いた黒のニット、スポーティな緑のランジェリーでキッチンに。ベッドでは可愛らしいピンクのランジェリーを、バスルームではブラウンのチューブトップ水着を着用するなど、5種類の衣装姿を披露している。「今年は私の原点であるコスプレをもっとしたいな」という伊織。2023年もさらなる飛躍が期待される彼女に注目だ。

ほか、同誌では、グラビア界のニューヒロイン・澄田綾乃がリゾート地風グラビアで"令和最強ボディ"を見せており、ミスマガ2021の天野ききが現役女子高生とは思えない大人っぽいグラビアを披露。また、女優としてマルチに活躍している山崎真実が30代で出した写真集『re.』『ひととき』の電子版から貴重なカットを公開しており、先日発表されて今後の活躍が期待される「ミスFLASH2023」のグランプリ・橘舞の初めてとなるソログラビアが掲載されている。なお、会員制サイト「FLASH Prime」では、高画質メイキング動画と未公開カットが随時公開中。